タグ:森戸海岸 ( 20 ) タグの人気記事

台風一過の海岸はエキサイティング!

この前の三連休は、台風18号のせいで最終日しか晴れ間が見れませんでしたが、
台風が過ぎ去った後は、いろいろとドラマティックな風景が見れる事が多いので、また森戸海岸にカメラ持って出掛けてみました。




台風18号あとの森戸海岸
この日は撮影システムは2つ。 
α6000 + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS と α99 + 70-400mm F4-5.6 G SSMII です。
Aマウントの方がでかくて嵩張るけど、α6000は小さくて便利ですね。
しかも上の写真のように、例によって太陽を入れるとシャキーン!と写るから楽しいです!



波打ち際の戦い
台風が過ぎ去った後ですから、当然波はこんな感じで迫力があり、
この女の子も何となく戦闘態勢というか、気合の入った感じが伝わってきます(笑)



元気玉を作っている少女をみつけた
すると突然、こんなポーズをとりはじめました!

e0341572_22192564.jpg
こ、これは!                     元気玉!
やはり何かと戦っていたようです! 周囲を見渡しましたがサイヤ人はいませんでした。



台風18号あとの森戸海岸
台風の後の海岸は、波が予想以上にこっちまで来るので、
波打ち際でファインダーに集中していると、足を思い切り濡らされてしまうという事になります。
さすがにそんなオマヌケな事はしませんが、よく事情が分かっていない人はやられてたなぁ。



台風の置き土産


台風の置き土産
こういう波が来る事はわかっていたので、こんな写真が撮りたかったわけであります。
しかしすごい波です。 子供たちは波の前でおおはしゃぎ! 大人だって結構楽しいと思いますよ。



夕刻の少年たち
だんだん日が落ちてきたので夕景モード。
子供たちが遊んでいたのでシルエットにしてみました。
こういう風に数人をシルエットにする場合は、シルエットが重なると幾何学模様になってしまうので、
全員がきちんとバラけている時を狙うのがいいと思います。



沈む夕日に・・・


森戸海岸夕景
夕日を眺めている女の子に入ってもらいました。



夕日に向かってイエーイ!
夕日に向かってノリノリの親子もいました(笑)



見えなかった富士山
でも、富士山はまた雲に隠れて見えませんでした。
ここのところ、富士山がちゃんと見れた日がありません。今後に期待したいと思います。


ブログランキングただいま2位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-09-22 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

ヨットマンの夕暮れ

9月9日は翌日ダイビングがあったので、ちょっとだけ森戸海岸に顔出してみようかな・・・程度で足を運んでみました。
ダイヤモンド富士は終わってしまいましたが、富士山が見えれば太陽が富士山の近くに沈むので、
綺麗な富士山のシルエットが撮れるかもしれないと思い行ってみましたが、やはり雲が多くて富士山は見えませんでした(笑)

普段は70mmからの望遠レンズしか持っていかないのですが、
前回、標準域のズームレンズがあって、広角の良い写真が撮れたような気がするので、
今回はα57に16-50mmを装着して、α99 + 70-300mmと2台体勢です。



真名瀬バス停
通称、ラブリーなバス停ですが、前を通って目に止まったのは窓から入る日差し!
窓から斜めに入ってくる太陽光が、良い角度で椅子に当たって何ともラブリー!(笑)
あれこれ考えながら撮ってたのですが、
ふと「ん?このあたりでウロウロしていたら、バスが来て停まってしまうんじゃないかね?」と・・。
バスが停まってドア開けられても「い、いえ、乗るんじゃないんです」とか恥ずかしいので、このバス停からはそそくさと退散です。



森戸海岸
森戸海岸にはたまにカヌーが置いてある事があるんですね。
このカヌーを構図に入れて、背景に歩いている人とか撮りたい!と思い、構図を考えてカメラ構えていたのですが、
これを撮った後、数人のおにいさん達がやってきて、カヌーは全部片付けられてしまいました・・・。



森戸海岸
仕方ないので波打ち際でスナップ写真撮っていたら、
今度はカップルが歩いてきて、女性の方が右側に写っている枝を拾って持って行ってしまいました。
な、なんだ? カヌーを片付けるのはわかるとして、こんな枝まで持って行かれてしまうとは!
森戸海岸を撮らせない会でもあるんじゃないかね?と思わせる事件でした。



森戸海岸
空を注意深く観察していると、青い部分と黄色い部分に別れる時間帯がありますね。
昼間から夕方に変わっていく過程なんでしょうが、そんな空を撮ってみようと思い撮った一枚。



森戸海岸



森戸海岸
学生のヨットチームが岸に戻ってきました。
戻ってくると結構な数なので、広角で撮ると良いシーンが撮れそうなのですが、
波打ち際に家族連れやら、カップルやらが沢山いてゴチャゴチャしているので、どうしてもこういう切り取りをするしかないようです。
構図にヨットが入ると、葉山らしい風景になると思います。



森戸海岸
この日も富士山は全く見えないし、水平線のあたりには真っ黒い雲が立ち込めているので、
これ以上ここに居ても、あまり良いショットは撮れないだろうという事で撤収!



森戸海岸
駐車場に戻る際、お約束の真名瀬漁港の漁船を撮っておきました。
富士山が見える日は、漁船のすぐ後ろに富士山の姿が見えるのですが、いつかこの構図でダイヤモンド富士を撮りたいと思っています。



エーデルさんに追われているブログランキング!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-09-11 12:00 | 撮影記 | Comments(0)

森戸からダイヤモンド富士は撮れないのか?!

9月2日の森戸からのダイヤモンド富士は、雲に阻まれて撃沈でしが、
翌日も少し北側に位置がズレるとはいえ、森戸からダイヤモンド富士は見れるので、
もし、富士山が見えたら悔しいかも・・・と思い、また午後の早い時間から森戸に行ってみることにしました。



まぐろ~
いきなりマグロの写真で失礼(笑)
何を思ったか真名瀬駐車場に車を停めた後、真名瀬漁港の方にも行ってみるかな・・・と思い立ち、
釣り船屋の前を通ったら、その日の獲物だったんでしょうね。マグロが2匹道に横たわっていました(笑)



足とマグロの頭
少し先ではマグロの解体ショーをやっていたので、人だかりの後ろの方から撮ってみましたが、
この日はα77Ⅱ + 70-400mm F4-5.6 G SSMIIというセットだったもんで広角側のスタートが100mm画角。
かなり後方からになりましたが、マグロの頭と足の構図が面白いと思って撮りました。



真名瀬バス停


葉山のバス停
ゆりやんからメールがきて「葉山のバス停をラブリーに撮ってきて」という内容でしたが、
ラブリーは自分が最も苦手とする形容なので、どう撮っていいのかわからず困りながら撮影。
1枚目はモノクロにしてみたけど、なかなかラブリーだと思うなぁ。うん!ラブリーだ!(笑)



森戸海岸の天使の梯子
森戸海岸に行ってみたら、雲が多くて富士山は全く見えませんでした。
しかし、雲の切れ間から通称「天使の梯子」が降り注いでおりまして、これは撮らないとあかん!と、
慌ててバッグの中にあったα7R + Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM を取り出して撮影。



森戸海岸の天使の梯子
この天使の梯子は、雲が移動して光の加減が変わってくると、コントラストが変化していくので時間勝負です。
海だけ撮っても面白くないので、手前の砂浜の人を入れる構図を必死に探しました。



森戸海岸の天使の梯子
撮影していたら、目の前で女性二人の自撮りが始まったので、自分の構図の中に参加してもらうことにしました。
αcafeに投稿する際、タイトルを「天使の梯子から天使が落ちてきた!」としましたが、
これ、ジャンプしているというと普通の写真ですが、空から落ちてきたと思ってみるとすごい格好だと思います。
顔が分からないようにコントラストをいじりましたが、正面向いていると気を使いますわ。
この二人がこの写真、見てくれたら嬉しいんですけどね。



森戸海岸の天使の梯子
撮影は上にも書いたように α7R + Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM だったんですが、
マウントアダプターがLA-EA3だったもんで、撮った写真はすべてマニュアルフォーカスです!
基本的にフォーカスは人物へ、かなり絞って背後は被写界深度稼ぐ感じでした。
そんなのでISOは明るい割には意外と高め。 何しろ手ぶれ補正が全くないシステムですからね。



森戸海岸の天使の梯子
Lightroomでコントラストいじったり、明瞭度上げたりしてみましたが、
天使の梯子の描写は現像泣かせですね。なかなかスパッと決まらずかなり格闘しました。



江ノ島天使の梯子
江ノ島の方は真っ黒い雲で全然ダメでしたね。
もちろんこの後、ダイヤモンド富士なんて見れるわけもなく、仕方ないのでまた立石の方に行ってみるべ~と移動してみました。



立石夕景
結局この風景は空にある雲でクオリティが決まる感じだと思います。
岸のあたりに誰か何かやってるな~?と思っていたら、どうも撮影の準備をしているようでした。



立石でポートレートやってた
しばらくするとポートレート撮影が始まりました。
自分は風景を撮影しに来ていたので、邪魔といえば邪魔だったのですが、
前日にも来ているし、また来ればいいやと思ったので、ポートレートごと風景の一部として切り取って終了。

この場所には何度も通っていますが、こんな風にポートレート撮っているのを初めて見ました。
どんな写真が撮れているのかわかりませんが、このポートレートの作品が見れるURLなどがあれば教えてくださいませ。


エーデルさんも参加しているランキング!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-09-06 21:00 | 撮影記 | Comments(2)

7月の森戸海岸

沖縄でダイビングのお店をやっている友人から、7月の三連休に潜りに来ませんか?と誘われていて、
仕事が忙しくなかったら行けるかなぁと淡い期待をしていたのですが、
蓋を開けてみれば、7月の三連休は今年に入って一番忙しい週になってしまうという皮肉な運命でした。
仕事は忙しい方が収入も増えるし嬉しいのだけど、こう暑いとそうも言ってられませんねぇ。
見ていないと思いますが、うちの取引先の各社様、暑い時は仕事いらないので涼しくなったらお願いします。

そんなわけで昼間の暑さは半端ないので、カメラを持ってウロウロしようなどと全く思いません。
夕方になったら出かけるという感じがしばらく続くと思いますが、
先日、夕方から森戸海岸の方に出掛けてみました。




森戸海岸夕景
夕方から出かけたのでいきなり夕景です。
7月から森戸海岸は海水浴場になるので、人もかなり多く砂浜には音楽が鳴り響いていました。
梅雨時というのもあってか、空気が淀んでいる感じで白っぽく、江ノ島もあまりよく見えませんでした。



森戸海岸夕景
夕方とはいえ、水着でウロウロしているおねーさんも結構いまして、
α99なんていうでかいカメラを持っていると、怪しい盗撮オタクと間違われかねません。
何があろうと水着のおねーさんの方にはカメラを向けないのが賢明です。 かなり気を使います。



熱い風を追いかけて
この写真、αcafeの方に投稿したら、あっという間に人気のフォト入りしましてBravo!も100を越えました! 
投稿する時には「こんな写真投稿してもなぁ」と思っていたのですが、他人様の評価というのはわかりませんね。
Bravo!コメントいただいた方、どうもありがとうございました。



森戸海岸夕景
森戸海岸は西側を向いているので、夕景の撮影は思い切り逆光になり、
キラキラ輝いている水面以外は、シルエットになってしまうという作品作りになります。
若者数名が防波堤に座っているというシーンですが、向こう側を指差しているおねーさんのシルエットは、
人物の動きがあっていいと思ったので投稿してみました。



森戸海岸夕景
海水浴場のシーズンなので、遊泳エリアのロープが張ってありましたが、
ちょうどロープの延長上にSUPで浮いているおねーさん達がいたので構図にしてみました。
多分水着を着ているんでしょうけど、こんな撮り方なら何の問題もないでしょう。



森戸千貫松
富士山が見えていると、富士山バックにいろんな構図があるのですが、
富士山どころか江ノ島もよく見えなかったので、森戸神社の方に移動してきました。
あまり撮るものもなかったので、空が少し赤いうちに千貫松を撮っておこうと最後のショット。

7月から海水浴場になっている森戸海岸ですが、この時期は駐車場の料金が割高になるので損した気分です(笑)
普段は200円くらいしか払ってないような気がしますが、夏は1000円とかすぐにいってしまいますからねぇ。
この前は茅ヶ崎で出庫する時に6000円とか表示されてビビりましたが、
皆さんも海の近くの駐車場に車を停める際は、夏料金という罠があるので気をつけてくださいませ。


ブログランキング、なんだかずっと3位です
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-07-13 21:00 | 撮影記 | Comments(2)

運動会の後はα99を持って森戸海岸へ!

甥っ子の運動会が終わった後は、α57をα99に持ち替えて森戸海岸に行ってきました。
運動会から帰ってきた後、カメラを持って出かけようとしたら「また出かけるのか?」と家族に呆れられたのは言うまでもありません。
自分にしたら運動会は仕事みたいなものだったので、この日はようやく自分の趣味ができるといった感じ。

とはいえ、自分も20代の頃ならいざ知れず、40代ともなると体の疲れも倍でして、
駐車場から森戸海岸まで歩きながら「あー疲れた、あー疲れた」と心の中で叫んでましたけど・・・




波打ち際
この時期、午後6時頃といっても昼間のように明るいですわな。
真冬の頃なんて、午後4時半くらいになると暗くなっていたのが別世界のようです。
この日は暑かったので、海岸には人が沢山いるかな?と思ってきてみたら、それほど多くもなかったです。



夏の足音が聞こえる・・・
さすがに泳いでいる人は見ませんでしたが、裸足で波打ち際を歩いている人は数名。
スナップショット的に足を撮ってみましたが、そろそろ夏がやってくるという感じをイメージしてみました。



砂山の犬
昼間のうちに子供が作った砂の山だと思いますが、散歩にやってきた犬がやたら砂山の周囲をウロウロ・・・・



砂山の犬
そのうち前足でガシガシ砂山を削り始めたので、何かあるのだろうか?とジッと見ていると・・・・



砂山におしっこした犬
オチはこういう事でした(笑)



ロバートの午後
夏とは違い、夕方になると意外と涼しいので、砂浜で読書をするにはいいのかもしれません。
この外人さん、結構長い時間ここで本読んでました。



一触即発の事態
夕方になって海にやってくる人達のほとんどが、犬の散歩目的のようですが、
犬同士が砂浜で出会うと、必ずこういうシーンになるので緊張します。
たまに何が気に入らないんだ?と聞いてみたくなるくらいガウガウ怒ってる犬いますからね。
このショットも、まさに一触即発の事態というシーンです。



江ノ島を横目に
特に面白そうなものもなかったので、江ノ島を背景に犬の散歩を撮ろうと定点で構えていました。
葉山から見る江ノ島は、まるでクジラが海の上を泳いでいるように見えます。
犬の散歩は沢山通るのですが、犬が小さくて絵面が悪かったり、飼い主がお腹の大きなおっさんだとボツです(笑)



充実の週末
いよいよ日没が間近という感じです。
森戸海岸ではこのSUPに乗っている人をよく見かけます。



夕日の虜
夕日の最終ショットです。
二人で来ていた女の子達も、夕日に何を思うのかジッと見つめておりました。
家に帰ってからこの写真を見て気がついたのですが、右の下の方に並んでいるのは何やろ?

森戸海岸にやってきても、毎度何がどうという写真も撮れないのですが、
ついやってきてしまうという森戸マジック! 次もまたたいした写真も撮れないのに来てしまうんだろうな。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-06-01 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

α57を持って森戸海岸に行ってみました

日曜日ぐったり寝ていたら、ゆりえどんからメールがきて「もう3時半だよ!」と叩き起こされ、
こんな時間からどこかに行くには遅かったので、仕方なく森戸に行ってみようと準備し始めたところ、
ふと、たまにはα57を持って行ってみようとDT16-50 F2.8を装着してサブに持ち出してみました。
メインはα99に70-300mmですが、この70-300mmというレンズもコンパクトで軽いから、やる気のない時にはいいです(笑)




真名瀬漁港


真名瀬漁港
森戸には何度も来ていますが、普段カメラを向けた事もない風景を撮ってみました。
何の作品性もありませんが、こんな場所なんですというのは伝わってくれるかと思います。
葉山のこんな海は、夕方になると近所の方が犬の散歩をしに出て来る・・・という感じの雰囲気です。



葉山のバス停
ここはバス停の裏なんですが、なぜかこんなスペースがあって椅子が置いてあるんですよね。
海をのんびり眺めていたいという人には最高のスペースだと思いますよ。
冬はここから富士山がよく見えるので、葉山においでの際には立ち寄ってみてください。



森戸神社の鯉のぼり
森戸神社には鯉のぼりがありました。 
一番向こう側の大きいのは、しっぽが川の中についてますがな(笑)
鯉のぼりは風が吹いてきて、全部が綺麗に流れるようになると絵面がいいのですが、
この鯉のぼり達は協調性のないのばかりで、しばらく待ってもまとまらなかったので諦めました。
ちなみに妄想族としては、向こう岸から撮っていたおねーさんと、
恋が芽生えるのではないかと期待したのですが何もありませんでした(笑)



誰かのビーチサンダル
連休だから人が沢山いるのだろうと思って来てみたら、人もあまりいないし強風で撮る物もあまりありませんでした。
叩き起こしたゆりえどんにメールして「森戸に来てみたけど、もう帰ってもいいくらい何もないっす」と返信。
仕方ないので、片方だけ落ちていたビーチサンダル撮ってました(笑)



森戸海岸のウインド
風が強かったので、ウインドサーフィンをやっている人は数名いました。
ただ、空が白っぽくて富士山は全然見えないし、ウインドサーフィンだけ撮っても構図もあまり面白くありません。
水面のキラキラは綺麗だったので、角度を考えて数枚撮影。



森戸夕景


真名瀬漁港夕景
日没の風景をα57で撮影。
このボディは1600万画素しかありませんが、結構侮れない写真が撮れます。
くっついているDT16-50mmも、ZeissでもGでもない無印ですが良い感じです。



鳥居と富士山
風が強くて寒かったのですが、日が沈むと富士山のシルエットが見えるだろうと待ちました。
おかげで薄っすらと富士山が見えまして、三脚も持ってきて正解だったなと自分を褒める事数分。

考えてみたらこの日は、Aマウントボディ2台体勢という久しぶりの持ち出しでした。
気軽に持ち出してヒョイヒョイ撮るには、α57は非常に便利なボディですね。
散歩カメラには最高やな~。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-05-06 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

スカイさんと行く森戸海岸

αcafeでいつもお世話になっているOさん事、スカイさんと森戸海岸に行ってきました。
スカイさんは浅草にお住いで、家からスカイツリーが見える事から スカイさん になったようです。
まあ、別にだからどうという話でもありません(笑)

前々からスカイさんに「葉山方面に連れて行って欲しい」と要望があったのですが、
遠方から来ていただいても、富士山が見えなかったりしたら申し訳ないと思うばかりで行動できず、
天気予報を見て「ここだ!」と思ったのが2月4日でした。
そんなわけでスカイさんに連絡して2月4日にスカイさん葉山入り。



冬晴れの森戸海岸


冬晴れの森戸海岸


冬晴れの森戸海岸
当日は天気は良かったのですが、気温が高かったせいか富士山はぼんやり。
スカイさんも「あつしさん、ファインダーで富士山見える?」と聞いていましたが、
EVF(エレクトリック・ビュー・ファインダー)では、富士山が見えないくらい霞んでましたね。
撮った写真をLightroomでコントラスト上げたりして、何とかこのくらい見えるようになりましたけど。



森戸で出会ったカメラマン
スカイさんには浅草に行くといつもお世話になってます。
浅草燈籠会や、浅草竿燈演技の撮影も案内していただきましたからね。今回は自分が恩返しだと思って・・・・
スカイさんいわく、普段コンクリートに囲まれた都会に住んでいるので、こうした自然の風景は縁遠いのだそうです。
本来、人間は自然に囲まれて生活するものなんでしょうからね。



漁港の主
冬は海に来てもあまり撮るものがありませんわな。
猫がいたと思えば、なんか座頭市みたいに目つきの悪いのがいたり・・・



漁港の休日
寝転がって新聞読んでるおじさんがいたり・・・・(笑)



キラキラの海
若いギャルもいたので、そこはまあいいでしょう!



ヨット帰還
砂浜にヨットの集団が戻ってきたので駆け寄って撮影。
スカイさんは60代ですから、スカイさん放り出して自分だけ走りました(笑)



ヨット帰還


森戸海岸のヨット
どうやら学生のヨット部みたいでしたが、片付けるのが早くてあまり撮る時間がありませんでした。
青空の海にヨットは似合いますね~。 この日はあまり風がなかったから、撤収も早かったのかもしれません。
ウインドサーフィンもあまりいなかったですし。



砂紋


砂紋
スカイさんはえらいマニアックで、たまたま干潮で川の水が少なかったのですが、
このシマシマの砂紋がいい!と言って熱心に撮っていました。
自分も付き合って撮ってみましたが、マニアックすぎてどうとっていいやら・・・(笑)



砂紋
ここは基本に立ち返り「写真は光と影を写すもの!」を意識して撮る事にしました。
今回のこの砂紋、この写真がベストショットという事にしておきます。
うまく木の影を利用してみたのですがどうでしょう?



砂紋
そんなこんなでこの場所で数分。 スカイさんあえて言わせていただきましょう!
「マニアックすぎるんじゃ!」


この後は立石の方に移動しましたが、それは次回の投稿にて。


未だにランクの付け方がどうなっているのかわからないランキング!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-02-05 12:30 | 撮影記 | Comments(6)

α99Ⅱを海に持って行ってしまった!

この日は朝から雨が降っていて、今日は家でのんびり過ごそう!というモードに入っていたのですが、
午後になると雨があがり、午後3時くらいになるとお天気になってきました。
お天気が良くなってきたら行かないわけにはいきません。
しかし、日が沈むまで時間がなかったので、レンズがくっついていて足元に転がっていたα99Ⅱとα7Rをバッグに放り込んで森戸海岸に出陣です。



夕方のお散歩
ふぅ~何とか日没までには間に合いました。
しかし、α99Ⅱについていたのは逆光に最悪な70-200mm F2.8 G SSM II。
この写真にゴーストやフレアが出ていないのは、その部分をトリミングでちょん切ったからです。
このレンズ、夕日を撮るには最悪やわ~。



走る少年
200mmだと距離が足りなくてこれもトリミングしました。
αcafeのチチマルさんに言わせると、ファミコンのゲームみたいという事で納得(笑)
言われてみるとスーパーマリオみたいな構図ですわ。



灯台と若者
森戸海岸で撮影するには、やはり200mmでは距離が足りません。最低でも300mmは欲しいところでした。
いつもの防波堤に人が3名いましたが、いったいどういうシチュエーションなんだろう?と。



夕刻の漁
漁師さんが何やらやっていて、周囲にカモメが飛び回っていたので連写。
カモメの配置がいいものを選んでみましたが、もう少しカモメの数が多いとよかったですね。
ここも距離が足りなかったけど、α99Ⅱは4200万画素もあるからトリミングは躊躇せずできて楽です。



森戸海岸の黄昏れ
海岸から神社のある方へ移動。ここからはα7Rで撮影しています。
やはり冬は海に来ている人が少ないですね。寒いので当たり前といえば当たり前なんでしょうが。



森戸マジックアワー


裕次郎灯台夕景
日没後のマジックアワーも狙ってみました。
2枚目は岩と岩の間に灯台、そこを通るSUPという構図です。
何度も来ている場所ですが、ここからこの構図を撮るのは初めて。



森戸千貫岩
来ると必ず撮ってみる千貫松。
年間を通して撮っていれば、夕日の当たる角度で雰囲気が変わるのではないか?と・・・。

煽られるようにやってきた森戸でしたが、考えてみたら今年初の森戸撮影でした。
年間を通して通い続けている場所なので、今年はここに何回やってくるかな?と・・・。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-01-15 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

裕次郎灯台に日が沈む・・・

前回の「客船フォトコンテスト」の表彰式の投稿と日付が前後してしまうのですが、
11月5日は森戸から、裕次郎灯台の真上に沈む夕日が見れました。

森戸に行く度に、いつか裕次郎灯台の前に夕日が沈むのを狙いたいと思っていたのですが、
ついにその日はやってきまして、見事にそれを撮る事ができたので記念投稿です。



裕次郎灯台に日が沈む
沈む夕日を見ながら「あ、これは狙える」と思いました。
夕日は沈みながら、やや右斜め下に移動していくのでまさにビンゴっぽい感じです。
ただ、自分の微妙な立ち位置も重要なので、このあたりから微調整を兼ねて三脚持って撮影場所を移動。



裕次郎灯台に日が沈む
なかなか良い感じに太陽が沈んでいきます。
背景に山があるので、それがちょっと邪魔かな~とは思いましたが、
そればかりはどうにもならないので仕方ありません。



裕次郎灯台に日が沈む
う~ん・・・自分の立ち位置がもうちょっと右側だったような気もしますな。



裕次郎灯台に日が沈む
太陽の中心がちょうど灯台の頭の部分と被った感じですね。
背景に山がなければ、まん丸太陽がすっぽり来たんでしょうけど残念です。
長いこと森戸に通ってきましたが、この光景を見るのは初めてです。
通っている場所だからこそ感動も大きいってもんですね。



裕次郎灯台に日が沈む
とまあ、いろいろと思いを語っているうちに夕日は沈んでいってしまいました。

この日は風が強く、300mmで撮るとファインダー内はブレブレだったもんで、ISOを上げてSSを速めに設定。
ボディはα99、レンズは70-300G です。

11月もまだ前半だというのに、すっかり寒い日が多くなりました。
特に海は風があると寒いですね。
ダイビングインストラクターだった頃、こんな寒い海にしょっちゅう潜ってたな・・などと思い出し、
ちょっと懐かしい気分にもなりましたが、よくまあ、こんな寒い日に海に潜ってたな・・・と、若い頃の自分は元気だったと呆れてみたり(笑)




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-11-11 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

α99出陣!

感覚的な話ですが、頻繁に海で撮影しているボディやレンズは壊れるのが早いような気がします。
詳細なデータがあるとかそんなのではありませんが・・・
なので高額な白いレンズとか、α7RⅡのような高額なボディは頻繁には海に持って行きたくありません。

そんな理由もあって、α99はあまり海で使わないようにしていました。
Aマウントが終了という事になれば、α99が最終形態になるので大切に使おうと思ったからですが、
α99Ⅱが近いうちに手に入る事が決まっているので、今後、海の撮影はα99をメインにしようかと思っています。
レンズは逆光に強い旧型の70-300mmを多様するでしょう。
海で70-200mm F2.8 G SSM IIや70-400mm F4-5.6 G SSMIIはあまり使いたくありません。
特に70-200mm F2.8 G SSM IIは逆光に激弱というのもありますが、
以前、70-400mm F4-5.6 G SSMIIのズーム域に砂が噛んだ事があり、
大切なレンズであれは結構へこみますね。

それと今までα7Ⅱを頻繁に使っていたのは、Aマウントはもうおしまいかもしれないというのがあったので、
今後はEマウントがメインになるだろうし、早く慣れないといけないという気持ちがあったからですが、
Aマウントが更新された事で、Eにそれほど力を入れなくてもいいやという開放された的な気分になりました。

そんな訳でAマウントを使うことに関して、少し頻度が落ちていたという事もあり、
α99を持ち出してリハビリテーションしてきました。



黄金色の森戸海岸
α7Ⅱがα99になっても、出て来る絵はほとんど変わりません。
というのも、センサーは同じか、ほとんど同じだと思いますので・・・。



黄金色の森戸海岸
センサーが同じなので結果はほとんど同じですが、撮影する過程は全然違います。
Eマウントで一番面倒だと思うのは、フォーカスポイントを変える時。
Aマウントだとジョイスティック動かすだけで簡単に移動できるのにね。

Eマウントは写りに不満があるとか、そういう事はほとんどないのだけど、
撮影の際の使い勝手がよくなくて、撮影にイライラすることがたまにありますね。
そういう意味でもAマウントは最高です。
AFの速さと正確さも比べ物にならないと思いますし。



ふじさわ江の島花火大会を葉山から撮る
この日は江の島で花火大会がある日でした。
前情報だと、江の島周辺は激混みだという事だったので、近くで撮ろうなんて考えもしませんでした。
この日は天気もよくて見通しがきいたので、森戸からも撮れそうだな・・・と思い、夜になるまで待つことにしました。
撮影はα7R+SAL70-300mmです。



ふじさわ江の島花火大会を葉山から撮る

ふじさわ江の島花火大会を葉山から撮る
葉山からは結構距離がありますが、意外と何とかなるもんです。
花火の撮影は、上がる位置や高さがランダムだったりするので、画素数の多いカメラを使い、
余白部分を多めに撮って撮影し、後にトリミングで構図を決める方がいいと思います。



ふじさわ江の島花火大会を葉山から撮る
余裕をもって・・・と書きましたが、最後の花火はあまりにも大きくてはみ出しました(笑)
構図的には上が切れてもアリだとは思います。
そのくらい大きいという暗黙のメッセージが込められていると思ってください(笑)

こうしてこの日は昼間はα99、夜になってα7Rと使い分けましたが、
手持ちで撮るにはAマウントは最高だと思うし、三脚使って撮るならEマウントが最高だと思います。
自分の場合、三脚を使う風景写真のようなのは、ほとんどMFを使うのでAFの性能も関係ありませんし、
LA-EA3のマウントアダプターを使えば、AFのためについているTLM(トランスルーセントミラー)はいらないわけですからね。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-10-20 17:00 | Aマウントボディ | Comments(2)