タグ:α99Ⅱ ( 19 ) タグの人気記事

サークルGαsha!で行く 皇居二の丸庭園の花菖蒲

6月4日(日)は在籍している写真サークル Gαsha!(ガシャ)の撮影会がありまして、
皇居の敷地内にある二の丸庭園で、菖蒲を撮影しようという企画。
前日、浅草で竿燈まつりを撮影していたので、とんぼ返りで翌日また都心という感じでした。

しかし、ノッチさん率いるGαsha!ですが、さっき確認してみたら現在のメンバー数166名。すげぇ。
だいたいノッチさんもメンバーの顔と名前全然一致してませんからね。
さすがに166名来たらどうにもなりませんが、この日は20名くらいは集まったのかな?




皇居二の丸庭園 菖蒲5



皇居二の丸庭園 菖蒲
この日はシステムの選択に迷いました。 どうせ行っても参加者の皆さんとくっちゃべってるだけで、
ろくに撮影しないだろうと思っていましたから、α350でも持っていけばいいかな?と考えていたのですが、
当日の朝になって、なんか真面目に撮ろうと思い立ったので、
α99Ⅱと50mm F1.4 DG HSM、Sonnar T* 135mm F1.8 ZAをバッグに入れました。

菖蒲は天気が良いとしおれて元気がなくなるので、撮影には向いていない天候となってしまいましたが、
それでも少しは真面目に撮ろうとシグマ50mm F1.4 DG HSMで撮ってみました。
久しぶりに・・・というか、α99Ⅱにこのレンズをつけて撮ったの初めてだす(笑)
やっぱりF4スタートのズームレンズとは断然違いますな~。明るい単焦点って使ってみるとすげーって思いますよ。



皇居二の丸庭園 菖蒲
やっぱり炎天下だと、花が元気のない感じになってしまいました。
それでも一心不乱に撮り続けていたサークルの皆さん、本当に頭の下がる思いでございました。



皇居二の丸庭園 菖蒲
花は元気がなくなってしまいましたが、レンズをSonnar T* 135mm F1.8 ZAに付け替えて撮影しました。
Sonnar T* 135mm F1.8 ZAも久しぶりに持ち出したかな? 
さすがソニーカメラを所有する人達の集まりだけあって、周囲を見るとかなりの人がSonnar T* 135mm F1.8 ZA持ってる(笑)
やっぱり花といえばSonnar T* 135mm F1.8 ZAなんでしょうかね?
STF持っている人は見なかったなぁ。 それとAマウント持っている人は自分の他に一人だけでした。
中には「これがAマウントっていうんですか?」なんて聞いてくる人もいたりして・・・・。



皇居二の丸庭園のカエル
池にカエルがいたのですが、135mmじゃ全然届かない感じでして、
帰ったらトリミングすればいいや~と、いちお撮ってみてトリミングしてみたらビックリ!
相当小さく切り取ったのに、こんなにカッチリ写って見えるのはすごいと思いましたよ。
ちなみにα99Ⅱの4200万画素→256万画素に切り取ってます。恐るべしα99ⅡとSonnar T* 135mm F1.8 ZA。



皇居二の丸庭園の池
橋の上にいる人が池に写り込むので、写り込み狙いをしてみました。
意外と橋の上を歩いて渡る人が多かったので、人が綺麗に並ぶタイミングを待っていました。
等間隔に並んだ所で撮りましたが、気がついたら全員男の人だったいう・・・。



皇居二の丸庭園の池
次は菖蒲を撮影しているサークルの皆さんの写り込み。
水面が静かになるのを待って撮りました。意外と風が吹いてくるとちゃんと写らないもんなんですよね。

午前11時に全員集まってこの場を切り上げました。
正直、これ以上ここで撮影するのは、日差しが強すぎて無理だったと思います。



丸の内スナップ


丸の内スナップ
丸の内に移動してきました。 
移動しながらスナップ写真を撮り、昼食を食べた後は日比谷公園に移動する事となりました。
なんだかんだ言って結構歩くんだよね。



日比谷公園スナップ


日比谷公園スナップ
日比谷公園に来ても、特に何か撮る物があるってわけでもないんですけどね。
トゥクトゥクがあったので、あーだこーだと皆で撮ってみました。
muneiraさんの後ろ姿をゲットしましたが、Sonnar T* 135mm F1.8 ZAの浮き出るような描写はすげー!と思います。



日比谷公園スナップ


日比谷公園スナップ
花を撮るのは下手っぴな自分でも、Sonnar T* 135mm F1.8 ZAを使うとうまく撮れたような気がします。
花を撮ったら素晴らしいmuneiraさんの後ろをくっついて行き、どこを撮っているか覗き見してから撮影(笑)
もちろん同じように撮れるわけもないんだけど・・・・



日比谷公園スナップ
ここまで来ると、途中で帰ってしまう人も沢山いますので残りは数名という感じです。
Exif見ると午後2時くらいですが、ここでお開きという事で自分も帰宅。
サークルの集まりだと、あまり集中して撮れないので写真の枚数も少ないのですが、
同じ趣味の人達とおしゃべりできるのは楽しいですね。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-06-11 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

α99Ⅱで爆走する馬を追ってみる!

5月28日(日)は、三浦半島油壺で開催される道寸(どうすん)祭り、笠懸の撮影に行ってきました。

昨年の道寸祭りの記事 
http://momoken819.exblog.jp/24441262/

毎度、単独行動が多いので、今回も一人で行くつもりで予定してたら、
当日の朝、エーデルさんから「道寸祭りどうすんだ?」というメールが来たので「はい、行きます」とお返事。

うちの親父が膝を痛めて歩けないので、家庭菜園に水をあげたりしていたら遅くなってしまったのですが、
エーデルさんが早目に到着したようで、場所をとっておいてくれるというサプライズ!
エーデルさん良い人だな~。



油壺 第40回道寸祭り 笠懸
11時頃現地に到着しまして、エーデルさんが確保してくれていた場所にシート敷いてカメラ構えたのですが、
12時15分からスタートという笠懸は、例によってお祓いとか、おエライ人のお言葉とかいろいろあって馬が走るまでなが~~~いのです。
周囲のおじさん達も「今年はえらいなげーな」と言っておりました。



ワンちゃん、こんにちは
えらい長く感じるのは、海岸で開催される行事という事もあり炎天下。
自分も帽子被って長袖着て行きましたけど、いや~この日はマジで暑かったですわ。
あまりにも炎天下だったので、カメラとレンズにタオルを掛けて直射日光を防いだくらいですからね。



油壺 第40回道寸祭り 笠懸
お祓いやお偉いさんの時間が終わっても、まだいろいろと儀式があってなげーのです。
暑くてもうあかん・・・という感じでして、会場の放送では熱中症に気をつけましょう~とか言ってましたが、
日陰もないこの場所、会場を去るしか対策がないだろうーとツッコミたくなりました。



油壺 第40回道寸祭り 笠懸


油壺 第40回道寸祭り 笠懸
いよいよ馬が出てきました! 
毎年、あちこちの流鏑馬行事に出場している「あけみさん」
あけみファンとしては、他の馬や射手など目もくれず! あけみさんだけを撮るのであります(笑)

タイトル通り、今回はα99Ⅱです。 
いよいよα99Ⅱの真骨頂であるAFで走る馬を追いたいと思います。ちなみに昨年はα77Ⅱで撮りました。
レンズは70-400mm F4-5.6 G SSMII。 やはり望遠側が長い方がいろいろと融通が効くと思います。



油壺 第40回道寸祭り 笠懸


油壺 第40回道寸祭り 笠懸


油壺 第40回道寸祭り 笠懸
撮影は三脚使用です。
最前列での撮影だったので、三脚は脚を伸ばさずに一番短い状態で使用。
自由雲台を微妙に動く程度に調整し、カメラをフリー状態で取り回せるようにセッティングしました。
馬が走ってくるのを追うには、カメラをパンしながらになるので一脚より三脚の方がいいと思います。



油壺 第40回道寸祭り 笠懸


油壺 第40回道寸祭り 笠懸
縦構図です。
縦構図は縦位置グリップ必須ですね。レンズの三脚座でカメラを90度回転させて、
縦位置グリップの方のシャッターで追います。
カメラを縦にすると、被っている帽子のツバが邪魔になるので、帽子は後ろ向きに被りましょう!(笑)



油壺 第40回道寸祭り 笠懸
うおっ! あけみさん!カッコイイ~!



油壺 第40回道寸祭り 笠懸
AFエリアはゾーン、当然AF-Cで追うのですが、
馬は弧を描いて走ってくるので、正確にエリア内に入れて追うのは簡単ではありませんでした。
α99Ⅱは4200万画素という高画素なので、少し引き気味で撮影してあとで微妙にトリミングしていくという方がいいと思います。
このスピードの被写体を、風景並みに綺麗な構図で一発で決めようなどというのは無理があります。
この写真もトリミングしてみたら、アスペクト比ごと変えた方がスッキリでした。 アスペクト比16:9



笠懸流し撮り
笠懸は流鏑馬と違い、往路と復路で的を狙うのですが、
復路は走る方向が逆になり、下の方にある的を狙うので撮影しにくい感じでした。
あまり積極的に撮ろうというのもなく、黙って見ていても仕方ないので流し撮りしてみました。

トライアスロンの自転車と違って、馬は上下にも動くので横方向の流し撮りでも馬はブレますね。
むしろその方が自転車よりスピード感あるんでしょうけど。



油壺 第40回道寸祭り 笠懸
そんなわけで、今回動体をα99Ⅱで追ってみましたが、さすがAFは素晴らしいの一言です。
歩留まりはα77Ⅱの時よりもいいですし、何よりも画質がα77Ⅱと比べたら圧倒的に上だと思います。
ただ、連射時の安定感は物理的な違いもあって、α77Ⅱの方が安定しているような気はします。(気がするだけかもしれないけど)
カメラという道具の特性として、連写についてはフルサイズよりAPS-Cの方が得意なんじゃないかな?
α9を使ってみた事がないからわからないけど、自分には20連写なんて桁外れな性能はいらないし、
今回、α99Ⅱを使ってみて、これで十分だと思ったのでありました。
そしてやっぱりAマウントで写真撮るの楽しいですね。 カメラは性能だけじゃなくて、使っていて楽しくないと!



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-06-03 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

ど~んとDAWN PRINCESS(ドーン・プリンセス)

称名寺に行って葉桜だった日の夜、風が強かったので、風の収まりそうな夜に大桟橋埠頭まで出かけました。
この日はDAWN PRINCESS(ドーン・プリンセス)という客船が入港という事で、この船が横浜に来るのは4年8ヶ月ぶりなのだそう。
本当は ゆりえどん と一緒に行って、
ゆりえどーん!プリンセス! ってやってみたかったんだけど実現できませんでした。



赤レンガ倉庫
いつもだと大桟橋埠頭に車を停めるのですが、この日は赤レンガ倉庫の敷地内から撮影しようと思ったので、
車は赤レンガ倉庫の駐車場に入れて即撮影です。
一番馬鹿でかい三脚を持参していたので、あまり歩きたくなかった・・・というのが正直なところ。



DAWN PRINCESS


DAWN PRINCESS
相手は何しろ海の上にいるので、撮影できる場所が決まってしまうし、
あれこれ構図を考えてみる余地もないので、沢山撮っても全部似たような構図になってしまいますわな。
こんなありふれた構図では、横浜客船フォトコンテストではボツにされてしまうでしょうが、
海に写り込む照明の反射は、それだけでも写真として綺麗だとは思います。
この日は400mmも持ってきたのですが、ほとんど出番もなくα99Ⅱ + シグマ24-105mm F4 DG HSMでほとんど撮りました。



DAWN PRINCESS
マリンタワーも入れて横浜らしい構図にしてみました。
船のお尻の方が入ってしまいましたが、船の向きが逆だったら良い構図になりましたよね~。
大桟橋埠頭に電話して「あの~船の向きを変えてもらうわけにはいきませんか?」って言ってみてもいいかもしれませんが、
多分、やってくれないと思うのでやめておきましょう。



DAWN PRINCESS


DAWN PRINCESS
少し下がって人を入れる構図にしてみました。
この方が横浜っぽいし、写真としての構図の価値もあるような気がします。
フォトコンテストに応募しようと思うと、個人が特定できるような人物の入れ方はボツになってしまうので、
なるべくシルエットにして、顔がわからないポジションで撮らないといけません。
しかも、人は微妙に動くので、ISOを上げてSSは若干速めが基本。 
多少動いても、小さなブレは目立たないので大丈夫だと思います。



海上保安庁
端っこの方に海上保安庁の船があったので撮ってみました。
この船はいつもいるので目新しくはないのですが、なんとなく硬派な感じがして好きな船なんですよね。
3年前、この船を撮って大阪のフォトコンで入選したんだっけな~。

http://www.kinkikaiji.sakura.ne.jp/lightbox/compe_photo2014.html

今年もまた応募してみるとしましょう。


ポチリよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-04-18 00:00 | 撮影記 | Comments(4)

もう遅かった・・・春の称名寺

いつもこのブログにコメントを書いていただいているtaeさんのブログを拝見しておりましたら、
4月13日に称名寺の方に行かれたみたいで、写真にはまだまだ見事な桜が写っているではありませんか!

(※後にtaeさんは11日に称名寺に行かれた事がわかりました)

4月ももう半ばだというのに、まだこのように桜が残っているとは珍しい事です。
週末に行けば、まだ見れるんじゃないか?と思ったのですが、土曜日は強風だったので桜が散ってしまうと思い急遽称名寺へ!




称名寺 2017春



称名寺 2017春
強風の中、頑張って行ってみましたが、既に桜の花は大部分が散ってしまっていて葉桜状態・・・。
さすがにこの時期に桜満開は甘かったようです。 でもまあ、せっかく来たのだしぐるりを回って撮ってみたいと思います。
この日、持参したシステムは α99Ⅱ+24-105mm F4 DG HSM  と  α7R+Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS  です。



称名寺 2017春


称名寺 2017春
風が強かったけど、天気が良かったから人もそれなりに沢山いました。
最近、ずっとどんよりした天気ばかりだったけど、カメラを向けると青空が入るのでよかったです。
桜は咲いているのより、池に落ちてる方が多かったような気がします。



称名寺 2017春


称名寺 2017春
本堂の前の桜は立派に残っておりました。
風が強くて枝が動くので、シャッタースピード気にしながら撮影です。
本堂の前には結構人が集まってくるので、ここもまた人がいなくなるまで待つのが長いです。
たまたま女性が立っていたので、構図的にいいアクセントと思いレリーズ!!



2017 春の称名寺
きっと風が強くて池の水面はジャバジャバしているのだろう・・・と思ったので、この日はND1000フィルターを持ってきました。
ND1000フィルターを装着して撮った写真がこちら。
水面は風がないように穏やかに写りますわな。ちょっと色やコントラストが変だけど・・・。



2017 春の称名寺
正直、ND1000フィルターをつけて普通の風景撮ってもあまり意味ありませんが、
池に浮いている桜の花びらの描写が面白いので、これを狙ってみようと作戦を考えてみる事にしました。
ただ、称名寺の池はロープが張ってあって、あまり近くに寄れないのですが、
ND1000フィルターの径は72mmという事もあり、16-35mmにしか装着できないのが難点です。
82mmの物も買わないといけませんね。



2017 春の称名寺
池に浮いている桜の花びらは、面白い写り方をしますが広角なのであまりインパクトがありません。
この敷地内でいい構図が撮れる場所はないかな~とウロウロ。



2017 春の称名寺
桜の花びらが沢山浮いている場所がありました。
風が強いので、意外と早く流れていたのは結果的によかったんでしょうね。
でもまあ、あまりインパクトがある写真とはいえないようです。 

今年はお天気と桜のタイミングが合わず、これが最後の桜撮影になってしまいました。
実は先日、公募展で入選をいただいた写真が、昨年撮影した称名寺の桜の写真だったので、
今年もまた良いのを1枚撮りたかったんですけどね~。
来年は桜の満開とお天気がセットになってくれるといいんですが・・・。


あれ?2位になっとる
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-04-15 19:00 | 撮影記 | Comments(2)

猫を撮るのは結構楽しい!

週末になっても特に何を撮ろうという目的もない時期にハマっています。
河津桜はもう終わりですし、ソメイヨシノはまだ咲いているわけもなく、意外と外は寒いので結構ウロウロするには厳しいです。
仕方ないのでゆりえどんと茅ヶ崎里山公園に行ってみました。

お雛様を展示してあるという事で行きましたが、午後4時で閉まってしまうのに到着したのが午後4時(笑)
ちょっとだけ見て終わってしまったので、ウロウロしていたら猫を発見しまして今回は猫が主役です。



猫のおちり
何ともお尻がセクシーな猫ですが、この猫が意外と人懐っこくて寄ってくるので猫ポートレート!



誘惑の眼差し
人を見たら逃げてしまう猫だと、この距離感での撮影は無理でしょうね。
ほぼ目の前での撮影ですが、ピンはきちんと瞳にキマリました!



男前
どうやらこの猫、男の子という事のようなのでイケメン猫ですね。
撮影はVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM開放で撮っていますが、
意外とこのレンズの開放はボケは綺麗なんじゃないかと・・・・



ブロアーで遊ぶ猫
野良猫だと思うのですが、餌をあげるような事をしてはいけないと思い、
仕方ないので遊び道具は何かないかと探したら、ポケットにブロアーを入れていたので投げてみると遊びました(笑)



エッチ猫
ブロアーも早々に飽きてしまったようで、そのうち二匹がイチャつき始めまして・・・・
「あら、あなた覗かれてるわよ!」 と下の猫が言っているようでした。



又吉
ゆりえどんの下に猫が座ると、すごい格好で撮影しておりました。
この日のベストショットはこれですね。
きっとこの猫の名前は 「又吉」 だと思います。
間違いない!

ポチリよろしくです!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-03-01 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

35mm F1.4 DG HSMで撮る ブラフ18番館 桃の節句 "華"!"花"!装飾

カメラを趣味にしている人なら、横浜で開催されているCP+2017が気になるところでしょうが、
自分、混んでいる所が大嫌いだし、特に触れてみたいという製品もないので全く行く気もなく・・・・(笑)
写真が趣味で、横浜に住んでいて、写真のブログをやっているのにCP+に行かないのは自分だけかもしれません。

そんなわけでどこに行ったのかというと、この時期は特に被写体があるわけでもなく、
ネットでちょっと調べたら、山手西洋館 ブラフ18番館でお雛様装飾があるという事でした。
おっさんなのでお雛様に興味もなかったのですが、α99Ⅱとシグマ35mm F1.4 DG HSMの組み合わせを使ってみる良い機会だと思いまして、
CP+に行かないのに横浜の方に出掛けてみるのでありました。



ブラフ18番館
当日はとてもいいお天気。
お天気が良いので屋内の撮影は勿体無いような気もしましたけど、意外と空気が冷たくて寒い日でした。



ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾
35mmの画角というと定番な気がしますが、個人的には少し広いな~という感じで50mmの方がしっくりくるんですけどね。
少し後ろに下がると、お雛様の装飾はおおよそ全体が入る感じ。



ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾
ここのところF4スタートのレンズを使うことが多かったので、F1.4のレンズは使っていて気持ちいいです!
F1.4の開放ではピント面が薄すぎるので、実際に使う時はF2.0~F2.8くらいに絞って使う事が多いのですが、
元々開放でもカッチリ写るレンズなので、ちょいと絞れば解像力は一気に良くなるという印象。
このレンズの描写力を基準に考えると、ズームレンズはこの領域にはなかなか踏み込めないでしょうね。 



ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾
AFはα99Ⅱのフレキシブルスポットを使い、人形の顔でピントを拾っています。
AFの速度は特化して速いというわけではありませんが実用範囲。精度に関してはたまに外す事もありますが、これも十分実用範囲だと思います。
シグマレンズはピント精度が悪いという意見をたまに見ますが、個人的にはそれほど悪くないと思いますよ。



ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾
そういえば、この日はα99Ⅱに初めて縦位置グリップを装着して使用してみました。
元々、α77Ⅱに使うために購入した物ですが、α99Ⅱが出て使いまわせるという事でお財布にも優しい互換性!(笑)
できれば旧型のα99の縦位置グリップが使えたらよかったと思いますが、ボディサイズが違うからこれは仕方ないか・・・・



ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾
やはり縦構図は縦位置グリップがあると楽に撮影ができますね。



ブラフ18番館 本棚
今回使用した組み合わせ、α99Ⅱと35mm F1.4 DG HSMに関しては、アマチュアが趣味で使うには、ほぼ最高クラスの解像力を誇る描写が得られるのではないでしょうか?
自分、この手の撮影に苦手意識があるので、うまく撮れたとは全く思えないのですが、
開放F1.4のレンズを使っての撮影は、ファインダーを覗いているだけで楽しいものです。
このシグマ35mm F1.4 DG HSMは、個人的にオススメの一品!



ポチッとよろしく!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-02-26 00:20 | 撮影記 | Comments(0)

α99ⅡのAFにビビった! ソレイユの丘 

ここのところ、午前中はすごく天気がいいのに、午後になると急に真っ黒い雲が・・・みたいな日が多いです。
この日はソレイユの丘という所に行ってみようと車を走らせましたが、
途中、林の交差点という渋滞の名所でえらい目に合いまして、どうしてもトイレに行きたくなってコンビニに入ったら、
トイレも大渋滞という・・・まあ、人間の行動なんて似たようなもんなんでしょうな。
それでもお昼すぎには目的地のソレイユの丘に到着しました。



ソレイユの丘
車を降りて数分歩いたらすぐこの光景。
何か見たことあるような風景だな~と感じましたが、吾妻山公園と似たような構図。
ただ、ここは菜の花と富士山の間に人家が入ってくるので、自然度がちょっと低い感じはしましたけどね。



ソレイユの丘
この日はα99Ⅱ + Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM。
たまには純正の標準ズーム持ち出してみっか~って気分だったもんで・・・
でも、まあ、普段シグマの24-105mm F4 DG HSMを持ち出す事が多いので、たまにはF4よりも絞り開いて撮ってみようと思うものであります。



ソレイユの丘
このレンズは最悪と言って差し支えないくらい逆光に弱いと思っていますが、
ゴーストを削除するべく、横構図の写真を縦構図にトリミングしてみました。
α99Ⅱは4200万画素あるから、横構図を半分カットしても2100万画素。
写真としては十分使えると思いますよ。これをA3にプリントしてもフォトコンに応募できるクオリティです。



ソレイユの丘
後ろに回ってみたら、なかなかいい尻をしていたもので・・・・(笑)



ソレイユの丘
ここソレイユの丘は初めて来たんですが、子供の遊具が沢山あってファミリー向けの場所でした。
正直、カメラ向けてどうこうという場所は、菜の花と富士山しか個人的にはなかった感じです。
上の写真は、遊んでいる子供を眺めている親御さん達の集まり。
背後に花があったので構図にしてみました。



ゴーカート

駐車場代が一日1000円でしたが、入場料とかもないし家族で来るには安上がりな場所ですよ(笑)
小さなお子様がいる方は、ここに来れば一日楽しめていいと思います。
写真のゴーカートみたいなのもありました。



ソレイユの丘
さて、ここでレンズ交換。 
システムはα99Ⅱ + Sonnar T* 135mm F1.8 ZAです。
ちなみに知っていたら大きなお世話ですが、花が咲いている周辺でのレンズ交換はやめておいたほうがいいです。
というのも、センサーに花粉がつくとブロアーでは取れません。
こういう場所でレンズを交換したい場合は、面倒でも少し離れた場所に行く方が安全かと思います。



ソレイユの丘にいた鳶


ソレイユの丘にいた鳶
上の方にトンビが沢山飛んでいたので、遊び心で撮ってみようとカメラ向けてみたのですが、いや、これまたビックリでした。
Sonnar T* 135mm F1.8 ZAはSSMでもないし、AFも速い事は速いけど、トンビを追いかけられるとは思ってませんでしたよ。
しかし、α99Ⅱの性能だとSonnar T* 135mm F1.8 ZAでも飛んでるトンビに見事に食いつきますね。
焦点距離がちょっと足りなかったのでトリミング(鳥ミング?)してますが、連写してもほとんどがガチピンでした。 これには正直感動しました。



ソレイユの丘
施設内をしばらく散策してみたのですが、
子供の遊び場所ばかりで、撮るような物がなくて明るいうちに撤収。
小さい子供は構図によっては絵になるのですが、人様のお子様をバンバン撮るのもねぇ・・・


珍しくしばらく2位キープしてます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-02-14 00:00 | 撮影記 | Comments(2)

α99Ⅱを海に持って行ってしまった!

この日は朝から雨が降っていて、今日は家でのんびり過ごそう!というモードに入っていたのですが、
午後になると雨があがり、午後3時くらいになるとお天気になってきました。
お天気が良くなってきたら行かないわけにはいきません。
しかし、日が沈むまで時間がなかったので、レンズがくっついていて足元に転がっていたα99Ⅱとα7Rをバッグに放り込んで森戸海岸に出陣です。



夕方のお散歩
ふぅ~何とか日没までには間に合いました。
しかし、α99Ⅱについていたのは逆光に最悪な70-200mm F2.8 G SSM II。
この写真にゴーストやフレアが出ていないのは、その部分をトリミングでちょん切ったからです。
このレンズ、夕日を撮るには最悪やわ~。



走る少年
200mmだと距離が足りなくてこれもトリミングしました。
αcafeのチチマルさんに言わせると、ファミコンのゲームみたいという事で納得(笑)
言われてみるとスーパーマリオみたいな構図ですわ。



灯台と若者
森戸海岸で撮影するには、やはり200mmでは距離が足りません。最低でも300mmは欲しいところでした。
いつもの防波堤に人が3名いましたが、いったいどういうシチュエーションなんだろう?と。



夕刻の漁
漁師さんが何やらやっていて、周囲にカモメが飛び回っていたので連写。
カモメの配置がいいものを選んでみましたが、もう少しカモメの数が多いとよかったですね。
ここも距離が足りなかったけど、α99Ⅱは4200万画素もあるからトリミングは躊躇せずできて楽です。



森戸海岸の黄昏れ
海岸から神社のある方へ移動。ここからはα7Rで撮影しています。
やはり冬は海に来ている人が少ないですね。寒いので当たり前といえば当たり前なんでしょうが。



森戸マジックアワー


裕次郎灯台夕景
日没後のマジックアワーも狙ってみました。
2枚目は岩と岩の間に灯台、そこを通るSUPという構図です。
何度も来ている場所ですが、ここからこの構図を撮るのは初めて。



森戸千貫岩
来ると必ず撮ってみる千貫松。
年間を通して撮っていれば、夕日の当たる角度で雰囲気が変わるのではないか?と・・・。

煽られるようにやってきた森戸でしたが、考えてみたら今年初の森戸撮影でした。
年間を通して通い続けている場所なので、今年はここに何回やってくるかな?と・・・。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-01-15 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

マリンタワーから撮る横浜風景

前回の投稿からの続きとなります。
山下公園からマリンタワーへ移動し、750円を払い展望台へ!
展望台へ行くエレベーター内は、カップルや家族連れのみで、おっさん一人は自分だけでした(笑)



飛鳥Ⅱ
マリンタワー展望台から140mmで撮ると、大桟橋の飛鳥Ⅱがこんな風に撮れるようです。
時刻は16:00ちょっと前という感じなので、日没まではあと約45分くらい、飛鳥Ⅱの出港まではあと1時間くらいです。



忍者レフ
展望台からの撮影なので、当然ガラス越しという事になります。
この写真で分かると思いますが、三脚の右の足のあたりに背景がガラスに写り込んでしまっています。
この写り込みをなくすために、忍者レフをレンズの前に取り付けたのがこの形。
丸い部分のこっち側は白いのですが、向こう側は黒くなっていて光の反射を抑えるようになっています。
ただ、ここで問題が起こりまして、持ってきたシグマの24-105mm F4 DG HSMはフィルター系が82mmというでかいレンズなんですが、
この系が忍者レフの真ん中の穴に入りづらい!
(いちお製品の説明では82mmまで入るって事みたいですが)
ぎゅうぎゅう押し込んでようやく何とかなったのですが、この製品はフィルター系77mmくらいまでのレンズで使う方がいいかも。



横浜の夕景
ちなみに夕日が沈むのは、マリンタワーから飛鳥Ⅱを見た時のだいたい左90度の方向。
だから飛鳥Ⅱの背景に綺麗な夕日を入れるとか、背景がマジックアワーになるとかのオマケはありません。
夕日を入れたいと思うなら夏至の頃に来ないとダメかもね。



飛鳥Ⅱ出港前
いよいよ飛鳥Ⅱの出港という時刻になりましたが、思っていたより周囲が暗くなりませんでした。
もう少し暗くなってくれると、写真的には良い感じだったのにとは思います。

上に書いたような夕日の位置的な理由で、背景の空は全然綺麗じゃないし(笑)
これから日が伸びていくから、今後は20:00出港くらいのスケジュールを狙わないとダメでしょうな~。



横浜夜景
飛鳥Ⅱがいなくなった後も、せっかく展望台に来たから夜景も撮って帰るべ!と暗くなるまで待って撮影。右下に見える船は氷川丸であります。



横浜夜景


横浜夜景
赤レンガ倉庫、みなとみらい方向です。
マリンタワー展望台の上から見ると、これまた随分と明るいんだな~と思いますね。
ここは船がいなくても、夜景撮るだけでも十分良い場所ですよ。



横浜夜景


横浜夜景


横浜夜景
撮影ポイントを移動して、マリンタワーから本牧ふ頭方面にカメラを向けてみました。
しかし、こうして見てみると、道路ってのは本当にすごいって思いますね。
夜景はα7R+シグマ24-105mm F4 DG HSMで撮ってますが、十分解像していると思います。
最近わかったのですが、シグマのこのレンズは玉ねぎボケが酷いので、
パンフォーカスで風景を撮る時専用という認識になりました。
ま、どうせ風景を撮る時はF8からF13くらいまで絞る事が多いし、F4スタートのレンズだからそれでいいでしょう。



ランキングにポチリお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-01-13 00:00 | 撮影記 | Comments(2)

飛鳥Ⅱと山下公園のカモメちゃん

飛鳥Ⅱという客船は横浜を母港としているので、しょっちゅう大桟橋埠頭にいて珍しくもないのですが、
たまにはマリンタワーの展望台から撮ってみようと思い、そそくさと出掛けてみました。

写真を整理していたら数が多く、一度の投稿だと見にくいと思うので今回は2回に分けたいと思います。




飛鳥Ⅱ
今回は車で移動。大桟橋埠頭に車を停めて徒歩で移動する事にしました。飛鳥Ⅱはすでに大桟橋に接岸していました。
α99Ⅱには70-200mm F2.8 G SSM IIをつけてきたので、少し飛鳥Ⅱから離れた場所から撮影。
客船の撮影は、背景が青い空の方が絵になると思いますね。



飛鳥Ⅱ
山下公園の方から見た飛鳥Ⅱです。
接岸されているのが、桟橋の向こう側になってしまうので上の方しか見えませんけどね。
ピントは手前の親子に合わせているので、飛鳥Ⅱは背景という設定での撮影になります。




山下公園のカモメ
マリンタワーに行くのに山下公園の中を行こうと歩いていたら、やたらとカモメがいるので気になりました。
人の多い場所なので、カモメも警戒心が薄れているようです。近づいてみても意外と逃げないんですよね。



山下公園のカモメ
引いて撮るとこんな風景。
とまっている手摺が白いので、イマイチコントラストの美しさに欠けるような気もします。
手摺が黒いと、そちらに露出を引っ張られてカモメが白飛びするんでしょうけどね。



山下公園のカモメ
飛んでいるカモメを撮るのは難しいです。
左にいる男性にピントを合わせ、置きピンで下手な鉄砲作戦で連写。ピントの何となく合っている写真を採用。
普段、飛んでる鳥を撮るなどという高等テクニックは使わないので、そのへんのスキルはあまりありませんです。



山下公園のカモメ
α99Ⅱはさすが4200万画素! 飛んでるカモメをトリミングしてもそれなりに使えそう。



山下公園のカモメ


山下公園のカモメ
芝生にカモメがいたので、背景に親子連れを入れて構図にしてみました。
何の脈絡もない主役と脇役という感じになりましたが、そもそも芝生にカモメがいるというシチュエーションが珍しいかも。
構図的には背景のお父さんが、お子さんの頭に手をやっているところが面白いのと、
カモメの見るからに、我関せず! みたいな無関心っぽいところが個人的にツボ(笑)



山下公園のカモメ
氷川丸の所にやってくると、例によってカモメが沢山いましたので、
もしかしたら飛鳥Ⅱと一緒に撮れるんじゃないか?と構図を探したらありました。
構図的にはカモメと飛鳥Ⅱの間が広いので、安定感があまりないのがどうも・・・って感じになってしまいましたけど。
被写界深度を取りたかったので、絞りはF13まで絞ってあります。



山下公園のカモメ
ここのカモメはこう撮る方がやはり安定しますね。
こう見るとぎっしりと並んでいて、もう他のカモメが入る隙間がありません。
これを見て朝の満員電車の座席のようだと、一人で勝手に思いながら・・・。



山下公園のカモメ
氷川丸も入れてあげるとわかりやすい風景ですが、カモメのインパクトが落ちるので微妙ではあります。
こういう場所の撮影は、半日くらい粘って撮っていると突然、いい構図がみつかったりするもんですが、
そろそろマリンタワーの方に移動したいので切り上げました。

次の投稿はマリンタワーからの撮影になります。



ランキングにポチりよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-01-11 00:00 | 撮影記 | Comments(2)