タグ:α77Ⅱ ( 24 ) タグの人気記事

α77Ⅱは素晴らしかった! 横浜トライアスロン 2017

5月13日(土)と14日(日)は、山下公園周辺で横浜トライアスロンがありました。
当初、13日(土)に撮影に行ってみようかと計画していたのですが、土砂降りと言っていいくらいの雨だったので、
14日(日)に計画を変更して行ってまいりました。




横浜トライアスロン 2017 イベント
AM10時くらいに家を出て山下公園に到着すると、ステージでフラメンコを踊っている美しい女性たちがおりましたが、
運悪く演技が最後の方だったようで、早く撮らないと終わってしまう~というタイミングでした。





横浜トライアスロン 2017



横浜トライアスロン 2017



横浜トライアスロン 2017
まずは山下公園内です。
このエリアは主にランナーの方が走っておりまして、とにかく沢山の人がコース内を回っている感じです。
最初、上の3枚のように走っている人を何となく撮っていたのですが、
このような撮影だと単調になってしまって、同じような写真を量産してしまうんじゃないかと思ったので、
表情とか仕草とか、そういう人間臭さを撮れたら・・・と、テーマを持ってみる事にしました。




横浜トライアスロン 2017
こちらの女性のように、素敵な笑顔で走ってくれているといいですし・・・




横浜トライアスロン 2017
時間を気にする仕草・・・みたいなのも変化があってよかったと思います。



横浜トライアスロン 2017
Instagramに投稿したら、あまり人気のない写真になってしまったのですが、
ランナーが給水所で水を受け取った際、落ちる水滴の描写が個人的に好きな1枚であります。
撮影機材に関しては、被写界深度の薄い写真にしたかったので70-200mm F2.8 G SSM IIを持ち出しています。
望遠側が足りないかもしれないという考えから、フルサイズは使わずα77Ⅱが出動。
結果的には良い選択だったと思っています。 改めてα77Ⅱはいいカメラだと再認識しました。



横浜トライアスロン 2017
少しマリンタワーの方に移動して自転車エリアにやってきました。




横浜トライアスロン 2017
自転車は走者に比べるとスピードが圧倒的に速く、撮影の難易度は若干上がりますね。
ここもどんどん自転車が来るので、何も考えずに撮っていると普通に走っている上のような写真を量産してしまいそうです。


横浜トライアスロン 2017
こちらのお姉さんのように、前傾姿勢でやる気満々だと撮り甲斐もあるってもんです。
カメラの設定は12連写。 f3.5固定でSSは 1/1000 です。AFは AF-Cで追従。フォーカスポイントはフレキシブルです。
α77Ⅱと70-200mm F2.8 G SSM IIだと、自転車の動きくらいは超余裕。



横浜トライアスロン 2017



横浜トライアスロン 2017
折り返し地点を狙います。
ここは物理的に減速しますから、直線的ではない動きが撮れるのではないか?という事と、
何か面白い動きが撮れるのかも?という期待がありました。



横浜トライアスロン 2017
折り返し地点からの立ち上がり加速場所ですが、
あえて前の方の自転車にピントを合わせ、手前の自転車は前ボケにしてみました。
これは公募展の先生がなんていうかわかりませんが、個人的には面白い写真だと思います。
まあ、こういうのを手前味噌って言うんでしょうけど・・・(笑)



横浜トライアスロン 2017
ゆりえどんがこの写真を見て「後ろから撮るのもいいね!」と言ってくれましたが、
確かに前方にいる自転車が後ボケになっているので、手前の自転車が追っている感じが出ると思います。
いろんな構図で撮っておくと、後々勉強になるのでいいですね。



横浜トライアスロン 2017



横浜トライアスロン 2017
普段、風景写真ばかり撮っている軟弱者なので、流し撮りは得意とは言えないのですが撮っておきました。
自転車については、流し撮りはスピード感が出ていいですね。

こういったスポーツの撮影は、普段全然やらないので正直困りましたが、あーだ、こーだと考えながら撮るのは楽しかったです。
そしてやはりAマウントは素晴らしい! 次はα99Ⅱ + 70-400mm F4-5.6 G SSMIIでも撮ってみたいですね。
自分の持っているEマウントのシステムでは、スポーツを撮る気がしませんが、
先日発表されたα9だったら最適なんでしょうな~。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-05-18 00:00 | 撮影記 | Comments(2)

松田町に春がきた!

ゆりえどんと江ノ島に撮影に行こうと予定をしていたのですが、
当日は非常にいいお天気で、江ノ島周辺は駐車場も全部満車なうえ大渋滞。
急遽、江ノ島はやめようという事になり、ゆりえどんが知り合いから教えてもらったという場所に行ってみる事にしました。
ただ、その教えてくれた人というのが、あまり教えたくないと渋々教えてくれた場所らしいので、
このブログで大々的に詳細を書くわけにもいかず、松田町という事だけお伝えしておきましょう。




ヤマビル注意
細くてクネクネの道を車で登っていくと、何とか現場に到着する事ができました。
それなりに標高の高い場所のようで、車から降りるとヒヤッと少し寒いくらいです。
江ノ島に行くつもりだったので、えらい軽装で寒かったのですがそこは我慢。

駐車場から少し歩くと池があり、そこには「ヤマビル注意」の看板が・・・・・
ヤマビルといえば、知らぬ間に足や首にくっついて血を吸うナメクジみたいなやつですよ。
そんなものがいるなんて、撮影もまさに命がけであります。



春の松田町


春の松田町


春の松田町
ヤマビルがいるようですが、静かでとても美しい場所でした。
あと10日くらい早く来れば、桜の花がもっと咲いていて綺麗だったんでしょうね。
少し遅かったとはいえ、木々の緑色に加え池が緑色で何ともいいコントラスト。
雲は多かったのですが、雲の切れ間から青い空も見えていて良い感じです。



春の松田町
この日は江ノ島でサーファーを撮ろうという話になっていたので、
α77M2+70-400mm F4-5.6 G SSMII。 α7RⅡ+24-105mm F4 DG HSMの2システム持参でした。



春の松田町
あまり人に知られていない場所のようで、人もほとんどいない感じでした。
花の赤色がすごく綺麗で、背景の青空を入れて構図にしてみました。
ここは山の上の方に登っていけるようだったので、カメラバッグを担いで少し登ってみましょう!



春の松田町



春の松田町
急な斜面を登ってきたら、さっきの池が下の方に・・・・。
まさか山を登るとは思っていなかったので、400mmを持って来てしまい大荷物に(笑)
でもまあ、せっかく持ってきたのだからと使ってみました。

あまり歩き回ると迷子になりそうだったので、無難な場所をちょっと歩いて池の方に戻りましたが、
ヤマビルがいるというのがずっと頭の中にあって、考えるだけでなんか痒かったです(笑)



春の松田町 鴨
池の方に戻ると鴨がいたので400mmで撮影。
この池はとにかく緑色がとても綺麗で、雨の降っている日に来ても良い写真が撮れそうな気がしました。



春の松田町
400mmは無くてもよかったけど、16mmを持ってこなかった事に後悔。
当初は江ノ島に行くつもりだったから仕方なかったのですが、24mmよりもっと広いレンズがあった方がよかったな。



春の松田町
16時くらいになると、だいぶ日が落ちて涼しくなってきたので撤収。
とりあえず今回は下見程度に考えて、次回は広角レンズと上着をきちんと持ってきたいと思います。

帰りの車の中で、ゆりえどんがお腹が痛いと言うので、
急いで帰ろうと高速に乗ったのですが、途中で治ったと言ったかと思ったら腹が減ったらしく、
デニーズで食事をしたら、デザートにアイスクリームを食べておりました。

さっきまで腹が痛いと言っていたのにアイスクリーム?

やはり只者ではないようです・・・・


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-04-25 23:00 | 撮影記 | Comments(0)

ポカポカ日和の吾妻山公園

冬に菜の花が咲くということで有名な吾妻山公園ですが、
先日、αcafeでnewさんが吾妻山公園に行ったらしく写真を投稿していました。
コメントを見ると、何も知らずに行ったら300段の階段を登る羽目になりました・・とありましたが、
知らなくても、知っていても300段の階段は登らないといけません。



吾妻山公園の階段
昨年の写真の使い回しですが、今年もこの階段を登って頂上を目指します。
しかしこの階段、どんなに寒い日に上っても汗びっしょりになりますわな。



吾妻山公園
吾妻山公園は標高1300m以上の高い場所にあり、ここに菜の花が咲くので沢山の人が苦労して上ってきます。
今年もまたびっしりと咲いておりました。 昨年は2月に来たので、少し花の元気がなかったけど、今年は絶好調な感じで( ・∀・)イイ!!



吾妻山公園


吾妻山公園


吾妻山公園
皆さん、ここで写真を撮ったり、お弁当を食べたりと休日を楽しんでおります。
当日は朝8時半くらいにはこの場所に到着しましたが、風がほとんどなく最高の菜の花日和でした。
富士山もクッキリと見えていて、何とも気持ちいいっす!



吾妻山公園
昨年はα99でこの風景を撮りましたが、今回はあえてα77Ⅱです。
手前の菜の花と、背後の富士山を構図に入れる撮影になりますが、こういう撮影の場合は、センサーの大きなカメラは不向きかと・・・・
むしろセンサーの小さなコンデジの方が、菜の花と富士山をパンフォーカスしやすいと思います。
そんなわけでフルサイズはあえてやめて、少しセンサーの小さなカメラを持ってきたというわけであります。
とはいっても、両方にスパッとピントが合うのは難しいのですが・・・。



吾妻山公園 菜の花
こんな風に花だけ撮るならフルサイズの方が表現力があるのでしょうけど、撮る人に表現力がないからまあいいか(笑)
レンズは24-105mm F4 DG HSMですが、開放F4のレンズでも、背景はそれなりにボケてくれます。



吾妻山公園のチャミちゃん
昨年来た時にも、この場所にいた猫のチャミちゃん。
この時もまたここにおりまして再会となりました。なんかとても嬉しい気分。
チャミちゃんは飼い主さんがリードをつけて、チャミちゃんとここに登ってくるそうです。


吾妻山公園のチャミちゃん


吾妻山公園のチャミちゃん


吾妻山公園のチャミちゃん
なんかもう、筋金入りの人気者みたいですね。
ちなみにこのチャミちゃん、頭のてっぺんを触る分には問題ないそうですが、
それ以外の場所を触ると噛んだり、引っ掻いたりするので注意してください。



吾妻山公園


吾妻山公園
お天気はずっとよかったのですが、午後2時を過ぎた頃から強風になってきたので下山。
今年もまた、いい吾妻山公園を見る事ができて満足でした。



ポチリよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-01-23 21:00 | 撮影記 | Comments(0)

2017年! あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。2017年がスタートしました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末は写真を撮ろうという気分でもなく、飲んだくれていたら終わってしまいましたが、
初日の出だけは、何とか撮らないとカメラオタクの名誉に関わると思い行ってきました。
昨年は海の公園から撮影した ↓

海の公園 初日の出
http://momoken819.exblog.jp/25061779/
これだったので、今年は違う場所から撮ろうと思い湘南方面に!

江ノ島の背景に朝日が登るシーンを・・・と考えたので、辻堂海浜公園あたりから撮ろうと思い、
朝も暗いうちから辻堂海浜公園公園の西駐車場に行くと、警備員のような人がいて 「今日は停められませんよ」 との事。
「えっー!」 と思いましたが仕方ない。 東駐車場に車を停めて、そこから折りたたみ自転車出動で海まで移動しました。



辻堂からの初日の出
この日の日の出時刻は6:50頃です。 写真は6:04ですが既にマジックアワー状態。
これ以上時間が経つと、上の方の青い部分が消滅するので早目に撮影です。



辻堂からの初日の出
波打ち際にカメラマンがいたので撮影。
この日は望遠側が欲しかったので、α77Ⅱ+70-400mm F4-5.6 G SSMIIです。



辻堂からの初日の出
だんだん人が多くなってきました。
特に写真を撮ろうというわけでもない人は、日の出の時間にやってくればいいわけですからね。
一気に人が増えてきた感じです。



辻堂からの初日の出

辻堂からの初日の出
低い位置に雲がありましたが、何とか初日の出は顔を出してくれました。
これが2017年の初日の出であります。
これは金沢観光協会さんには使ってもらえないだろうな~(笑)



辻堂からの初日の出
カメラマンの皆さんもそれなりに多いですね。



辻堂からの初日の出


辻堂からの初日の出
せっかく長いレンズを持ってきたので寄ってみました。
本当はシーキャンドルのてっぺんにある針に、太陽を串刺しにしたかったんですけど位置がずれたようです。


e0341572_21521997.jpg
撮影が終わって片付けていると「アツシさん!」と声をかけられ、顔を上げてみるとサークルのお仲間さんのBGさん。
その後、ゆりえどんから電話が来て、関西から遊びに来ていたkazuさんと近くにいると言うので合流しました。
こんな顔を隠した写真をPHOTOHITOさんの方に投稿できないので、
ブログ機能の方に投稿しましたが記念写真。
皆さん! お疲れ様でございました!



辻堂からの富士山
車に戻る途中、歩道橋の上からはクッキリ富士山。
正月に富士山とはこれまた縁起がいい! 撮ったカメラも77! 
ラッキーセブンが2つも並んでる!(笑)

きっと今年もいいことあるふぁ! ということで、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


ポチリよろしくです!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-01-01 22:00 | 撮影記 | Comments(6)

仕方なく甥っ子の運動会

投稿しなくていいかな~とは思ったのですが、
いちお撮影活動ですし、カメラやレンズのウンチクを垂れるコーナーにしたいと思います。
この時期、学校の運動会なわけですが、身内にカメラを趣味にしている人間がいると駆り出されるわけです。
主役は弟の息子・・・まあ、甥っ子なわけですが、
弟には「カメラ貸してやるから勝手に撮れよ~」と言いつつ、
いきなりα77Ⅱと70-400mm F4-5.6 G SSMIIを渡されて撮れるわけありませんわな(笑)
運動会の写真なんて作品性があるわけでもなく、単なる記録なので気合も入りませんが、昨年行かないでブーブー言われたのでイヤイヤ行ってきました。

ここで甥っ子の写真を貼り付けて、あーだこーだ甥自慢しても、
上司の家に招待されて、永遠と孫のビデオを見せられるような拷問にはしたくないので、
話はカメラ、レンズ、撮影の話にしておきます。



甥の運動会
まずは主役の甥です。名前の一部をとって普段は「ケン」と呼んでいるので、
将来は北斗神拳の伝承者にしたいと思っていますが、それほど強くないのでどうも無理っぽいです。
写真は相当枚数撮りましたが、他のお子様の顔を出すわけにはいかないので、
ケンだけが写っているか、個人の判別不可の写真のみ投稿しておきます。



甥の運動会
さて、持っていったシステムは α77Ⅱ + 70-400mm F4-5.6 G SSMIIです。
運動会の写真を撮るのにEマウントを持って行く気はしませんね。
今回、この撮影でEマウント(α7系)を持っている人は見かけませんでしたが、
仮にEマウントを持っている人を見たら「あ~この人カメラにあまり詳しくないのかも・・」と思うでしょう。偏見かな~(笑)

カメラが趣味なので、周辺の人達の持っている機材が気になるのですが、
ほとんどの人がキヤノンのエントリーモデルにキットレンズみたいな感じです。
自分のようなバズーカ砲のレンズを持っている人は全くいなくて、
自分の機材をチラチラ見て「あの人のレンズでか~」って思っていたようです(笑)



甥の運動会
運動会の撮影となると、校庭も広いし望遠レンズは必須です。
正直、200mmなんて全く届かないでしょうね。たまに400mmでも足りないと思う場面もあったので、
α99Ⅱが出て連写枚数は良しとしても、望遠側で足りなくなるのでα77Ⅱは運動会では必須かもしれません。



甥の運動会

甥の運動会

甥の運動会
小学3年生というと、体は小さいのにチョコチョコと動きが速く、カメラで追うには意外と厄介な被写体でした。
流鏑馬の時はフォーカスエリアはゾーンで追いましたが、
運動会は他の子供や、周辺にいる先生、置いてあるポールのように、
撮りたいもの以外にフォーカスが引っ張られる可能性が高く、ゾーンでは追いきれないのでスポットで追い続けました。
こうなると撮影というより、ある意味射撃に近い感じです。

帰ってからチェックしてみると、ピントの追い込みがイマイチな感じがしますね。
カメラの事なんてわからないお父さんが撮ったレベルならアリかもしれませんが、
自分としてはまだピントは追い込めそうな余地があります。



甥の運動会

甥の運動会
団体競技はスピード感もないので撮影は少し楽。
でも、なんかやっぱりピントが甘い感じがするなぁ。そのうち微調整しておかないといけないかも。
普段、フルサイズの解像写真を見てしまっているので、77Ⅱの出す絵はカリッとしていないような気がしてしまいます。
確かにこの手のズームレンズ、しかも望遠側で解像感を求めるのも間違いなんですけどね。
おそらく普通の人が見れば、綺麗に撮れてる写真なんだろうけど・・・。

自分の隣でコンデジで撮ってるお母さんがいたので、背面液晶をちょっと覗いてみたのですが、
当然、ズームが寄りきれないので、これじゃ撮っても「ウォーリーをさがせ!」だな~と思いました。
やはり運動会では400mmは必要だし、連写の効くカメラじゃないと無理ですね。

とりあえず撮影も終わり、無事に弟に写真も渡したので役目は果たしました。
甥っ子はあと3年間小学生なので、あと3回行かないと行けないかもしれません(笑)



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-10-25 00:00 | 撮影記 | Comments(2)

道寸まつり 笠懸の撮影

地元の写真コンテストも無事終わりまして、
話はちょっと前後してしまうのですが、油壺で開催された道寸まつり 笠懸の撮影に行ってきました。
笠懸と聞いてもピンときませんが、馬に乗って矢を放つあれなので、
多くの方は流鏑馬(やぶさめ)という方が馴染みがあるのかもしれませんね。



油壺 笠懸会場入り口
当日のお天気はピーカン! 会場は海岸なのでこりゃ~暑そうだなと入り口をくぐり会場へ。



油壺 笠懸会場


油壺 笠懸会場
会場まではこんな道をテクテク歩いて行く感じでした。 あっ! 外人さんめっけ!



油壺 笠懸会場
海の方に降りて行くと会場へ到着。
テントの下は日陰がありますが、これは関係者が入る場所のようなので一般は入れないみたいでした。
そうなると日向で待機、撮影という事になるのか・・・こりゃキツイな。



油壺 笠懸会場
馬が走るだけではなく、何やら他の伝統も披露されておりました。
自分にはこれが何なのか全くわからず、暑いのに着ている服が黒いので暑そうだな~としか・・・(笑)
この日本刀は本物なんでしょうかね?



油壺 笠懸会場
馬が走るコースには沢山の人が待機。撮影の人だったり観覧の人だったりという感じです。
最前列をとらないと撮影しにくいと思いますので、自分もどこかいい場所はないかと歩いていたら・・・・・

「あつしさ~ん」

と、どこからともなく20代くらいの女性の声がしました。

ん? どこだ?とキョロキョロしてみると、右手にある日陰におしゃれな帽子を被った女性が手を振っています。
帽子を被っていたので一瞬誰だかわからず、よ~く見てみると・・・

エーデルさんでした(笑)
そうだ。エーデルさんは20代の女性のような黄色い声だった・・・。



笠懸 観覧
ちなみに中央のチェックのお洋服に帽子の方がエーデルさん。 いつも素敵!
この後、あと1時間くらいで始まる・・・と待機。 日差しが強いので待機もキツかった~。
あまりにも日差しが強いので、カメラとレンズにタオルをかけてました。



油壺 笠懸開会式
いよいよ開始時間! と思ったら、こういった余興もあるわけですね。



油壺 笠懸


油壺 笠懸


油壺 笠懸
時間になったら弓と矢を持って走るのだとばかり思っていたので、
余興の長さと日差しの暑さでモチベーションも限界に達してきました(笑)
早く撮影して帰りたい~。



油壺 笠懸
あまりダラダラ引っ張ると、読んでいただいている方も「おまえも早く本番の写真投稿せい!」と言われそうなので本番へ。
やはり的を射るところを撮りたいと思っていましたが、早速ポジション取りに失敗した事を理解しました。

射手と的を構図に入れると、広角っぽい描写になって迫力がまるでない・・・
ここのポジション取りで重要なのは、画角を狭くしても射手と的が構図に入る場所のようです。
そうなると、おそらくエーデルさんがいる、的のちょっと斜めあたりがベスト!
やられた~。さすが経験豊富なエーデルさん。ちょっと尊敬。



油壺 笠懸


油壺 笠懸


油壺 笠懸
あえてダメ構図を投稿です。 自分なりに後で見てみて「なんか迫力ないし物足りないな・・・」と思い、原因を考えてみました。
わかった事がひとつ。 馬の足が構図に入らないとダメですね。 
そうなると縦構図の方がいいという事で、縦構図で撮る事にしました。



油壺 笠懸

油壺 笠懸

油壺 笠懸

油壺 笠懸
馬が砂浜を蹴っている描写があると、迫力も増すような気がします。
とにかくこの手の撮影は慣れていないので、どう撮ったらいいか?現場で手探りになります。
写真を撮るというのは、こういった経験を積み重ねる事が重要なのはわかっているので、
最初から良い写真を撮ろうなどとは思っていませんが、せっかく来たのだから数枚は気に入ったものを残したいですね。

カメラ機材に興味のある方のために、この日のシステムをご紹介しておきます。
α77Ⅱ(縦位置グリップ) + 70-400mm F4-5.6 G SSMII です。
イベントが始まると、電池交換のタイミングも難しいので、電池が2つ入るグリップは気分的に楽です。

フォーカスエリアはゾーン。 
構図内のこのあたりに射手を入れたいと思うエリアを決め、フォーカスモードはAF-Cです。
今回、このイベントを撮るにあたり、α77Ⅱと70-400mm F4-5.6 G SSMIIの組み合わせはすごいと思いました。
走ってくる馬に対してフォーカスは十分に追従し、ピントを外していたものはほとんどありませんでしたからね。

おそらくEマウントでここまできっちり仕事をしてくれるシステムは今のところないでしょう。
α6300がどこまで追いついてきているか?って感じでしょうか?

こういう結果が出てしまうと、やはりAマウントは手放せないんですよ。
カメラは撮影する物によって、その価値が全然違うといういい例でしたが、
たまにしか使わないけどα77Ⅱ最高やね。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



カメラ(SONY)ランキングへ

[PR]
by momoken805947 | 2016-06-09 17:42 | 撮影記 | Comments(2)

早朝の茅ヶ崎ヘッドランド

毎度、長々と文字入力して投稿していますが、
人気のあるブログっていうのを拝見すると、写真は1枚で簡単なコメントがある程度ってのが多いですね。
そういう投稿は写真に作品性があるからなんでしょうけど・・・・
それを真似しようというわけではありませんが、今回は簡潔にいきたいと思います。



早朝 茅ヶ崎ヘッドランド


早朝 茅ヶ崎ヘッドランド
最近日の出の時間が早いので、3時頃に起床しないと茅ヶ崎の日の出には間に合いません。
写真を撮るというのも意外と大変であります。

朝日といえば・・・という事で、ベンチャーズの「朝日のあたる家」という曲を思い出しました。
よく調べてみたらこの曲、アニマルズっていうグループのカバーなんですな。
ギターで弾くのにこのアニマルズのカラオケを探してダウンロード。
後半はアドリブということで久々のギターです。





にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



カメラ(SONY)ランキングへ

[PR]
by momoken805947 | 2016-05-20 17:00 | 撮影記 | Comments(4)

トリオ撮影会 in 鎌倉

3月20日(日)の記事になります。長いので読んでいただける方は覚悟してください(笑)
久しぶりに例のトリオで鎌倉を散策する事になりました。
http://momoken819.exblog.jp/23671407/

この日は大黒ふ頭にクイーンエリザベスが入港する日でしたが、
情報を見ると貨物用岸壁に接岸で、一般の人は立ち入れないという事で撮影は諦め。
昨年は台風でクイーンエリザベスは来れなかったので、最後に撮影したのは2014年になりますが、
行っても撮れないのはつまらないという事で、トリオは鎌倉へと行くのでありました。



明月院
毎度の事ですが、最初に行くのは明月院。
例のうさぎとカメは、こんなお家を用意され風変わりしていました。
屋根に日本の旗が立っているのは、おそらく外国人観光客に配慮したものだと勝手に想像。
確かに鎌倉に来ると、日本語以外の言語が飛び交ってますからね。
まあ、それは鎌倉に限った事ではないのかもしれませんが・・・。



明月院
明月院といえば丸窓。
やはりここに来た人は、ほぼ全員がこれを撮って帰るんでしょうな。
ちなみに写っているお二人は、今回一緒に来た連れではありません。



明月院
ご一緒の方はこちら。
エーデルワイス鎌倉隊長! この御方!鎌倉は猫の通り道まで知ってるんじゃないか?というくらい、
あちこちに連れて行ってくれる頼もしいお方です。
今回は「三歩下がってついていきます!」と宣言したところ、
歩いていると「あ、あつしさん、三歩下がってない」と指摘されました(笑)



明月院丸窓
そんなわけで、自分も丸窓はとりあえず撮っておくかな・・・と。
この日のシステム α77Ⅱ + DT16-50mm F2.8 SSM のみです。
というのも、朝雨が降ってまして、一番防滴機能の高そうなシステムしか持ってきませんでした。
なのでモチベーションもあまり上がらず・・・・です。



明月院鳩
明月院の中にはリスがいるので、長いレンズがあれば撮れるのですが、
この日は長いレンズを持っていなかったので、生き物は撮れないと思っていたら鳩は近づいても意外と逃げません。
もっと近寄ってみよう・・・・



明月院鳩
かなり目の前まで寄りましたが、結構逃げないものですね。
観光地にいる鳩なので、人に慣れているっていうのもあるんでしょうけど。



明月院 竹林
竹林の中に入ってみると、何やら竹に紙が貼り付けてあり何か書いてあります。



明月院 竹林
こんな場所にまで来て、竹にキズをつけるとかそういう人がいるんですな。
最近のニュースを見ていると、日本人もキレやすい老人とか話題になってますが・・・・



明月院 竹林
神様も見ている事ですし(神様かどうかは知りませんが) 竹にキズをつけたりするのはやめましょう。



明月院 外人観光客
純和風な風景に外人さん。
外国人観光客といっても、本当にいろんな国から来ているんだな・・という印象でした。
トリオの中でも話題になりましたが、自分たち日本人は中国や韓国の方達を「外人」とは言いませんね。
外人というと、金髪で目が青い人の方がしっくり来るのですが、
これは日本人の共通の認識でしょうか? それとも自分たちだけ?



鎌倉の道案内
明月院を出て一行は海蔵寺へと向かっています。途中、道案内があったので隊長がチェック。
この赤いジャケットが何とも隊長っぽくて戦闘的!(笑)



海蔵寺
そして海蔵寺に到着!
ちなみに自分、海蔵寺(かいぞうじ)に来たのは初めてであります。
解像寺だったらカメラらしくてよかったのにな~と、一人でくだらない事を考えながら・・・。



海蔵寺
ここで目を引くのは赤い傘。
時期的に花も咲いていないし、隊長いわく「今日は下見だから」ということでしたが、
本当、カメラを向けるのに困るくらい閑散としてましたわな。



海蔵寺


海蔵寺
もうね、「傘しかないんですよ~」と泣き言を言いたくなるシチュエーションなわけです。
これで桜が満開になると形勢逆転なんでしょうけどね。



海蔵寺
微妙に咲いている花もあるのですが、この程度であります。
無理やりコメントをつけると、このDT16-50mm F2.8 SSMのボケはそれほど悪くないですね。
ぼかして使うレンズでもないと思っていましたが、それなりに良いレンズだと思います。



鎌倉スナップ
海蔵寺を出て鎌倉駅まで歩きました。次はランチタイムであります。
途中、鎌倉らしいオシャレなお店も何件か目にしましたが、
隊長は腹が減っていたのか無言でスタスタと歩くので、あまり写真は撮れませんでした(笑)
隊長はとにかく歩くのが早く、ある意味アスリートなのです。
多分、20代の若者でも付いて行くのは至難の業だと思いますよ。



光則寺


光則寺
長谷寺に行ったら、トリオ共通の知り合いの方にお会いしましたが、
その方は長谷寺から出てきたばかりだったので、一緒に光則寺に行くことになりました。
ここでもあまり撮る物もなく、こんなカットだけでお許しくださいませ。



長谷寺 


長谷寺 


長谷寺


長谷寺
長谷寺は人はすごく多いのですが、花が沢山咲いているというわけでもありませんでした。
それでも少ししかない花を構図に入れて奮闘。

外国の方は沢山いましたが、どうせ海外から遥々やってくるなら桜の時期がいいのにねぇ。



長谷寺 お地蔵さん


長谷寺 お地蔵さん
長谷寺の中には、こんな感じのお地蔵さんがいくつかあるのですが、
トリオ的には、このお地蔵さんの顔立ちから「えなり」と呼んでいました。
えなりかずき がネーミングの由来ですが、このおっとりした顔がえなり君に似てますね。



長谷寺 お地蔵さん


長谷寺 お地蔵さん
こちらは違う場所の えなり です。
ちなみに明月院にも えなり があったのですが、それは撤去されてなくなっていました。
あの えなり は何処に行ってしまったんでしょう?



長谷寺 お地蔵さん
こちらは子供の身長ほどある 巨大えなり。
そろそろこれを読んでいる人も「もうええわ!」とツッコミを入れたくなると思うので、
えなりはここでやめておきます。



鳥居と江ノ電
長谷寺を出ると、次は近くにある神社に移動。
隊長いわく、鳥居と江ノ電が一緒に撮れるポイントという事です。
空が青いとポイント高かったと思うので、ここはまた挑戦するつもりです。



お地蔵さんと江ノ電
次は江ノ電に乗って腰越に移動。
隊長いわく、お地蔵さんと江ノ電が一緒に撮れるポイントだそうです。
ただ、周囲はもう真っ暗に近く、すでにα77Ⅱでは撮りたくない時間帯になっていました。
しかも、このお地蔵さんと、お地蔵さんの隙間から江ノ電を撮るわけで、撮影というよりゲームのようでした。

昼間なら絞ってパンフォーカスで撮りたい感じですが、
暗いので開放でもISO3200です。 仕方なく江ノ電はぼかすことにしました。

ここまで読んでいただいた方、本当に長くてすいませんです。
実際、朝10時に集合して18時過ぎまで撮影していましたから、
写真の枚数も多く、これでもかなりざっと書いたつもりなんですけど・・・・

さて、今回ご一緒していただいた、エーデル鎌倉隊長、みけさん、途中でお会いしたmuneiraさん、
いろいろとどうもありがとうございました。


ブログランキング3位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-03-22 18:00 | 撮影記 | Comments(0)

夕日の羽田空港

日曜日に湘南撮影隊で江ノ島に行く予定でしたが、
年明けの次の週末は、正月の混雑を避けて初詣に行く人が殺到するのを忘れてました。
Yurieどんに午後迎えに行くよとメールしたのですが、
午前中に既に・・・


e0341572_20031719.jpg
e0341572_20030981.jpg
鎌倉から江ノ島周辺は大渋滞なうえ、江ノ島周辺の駐車場は既に満車状態という有様。
Yurieどんに 「午後からなんて悠長な事言ってる場合じゃなかった」 と中止になりました(笑)

仕方がないので羽田空港にでも行ってみようと思い、Yurieどんを置き去りにして一路羽田へ!


羽田空港 第1ターミナルより
羽田空港は第1ターミナルと第2ターミナルがありますが、
西向きなのは第1ターミナルなので、夕陽を撮りたければ間違いなく第1ターミナルです。
機体に太陽が当たって反射しているのが美しいかったです。



夕刻の帰還
日が沈むのを待つ間、暇だったので少し流し撮りをしながら遊んでいました。
ギターを弾く自分には感覚的にわかりますが、この流し撮りはテクニックが必要なので練習あるのみなんでしょうね。
普段、流し撮りなんてあまりやらないし、練習していませんからうまくは撮れません。
何度かやってみて、まともそうなのを投稿しておきます。



羽田空港 第1ターミナルより
ここに来る前に、夕日がどのあたりに沈むかは把握していました。
丁度飛行機の上に沈むように場所は確保済みです。
個人的にはもっと面白い構図、良い写真になる予定だったのですが、
実際に撮ってみたらあまり面白くもない構図、写真になってしまいましたな~。
普段あまり来ない場所だし、慣れていないから仕方ないのかもしれないけど。



羽田空港 夕景


羽田空港 夕景
明るい時はあまりよく見えなかったのだけど、
日没後は富士山のシルエットがクッキリと出てくれました。
贅沢を言わなければ、これだけで来てよかったと思うべきなんでしょうけどねー。
上の写真の上部に、黒い線が入ってしまっていますが、
これは展望台の柵に張られているワイヤーの影であります。やっぱりこのワイヤーの影、入ってしまうんですよね。
たまにレンズをワイヤーから突き出したり、ワイヤーを広げたりしている人がいますが、
それは禁止されているのでやってはダメですね。 ルールを守らないとカメラ自体が閉め出されてしまいます。
一人一人に責任がある自覚を持ちたいものです。



羽田空港 第1ターミナルより


羽田空港 第1ターミナルより


羽田空港 第1ターミナルより
普段から海で夕陽を撮っているせいか、空港も暗くなってからの方が自分には合ってる気がしました。
この日の装備 α77Ⅱ + 70-400mm F4-5.6 G SSMIIです。
特に流し撮りなんかはEマウントじゃ役不足でしょうからね。飛行機ならAマウント一択ですよ。
動いていない飛行機を風景として撮るなら何でもいいですけどね。

今月5日にα99Ⅱの発表があるかもしれないという噂がありましたが、
それも噂で終わり、発表されたのはニコンのD5とD500でしたね。
キヤノンも1DX後継機の噂が出てきて、何もないのはソニーだけ?という感じになっています。
正直、Aマウントの更新がなければニコンに移りますよ。
そしてブログのタイトルも 「きっと明日は笑顔でニコン!」に変更するしかないでしょうな。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-01-12 20:00 | 撮影記 | Comments(6)

砂まみれの逗子海岸

元旦の朝は初日の出の撮影に行きましたが、
撮影後はすぐに帰宅しまして、その後人が集まってくるので飲んで食ってで元旦は終わり、
2日は箱根駅伝があるので、それをダラダラと見ていたらすぐに午後です。

「い、いかん!どこかに撮影に行かないと!」と、

半ば強迫観念もあり、カメラを持ってどこかに出かけようとは思うのですが、
湘南方面は箱根駅伝のせいで通行止め、大渋滞という事ですから行く気がしません。

ふと先日、逗子海岸でウインドサーフィンをα7Ⅱ+70-300mm F4.5-5.6 G SSMで撮った写真がacafeで意外と好評だったのを思い出し、
今回はウインドサーフィンをマジで撮ってみようとα77Ⅱ+70-400mm F4-5.6 G SSMIIを持ち出し逗子海岸に行ってみました。

α7Ⅱでウインドサーフィンを撮っても、AFは遅いし正直ストレスのたまる撮影だったので、
α77Ⅱなら気持よく撮れるだろうと思ったからです。



逗子海岸
家にいる時には全然わからなかったのですが、
海に来てみたら物凄い向かい風で、砂がかなり飛び交っておりました。
ウインドサーフィンはやった事がないので想像がつきませんが、風が強いほうが楽しいんでしょうね?
きっとうまい人なんでしょうが、物凄いスピードで海の上を走ってました。



逗子海岸 ウインドサーフィン
さすがAマウント! さすがα77Ⅱです!
α7Ⅱは相手になりません。 AFは爆速で速い動きにも十分対応できるレスポンス!
「おおっ! 撮影が楽しいぞ!」 と思いながら連写でバシバシいきました!
まるでマシンガンで撃ち落とすような楽しさがありますね。



夕刻の風を切る
縦構図です。
進行方向の空間が狭くなるので、見ていて窮屈な印象を受ける方もいるかもしれません。
写真の基本として、進行方向の空間をある程度取らないとキツい感じがするんですよね。
でもまあ、このくらいなら許容範囲かな?と、都合のいい解釈をしておきます。



逗子海岸 落陽
先日はフルサイズで300mmまでの構図しか撮れませんでしたが、
今回はAPS-Cセンサーと400mmという装備なので、35mm換算600mmで夕陽を撮ってみました。

「夕陽でかっ!」

上の方に鳥が飛んでいるのがちょっとお気に入りです。
個人的には水曜ロードショーの音楽が流れると完璧ですね。



逗子海岸
日没後は空がすごい色になってましたね。
左にいる彼女の方は、短パンみたいなの履いてましたけど寒かったろうな~。

この後、撮影を終えて帰ろうと、レンズにレンズキャップをはめようとしたらジャリッと違和感が・・・・
見てみるとレンズフィルターからレンズキャップから砂まみれです。
とりあえず持っていたブロアーで飛ばしましたけど、
家に帰ってみたらカメラもレンズも砂だらけでありました。

特にショックだったのは、望遠にするとビヨ~ンと伸びるレンズの筒の中に砂が入ったようで、
ズームリングを前後に動かすと、ジャリジャリと砂の音と感触が・・・・
いろいろやってみたけど完全には撮れませんね。 サービスでバラして清掃しないとダメっぽい。
う~ん・・・新年早々ツイてないです。

しかも、上着のポケットの中が砂だらけ! もう最悪でした。
風が強くて砂の舞っている砂浜での撮影は、皆さんも注意してください。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村
[PR]
by momoken805947 | 2016-01-05 20:28 | 撮影記 | Comments(0)