RX100M3 + MPK-URX100A を水中で試してみました

ダイビングのインストラクターを長年やってきて、
昨年の段階で、来年はもう引退しようと考えてインストラクターのステータスを更新しなかったのですが、
今年になってから昔の知り合いや、ダイバーの方々に「また海に連れて行ってほしいのですが・・・」と、問い合わせをいただき、
その度に「今年になって引退してしまったんです」と説明する度に、本当にこれでよかったのだろうか? と・・・。
このまま辞めてしまうと後悔する事になるだろうと思ったので、
8月に潜水指導団体の方に連絡して、インストラクターのステータスを復帰する事にしました。

気分的にはスッキリです。雲が晴れた感じがします。
いろいろと辞めないといけない理由を考えてきましたが、
まだ体力も気力もあるし、心の奥ではまだダイビングのインストラクターをやりたい自分がいるのはわかってましたからね。
ここで奮起したので、今後数年間は続けると思います。
兄ぃを含め、ダイバーの皆様、今後もどうぞよろしくお願いします。

さて本題です。
水中の新アイテム! RX100M3をMPK-URX100Aに突っ込んで、西伊豆の大瀬崎で試用してみました。



大瀬崎
ここまで来ても富士山が見えないという珍しい状態。
最近は富士山に思い切り嫌われているようで、富士山の所だけに雲があるという感じ。



2017年9月9日 大瀬崎湾内 ダイバーとイシダイ


2017年9月9日 大瀬崎湾内 ダイバー
試用には海の状態があまりよくなくて、透明度が非常に悪いうえに白っぽい感じでした。
なるべく被写体に接近して、間に水を入れないように心がける撮影です。
沖縄での撮影とはこのあたりの条件が全く違いますからね。伊豆のダイバーは強くなるんですよ(笑)



2017年9月9日 大瀬崎湾内 カサゴ


2017年9月9日 大瀬崎湾内 タカノハダイ


2017年9月9日 大瀬崎湾内 ダテハゼ


2017年9月9日 大瀬崎湾内 エソ


2017年9月9日 大瀬崎湾内 ゴンズイ玉
ダイヤルをSCNに合わせれば、マクロモードってのもあるのですが、
ここでの撮影はAの絞り優先でいってみました。 あまり寄れないけどこのくらいは撮れますね。
ただ、前の投稿で書いたように、背面のモニターが見難いので勘で撮っていたようなところもあって微妙ですが。



2017年9月9日 大瀬崎湾内 スズメダイ
コントラストの条件がちょっと厳しい感じのシーンですが、
RAWで撮って現像時にちょっといじれば、特に問題なさそうです。
水中では思い切り逆光だったもんで、背面モニターでの確認は全くできないまま撮影してました。
帰って見てから「あぁ・・・あの時撮ったのピント合ってるな」って思ってましたから(笑)



2017年9月9日 大瀬崎湾内 ハナダイ


2017年9月9日 大瀬崎湾内 ネンブツダイ
RX100M3のWBには水中ってのがありますが、これがまた優秀みたいですね。
10年くらい前の500万画素くらいの時代だと、伊豆の水中写真は全部緑色になってしまっていました。
RAWから現像する人は、特に水中用のWBがなくても現像時に詰めることはできますが、
RX100M3はJPEG撮って出しでも綺麗に撮れるようです。
自分、RAW + JPEG で保存していますが、現像する必要がないようなショットも多かったです。



大瀬崎


大瀬崎


大瀬崎
ちなみに一緒に行ったKoji君が自分を撮ってくれていたので写真送ってもらいました。
カメラはCOOLPIX AW100ってやつでしたが、ハウジングなしで直接水中に持って入れるカメラでした。
「それ本当に大丈夫なの?」と聞いたところ、「10mって書いてあるから大丈夫でしょ?」という事でしたが、
本当に大丈夫だったようで何よりです(笑)




器材
そんなわけで潜水時間1時間、自分の器材を干して帰りましたとさ。


いつもポチリありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
# by momoken805947 | 2017-09-15 00:00 | 水中写真 | Comments(6)