有名人や才能のある人は孤独なのか?

12日に開催されましたソニーストア銀座、三小田智子姉さんのトークショーは盛況だったようですが、
どうやら動画の撮影は禁止だったようで、そうなるとYou Tubeにアップロードされる事もないだろうという事で残念です。
ネタにしてしまったmikkuさんからも、律儀に「動画撮影は禁止でした」とメールをいただき申し訳ありませんです(笑)
そしてフライングで「動画撮るんだって?」とmikkuさんに聞いてしまったエーデルさん! いつもお転婆です。

更に後のエピソードで、三小田姉さんのお母様が、三小田智子で検索してこのブログを読んでいただいたらしく、
自分の娘にメールする際「姉さん」と書いてきました・・・と姉さんからご報告がありました(笑)
姉さんのお母様、もし読んでいたらコメント欄に何か書いていってください(笑)

余談ですが、今回、銀座のトークショーにあたり、姉さんとメールで少しお話させていただいた時に、
姉さんが「また撮影に行くときには誘ってね」 と言ってくれましたが、
「いや~プロカメラマンの姉さんは誘いにくいですよ」と返信すると・・・

「プロカメラマン=孤独 っていうのは寂しいな~」 というお返事が来まして、

この返信を読んだ時に、ふと昔の事を思い出したので、その事をちょっと書いてみようと思います。
少し長いしカメラの話でもないので、お暇な方だけどうぞ(笑)

SNSで知り合った女性

30代の最初の頃だったと思いますが、当時多くの友人もやっていたSNSのサイトにハマっていた時期がありました。
子供の頃からの友人との交流がメインでしたが、新たに知り合って会話が弾むという人もいました。
その中に横浜からちょっと東京寄りに住んでいるけど、実家が千葉でサーフィンが趣味だという女性と仲良くなりました。
自分はサーフィンはやった事がありませんが、ダイビングをやっていたというのがあったので「海繋がり」という事です。

サーファーの彼女

そのサーファーの彼女とは、メールのやり取りでも意気投合した感じで、
気がつくと毎日のようにメールをしては、海の話で盛り上がっていたという記憶があり、
彼女の実家は海のすぐ近くにあるようで、実家に帰るとしばらく滞在して海通いしているようでした。

仕事の話はあまりしなかったと思いますが、彼女が言うには「イベント関係の仕事」という事で、
自分にはあまりピンとこなかったのですが、きっとチケットを売るとか、ステージをセッティングするとか、
お客さんを誘導するとか、自分勝手に想像してきっとこんな仕事なんだろうな・・・と思っているくらいだったと思います。

メールをやり取りしているうちに、彼女の年齢が自分の3つ年下だという事がわかりました。
どのくらいメールをやり取りしたかは詳しく覚えてはいないのですが、
今度横浜あたりで飲みに行こうという話になり、ある日、横浜の西口で待ち合わせをする事になったのです。


初対面!

SNSで仲良くなった女性とリアルに会う事になる・・・というのは、人生の中でもなかったので緊張しましたが、
彼女はきちんとその場所に来てくれて 「あつしさんですか?」 と声を掛けてくれました。
こう言ったら彼女に失礼かもしれませんが、第一印象は「素敵!」とか「可愛い!」とかでは全くなく「かっこいい!」でした(笑)
というのも、ジーパンにジャンパーみたいな格好で、都会の公園でスケートボードをやっているお兄ちゃんみたいな格好だったからです。
何となく面食らった感じでしたが、格好はまあ、何でもいいでしょう(笑)

彼女の名前はSちゃん

彼女の名前を聞くと、特に珍しいわけでも印象的でもなく普通の名前。ここでは頭文字を取ってSちゃんとしておきます。
リアルに会ったSちゃんは、話もすごい面白いし、人と会話をするのにすごい慣れているという感じでした。
率直に思ったのは、発しているオーラがちょっと普通の人と違うな・・・という印象。
時間が流れるのがすごく早いと感じるくらい、一緒にいるのが楽しかったのを覚えているのですが、
Sちゃんも自分といるのがつまらないとは思わなかったようで、その後も数回にわたり一緒に飲みに行くという事になりましたが・・・・

Sちゃんのお仕事

当初、Sちゃんは「イベント関係の仕事をしている」と言っていましたが、
今日は朝から仕事なの・・・とか、今日は夕方から仕事なの・・・みたいな内容のメールを読むと、
随分とランダムな仕事をしているんだな~とは思っていました。
Sちゃんが自分の仕事の内容の詳細をすぐに教えてくれなかったという記憶があるのですが、
おそらく3回目とか4回目にくらいに会った時に、吹っ切るような顔をして話をしてくれました。

実は私はこんな仕事をしていて、周囲に関わる人はこんな人達・・・と教えてくれた名前が、
テレビを観たことがある人なら誰でも知っている「有名人」だったからビックリ!
Sちゃんはあるスポーツ関係の有名人で、自分はそのスポーツの事を全く知らなかったから彼女の事を全くわからなかっただけでした。

Sちゃん正体

Sちゃんの話を聞いて家に帰り、ネットでSちゃんの名前をググってみると、これまたビックリ!
WikipediaにはSちゃんの生年月日から、生い立ちまでがきちんと記載されているし、
画像を検索すればSちゃん写真がどんどん出てくるし、
2chのスポーツ板を探してみれば、Sちゃんの名前でスレッドまであるじゃないですか!
その時初めて、自分がすごい人と友達になってしまった事に気が付きました。
自分元々、特定のスポーツを観戦したり、興味を持ったりという事がなかったもんで、
言われなければ永遠に分からなかったろうとは思います。

吉兆宝山

彼女が有名人だという事がわかっても、すごい人なんだと思うだけで飲みに行くのは変わりませんでした。
何度も会ってるうちに、横浜西口、岡田屋モアーズの近くにある、焼酎が沢山置いてあるお店に行くのも定番になってました。
Sちゃんはお店に沢山の焼酎があるのに、決まって「吉兆宝山」という芋焼酎を頼むので、
自分もどんな味がするのか飲んでみたところ、芋焼酎ってやつは飲むと芋の香りがするってその時初めて知った次第。

Sちゃんと話をした中で、家族の話を聞いた時の記憶があって、
お父さんは普通に農業をやっていると言っていたし、弟さんの話なんかも聞いたけど、
華やかな世界にいる有名人でも、家族の話を聞くとえらい普通の家族の内容だな・・・と。
その時に思ったのは、有名な人でも家族って別に普通だよな~って。

飲み会に誘われたが・・・・

Sちゃんに「今度○○さんや○○さんと飲み会があるんだけど、よかったら来ない?」と誘われた事がありました。
その○○さんや○○さんは、おそらくこれを読んでいる人が名前を聞いても、顔を思い浮かべる事ができる有名な人たちです。
自分としてはすごい話だし、すごく行ってみたかったのだけど、
正直、そのスポーツに全く興味がなかったというのもあって、
その人達に会った時に「実はよくわかりません」というのも失礼なんじゃないか?と思ってしまったんです。
それで「いや~僕はいいよ」とサクッと断ってしまったのだけど、
今にして思えば、そんなすごい人達と一緒に飲めるチャンスなんて人生の中でもそうそう無いし、
あ~あの時勇気を出して「行きたい」と言えばよかったなぁとちょっと後悔しております。

Sちゃんに聞いてみた

Sちゃんと二人で飲んでいる時に、何となく不思議に思っていた事を聞いてみました。
「ねえ、なんで君のような有名人が、SNSで友達探したり、僕と一緒に飲んでたりするわけ?」
Sちゃんは「う~ん・・・」 としばらく考えてから、少し恥ずかしそうな顔で

「多分・・・寂しかったからだと思う」 と言ったのです。

この時、自分にはこの答えが結構ショックで、これだけ華やかな世界で人に囲まれている人の口から、
寂しかったという答えが出てくるとは想像もしてなかったのですよ。

先日、三小田智子姉さんとのメールで「プロカメラマン=孤独は寂しいよ」という内容を見て、
過去のSちゃんとの会話を思い出したのですが、有名だったり才能があるという人は、
こちら側からすると遠い存在に思えるし、気軽に声を掛けにくいところがあるので、
何となく孤独な感じになってしまうものなのかもしれませんね。

まあ、姉さんはすごい人になったとは思いますが、
自分から周囲の人にどんどん声を掛ける人だし、孤独には絶対にならないと思いますけどね(笑)

この歳になれば理解もできるのだけど、握手をしてほしいと集まってくれる人が1000人いたとしても、
例えば、電気のついてない家に帰る・・・という人は、孤独を感じて当然だと思います。
人に囲まれている・・・という意味は、人によって捉え方が違うでしょう。

妻や夫がいるとか、彼氏や彼女がいるという人でも、
相手が向かい合ってくれない、会話がないという人は孤独を感じるでしょうし、
相手がいて生まれる孤独は、独りしかいないという孤独よりも大きいかもしれません。
当時、Sちゃんの孤独を理解してあげれたとは思えないのですが、
今、この歳の自分が、あの場所にいたら、あの時とは違う言葉をかけてあげられただろうなとは思いますね。
まあ、人間とはそういうもので、若い時の自分ってのは、振り返ってみると愚か者でしかありませんから。

ちなみにSちゃんが誰なのか?は、これを読んだ人は興味があるかもしれませんが、
ここに名前を書くわけにはいかないのですいません。
リアルに一緒に撮影に行く事のある方には、聞かれればその場で教えてあげるくらいなら大丈夫だと思いますが、
他の人には言わないでね(笑)



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
# by momoken805947 | 2018-02-14 21:00 | その他 | Trackback | Comments(0)