横浜スパークリング・トワイライト2017 前編

毎年夏に開催されている横浜スパークリング・トワイライトですが、2017年は7/15と7/16に開催されました。
かなり前からノッチ師匠と一緒に行く事になっていたのですが、結果的には数名の知り合いの方達と行く事になり、
暑い中、カメラと三脚を持って横浜に出掛けて行きました。




横浜スパークリングトワイライト2017 7/15
集合時間は午後3時だったのですが、しばらくカメラをバッグから取り出す事もなく、
喋ったり、ビール飲んだりしているうちに夕方になってしまうというグダグダぶり。
花火撮影というと場所取りの問題がありますが、ここ赤レンガ倉庫周辺のエリアは広いのでそんな心配もいりません。
上の写真は花火開始まであと1時間という感じですが、結構な人が集まってきていました。



横浜スパークリングトワイライト2017 7/15
当日は客船にっぽん丸が停泊していたので、このにっぽん丸を構図に入れて花火を撮るという作戦。
海側に出て撮るという人もいましたが、自分はこの観客を入れて撮る構図を選択。
この場所から撮れば、人と船と花火が撮れるはず!



横浜スパークリングトワイライト2017 7/15
花火が打ち上がりました!
予想していなかったのですが、ちょうどにっぽん丸の煙突の後方に花火が打ち上がり、
まるでにっぽん丸の煙突から打ち上がっているようです!



横浜スパークリングトワイライト2017 7/15


横浜スパークリングトワイライト2017 7/15
帰ってから撮った写真を見て思ったのですが、
花火撮影って、意外とシャッターを開いている時間が長いと思うのですが、
人はほとんどぶれてなく、花火を観ている人はあまり動かないという事を学びました。



横浜スパークリングトワイライト2017 7/15
この日はちょうどいいくらいの風が吹いていたので、花火の煙も比較的流れていったし、
風が強すぎると花火自体が流れてしまうのですが、そういう事もなかったのでいい条件だったと思います。



横浜スパークリングトワイライト2017 7/15
花火の打ち上げ時間は30分間なので、一度三脚を立てると同じ構図しか撮れないというのもあり、
似たような写真をダラダラ投稿しても仕方ないのでこのくらいで・・・・

今回の撮影はα7RⅡ + 24-105mm F4 DG HSM です。
昼間は手持ちで撮る事があるかもしれないと思ったので、α7RⅡのボディをチョイスしましたが、
結局、昼間はあまり撮らなかったので7Rの方がよかったかもしれません。
個人的にα7RⅡは出てくる画がのっぺりしてると思うので、毎度言うように7Rの方が好きなんですけどね。

F4スタートの24-105mm F4 DG HSMは、絞ると解像力を発揮するレンズだと思うので、
花火撮影にはかなり向いていると思います。
Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMでもいいのですが、
強い光源があると、ゴーストやフレアが出るので24-105mm F4 DG HSMの方が花火撮影には向いていると思います。

この翌日の7/16には、また違う客船スーパースター・ヴァーゴが来るので、
続けて花火撮影の投稿になります。


ポチリよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
# by momoken805947 | 2017-07-19 20:00 | 撮影記 | Comments(0)