<   2017年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

すいません撮影禁止です。 えっ!?

この時期は晴れると結構暑いし、天気が悪い日も多いので、
夕方頃に家を出て夜景の撮影が一番いいかな・・・と思うことが多いです。
この日は初めて品川の駅周辺の夜景でも撮ってみるか~と、品川の方へ電車に乗って行ってみました。



品川スナップ
都会のビル群をHELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalで撮るのが好きなので、
今回もまたウルトラ超広角の10mmを持参しました。 例によって何でも吸い込むように入ってしまいますわな。
夜景を撮るには早い時間に到着してしまったので、周囲を歩きながらロケハンしてみたいと思います。




品川スナップ
品川駅の新幹線のりばです。
天井が高く独特な造りの空間なので、あれこれ撮ってみたところ、
縦構図にすると歩いている人と天井がまとめて入ってしまうウルトラ超広角さ!
自分の目の前を歩いている人も、カメラを天井に向けているのに自分が撮られているとは夢にも思ってないでしょう(笑)



品川スナップ
品川駅のこっち側は確か港南口いいましたね。
写真の奥の方は飲食店が多かったイメージがあるし、そっちの方に行っても仕方ないですな。



品川スナップ
比較的高い建物があるこっち側、インターシティの方に行ってみたいと思います。
http://www.sicity.co.jp/

夜になって暗くなるとどんな感じになるのかわかりませんが、照明次第では面白い写真が撮れるかも!
明るいこの時間にウロウロして、構図をみつけてみたいと思います。



品川スナップ
都会は迷路のようになっていて、いきなり変な連絡通路みたいな所に出てしまいました。
右側に高い建物があり、通路を歩いている人がいたので10mmで撮ってみました。
構図内をよく見ると、右の端っこの方にもビルが入っているので、これを縦構図でまとめて入れてみると・・・



品川スナップ
10mmの画角恐るべし! 歩いている人を入れつつも、隣のビルは上まできっちり入ってしまいました(笑)
写真撮るというより、すっかり遊んでる感じです。



品川スナップ
連絡通路みたいな所を通ったら、左右に森のような緑がありまして、
下を覗いてみたら歩けるようになっているようなので降りてみようと思いました。



品川スナップ


品川スナップ
下の方に降りてくるとこんな感じ。
建物ばかりの冷たい感じだと寂しいので、木を植えてとっつきやすいようにしたんでしょうな。
個人的には木が多すぎて暗いわ~と思いましたけど。

三脚を担いで歩いていたら、水のある場所をみつけ「ここは写り込みがあるはず!」と思い、
暗くなるのを待って撮影しようと準備していました。
こんな構図でいいかな~と試し撮りしたのがこれ。
         ↓


品川スナップ
まだ明るいので写り込みもイマイチでしたが、もう少し暗くなれば綺麗に撮れるだろうと思っていたら、
誰かが後ろから 「すいません」 と声を掛けてきました。
一瞬、どうせまた「何撮ってるんですか?」みたいな興味半分の人かな?と思い振り向いてみると警備員の人。

警備員の人「ここは撮影禁止ですよ」
自分   「え?気が付かなかったのですが、貼り紙とか看板とかありました?」
警備員の人「ありませんが、巡回中に撮影している人を見かけたら声をかけるようにしています」
自分   「でも、ネット上には、この周辺のビル群の写真を沢山見かけますよ」
警備員の人「でもここは撮影禁止なんです」
自分   「そうなんですか・・・駅の周辺はいいんですか?」
警備員の人「駅周辺は管轄外なので」
自分   「はぁ」

というようなやりとりをして撮影終了!

そそくさと三脚を担いで駅の方に歩いて行くと、すっかりモチベーションも落ちてしまいまして・・・・



品川スナップ
一人でどっか飲みにでも行こうかな・・・とも考えたのですが、
何だかんだと荷物も多かったし、考えるのも面倒になってきたので
「帰るべ」

今回、品川まで出てきましたが、撮影禁止にはやられました。
貼り紙も立て看板もなく、注意喚起が全くされていないのでわかりません。
また、オフィスビルがほとんどなのか、週末に来ても灯りがほとんど点灯しておらず、
撮影してもあまり面白くなかったかもしれません。

今回の個人的な結論は
「夜景は横浜で撮ればいーじゃん!」

ま、そういう事です。はい。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-06-26 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

徒歩で6.5km歩きながら横浜スナップ! α7R+シグマ24-105mm F4 DG HSM

前回の投稿の続きとなります。

6月半ばというと、一年のうちでも一番日の長い時期なので、
夕景や夜景を撮ろうと思うと、現場に早く着きすぎて待ち時間が長いというのはよくある事です。
この時も昼寝してしまい、2時間くらい板の上にいたのでお尻が痛くなりました(笑)

撮影の方はだんだん暗くなってくるのでボディをチェンジ!
α99に装着していたシグマ24-105mm F4 DG HSMをα7Rに装着して三脚にセット。
個人的にα7RⅡで撮ると綺麗なのだけど、なんかのっぺりしてる感じがしてすっきりしないので、
α7Rの出す絵の方が好きなんですよね。




みなとみらい夕景
お天気がよかったので、良い空になるかとおもっていましたが雲が増えてきました。
でもまあ、ここで夕景を撮るのも久しぶりだし、待っていてよかったと思えるコンディション。
昼間は暑かったのですが、この時間になると風が冷たくて半袖では寒かったです。



みなとみらい夕景


みなとみらい夕景
α7Rは巷の評判はあまり良くありませんが、それはシャッターショックが大きいとか、AFが遅いとか、
連写が弱いとか、そんな理由が大半なので、三脚に乗せてMFで長時間露光で撮るのであれば何の問題もありません。
要するにこんな撮影で必要なのはセンサー性能だけ。
そう考えて使うなら何の問題もないボディだし、センサー性能で考えたら破格の値段だと思うんですけどね。
ボディも小さくて軽いし、華奢な三脚に乗せても大丈夫だから最高のボディです。



みなとみらい夕景
普通に風景だけ撮っても面白くないので、人がいる場所を選んで背後から撮ってみました。
さすがに椅子に座っている人達に「動かないでくれ」とは言えないので、
比較的速めのシャッタースピードにするため、ISO800からISO1600くらいまでで撮りました。



みなとみらい夕景
このシグマの24-105mm F4 DG HSMは、絞り開放がF4ですが、撮影の仕方ではふんわり写す事も十分できると思います。
まあ、こういうシーンはSonnar T* 135mm F1.8 ZAとか、135mm F2.8 [T4.5] STFとか、
70-200mm F2.8 G SSM IIあたりで撮ればもっとハマるんでしょうけどね。



みなとみらい夕景
風景の長さを強調するためにアスペクト比16:9にしてみました。
左にあるお店の灯りのコントラストを入れたかったのですが、何しろ人の往来が激しいので幽霊出まくりです。



みなとみらい夕景
人が座っていない椅子をネタにしてみました。
観覧車がレインボーカラーになるのを待って撮影しています。
人がウロウロしているので「あぁ・・・頼むから画角の中に入ってこないでくれ~」と願いながらの撮影。
ピントはMFですが、拡大して一番左の椅子の背もたれのディティールに合焦させてあります。



みなとみらい夕景
椅子に座っている人はちょっと気取った感じですが、
大桟橋はこんな風に床や階段に座るラフな方が合っていると思います。
目の前にいた若者ですが、横浜らしい感じがしていいと思いました。



みなとみらい夜景
大桟橋を後にして、象の鼻エリアを抜けて赤レンガ倉庫方面へ移動していきます。
実は人はそこそこ歩いていたのですが、長時間露光で全員消えました(笑)
長時間露光中、黒い服を着ている人は脅威ではないのですが、たまに真っ白い服を着ている人が前を通るともうダメです。
横浜に来る皆様、なるべく黒い服を着てください(笑)



赤レンガ倉庫


赤レンガ倉庫


赤レンガ倉庫
基本スナップ写真なので、構図とか頭を捻って考えるとかでもなく、
三脚置いてパッパと撮っていくテンポです。3枚目のはマリンタワーと倉庫のコラボですが、
この構図は初めて撮ったような気がします。



マリン&ウォーク
赤レンガ倉庫を抜けてマリン&ウォークの前です。
インターコンチネンタルホテルが目の前にドーンとある風景ですが、ここの風景も好きなのでとりあえず一枚!



サークルウォーク
いつも10mmのような超広角レンズで撮っていたサークルウォークですが、
今回はシグマ24-105mm F4 DG HSMしか持ってきていないので、後ろに下がって28mmで撮ってみました。
もちろん全体は入りませんが、これはこれで安定して見れる感じですね。
このレンズは光源を画角内に入れても、それほど酷いフレアやゴーストが出る感じでもないので使いやすいです。
ただ、光芒が綺麗に出るというレンズでもありませんから、そこは特徴を理解して使うしかありません。



汽車道からのグルグル
汽車道を歩いていたら、向こう岸にあるコスモワールドのグルグルが見えたので撮ってみようと思い立ちました。
こういう時に105mm域があると本当に便利ですわ。
しかもα7Rは3600画素あるので、APS-Cモードにしても1600万画素程度では撮れます。
高画素機はクロップも使いやすいから便利です。



観覧車レインボー
そんなわけで石川町駅からスタートして、ここまで歩きながら撮ってきました。
お昼頃家を出たと思いますが、帰宅したのは22時近かったので相当長丁場でしたね。
まあ、大桟橋で昼寝していた時間も長かったですが・・・(笑)


家に帰ってから、この日何キロくらい歩いたのか?
地図上で距離を測るページがあったのでやってみたところ・・・・
http://japonyol.net/editor/distancia.html

e0341572_22263144.jpg
帰りはJR桜木町駅を通り越して、京浜急行の日ノ出町駅まで歩きましたが、
それも含めて歩いたルートを赤線で辿ってみると、だいたい6.5kmの距離を歩いたみたいであります。
まあ、普通に長い距離ですが、ただ歩くだけでも1時間21分かかると表示されているので、
撮影しながらの移動だと、それなりに長時間になる事はお分かりでしょう。

体力的には結構ハードですが、レンズ1本しか持っていかなかったし、荷物は最小限だったので大丈夫でした。
しかしシグマ24-105mm F4 DG HSMは最高のレンズですね。
これ1本あれば、大抵のシーンが撮れてしまうと思いますよ。
今のところAにもEにも24-105mmっていう純正のズームレンズはないし、
おそらく発売されても高いと思うので、この9万円くらいで買えるシグマ24-105mm F4 DG HSMはオススメです!



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-06-22 00:00 | 撮影記 | Comments(3)

徒歩で6.5km歩きながら横浜スナップ! α99+シグマ24-105mm F4 DG HSM

カメラ仲間の情報によると、紫陽花のこの季節、
平日に鎌倉に行っても、紫陽花で有名なお寺は相当混んでいるらしく、
そんな所に行ってわざわざ人の頭の写真撮ってきても仕方ないので、たまには横浜の方にでも行ってみるべと一路横浜へ。
それなりに歩くと思ったので、α99 + シグマ24-105mm F4 DG HSM、サブのボディにα7R、三脚は一番軽いManfrottoを持って出かけました。

最近思いますが、三脚を持っていくのが面倒なのは、
三脚の重量の問題ではなく、荷物がひとつ増えて嵩張るって事ですね。軽いからいいってもんじゃありません。
でもまあ、持っていかないといけないので、軽い事に越した事はありませんが。

電車に乗ってJR石川町駅からスタート!
駅を出たらすぐにカメラをバッグから出して、ここから撮影スタートです。
この日は作品を撮ろうとか、良い写真を撮ろうとかではなく、とにかく歩きながら撮っていきます。




元町商店街スナップ
鋭い視線を感じたのでそっちを見ると、どうやら美容室の看板の模様。
街中の撮影になるので、何でもいいからきっかけがあったらとにかく撮っていきます。



元町商店街スナップ
ここから先は元町商店街。
ここ元町商店街を山下公園の方に抜けて海の方に向かっていきましょう。



元町商店街スナップ
元町商店街は12:00から18:00まで歩行者天国になるようです。



元町商店街スナップ


元町商店街スナップ
鎌倉と違って人が多いという感じでもなさそうですが、特に撮ろうと思うような物や場所もなさそうな予感。
まあいいか・・・何かあったら撮ってみます。



元町商店街スナップ
商店街の道のりは、ず~と花があるのでとりあえず撮ってみます。
だいたい持っているレンズがF4スタートなもんで、背景をぼかすってのがあまり得意ではありませんが、
被写体の距離感を考えて撮れば、何となくこんな描写にはなりますわな。



元町商店街スナップ
元町商店街といえば、この「M」のマーク!
こういうベンチも特注で作るんでしょうな。モノ作りが仕事の自分としては気になります。



元町商店街スナップ
建物と建物の間に自転車! えらい狭いスペースだと思うのですが、
この商店街は意外とこういうスペースがあって、覗いてみると人家の玄関があったりしてビックリします。



元町商店街スナップ
レトロなコーラの販売機。
この販売機の写真はよく見るので、色んな人がスナップの被写体として選んでいるようです。
前に来たときにはなかったと思うのですが、販売機に「コーラの買い方」という説明が貼ってあったので、
きっとお金は入れたけど、どうやって買えばいいのかわからないという人が多いのかも。



元町商店街スナップ
風が吹くと涼しい日でしたが日向は暑かった・・・・
日傘を差しながらベンチに座るご婦人。 何となく傘が目に入ったので撮った一枚。



元町商店街スナップ
歩道からはみ出して停めてあった自転車。
背景が緑色になるので、赤色が良い感じだと思って縦構図にて。
これを撮った後、すぐに持ち主が来て乗って行きました。



元町商店街スナップ
たいした写真も撮れないまま、元町商店街も終点を迎える事となりました。
このまま、山下公園の方に行ってみたいと思います。



元町歩道橋
川を渡るのに歩道橋を歩いて行くと・・・・



天井がスレスレの歩道橋
首都高が頭スレスレの場所があります。
しかし、ここを通る度に「首都高スレスレやないか!」と、大阪人並にツッコミを入れたくなるのですが、
何ともすごい作りで歩道橋を作ったもんだと思います。



マリンタワー前
マリンタワーの脇を通って山下公園の方に出てきました。
山下公園周辺も少しだけど紫陽花が咲いているんですね。白色のが多かったです。



紫陽花と氷川丸
なんとか紫陽花と氷川丸を撮れないか?とウロウロ探してみたらありました!
ちょっと背が高くないと撮影が難しい場所でしたが・・・



山下公園
少し前に来たときには、花が沢山咲いていたような記憶があるのですが、
この時は緑こそ多かったですが、花はあまり咲いてなかったですね。 夏っぽい風景です。



山下公園噴水
マリンタワーと噴水。
横浜らしい風景だと思ったので撮ってみました。



ぱしふぃっくびいなす
大桟橋埠頭に移動してきました。
この船、ぱしふぃっくびいなす という船ですが、あまり大きな船ではなく、
しょっちゅう大桟橋にいるのでレアではありません。



シャドー


ママさんのシルエット
ここで夕方になるまで待って、夕景と夜景を撮ろうと思いまして、
待っている間、昼寝しながらいろいろ撮ってました。
夕日の角度によって、デッキが綺麗に反射する場所があるので、そこにカメラを構えてやってくる人を狙います。
カメラで撮るとコントラストが面白いです!

長くなりましたので、夕景から夜景は次の投稿で!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-06-20 00:00 | 撮影記 | Comments(4)

SAL70300Gは実はすごいレンズ? 菖蒲園撮影で思う・・・

毎度、しつこく書いているように、花の撮影は苦手意識が強いのですが、
最近、花の撮影も積極的にしてみようと思っている自分がいるので、ちょっとやる気スイッチが入ったかな?と思います。
先日、皇居に菖蒲の撮影に行きましたが、調べてみると家から近い所に「横須賀しょうぶ園」という菖蒲が咲いている所があり、
HPで調べてみると、今が見頃だという事で行ってみる事にしました。

http://www.ryokukazouen.jp/iris/index.html

この日の前日に、エーデル鎌倉隊の鎌倉散策があったので、
鎌倉から帰ってきて、そのまま放り出してあったα99に70-300mm を装着し、
α7RにはVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMを装着!
「面倒くさいからこれでいいや~」

そして、いちお焦点距離の長い撮影がメインだろうという事で、先日購入した一脚を使ってみようと思い立ち、
これらを車に放り込んで、一路横須賀しょうぶ園へ!



2017 /06 /11 菖蒲園


菖蒲園


菖蒲園
入場料310円を払って園内に入って思いました。
「うわ~やってしまった!」
目の前に広がる美しい風景に、面倒臭がってα99Ⅱもα7RⅡも持ってこないのは失敗だったと思ったのです。
この風景をきちんと撮るには、α99Ⅱ + 70-400mm F4-5.6 G SSMII 持ってくるべきだった・・・。



2017 /06 /11 菖蒲園
園内に入ってシステムの選択に失敗したと思ったのですが、
帰ってから撮影した写真を見てみると、意外とこのα99 + 70-300mm F4.5-5.6 G SSMの撮影結果が良いような・・・。



2017 /06 /11 菖蒲園
しょうぶ園のHPを見ても、花摘みの事の記載はなかったと思うのですが、
突然、この衣装の女性たちが現れて、菖蒲が植わっている所に入っていきました。
花の事は全く詳しくないのですが、枯れたりした物を選定して摘んでいるんでしょう。
写真的にも、この純和風な風景は撮ろうという気にさせてくれました。



2017 /06 /11 菖蒲園
こういう撮影はAマウントが最高!
構図決めたらフォーカスポイントをチャカチャカ動かしてバシッと撮れますね。
先日、α7RⅡのアップデートがきて、フォーカスポイントについての更新があったみたいですが、
まだアップデート後にα7RⅡを持ち出せてないので、使用感がどうなっているのか気になります。



2017 /06 /11 菖蒲園
使用したレンズ 70-300mm F4.5-5.6 G SSMですが、このレンズの自分なりの立ち位置は、
白くてでかいレンズを持ち出すのが面倒な時、気軽に持ち出せるサブ的なレンズだという認識なんですが、
今回、この撮影で「むむ・・・このレンズ、実はすごいレンズかも・・・」と思ってしまいました。

自分の持っているのはⅡ型ではなく初期型なんですが、AFは遅くて動いている物は撮れないのですが、
こういう風景の撮影には問題ないし、AFは遅いけど合焦精度は高いような気がします。



2017 /06 /11 菖蒲園
70-200mm F2.8 G SSM IIのように、F2.8から始まるというレンズじゃないので、
背景のボケも大きくはありませんが、撮影結果を見るとボケは綺麗だと思うんですよね。
しかも、クリエイティブスタイル スタンダード で、彩度やシャープネスなども全部 0 にしても、
色乗りが良すぎて彩度が高い・・・・。 マイナスにしてもいいくらいですわ。



2017 /06 /11 菖蒲園


2017 /06 /11 菖蒲園
レンズの話ばかり書いてしまいましたが、とてもいい風景に出会えて楽しい撮影でした。
こういう風情のある光景は、今後も積極的に残していっていただきたいものであります。



2017 /06 /11 菖蒲園


2017 /06 /11 菖蒲園
今回の撮影は機材云々もありますが、撮影条件が薄曇りという感じでベストだったと思います。
これで太陽が出ていて、う~ん!気持ちいい天気! って感じだと、花の撮影には向いていなかったでしょうし、
花の撮影には来なかったと思います。

ちなみに持っていった一脚! これが非常に役に立ちました。
ただ、部屋に転がっていたビデオ用の雲台をつけていったのですが、パン棒が長くて邪魔だったので撮影がし難かったな~。
一脚用の雲台は今後どうするかまた考えないと。

この場所は入り口に「三脚禁止」と書いてあるので、三脚は使えないという事をお伝えしておきます。
スタッフの人に聞いたら、一脚は場所をとらないから別にいいですよとの事でした。

この菖蒲、まだ見頃が続いているので、機会があったら機材を変えてまた行ってもいいかもしれませんね。
ただ、今回のα99と70-300mm F4.5-5.6 G SSMは、いい結果を出せる実力があったのだと見直しました。
というか、十分でしょ。これで(笑)



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-06-17 00:00 | 撮影記 | Comments(2)

エーデル鎌倉隊がゆく!

6月10日(土)は、いつもαcafeでお世話になっているエーデルワイスさんこと、エーデル鎌倉隊長の元、
みけさん、ノッチ師匠、muneira(ムネイラ)さん、ゆりえどんと鎌倉散歩に行ってきました。




鎌倉スナップ



鎌倉スナップ
エーデルさん関係の集まりは、とにかく気さくな人が多いので会話している時間が長く、
写真なんてろくに撮らないの最初からわかってるんですけど、行く前はちゃんと考えてボディとレンズ選びます。
この日は4200万画素なんていらないからα99です。 レンズはシグマ35mm F1.4 DG HSM。
もうひとつはα7R + FE 90mm F2.8 Macro G OSSです。
なんだかんだと2システムなので、荷物はそれなりに嵩張りますわな。
上の写真はFE 90mm F2.8 Macro G OSSで撮影。



鎌倉スナップ
あーだ、こーだと言いながら歩いていたら、人家の屋根の上にカモがいるのを発見!
横浜ではあまり見かけないカモですが、鎌倉では普通にいるんだろうか?
でも、FE 90mm F2.8 Macro G OSSしか持ってなかったので、いちお撮っておこうと撮ってみて・・・・



鎌倉スナップ
3600万画素 → 260万画素 にしてみたら、こんな感じになりました。
まあ、サイズ考えたら綺麗な写真とは言えませんが、260万画素にしてこのくらいならブログくらいには使えますね。
α7RとFE 90mm F2.8 Macro G OSS、恐るべし!



鎌倉スナップ


鎌倉スナップ
そしてまた、あーだ、こーだと言いながら歩いていたら、門の裏側に猫がおりまして、
それが動物園の檻みたいに見えたものだから、ノッチ師匠が猫撮りながら「タイトルは鎌倉動物園!」とおっしゃりました(笑)
こういう写真はAFでは難しいですね。手前の格子にフォーカス引っ張られるのでMFです。



鎌倉スナップ
muneiraさんは花を撮るのがとても上手な方で、自分が尊敬するフォトグラファーの一人なのですが、
今回もまた花を撮っていたので、後ろからどんなところを撮っているのがチラ見していたら教えてくれました。
やはり花は光の加減とか、コントラストを観察して撮るようで、
そのあたりの選択というか、選別が絶妙で、言われたように自分なりに撮ったのがこれ。
やっぱり何か違いますね。自分が選んだ花だと全然ダメなんだけど、muneiraさんは何か違う・・・(笑)



鎌倉スナップ
浅草だと嫌というほど人力車を見ましたが、鎌倉だとそれほど見かけません。
着物を着た女性が乗っていたので本当は正面から撮りたかったけど、そうもいかないので後ろから。



鎌倉スナップ
素敵なエーデルさんも後ろから。 削除してくれって言われないか心配だけど・・・・



鎌倉スナップ
時間軸が前後しまくりなんですが、ここからはシグマ35mm F1.4 DG HSMで撮った写真。
こんな感じでウロウロしてましたって風景です。 先頭にいるのはノッチ師匠。



鎌倉スナップ
鎌倉はこういう坂や階段が多くてキツイです。
頑張って階段をあがっていくみけさん。最近、新しいレンズを買ったばかりで絶好調!(笑)



鎌倉スナップ
昼食はちょっと遅かったのだけど、お蕎麦屋さんで冷たいお蕎麦。
エーデルさんが「誰か写真撮らないの!?」 と言うので「じゃあ、35mmついてる僕が・・・」
昼食撮ったからどうだというのか?(笑)



鎌倉スナップ


鎌倉スナップ
何も考えずに歩いて撮った・・・みたいな写真ばかりで申し訳ありませんが、
このメンバーで行くと、しゃべる事に頭脳を使ってしまって、写真を撮る方にエネルギーを使えません。
まあ、それが楽しくて行くからいいんですけどね。
いつものごとく物凄い歩くし、次はα350に16-50mm 1本とかで十分かなと思います。

今までこの鎌倉散歩は、エーデル隊長とみけさんと3人でしたが、
今回はmuneiraさんとノッチ師匠、ゆりえどんが加わったのでとても賑やかでありました。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by momoken805947 | 2017-06-14 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

サークルGαsha!で行く 皇居二の丸庭園の花菖蒲

6月4日(日)は在籍している写真サークル Gαsha!(ガシャ)の撮影会がありまして、
皇居の敷地内にある二の丸庭園で、菖蒲を撮影しようという企画。
前日、浅草で竿燈まつりを撮影していたので、とんぼ返りで翌日また都心という感じでした。

しかし、ノッチさん率いるGαsha!ですが、さっき確認してみたら現在のメンバー数166名。すげぇ。
だいたいノッチさんもメンバーの顔と名前全然一致してませんからね。
さすがに166名来たらどうにもなりませんが、この日は20名くらいは集まったのかな?




皇居二の丸庭園 菖蒲5



皇居二の丸庭園 菖蒲
この日はシステムの選択に迷いました。 どうせ行っても参加者の皆さんとくっちゃべってるだけで、
ろくに撮影しないだろうと思っていましたから、α350でも持っていけばいいかな?と考えていたのですが、
当日の朝になって、なんか真面目に撮ろうと思い立ったので、
α99Ⅱと50mm F1.4 DG HSM、Sonnar T* 135mm F1.8 ZAをバッグに入れました。

菖蒲は天気が良いとしおれて元気がなくなるので、撮影には向いていない天候となってしまいましたが、
それでも少しは真面目に撮ろうとシグマ50mm F1.4 DG HSMで撮ってみました。
久しぶりに・・・というか、α99Ⅱにこのレンズをつけて撮ったの初めてだす(笑)
やっぱりF4スタートのズームレンズとは断然違いますな~。明るい単焦点って使ってみるとすげーって思いますよ。



皇居二の丸庭園 菖蒲
やっぱり炎天下だと、花が元気のない感じになってしまいました。
それでも一心不乱に撮り続けていたサークルの皆さん、本当に頭の下がる思いでございました。



皇居二の丸庭園 菖蒲
花は元気がなくなってしまいましたが、レンズをSonnar T* 135mm F1.8 ZAに付け替えて撮影しました。
Sonnar T* 135mm F1.8 ZAも久しぶりに持ち出したかな? 
さすがソニーカメラを所有する人達の集まりだけあって、周囲を見るとかなりの人がSonnar T* 135mm F1.8 ZA持ってる(笑)
やっぱり花といえばSonnar T* 135mm F1.8 ZAなんでしょうかね?
STF持っている人は見なかったなぁ。 それとAマウント持っている人は自分の他に一人だけでした。
中には「これがAマウントっていうんですか?」なんて聞いてくる人もいたりして・・・・。



皇居二の丸庭園のカエル
池にカエルがいたのですが、135mmじゃ全然届かない感じでして、
帰ったらトリミングすればいいや~と、いちお撮ってみてトリミングしてみたらビックリ!
相当小さく切り取ったのに、こんなにカッチリ写って見えるのはすごいと思いましたよ。
ちなみにα99Ⅱの4200万画素→256万画素に切り取ってます。恐るべしα99ⅡとSonnar T* 135mm F1.8 ZA。



皇居二の丸庭園の池
橋の上にいる人が池に写り込むので、写り込み狙いをしてみました。
意外と橋の上を歩いて渡る人が多かったので、人が綺麗に並ぶタイミングを待っていました。
等間隔に並んだ所で撮りましたが、気がついたら全員男の人だったいう・・・。



皇居二の丸庭園の池
次は菖蒲を撮影しているサークルの皆さんの写り込み。
水面が静かになるのを待って撮りました。意外と風が吹いてくるとちゃんと写らないもんなんですよね。

午前11時に全員集まってこの場を切り上げました。
正直、これ以上ここで撮影するのは、日差しが強すぎて無理だったと思います。



丸の内スナップ


丸の内スナップ
丸の内に移動してきました。 
移動しながらスナップ写真を撮り、昼食を食べた後は日比谷公園に移動する事となりました。
なんだかんだ言って結構歩くんだよね。



日比谷公園スナップ


日比谷公園スナップ
日比谷公園に来ても、特に何か撮る物があるってわけでもないんですけどね。
トゥクトゥクがあったので、あーだこーだと皆で撮ってみました。
muneiraさんの後ろ姿をゲットしましたが、Sonnar T* 135mm F1.8 ZAの浮き出るような描写はすげー!と思います。



日比谷公園スナップ


日比谷公園スナップ
花を撮るのは下手っぴな自分でも、Sonnar T* 135mm F1.8 ZAを使うとうまく撮れたような気がします。
花を撮ったら素晴らしいmuneiraさんの後ろをくっついて行き、どこを撮っているか覗き見してから撮影(笑)
もちろん同じように撮れるわけもないんだけど・・・・



日比谷公園スナップ
ここまで来ると、途中で帰ってしまう人も沢山いますので残りは数名という感じです。
Exif見ると午後2時くらいですが、ここでお開きという事で自分も帰宅。
サークルの集まりだと、あまり集中して撮れないので写真の枚数も少ないのですが、
同じ趣味の人達とおしゃべりできるのは楽しいですね。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-06-11 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

第8回秋田竿燈まつり in 浅草オレンジ通り 後編

前回、前編からの続きとなります。

竿燈まつりの竿燈演技が始まる前に、家のベランダからスカイツリーが見えるという事で、
「スカイおやじ」というハンドルネームの スカイさん が駆けつけてくれまして、
こういう地元のお祭とかにすごく詳しいので、スカイさんが来てくれると非常に心強いのであります。



浅草竿燈まつり2017
会場では、いかにも力持ちっぽい屈強そうな男の人がスタンバイしておりました。
特にロープが張ってあって規制があるなど、そういうのはないので近くで見れる事ができます。
この日は風が結構強かったので、難易度は高かったのではないでしょうか?
この屈強そうな男の人達も、実は緊張していたんじゃないかと思います。



浅草竿燈まつり2017
まだ少し明るい感じですが、提灯の中のロウソクに火をつけていきます。



浅草竿燈まつり2017
そして竿燈が持ち上がりました!
これ、もちろん持った事とかないのですが、どのくらいの重さがあるんでしょうな。
相当重い・・・という事だと、これのバランスを取るってのは、かなりハイテクニックだと思いますよ。



浅草竿燈まつり2017
昨年はVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMで挑んで、24mmより広い画角が使えなかったので、
今回はVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSです。ボディはα7RⅡ。
超広角の横構図で撮ると、会場の感じがパッと見てわかる感じですね。
下の道路がオレンジ色なのでオレンジ通りなんでしょうな。 とてもわかりやすい。



浅草竿燈まつり2017
このように竿がしなると迫力があって盛り上がるのですが、
たまにバランスを崩して客席の方に突進していったりするので気が抜けません。
自分も前に行き過ぎて、よろけて来たので焦った瞬間もありましたが、
結果的にコントロールを失うと・・・



浅草竿燈まつり2017
こんな風に左右にあるビルに竿が突っ込んだりするわけです(笑)
こういうのもまた盛り上がる要因なんだと思いますよ。何かを壊してしまうという事もあるんでしょうな。



浅草竿燈まつり2017


浅草竿燈まつり2017
演技だけに集中していると、周囲が見えなくなるのですが、
たまに周囲を見回すと、構図に入れてみたくなる人や物があります。
たまたま目の前に秋田美人さんがいたので、画角の端っこに入れてみました。



浅草竿燈まつり2017


浅草竿燈まつり2017


浅草竿燈まつり2017
超広角レンズを使うと、被写体が近くにいてくれないと迫力の欠けたつまらない絵になってしまいますから、
できればぶつけるくらい近くから撮りたいわけです。
このように演技が目の前に来てくれる瞬間が少なく、シャッターチャンスもあまりなかったのですが、
やはり超広角を使うなら、目の前でバーンと撮りたいですね。



浅草竿燈まつり2017
演技も終わり周囲が暗くなると、空には月が見えておりました。
残念な事に、演技の時間が長すぎて提灯の中のロウソクが消えてしまっていたんですね。
写真的には、ロウソクの灯りがあった方が絵面がいいし、
薄暗い夜の空とのコントラストもよかったのでしょうが、消えてしまったものは仕方がない・・・。

撮影はそれほど動きの速いものではないけど、それなりに動くのでSS 1/125から1/100くらいで固定。
レンズはF4開放、ISOはAUTOというのが基本設定でした。
後半の暗くなってきた場面だと、ISO6400くらいになっていましたから、
α77Ⅱとかだとちょっとキツイし、高感度に強いα7RⅡが最もいい選択だったと思います。

なかなかいい距離感、焦点距離っていうのが難しくて、
良い写真、良いシーンってのが撮れないのですが、そこがまた撮影の難しさでしょうね。
来年もまた開催されると思いますので、次はもっと良いシーンを撮りたいと思います。


ブログランキングただいま3位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-06-08 00:00 | 撮影記 | Comments(2)

第8回秋田竿燈まつり in 浅草オレンジ通り 前編

6月最初の土曜日は、浅草で開催される竿燈まつりを撮影しに行く予定を立てていたら、
エーデルさんからメールがきて「横浜開港祭の花火を撮りに行きませんか?」というお誘いでして、
「おいらは浅草行くから行かん!」と言ったら、エーデルさんも浅草に行くという事になり、
家が近いみけさんも誘って、皆で浅草竿燈まつりを撮りに行くことになってしまいました。

竿燈まつりは18:30から提灯に火を入れるというスケジュールで、基本的に夜のイベントになるのですが、
明るいうちからブラブラして撮ろうという事になり、15:00に雷門の前集合という命令が下りました。



浅草スナップ
しかしまあ、相変わらず雷門の前はえらい人であります。
そして、ここにいる大多数が日本語を話していないという現状・・・。
雷門の前で待ち合わせといっても、本当に門の前には混みすぎで行きたくないという事で、
時間キッチリになったら門の前に行くとします。



浅草スナップ
そして仲見世通りも例によってすごい人です。 ここもまた多国籍軍に占拠されてます。
撮影はα7R+FE 90mm F2.8 Macro G OSSです。これはスナップ用に持ってきました。
竿燈まつりは昨年の経験から広角でないと厳しいので、α7RⅡ + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS を持参。
そろそろ集合時間の15:00になるので、雷門の前に行ってみましょう。



浅草スナップ
エーデルさん達と無事に落ち合えたので、カメラ片手に歩きながらスナップ!
浅草にはちょっと撮りたいっていう物が沢山あります。 
久々に持ち出した90mmマクロですが、使う度にすごいレンズだなと関心しますね。 
F2.8よりも明るかったらSonnar T* 135mm F1.8 ZAと張れそうなくらい優秀なんじゃないかな?
開放からカッチリ写るので、2段くらい絞ろうかな・・・とか、そんな小細工は一切しなくていいのが( ・∀・)イイ!!



浅草スナップ
道端に普通に置いてあった花を撮ってみました。
花を撮るのが下手な自分でも、何となくそれっぽい感じに撮れるマジック!
後ぼけも結構綺麗なのとちがいますの?



浅草スナップ


浅草スナップ


浅草スナップ
浅草といえば着物の女性です。
正面から顔撮ったら投稿できないので、後ろ姿美人を数枚撮りました。
着物を着た女性はいいですね。 日本人のDNAに着物が美しいという感性は組み込まれていると思います。



浅草スナップ
浅草は6月なのに冷やし中華やってるんだな~と思って撮りました。
うちの周辺では、冷やし中華は8月にならないとやらないお店が多いんですけどね。



浅草スナップ
このレンズ持つと、こういうのを撮りたくなります。
スナップで一番使いやすいレンズは、個人的には50mmなんですが、
90mmっていう焦点距離も、なかなか面白いと思いますよ。
マクロレンズはAFが遅いものが多いですけど、動かない物を撮るなら何の問題もありません。
マクロレンズって描写が良い物が多いので、
スナップ写真を撮りたいという方は、マクロレンズを買うと楽しめるのではないでしょうか?



浅草スナップ
竿燈まつりの準備が始まっていたようで、みけさんとエーデルさんが何か聞いていました。
こういったコミニュケーションの場みたいなのも、一瞬を切り取るといいスナップになりますね。
まあ、お二人の顔出しはできないのが残念ですけど・・・(笑)



浅草スナップ
番外編ですが、お店の前に海水魚の水槽があったので、ハゼの目玉を撮ってみました(笑)
水槽は反射してしまうと嫌だったので、フードを外してレンズを水槽にくっつけて撮ってます。
水中写真を長年やってきた身としましては、なんでこんな風に魚撮らなきゃあかんのや!と思いましたが、
これはこれで撮ってて面白かった(笑)

なんだかんだとウロウロしているうちに、だんだん竿燈まつりが始まる時間になってきたので、
会場となるオレンジ通りの方に移動してみたいと思います。



浅草竿燈まつり2017
オレンジ通りには、すでに「あきた観光レディ」というタスキを掛けた美女が二人おりまして、
会場の方はだんだんと盛り上がっているようです。
竿燈まつりの演技の方は、次の投稿でご紹介させていただきたいと思います。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-06-05 20:00 | 撮影記 | Comments(0)

α99Ⅱで爆走する馬を追ってみる!

5月28日(日)は、三浦半島油壺で開催される道寸(どうすん)祭り、笠懸の撮影に行ってきました。

昨年の道寸祭りの記事 
http://momoken819.exblog.jp/24441262/

毎度、単独行動が多いので、今回も一人で行くつもりで予定してたら、
当日の朝、エーデルさんから「道寸祭りどうすんだ?」というメールが来たので「はい、行きます」とお返事。

うちの親父が膝を痛めて歩けないので、家庭菜園に水をあげたりしていたら遅くなってしまったのですが、
エーデルさんが早目に到着したようで、場所をとっておいてくれるというサプライズ!
エーデルさん良い人だな~。



油壺 第40回道寸祭り 笠懸
11時頃現地に到着しまして、エーデルさんが確保してくれていた場所にシート敷いてカメラ構えたのですが、
12時15分からスタートという笠懸は、例によってお祓いとか、おエライ人のお言葉とかいろいろあって馬が走るまでなが~~~いのです。
周囲のおじさん達も「今年はえらいなげーな」と言っておりました。



ワンちゃん、こんにちは
えらい長く感じるのは、海岸で開催される行事という事もあり炎天下。
自分も帽子被って長袖着て行きましたけど、いや~この日はマジで暑かったですわ。
あまりにも炎天下だったので、カメラとレンズにタオルを掛けて直射日光を防いだくらいですからね。



油壺 第40回道寸祭り 笠懸
お祓いやお偉いさんの時間が終わっても、まだいろいろと儀式があってなげーのです。
暑くてもうあかん・・・という感じでして、会場の放送では熱中症に気をつけましょう~とか言ってましたが、
日陰もないこの場所、会場を去るしか対策がないだろうーとツッコミたくなりました。



油壺 第40回道寸祭り 笠懸


油壺 第40回道寸祭り 笠懸
いよいよ馬が出てきました! 
毎年、あちこちの流鏑馬行事に出場している「あけみさん」
あけみファンとしては、他の馬や射手など目もくれず! あけみさんだけを撮るのであります(笑)

タイトル通り、今回はα99Ⅱです。 
いよいよα99Ⅱの真骨頂であるAFで走る馬を追いたいと思います。ちなみに昨年はα77Ⅱで撮りました。
レンズは70-400mm F4-5.6 G SSMII。 やはり望遠側が長い方がいろいろと融通が効くと思います。



油壺 第40回道寸祭り 笠懸


油壺 第40回道寸祭り 笠懸


油壺 第40回道寸祭り 笠懸
撮影は三脚使用です。
最前列での撮影だったので、三脚は脚を伸ばさずに一番短い状態で使用。
自由雲台を微妙に動く程度に調整し、カメラをフリー状態で取り回せるようにセッティングしました。
馬が走ってくるのを追うには、カメラをパンしながらになるので一脚より三脚の方がいいと思います。



油壺 第40回道寸祭り 笠懸


油壺 第40回道寸祭り 笠懸
縦構図です。
縦構図は縦位置グリップ必須ですね。レンズの三脚座でカメラを90度回転させて、
縦位置グリップの方のシャッターで追います。
カメラを縦にすると、被っている帽子のツバが邪魔になるので、帽子は後ろ向きに被りましょう!(笑)



油壺 第40回道寸祭り 笠懸
うおっ! あけみさん!カッコイイ~!



油壺 第40回道寸祭り 笠懸
AFエリアはゾーン、当然AF-Cで追うのですが、
馬は弧を描いて走ってくるので、正確にエリア内に入れて追うのは簡単ではありませんでした。
α99Ⅱは4200万画素という高画素なので、少し引き気味で撮影してあとで微妙にトリミングしていくという方がいいと思います。
このスピードの被写体を、風景並みに綺麗な構図で一発で決めようなどというのは無理があります。
この写真もトリミングしてみたら、アスペクト比ごと変えた方がスッキリでした。 アスペクト比16:9



笠懸流し撮り
笠懸は流鏑馬と違い、往路と復路で的を狙うのですが、
復路は走る方向が逆になり、下の方にある的を狙うので撮影しにくい感じでした。
あまり積極的に撮ろうというのもなく、黙って見ていても仕方ないので流し撮りしてみました。

トライアスロンの自転車と違って、馬は上下にも動くので横方向の流し撮りでも馬はブレますね。
むしろその方が自転車よりスピード感あるんでしょうけど。



油壺 第40回道寸祭り 笠懸
そんなわけで、今回動体をα99Ⅱで追ってみましたが、さすがAFは素晴らしいの一言です。
歩留まりはα77Ⅱの時よりもいいですし、何よりも画質がα77Ⅱと比べたら圧倒的に上だと思います。
ただ、連射時の安定感は物理的な違いもあって、α77Ⅱの方が安定しているような気はします。(気がするだけかもしれないけど)
カメラという道具の特性として、連写についてはフルサイズよりAPS-Cの方が得意なんじゃないかな?
α9を使ってみた事がないからわからないけど、自分には20連写なんて桁外れな性能はいらないし、
今回、α99Ⅱを使ってみて、これで十分だと思ったのでありました。
そしてやっぱりAマウントで写真撮るの楽しいですね。 カメラは性能だけじゃなくて、使っていて楽しくないと!



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-06-03 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

運動会の後はα99を持って森戸海岸へ!

甥っ子の運動会が終わった後は、α57をα99に持ち替えて森戸海岸に行ってきました。
運動会から帰ってきた後、カメラを持って出かけようとしたら「また出かけるのか?」と家族に呆れられたのは言うまでもありません。
自分にしたら運動会は仕事みたいなものだったので、この日はようやく自分の趣味ができるといった感じ。

とはいえ、自分も20代の頃ならいざ知れず、40代ともなると体の疲れも倍でして、
駐車場から森戸海岸まで歩きながら「あー疲れた、あー疲れた」と心の中で叫んでましたけど・・・




波打ち際
この時期、午後6時頃といっても昼間のように明るいですわな。
真冬の頃なんて、午後4時半くらいになると暗くなっていたのが別世界のようです。
この日は暑かったので、海岸には人が沢山いるかな?と思ってきてみたら、それほど多くもなかったです。



夏の足音が聞こえる・・・
さすがに泳いでいる人は見ませんでしたが、裸足で波打ち際を歩いている人は数名。
スナップショット的に足を撮ってみましたが、そろそろ夏がやってくるという感じをイメージしてみました。



砂山の犬
昼間のうちに子供が作った砂の山だと思いますが、散歩にやってきた犬がやたら砂山の周囲をウロウロ・・・・



砂山の犬
そのうち前足でガシガシ砂山を削り始めたので、何かあるのだろうか?とジッと見ていると・・・・



砂山におしっこした犬
オチはこういう事でした(笑)



ロバートの午後
夏とは違い、夕方になると意外と涼しいので、砂浜で読書をするにはいいのかもしれません。
この外人さん、結構長い時間ここで本読んでました。



一触即発の事態
夕方になって海にやってくる人達のほとんどが、犬の散歩目的のようですが、
犬同士が砂浜で出会うと、必ずこういうシーンになるので緊張します。
たまに何が気に入らないんだ?と聞いてみたくなるくらいガウガウ怒ってる犬いますからね。
このショットも、まさに一触即発の事態というシーンです。



江ノ島を横目に
特に面白そうなものもなかったので、江ノ島を背景に犬の散歩を撮ろうと定点で構えていました。
葉山から見る江ノ島は、まるでクジラが海の上を泳いでいるように見えます。
犬の散歩は沢山通るのですが、犬が小さくて絵面が悪かったり、飼い主がお腹の大きなおっさんだとボツです(笑)



充実の週末
いよいよ日没が間近という感じです。
森戸海岸ではこのSUPに乗っている人をよく見かけます。



夕日の虜
夕日の最終ショットです。
二人で来ていた女の子達も、夕日に何を思うのかジッと見つめておりました。
家に帰ってからこの写真を見て気がついたのですが、右の下の方に並んでいるのは何やろ?

森戸海岸にやってきても、毎度何がどうという写真も撮れないのですが、
ついやってきてしまうという森戸マジック! 次もまたたいした写真も撮れないのに来てしまうんだろうな。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-06-01 00:00 | 撮影記 | Comments(0)