<   2017年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

みなとみらいの「あれ」を10mmで!

横浜には10mmで撮ったら面白い物がまだ沢山あると思いまして、
α7RとHELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical、そして一番軽いManfrottoの三脚だけを持って横浜へ!
運動不足解消のため少し歩こうと思い、みなとみらい線の元町・中華街駅で下車しました。



元町・中華街駅
元町・中華街駅で電車を降りてエスカレーターに乗って周囲を見ると「あっ!ここは面白そう!」とひらめき、
カメラをバッグから取り出して、上下のエスカレーターを行ったり来たりして撮りました(笑)
エスカレーターは動いているし、周囲が暗いので難しい撮影になりましたが、なんとか撮る事ができました。
さすがに反対側のエスカレーターにいる人は、スピードが速くて被写体ブレしましたけどね。



COSMO TORNADO


COSMO TORNADO
前回来た時にも撮った構図ですが、今回は微妙に三脚を移動させながら一番良さそうな場所を模索してみました。
ちなみに観覧車がレインボーになるのは、時計の時刻が2分、17分、32分、47分となり、1時間のうちに4回あります。
背景の観覧車をレインボーで撮りたいという方、参考にしてみてください。



真下から観覧車
横浜のこの観覧車は相当大きくて、真下に行くと人間の視界ギリギリな感じ。
さすがにこれを真下から構図に入れるのは無理だろうなとやってみたら・・・・余裕で入ってしまいました(笑)



みなとみらいのオブジェ


みなとみらいのオブジェ


みなとみらいのオブジェ


みなとみらいのオブジェ
そろそろ帰ろうと思いJR桜木町駅の方に歩いていくと、いつも素通りしてしまうオブジェに目がいきました。
これを10mmで撮ったらどうなるんだろう?と、好奇心MAXになりファインダーで覗いてみて「うふふ・・・」でした。
正直、写真撮らなくてもファインダー覗いているだけでおもしろい!
実際は迫力があるというような物でもないのですが、こうして撮ってみると何か生き物みたいです。
これだから超広角レンズは面白いんだよね。


ランキングただいま3位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村
[PR]
by momoken805947 | 2017-03-26 12:00 | 撮影記 | Comments(0)

サイレントシャッター起動!

本題に入る前に余談ですが、先日発表のあったαcafeのマンスリーフォトコンテスト。
たしか14位とかだったと思うのですが、ソニーストア大阪で20位までの写真が展示されているという事なので、
大阪方面の方でソニーストアに行かれた方は「あ!これね!」と思って見てください(笑)

e0341572_21390152.jpg
自分のPC画面から取った魚拓なので小さな画面になってしまいましたが、
写真はこれです。



父と息子の体育の日
α77Ⅱ+ 70-400mm F4-5.6 G SSMII縦構図でしたので、構える時に重たかったのだけ覚えています(笑)
投票の際、選んでいただいたαcafeメンバーの方、どうもありがとうございました。

さて、今回の本題は初めてα7RⅡのサイレントシャッターを使ったというお話なんですが、
今まで必要がなかったので使った事がなく、初めて使ってみましたが本当に無音なんですね。
シャッター押しても音がしないので「ん?ちゃんと撮れたのか?」と思ってしまいましたがちゃんと撮れてました。



時の止まった美術館
先日行った新国立美術館でのシーンですが、
壁の照明が良い感じで、コントラストが良かったのでこの素材を何とかしたい!と思い、
歩いてくる人をシルエットにして入れよう!と考えました。
そこで歩いてくる人を撮ろうとファインダーを覗いていると、大抵は写真を撮っているという事で、
手前で立ち止まってくれてしまうんですよね。

しかもカメラの前を通った瞬間にシャッターを切られたら、普通の人はあまり気分もよくないでしょう・・・という事で、
サイレントシャッターという機能があった事を思い出して設定。
背面液晶を何気なく見ながら、前を人が通るとレリーズ!!

まあ、これを盗撮だと言われると辛いものがありますけど、
写真は肖像権の問題もあるので、あくまでもシルエットに徹して個人特定ができないようにしてあります。

元々、美術館やコンサートのような、シャッター音が失礼となる場所で使う機能だと思うのですが、使ってみて本当に無音だったのに関心。
比較的暗い場所でしたし、人が歩いて通り過ぎていくという事でSSは1/125にするとISOは5000。
それでもさすがα7RⅡです。ノイズまみれという事もありません。

こういう撮影条件が厳しい場所だと、やはりボディの性能が重要になるなと実感です。
さすがにα7RだとISO5000は厳しかったでしょうね。

ポチリよろしくお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-03-23 00:00 | Eマウントボディ | Comments(4)

新国立美術館と貿易センタービルでの撮影

ここのところ、αcafeに10mmのレンズで撮った写真ばかり投稿していたら、
ハンドルネーム「4WDさん」が 「新国立美術館で撮ったら面白いよ!」と教えてくれたので行ってみる事にしました。
ちなみに4WDさんと呼びにくいので、「ヨン様」とお呼びしたところ「ヨン様はやめてくれ」と言われました(笑)

http://www.nact.jp/



新国立美術館
実は午後3時頃には新国立美術館に到着したのですが、建物がガラス張りで室内と外の照度差が激しく撮影しにくい状態。
これは夕方まで待つしかないな・・・と2時間以上待ちました(笑)
美術館の閉館時間が午後6時なので、5時30分くらいから撮影開始という感じでした。



新国立美術館


新国立美術館
薄暗くならないと撮影しにくい建物でしたが、人の多い場所で三脚を使うわけにもいかずISOを多少上げての撮影になりました。
ただ、α7RⅡは高感度に強いのと手ぶれ補正があるので、10mmという焦点距離ならシャッタースピード1/13でもブレません。
優秀なボディとレンズの組み合わせのおかげでクリアに撮れました。



新国立美術館
上の方に行ってみました。
超広角レンズで切り取ると、まるで宇宙基地のようで面白い構造です。
さすが美術館という感じで、建物そのものがアートという事のようです。



新国立美術館
撮影枚数は結構あるので、全部ご紹介するわけにもいかずこのくらいで・・・
やはり建物の曲線が面白い場所で、撮影するなら建物の内部と外の照度が同じくらいになる時間帯がベストだと思います。
昼間に来ると建物の外が圧倒的に明るく、白く飛んでしまうでしょうね。

帰りは都営大江戸線で大門まで出て、時間があったので貿易センタービルの展望台に行ってみました。



貿易センタービルから
何度も来ている場所なので、東京タワーはもうお腹いっぱいでした(笑)
もっと面白い切り取りはないか?と考えてみたところ、
今までは広い範囲を構図にしようと、広角ぎみなレンズで撮っていましたが、
少し範囲を狭くして切り取ってみようとテーマを持ってみました。



貿易センタービルからの夜景


貿易センタービルからの夜景
真冬に比べると気温が上がったせいか、少し先の方は白く霞んでしまっていました。
仕方ないので近い所を集中的に撮影する事に。



貿易センタービルからの夜景


貿易センタービルからの夜景
しかしまあ、東京って所は本当にビルが密集しているな~と感じます。
全てを破壊するような首都直下地震でも来れば、これがどうなるのか考えるだけで想像を絶する世界です。
ある意味美しい世界に見えますが、現代においてはそういう懸念もあるわけで・・・。



貿易センタービルからの夜景


貿易センタービルからの夜景
ここが一番綺麗だったかな?
黒いビル群にオレンジ色の首都高という構図になります。
昔はここに来ると、広い範囲をとにかく写そうと広角レンズばかり持ってきていましたが、
こういう切り取りの方がテーマがしっかりして、見やすいような気がしますね。
自分も少しは上達したんでしょうか?(笑)

田舎モンの自分としては、都会は息が詰まりそうで撮影に来るのも微妙です。
どちらかといえば、湘南の海で長いレンズ振り回している方が性に合ってるみたいです。


ポチリよろしくお願いします! ただいま3位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-03-21 12:00 | 撮影記 | Comments(2)

HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalを持って横浜を歩いてみた

新しいレンズを手に入れると、今まで飽きるほど撮影してきた場所が新たな撮影場所になります。
画角や視点が変わると、また違う風景に撮れるというのがカメラであり、写真だからであります。
そんなわけで、何度も何度も通っている横浜の街をウロウロしてみる事にしました。



大桟橋埠頭ホール
昨年、客船フォトコンテストの表彰式があった大桟橋のホールです。
広いといえば広い場所なんですが、10mmで撮るとスコーンと広い感じがしますなぁ。
床から天井まで構図に入るので、いったい何の空間だ?という写真になるから面白い。



大桟橋埠頭


大桟橋埠頭
デッキの方に上がってみました。
2013年に12mmで撮った事がありましたが、今回はもっと広い10mmです。
自分の立ち位置から見ると、夕日は右手の方にあったはずなのですが、
写真に撮ってみると右斜め前みたいな場所にあるのが広角マジック!



大桟橋埠頭からのみなとみらい
大桟橋埠頭からみなとみらいの定番構図を撮ってみました。
この場所で使うレンズというと、広くてもせいぜい24mmから35mmくらいでしょうから、10mmで撮るという人はあまりいないと思いますね。
画角のほとんどが空ですが、ランドマークタワーから雲が吹き出しているよう・・・。



赤レンガ倉庫


赤レンガ倉庫
珍しく赤レンガ倉庫の敷地でイベントもやっておらず、すっきりと広い構図が撮れました。
人はまばらにいたのですが、レンズ特性と長時間露光のせいで見事に消えました!



サークルウォーク


サークルウォーク
ワールドポーターズの前にある丸い歩道橋サークルウォーク!
歩道からの撮影になるので、構図が限定的な感じはしますが何とか撮れます。
名前通り丸いので、魚眼で撮る方が意外と面白いのかも!



コスモワールド


コスモワールド
コスモワールド!
もう、何でも写真の中に放り込んでしまえ!みたいに入ってしまいます。
下の構図は16mmだと右のインターコンチネンタル・ホテル、左のランドマークタワーがギリギリ入りません。
さすが10mmなどという半端ない焦点距離!



象の鼻パーク
車を大桟橋に停めたので、戻る途中に象の鼻パークで寄り道。
普段、カメラを持って通るだけの場所ですが、こうやって撮ってみると何とも横浜らしい風景になりました。

こういう掟破りな画角を持つレンズを使う場合は、
自分の感覚とか、常識みたいなものを払拭しないと構図が出てきません。
とにかくファインダーを覗いて風景を見てみるというのが大切みたいです。
ファインダー越しに「あっ!これ面白いかも!」という好奇心が写真の原動力になるような気がします。
しかしこのレンズ、描写力はあるしハマりましたねぇ。
しばらくこのレンズで遊んでみたいと思います。


おかげさまでランキング2位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-03-17 17:00 | 撮影記 | Comments(0)

第31回 海岸愛護写真コンクールに入賞しました!

昨年の秋、逗子海岸の流鏑馬の撮影が終わったあと、
エーデルさんに「今、応募できそうなフォトコンありますかね?」と聞いたら教えてくれたのが、
海岸愛護写真コンクールというやつだったんですが、帰ってから調べて応募したところ奨励賞という事で入賞しました!

http://www.kaigan.or.jp/campaign/pdf/contest31-1.pdf



茅ヶ崎海岸の夕景
タイトルは「茅ヶ崎海岸の夕景」 まあ、そのまんまです(笑)
特に思い入れのある写真というわけでもなかったのですが、
いろんな作風の物を出してみようと思ったうちの1枚という感じでしょうか?

後からいろいろ考察してみると、
シャッタースピードは5秒。波の描写はこの5秒が良い感じだったのかもしれませんね。
30秒くらいまで引っ張ると、のっぺりするだけで凹凸がなくなってしまうため、
このくらいの頃合いがちょうどよかったのかな? と思います。


あ、ランキング2位になっとる!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-03-15 17:00 | フォトコンテスト | Comments(0)

10mmで撮る東京国際フォーラム

先日購入したばかりのVoigtlanderの10mmを持って都心の方に出掛けてみました。
αcafeの方でノッチ師匠が「付き合ってあげるよ~」と言ってくれたので、東京駅の南口ドームで待ち合わせです。
この日はα7RⅡに10mmを装着し、これ以外のボディ、レンズは持って行っておりませんです。



東京駅ドーム
せっかくドームに来たのだから撮ってみようとカメラを取り出しまして、ガンダム風に言えば、
「見せてもらおうか、新しいレンズの性能とやらを・・・」 そしてファインダーを覗いた瞬間、
「あはっ!」
圧倒的に広い画角に、つい笑ってしまうという・・・・



東京駅ドーム


東京駅ドーム
しかし、さすが世界で一番画角の広いレンズです。
ガンダム風に言えば「圧倒的じゃないか~このレンズは・・・」ですな。



KITTEガーデン


KITTEガーデン
ゆりえどんから「KITTEも撮ってきて!」という命令が出たのでKITTEにも行ってみました。
ちょうど恐竜のイベントというか展示があったので、それと一緒に撮影。



KITTEガーデン
エスカレーターで5階まで行って上から撮影。
注意書きに「身を乗り出して撮影しないでください」とあるので守りましょう!
しかし、それほど広くはない建物なので、ほとんど全部入ってしまう感じです。



KITTEガーデン
屋上の庭園に出てみました。
この手の広角レンズでいいと思うのは、人を構図に入れてもカメラ自体が違う方を撮っているように見えるので、
躊躇しないで人を構図内に入れる事ができる点ですね(笑)
しかしこの場所、いろんな国の言葉が飛び交っておりました。



KITTEガーデンから東京駅
東京駅周辺です。定番の構図ですが、人も車もミニチュアのようです。
ここまで超広角なのに、歪も少ないし優秀なレンズですね。
いや~素晴らしいと思いますよ。 解像力も十分あります。



KITTEガーデン
近くにあるビルを撮るとパースペクティブは面白いです。
下から伸びていく角度は、エジプトのピラミッドみたいな感じですわな。
こういうレンズの醍醐味は、やはりこういう描写だと思うのでつい都会で使ってみたくなるんですよね。



KITTEから見る東京駅
東京駅もほとんど全景が入ってしまう感じ!
こうしてみると東京は広いんだか、狭いんだかわからなくなります。



丸の内
ノッチ師匠と合流して国際フォーラムへ向かいます。
途中、あちこちにカメラを向けるのですが、その度にノッチ師匠が、
「見せて、見せて」と自分のカメラを奪い、覗いては笑うという子供のような奇行を・・・・(笑)
左上の木の部分にパープルフリンジが出てますね。あえてLightroomで除去しませんでしたが、パープルフリンジは出るようです。



都会のビル群


都会のビル群
確かにファインダーを覗くと、そこは肉眼ではあり得ない光景が広がっていますから面白いですよね。



国際フォーラム
国際フォーラムへ到着! 下の方で何かイベントをやっているようで、
下から撮る事ができないので上の方へやってきました。



広角レンズで指が写ってしまった例
このレンズの注意点。画角が広すぎて油断すると自分の指が写ってしまいます(笑)
これは右下に指が入ってしまった例です。

あまりウダウダと写真投稿していると長くなりそうなので、今回撮りたかった構図、写真はこれです。
                

国際フォーラム
下にガラスがあるので、そこに天井が写り込むような構図。
ノッチ師匠が案内してくれましたが、日没後のごく短い時間だけしかこの色が出ないという瞬間です。



国際フォーラム
ここは三脚禁止なようなので、こんな風にして撮影しています。
写真はノッチ師匠ですが、レンズの描写特性で妙に足が長く見えているのがしゃくにさわります(笑)
実際はこんなに足は長くありません。



東京駅
国際フォーラムを出たら、ノッチ師匠は帰ると言って帰ってしまったので、仕方なく一人で東京駅周辺を撮る事にしました。
とは言っても、周辺は工事ばかりなのであまり撮る場所もありません。



東京丸の内
建物の角部分から撮影。
都会のこんな場所で、三脚立てて撮影しているおっさんは変かもしれませんけどね。
とりあえず害はないので許してくだされ。



東京駅
以前、シグマSIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMで撮った事のある場所だったので、是非撮っておきたかった場所です。

今回、Voigtlanderの10mmを使ってみた感想としては、解像力は十分あります。
シグマSIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMと比較すると、
解像力が10mmの方が圧倒的にあり段違いなので、8-16mm F4.5-5.6 DC HSMはきっと使わなくなってしまうでしょう。
夜景を撮ってみても、ゴーストやフレアもあまり出ないようなので、逆光耐性はあると思います。
今後、昼間太陽を入れるような撮影をしてみてどうかというところでしょうか。

AFが使えないレンズですが、F8まで絞ればまず全域被写界深度に入る感じで、
EVFでピントを拡大してみても、全くピントの山はつかめません。
撮影していて最後の方は、もうピントは気にせずバシバシ撮ってました(笑)


ランキング3位です!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-03-12 12:00 | 撮影記 | Comments(0)

世界で最も画角の広いレンズがやってきた!

先日、楽天セールがありまして、これがある時にどうせ買わないといけない物・・・
例えば歯ブラシとか、歯磨き粉とか・・・まあ、そんな日用品まで買い込んでいくと、
たんまりポイントが溜まっていき、セール中に何を買ってもポイント10倍以上!みたいな事になるのですが、
前から欲しいと思っていたレンズ、Voigtlander HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalがマップカメラで少し安くなってました。

それでも13万円くらいするレンズなんですが、セール中に買えばポイントが12倍つく!というのに心揺さぶられまして、
13万円のポイント12倍というと・・・15.600円ですよ。
差し引き114.400円かあぁ~。 このチャンスを逃すと次は普通に買わないといけなくなるかもしれん・・・・と思った次の瞬間、
購入するボタンをポチリと押してしまっていました(笑)

と、まあ、そんなわけで本日、今話題になっているヤマト運輸さんが配達してくれましたとさ。



HELIAR-HYPER WIDE 10mm
でかいマップカメラの箱をあけると、中に小さな箱が入っておりました。
中身のレンズは小さいのですが、大きさの割に重たい感じ・・・・
実際は400gもないみたいなので、軽い事は軽いのですが対大きさを考えると重い印象。



HELIAR-HYPER WIDE 10mm


HELIAR-HYPER WIDE 10mm
せっかくだから何かボディにつけてみよう!と思い、防湿庫を開けると目の前にα7Rがあったので「これでいいや・・・」
ユーザーの皆さんからすると、α7RⅡに装着してみてほしかった・・と言われそうですが、
まあ、α6000じゃないから許してくださいませ。

しかし、このレンズ、フルサイズ用で10mm!世界で最も画角の広いレンズだそうですよ。

http://www.cosina.co.jp/seihin/voigtlander/e-mount/e-10mm/

写真を見ておわかりかと思いますが、レンズの保護フィルターが装着できないので丸出しです。
ゆりえどんが貸してくれ!言ってましたが、この構造でこの価格のレンズは人と貸し借りする物じゃないですわな。
自分だったら絶対に借りたくないけど、傷つけたら弁償ね~って事でゆりえどんには貸しましょう!(笑)

画角はもう、目の前の物は皆取り込んでしまえ!ってくらい写ってしまうんでしょうね。
マスプロアンテナ並に、見えすぎちゃって困ると思います(古すぎてわからない人はいいです)

そんなわけで、週末はノッチ師匠とこのレンズを持って出掛けてきます。
どんな写真が撮れるか、また使い心地等レビューしますです!


ただいまランキング3位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-03-10 22:00 | Eマウントレンズ | Comments(0)

気になるレンズ タムロン SP 150-600mm F/5-6.3 Di USD G2

現在、所有しているレンズの中で、最も焦点距離が長いのは70-400mm F4-5.6 G SSMIIの400mmなんですが、
ごくたまに400mmよりもっと長いレンズが欲しいな~と思う事があります。
しかし、純正で400mmより長いレンズというと、500mmの単焦点しかなくお値段も100万円ですから買えるわけもありません。

サード製のレンズには400mmよりも長い物はいくつかありますが、
描写性能とか考えると、う~ん・・・という感じでイマイチだったのですが、ここにきてタムロンから良さげなレンズが出てきました!


e0341572_22161671.jpg
何よりも嬉しいのは、見捨てられつつあるソニーAマウント用があること!
最近はシグマのArtシリーズもソニー用は作ってくれなくなりましたし、何か寂しい気分だったところに朗報です。
価格コムで見ると http://kakaku.com/item/K0000946171/ 
お値段はだいたい12万5000円くらいが最安値のようですね。まあ、自分にとって12万円は大金ですが、
この手のレンズの価格としては、かなりお手頃といってもいいんじゃないでしょうか?

http://www.tamron.jp/product/lenses/a022.html
タムロンの公式サイトでサンプルを見ると、望遠の圧縮効果は400mmのそれとは違いますね。
水泳選手を600mmで撮影した作品なんかは、独特な描写をしていて圧倒されるものがあります。

個人的には写りも気になりますが、重量も気になりますね。
仕様を見るとニコン用、キヤノン用がだいたい2kgだから、そのくらいになるんでしょう。
まあ、一日中振り回していたら腕が痛くなりますわな(笑)

とりあえず欲しいレンズ候補に入れておきますが、
これからいろいろ新製品が発表されるという話もあるので、何か買うのはしばらく待つ事にしたいと思います。


ただいまランキング3位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-03-08 00:00 | Aマウントレンズ | Comments(0)

猫を撮るのは結構楽しい!

週末になっても特に何を撮ろうという目的もない時期にハマっています。
河津桜はもう終わりですし、ソメイヨシノはまだ咲いているわけもなく、意外と外は寒いので結構ウロウロするには厳しいです。
仕方ないのでゆりえどんと茅ヶ崎里山公園に行ってみました。

お雛様を展示してあるという事で行きましたが、午後4時で閉まってしまうのに到着したのが午後4時(笑)
ちょっとだけ見て終わってしまったので、ウロウロしていたら猫を発見しまして今回は猫が主役です。



猫のおちり
何ともお尻がセクシーな猫ですが、この猫が意外と人懐っこくて寄ってくるので猫ポートレート!



誘惑の眼差し
人を見たら逃げてしまう猫だと、この距離感での撮影は無理でしょうね。
ほぼ目の前での撮影ですが、ピンはきちんと瞳にキマリました!



男前
どうやらこの猫、男の子という事のようなのでイケメン猫ですね。
撮影はVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM開放で撮っていますが、
意外とこのレンズの開放はボケは綺麗なんじゃないかと・・・・



ブロアーで遊ぶ猫
野良猫だと思うのですが、餌をあげるような事をしてはいけないと思い、
仕方ないので遊び道具は何かないかと探したら、ポケットにブロアーを入れていたので投げてみると遊びました(笑)



エッチ猫
ブロアーも早々に飽きてしまったようで、そのうち二匹がイチャつき始めまして・・・・
「あら、あなた覗かれてるわよ!」 と下の猫が言っているようでした。



又吉
ゆりえどんの下に猫が座ると、すごい格好で撮影しておりました。
この日のベストショットはこれですね。
きっとこの猫の名前は 「又吉」 だと思います。
間違いない!

ポチリよろしくです!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-03-01 00:00 | 撮影記 | Comments(0)