<   2017年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

35mm F1.4 DG HSMで撮る ブラフ18番館 桃の節句 "華"!"花"!装飾

カメラを趣味にしている人なら、横浜で開催されているCP+2017が気になるところでしょうが、
自分、混んでいる所が大嫌いだし、特に触れてみたいという製品もないので全く行く気もなく・・・・(笑)
写真が趣味で、横浜に住んでいて、写真のブログをやっているのにCP+に行かないのは自分だけかもしれません。

そんなわけでどこに行ったのかというと、この時期は特に被写体があるわけでもなく、
ネットでちょっと調べたら、山手西洋館 ブラフ18番館でお雛様装飾があるという事でした。
おっさんなのでお雛様に興味もなかったのですが、α99Ⅱとシグマ35mm F1.4 DG HSMの組み合わせを使ってみる良い機会だと思いまして、
CP+に行かないのに横浜の方に出掛けてみるのでありました。



ブラフ18番館
当日はとてもいいお天気。
お天気が良いので屋内の撮影は勿体無いような気もしましたけど、意外と空気が冷たくて寒い日でした。



ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾
35mmの画角というと定番な気がしますが、個人的には少し広いな~という感じで50mmの方がしっくりくるんですけどね。
少し後ろに下がると、お雛様の装飾はおおよそ全体が入る感じ。



ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾
ここのところF4スタートのレンズを使うことが多かったので、F1.4のレンズは使っていて気持ちいいです!
F1.4の開放ではピント面が薄すぎるので、実際に使う時はF2.0~F2.8くらいに絞って使う事が多いのですが、
元々開放でもカッチリ写るレンズなので、ちょいと絞れば解像力は一気に良くなるという印象。
このレンズの描写力を基準に考えると、ズームレンズはこの領域にはなかなか踏み込めないでしょうね。 



ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾
AFはα99Ⅱのフレキシブルスポットを使い、人形の顔でピントを拾っています。
AFの速度は特化して速いというわけではありませんが実用範囲。精度に関してはたまに外す事もありますが、これも十分実用範囲だと思います。
シグマレンズはピント精度が悪いという意見をたまに見ますが、個人的にはそれほど悪くないと思いますよ。



ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾
そういえば、この日はα99Ⅱに初めて縦位置グリップを装着して使用してみました。
元々、α77Ⅱに使うために購入した物ですが、α99Ⅱが出て使いまわせるという事でお財布にも優しい互換性!(笑)
できれば旧型のα99の縦位置グリップが使えたらよかったと思いますが、ボディサイズが違うからこれは仕方ないか・・・・



ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾
やはり縦構図は縦位置グリップがあると楽に撮影ができますね。



ブラフ18番館 本棚
今回使用した組み合わせ、α99Ⅱと35mm F1.4 DG HSMに関しては、アマチュアが趣味で使うには、ほぼ最高クラスの解像力を誇る描写が得られるのではないでしょうか?
自分、この手の撮影に苦手意識があるので、うまく撮れたとは全く思えないのですが、
開放F1.4のレンズを使っての撮影は、ファインダーを覗いているだけで楽しいものです。
このシグマ35mm F1.4 DG HSMは、個人的にオススメの一品!



ポチッとよろしく!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-02-26 00:20 | 撮影記 | Comments(0)

αcafeメール

何やらαcafeから届いたメールの中に、今月の一枚というコーナー(?)があるようで、
そこに先月撮影した、吾妻山公園の菜の花と富士山の写真を選んでいただいたようであります!

e0341572_22045690.jpg
特にコンテストに入選しました!というお話ではないのですが、個人的な記念という事で記録に残しておきたいと思います。
選んでいただいたαcafeのスタッフの方、どうもありがとうございました。

ちなみにゆりえどんも、毎月開催されている壁紙コンテストに入選して掲載されておりました。

e0341572_22034036.jpg
ゆりえどんは先月もこれに選ばれて、2ヶ月続けての入選です。
ちなみに自分、この壁紙フォトコンテストにそこそこ応募していますが、いまだに選ばれた事がありませんです。

ゆりえどんに「すごいね~連チャンで受賞だね!」と言ったら、受賞するポイントを説明してくれました。
今後は「ゆりえ師匠」とお呼びしたいと思います。


ポチリよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-02-22 23:00 | その他 | Comments(2)

第19回 まつだ桜まつり

とうとうスギ花粉のシーズンになった感じで、おとといから薬を飲み始めたのですが、
花粉症の薬は、飲むと眠くなったり頭がボォ~としますな。
写真を撮ろうというモチベーションもあまり上がらず、休日はどうしようかと考えていたら、
同級生のKojiくんからメールがきて「まつだ桜まつりに行こう!」という事で、頭がボォ~としたまま松田の方に足を伸ばしてみました。



御殿場線


JR松田駅
ボォ~としているのに車の運転はヤバイと思い、今回は電車で行くことにしました。
普段だったらこの場所は車で移動するエリアですので、あまり電車の乗り換えとかも詳しくなく、
生まれて初めて御殿場線という電車に乗ることとなりました。



御殿場線 運転手
ローカルな電車だけど、運転席は意外と古臭い感じではありませんでした。
電車の一番前に乗り、写真を撮ってる怪しいおっさんだったと思います。



第19回 まつだ桜まつり
Kojiくんは8時くらいには現地入りしていたようですが、自分は9時半くらいに松田駅到着。
少し前に春一番が吹いたせいかもしれませんが、微妙に既に葉桜?という感じでした。



第19回 まつだ桜まつり


第19回 まつだ桜まつり


第19回 まつだ桜まつり
この日は富士山クッキリ! 気持ちのいい青空でした。
ちょっと桜が残念な感じもしましたけど、富士山をバックに構図を探しながら撮影。



第19回 まつだ桜まつり
結局、富士山が見える場所から、桜を入れた構図を探す事になってしまいますね。
人もすごい数でしたし、Kojiくんと「あぐりパーク」まで行ってみようという事になり、急な坂道を20分くらい歩いて登りました。



あぐりパーク 案内板
あぐりパークは今、菜の花が沢山咲いているという事で期待しておりましたが、考えてみたら最近、菜の花ばっかり撮っているような気もしますわな。



あぐりパーク


あぐりパーク
あぐりパークに頑張って来てよかった! 菜の花の数は圧倒的で壮観な風景でした。



あぐりパーク


あぐりパーク
せっかくFE 16-35mm を持ってきたので、太陽を入れた構図を撮ってみようと・・・
空の青と、菜の花の黄色のコントラストは綺麗ですね。
写真を撮らなくても、風景を眺めているだけで十分楽しい場所だと思いますよ。

この後、お昼ごろには撤収し、松田駅前のお祭りの屋台でKojiくんと昼間から飲んでました(笑)
まつだ桜まつりには初めて行きましたけど、気合を入れて撮影するというより、
屋台で売ってる物を食べたり、飲んだりする方が楽しいかもしれません(笑)


ポチッとよろしくおねがいします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-02-20 23:00 | 撮影記 | Comments(0)

日本船舶海洋工学会 第2回「四季の船フォトコンテスト」で最優秀賞をいただきました!

毎年、同じような傾向なのですが、冬はフォトコンの募集があまりなく、
あっても自分の撮っている写真とテーマが合わなかったりして、ほとんど応募できないのですが、
今年に入ってから、船をテーマにしたフォトコンがあったので応募していました。
先日、そろそろ発表される頃かな?と、HPを開いてみたら発表がありまして、なんとビックリ! いきなり最優秀賞じゃないですか!
というわけで、2017年最初のフォトコンテスト入選は、日本船舶海洋工学会 第2回「四季の船フォトコンテスト」でした!

https://www.jasnaoe.or.jp/enlightenment/photocontest02.html



冬空の下
今年は最初から最優秀賞をいただくことができまして、何とも気持ちのいいスタートとなりました。
昨年は横浜客船フォトコンテストで入選をいただいたので、どうも自分は船の写真と縁があるようですね(笑)

募集のテーマが「秋から初冬にかけての季節感と船」という事だったので、
秋から初冬にかけて撮った船の写真を探してみたところ、2015年12月に撮影した飛鳥Ⅱの写真がありました。
写真から冬の冷たい空気がピンと張っている感じが写真に表現されていると思い応募したところ、
審査していただいた方にも、その感覚が伝わってくれたようです。

また、船の質感がよく出ているというコメントもいただきましたが、
自分がいつも気をつけているのは、船の灯りを飛ばしてしまわないように・・・という事ですね。
夜に客船を撮ると、どうしても照明と背景の照度差があるので飛んでしまう部分が出てきてしまいます。

船は自分の好きな被写体のひとつですし、今年もまた船の撮影は積極的にやっていきたいです。
とりあえず2017年最初の「フォトコンテスト」タグをつけられる投稿ができてホッとしておりますです。



いつもブログを見ていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-02-16 17:00 | フォトコンテスト | Comments(6)

α99ⅡのAFにビビった! ソレイユの丘 

ここのところ、午前中はすごく天気がいいのに、午後になると急に真っ黒い雲が・・・みたいな日が多いです。
この日はソレイユの丘という所に行ってみようと車を走らせましたが、
途中、林の交差点という渋滞の名所でえらい目に合いまして、どうしてもトイレに行きたくなってコンビニに入ったら、
トイレも大渋滞という・・・まあ、人間の行動なんて似たようなもんなんでしょうな。
それでもお昼すぎには目的地のソレイユの丘に到着しました。



ソレイユの丘
車を降りて数分歩いたらすぐこの光景。
何か見たことあるような風景だな~と感じましたが、吾妻山公園と似たような構図。
ただ、ここは菜の花と富士山の間に人家が入ってくるので、自然度がちょっと低い感じはしましたけどね。



ソレイユの丘
この日はα99Ⅱ + Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM。
たまには純正の標準ズーム持ち出してみっか~って気分だったもんで・・・
でも、まあ、普段シグマの24-105mm F4 DG HSMを持ち出す事が多いので、たまにはF4よりも絞り開いて撮ってみようと思うものであります。



ソレイユの丘
このレンズは最悪と言って差し支えないくらい逆光に弱いと思っていますが、
ゴーストを削除するべく、横構図の写真を縦構図にトリミングしてみました。
α99Ⅱは4200万画素あるから、横構図を半分カットしても2100万画素。
写真としては十分使えると思いますよ。これをA3にプリントしてもフォトコンに応募できるクオリティです。



ソレイユの丘
後ろに回ってみたら、なかなかいい尻をしていたもので・・・・(笑)



ソレイユの丘
ここソレイユの丘は初めて来たんですが、子供の遊具が沢山あってファミリー向けの場所でした。
正直、カメラ向けてどうこうという場所は、菜の花と富士山しか個人的にはなかった感じです。
上の写真は、遊んでいる子供を眺めている親御さん達の集まり。
背後に花があったので構図にしてみました。



ゴーカート

駐車場代が一日1000円でしたが、入場料とかもないし家族で来るには安上がりな場所ですよ(笑)
小さなお子様がいる方は、ここに来れば一日楽しめていいと思います。
写真のゴーカートみたいなのもありました。



ソレイユの丘
さて、ここでレンズ交換。 
システムはα99Ⅱ + Sonnar T* 135mm F1.8 ZAです。
ちなみに知っていたら大きなお世話ですが、花が咲いている周辺でのレンズ交換はやめておいたほうがいいです。
というのも、センサーに花粉がつくとブロアーでは取れません。
こういう場所でレンズを交換したい場合は、面倒でも少し離れた場所に行く方が安全かと思います。



ソレイユの丘にいた鳶


ソレイユの丘にいた鳶
上の方にトンビが沢山飛んでいたので、遊び心で撮ってみようとカメラ向けてみたのですが、いや、これまたビックリでした。
Sonnar T* 135mm F1.8 ZAはSSMでもないし、AFも速い事は速いけど、トンビを追いかけられるとは思ってませんでしたよ。
しかし、α99Ⅱの性能だとSonnar T* 135mm F1.8 ZAでも飛んでるトンビに見事に食いつきますね。
焦点距離がちょっと足りなかったのでトリミング(鳥ミング?)してますが、連写してもほとんどがガチピンでした。 これには正直感動しました。



ソレイユの丘
施設内をしばらく散策してみたのですが、
子供の遊び場所ばかりで、撮るような物がなくて明るいうちに撤収。
小さい子供は構図によっては絵になるのですが、人様のお子様をバンバン撮るのもねぇ・・・


珍しくしばらく2位キープしてます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-02-14 00:00 | 撮影記 | Comments(2)

FE 100mm F2.8 STF GM OSS が出てしまった・・・

いや~前々から噂はありましたが、先日FE100 F2.8 STF GM OSSが発表されました。


e0341572_12464951.jpg
ソニーストアでも2月14日から予約開始という事で、4月の発売予定のようです。
仕様を見ると、手ぶれ補正がついている上に、Aマウントの135mmとは違いコントラストAF、像面位相差AFが効く模様。
今時SSMは当たり前としても、これは心惹かれる仕様ですね。

個人的にはAマウントの135mmだと、ちょっと焦点距離が長いかな・・・って感じがあるので、この100mmはいいところをついてきましたよ。
自分にはAマウントのSTFがあるので、予約してまで購入しないと思いますけど、世に出回ってからの評判次第では欲しくなるかもです。

135mmという焦点距離のせいで、135mm F2.8 [T4.5] STFにするか、Sonnar T* 135mm F1.8 ZAにするか購入時に悩む人が少なくないようですが、
両方所有している自分からすると、この2本のレンズは全く別物です。
購入する際には、自分が何を撮るのか?をきちんと理解しておく必要はありそうですね。



135mm F2.8 [T4.5] STF作例


135mm F2.8 [T4.5] STF作例
少しSTFレンズで撮影した写真を貼り付けてみますが、
まず、このレンズを買って何でもいいから撮ってみると、例えば水道の蛇口撮っただけでも「あ!なんか作品って感じ!」になるマジックです。

上のベンチを撮ったやつもそうですが、見た目のふんわり感っていうんですか? そういうのを感じると思います。
この描写は標準ズームでは出てこない感じですよ。



135mm F2.8 [T4.5] STF作例
そしてピントの合っている所はビシっと写り、背景のボケは溶けるような感じになるのも特徴。
このレンズを使ってしまうと、他のレンズはもうすごいとは思えません(笑)



135mm F2.8 [T4.5] STF作例


135mm F2.8 [T4.5] STF作例
そして特に特徴的なのは、背景の点光源をぼかした時に、ぼけがまん丸になるなるところですね。
これは本当に美しい描写だといつも関心します。
これが例えば90マクロだとどうなるかといえば・・・



135mm F2.8 [T4.5] STF作例
右上の方に集まっている点光源は、巷で言うラグビーボールぼけとか、レモンぼけですが、まん丸にはならないという現実。
これは口径食っていう物理的な結果ですが、少し絞ってあげると丸に近づきはします。
全く同じ構図じゃないけど、同じ場所でSTFを使うと・・・



135mm F2.8 [T4.5] STF作例
こんな感じ!
人間の脳は、ピントの合っていないぼけている部分に情報量が多いと、ごちゃごちゃしているとか、汚いと感じるのだと思います。
基本的に丸というのは、物体が存在するうえでは一番自然な形なので、
これに角があったり、形があると情報になりますからね。

発表された100mmのSTFレンズは、個人的な予想では予約殺到じゃないかと思います。
4月頃買おうと思っても、おそらく3ヶ月待ちだと予想。
これを期にAマウントの135mmを売って・・・という人もいると思うので、
それを狙って購入するってのもアリではないかと思いますよ。

最後に個人的な意見を言うと、このレンズはMFだから面白いんじゃないの?ってのもあったりして・・・



1位と2位の差がすごくて1位は絶対無理!(笑)
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-02-11 00:00 | Eマウントレンズ | Comments(6)

スカイさんと行く立石(秋谷海岸)

前回の投稿の続きになります。
スカイさんとのオッサン二人の撮影会は、午後3時頃に森戸から立石の方に移動。
この日はお天気もよく、風がほとんどなかったのでベストな条件でした。



なんか凄い場所でお弁当を食べるカップル
まあ、本音をいえば、立石は家から車でチョイチョイと走れば来れるので、それほど目新しい気分でもなくお腹いっぱいなところもありますわな。
スカイさんは遠方から来ているので、鼻息が荒いといっても過言ではないくらい撮影に没頭。
話し掛けたら殴られるんじゃないか?というオーラが出ていたので、スカイさんは放置して、自分は16-35mmをつけた7Rを持ってウロウロしてみました。
松の下で弁当を食べているカップルを見つけまして、16mmでファイダー覗いてみたところ面白い構図だなと思いました。
肉眼でみると普通の風景なんですが、超広角レンズで撮ると「なんかすごい所で弁当食べてますね!」みたいな・・・・



秋谷の松
この松は個人的に好きで、とにかく形、枝ぶりに味があると思いますよ。
立石というと、海の真ん中にある大きな岩がメインなんでしょうが、自分はこの松の方が味があると思うなー。
美人で人気者の女性より、片隅で静かにしている女性の方が好み・・・そんな自分の感覚です。
(今、とても良いことを言いました)



立石夕景


立石夕景
いよいよ日没という感じですが、スカイさんは撮影に没頭していてほとんど会話なし(笑)
よほどこの場所に撮影に来たかったんでしょうな~。まあ、お連れした方としては嬉しい限りではありましたけど・・・・



立石夕景


立石夕景
昼間は霞んで見えにくかった富士山も、日没後は綺麗なシルエットとなりましたです。
ここからが撮影の勝負! マジックアワーは綺麗なグラデーションになるでしょうか?



立石に集まる人々
ちなみに撮影現場はこんな感じ。まあ、狭い場所に人がぎっちりと集まってますわな。
この場所から写真を撮る事になるので、誰が撮っても同じ構図っていうのはどうもいただけない感じですけど。



立石夕景


立石夕景
日没から30分以上経過したところで、グラデーションは綺麗に出てくれました。
この時点でスカイさん、まだ真剣に撮影していたので、そろそろ声掛けてみようかと近づいてみたら、いきなり三脚畳んで移動しようとしながら、
「あつしさん、ここは人が前にいてダメだよ」 と言いながら場所を移動していきました。



家族の秋谷海岸
人がいるからダメ? 人がいるから撮るんだよ!と思いつつ、撮ったショットがこれ。
やっぱこういうの撮らないと!(笑) 人は構図に入れてなんぼですよ。



立石夕景


立石夕景
そして周囲が暗くなるまで撮影し続け、肉眼では闇に近い感じになってもスカイさんは撮影に没頭(笑)
自分もスカイさんの横で撮影しましたが、上の2枚は露光時間3分ですよ。
シャッター開いたまま 「スカイさん、僕はちょっとトイレに行ってきます」という感じでしたからね。

この後、19時くらいには撮影を終了し引き上げ、帰りはオッサン二人でラーメン食べて帰りました。
スカイさんは浅草まで帰らないといけませんでしたから、自分が撮った写真を現像し、αcafeに投稿した時も電車の中だったんだろうな~(笑)



11位とか2位とか忙しいランキング(笑)
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-02-08 00:00 | 撮影記 | Comments(2)

スカイさんと行く森戸海岸

αcafeでいつもお世話になっているOさん事、スカイさんと森戸海岸に行ってきました。
スカイさんは浅草にお住いで、家からスカイツリーが見える事から スカイさん になったようです。
まあ、別にだからどうという話でもありません(笑)

前々からスカイさんに「葉山方面に連れて行って欲しい」と要望があったのですが、
遠方から来ていただいても、富士山が見えなかったりしたら申し訳ないと思うばかりで行動できず、
天気予報を見て「ここだ!」と思ったのが2月4日でした。
そんなわけでスカイさんに連絡して2月4日にスカイさん葉山入り。



冬晴れの森戸海岸


冬晴れの森戸海岸


冬晴れの森戸海岸
当日は天気は良かったのですが、気温が高かったせいか富士山はぼんやり。
スカイさんも「あつしさん、ファインダーで富士山見える?」と聞いていましたが、
EVF(エレクトリック・ビュー・ファインダー)では、富士山が見えないくらい霞んでましたね。
撮った写真をLightroomでコントラスト上げたりして、何とかこのくらい見えるようになりましたけど。



森戸で出会ったカメラマン
スカイさんには浅草に行くといつもお世話になってます。
浅草燈籠会や、浅草竿燈演技の撮影も案内していただきましたからね。今回は自分が恩返しだと思って・・・・
スカイさんいわく、普段コンクリートに囲まれた都会に住んでいるので、こうした自然の風景は縁遠いのだそうです。
本来、人間は自然に囲まれて生活するものなんでしょうからね。



漁港の主
冬は海に来てもあまり撮るものがありませんわな。
猫がいたと思えば、なんか座頭市みたいに目つきの悪いのがいたり・・・



漁港の休日
寝転がって新聞読んでるおじさんがいたり・・・・(笑)



キラキラの海
若いギャルもいたので、そこはまあいいでしょう!



ヨット帰還
砂浜にヨットの集団が戻ってきたので駆け寄って撮影。
スカイさんは60代ですから、スカイさん放り出して自分だけ走りました(笑)



ヨット帰還


森戸海岸のヨット
どうやら学生のヨット部みたいでしたが、片付けるのが早くてあまり撮る時間がありませんでした。
青空の海にヨットは似合いますね~。 この日はあまり風がなかったから、撤収も早かったのかもしれません。
ウインドサーフィンもあまりいなかったですし。



砂紋


砂紋
スカイさんはえらいマニアックで、たまたま干潮で川の水が少なかったのですが、
このシマシマの砂紋がいい!と言って熱心に撮っていました。
自分も付き合って撮ってみましたが、マニアックすぎてどうとっていいやら・・・(笑)



砂紋
ここは基本に立ち返り「写真は光と影を写すもの!」を意識して撮る事にしました。
今回のこの砂紋、この写真がベストショットという事にしておきます。
うまく木の影を利用してみたのですがどうでしょう?



砂紋
そんなこんなでこの場所で数分。 スカイさんあえて言わせていただきましょう!
「マニアックすぎるんじゃ!」


この後は立石の方に移動しましたが、それは次回の投稿にて。


未だにランクの付け方がどうなっているのかわからないランキング!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-02-05 12:30 | 撮影記 | Comments(6)

にっぽん丸、みなとみらい

昨年、客船フォトコンテストで入選した際いただいた副賞が、
赤レンガ倉庫で使える商品券だったのですが、使用期限が1月31日までだったので使わないと勿体無い!という事で、
慌てて横浜の方に行ってきました。



にっぽん丸


にっぽん丸
車は大桟橋に停めましたが、当日はにっぽん丸が停泊しておりました。
この船はそれほど大きな船ではありませんが、個人的には綺麗な船というイメージがあるので好きです。



大桟橋埠頭
赤レンガ倉庫に行った後(崎陽軒でサンマーメン食べました)
夕景を撮ろうと大桟橋に戻ってきました。
この日はα7RⅡを久々に持ち出してみましたが、なんかな~すごく解像感があって綺麗には撮れるのだけど、
何となく出てくる絵がのっぺりしてるというか、そんな感じがするのは自分だけかな?



にっぽん丸夕景


にっぽん丸夕景
天気が夜にかけて下り坂だったもんで、雲がだんだん広がってきた感じでしたが、
風が全くなかったので、寒くもなく比較的快適な撮影ができましたね。



にっぽん丸夕景


にっぽん丸夕景


にっぽん丸夕景
にっぽん丸の上に、みなとみらいの夜景が乗っかっているイメージで構図にしてみました。


みなとみらい夜景
いつもの定番構図。
しかしα7RⅡの解像力には改めて驚かされますね。投稿した写真は解像感が落ちますが、
オリジナルを4Kモニターで見ると本当にすごいと思いますよ。
今後、7000万画素のセンサーとか噂がありますが、そんなのが必要なんでしょうか?と思うほど。



みなとみらい夜景
クジラの背中の上の方から撮影。
海側の人が入ると、構図に奥行きが出るのでこっちの方が好きかな。
定番の夜景で何度も撮ってるけど、来るとつい撮ってしまうというマジック!



大桟橋
大桟橋からJR関内駅方向。
いつも撮っている場所なので、気合を入れてあちこち行こうというのもなく、
サンマーメン食べたばかりなのに、近くの蕎麦屋で蕎麦食べて帰りました(笑)
2月は客船が来る予定は全くないようなので、春になったらまた大桟橋にやって来ようと思います。


ブログランキング11位? あれ?
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-02-01 21:30 | 撮影記 | Comments(2)