<   2017年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

気軽に鎌倉散歩 ~建長寺~

ここのところ、仕事が忙しすぎてグッタリです。
こんな話をして共感できる人もそういないと思いますが、この国は近い将来預金封鎖とか、
きっとそんな事になると思っているので、死ぬほど働くなどという事はしたくありませんです。
取引先の皆様、高額な仕事を少しだけください。よろしくお願いします(笑)

まあ、取引先の人は読んでないと思うのですが、仕事が大変だったせいで疲労感もMAX。
写真を撮るというモチベーションも上がらないので、散歩でもしながら撮ろうと鎌倉の方に行ってみる事にしました。
カメラバッグにボディとレンズを詰めて・・・みたいなのは散歩とはいえないので、
部屋の片隅に忘れかけていたα57にシグマ24-105mm F4 DG HSMを装着して、これだけ持って鎌倉の方に行ってみる事に。



鎌倉 建長寺
JR北鎌倉駅で下車しましたが、円覚寺や明月院はしょっちゅう行っているのでお腹いっぱいだと思い、
このブログでは登場した事がない建長寺の方に行ってみる事にしました。



鎌倉 建長寺
鎌倉を代表するお寺だけあって、門の大きさとかスケールが違いますね。
α57だとレンズの広角側が24mmなので、35mm換算で36mm画角。
この大きな門を撮るには、後ろに下がらないと撮れなかったという事実!



鎌倉 建長寺


鎌倉 建長寺
背景の空が青いと撮ってて楽しいっすな!(笑)
手前の何も花がない木は桜でしょうか? そうなると3月後半から4月前半は楽しみです。
でも、そうなると混んでてどうしようもないんだろうな~とは思いますけどね。



鎌倉 建長寺
「おびんずるさま」?
どんなズルをしたんでしょうね。ズルはいけませんね。正々堂々とやらないと。
前回の投稿といい、罰当たりな事ばかり書いているような気がします。
調べてみたら、びんずるさんとはお釈迦様の弟子の一人だそうです。
別に何かでズルをしたわけではないようです。(当たり前か・・・)



鎌倉 建長寺
奥の方に行くと、これまた広い敷地でございます。
建物も何だかわかりませんが沢山ありました。それぞれ役割というか、使い所があるんでしょうけどね。



鎌倉 建長寺


鎌倉 建長寺


鎌倉 建長寺
α57は1600万画素しかありませんが、それなりのレンズを使うと良い描写しますよ。
α58も持っていたのですが、個人的にはα57の方がいいカメラだと思います。
そんなわけで手元に残していたボディなんですが、なかなかいい写りするでしょ?



鎌倉 建長寺
この門は「唐門」というそうで、国の重要文化財だそうです。
確かに見た目がゴージャスな感じがします。1628年建立とありました。



鎌倉 建長寺


鎌倉 建長寺
梅の花でしょうか? 敷地内で見つけたので構図にしてみました。

久しぶりにα57を持ち出してみましたが、小さいし軽くていいなと思いました。
いいレンズを使えばそれなりに写るし、散歩みたいな時には持ち出してみたいと思います。
α57とシグマ24-105mm F4 DG HSMの組み合わせは初めて使ってみたのですが、
フォーカスもそれなりに速いし正確。ストレスなく撮影できました。
α57を使っていて、望遠側が有利なレンズが欲しいという方にはオススメいたします。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-01-28 21:30 | 撮影記 | Comments(0)

ポカポカ日和の吾妻山公園

冬に菜の花が咲くということで有名な吾妻山公園ですが、
先日、αcafeでnewさんが吾妻山公園に行ったらしく写真を投稿していました。
コメントを見ると、何も知らずに行ったら300段の階段を登る羽目になりました・・とありましたが、
知らなくても、知っていても300段の階段は登らないといけません。



吾妻山公園の階段
昨年の写真の使い回しですが、今年もこの階段を登って頂上を目指します。
しかしこの階段、どんなに寒い日に上っても汗びっしょりになりますわな。



吾妻山公園
吾妻山公園は標高1300m以上の高い場所にあり、ここに菜の花が咲くので沢山の人が苦労して上ってきます。
今年もまたびっしりと咲いておりました。 昨年は2月に来たので、少し花の元気がなかったけど、今年は絶好調な感じで( ・∀・)イイ!!



吾妻山公園


吾妻山公園


吾妻山公園
皆さん、ここで写真を撮ったり、お弁当を食べたりと休日を楽しんでおります。
当日は朝8時半くらいにはこの場所に到着しましたが、風がほとんどなく最高の菜の花日和でした。
富士山もクッキリと見えていて、何とも気持ちいいっす!



吾妻山公園
昨年はα99でこの風景を撮りましたが、今回はあえてα77Ⅱです。
手前の菜の花と、背後の富士山を構図に入れる撮影になりますが、こういう撮影の場合は、センサーの大きなカメラは不向きかと・・・・
むしろセンサーの小さなコンデジの方が、菜の花と富士山をパンフォーカスしやすいと思います。
そんなわけでフルサイズはあえてやめて、少しセンサーの小さなカメラを持ってきたというわけであります。
とはいっても、両方にスパッとピントが合うのは難しいのですが・・・。



吾妻山公園 菜の花
こんな風に花だけ撮るならフルサイズの方が表現力があるのでしょうけど、撮る人に表現力がないからまあいいか(笑)
レンズは24-105mm F4 DG HSMですが、開放F4のレンズでも、背景はそれなりにボケてくれます。



吾妻山公園のチャミちゃん
昨年来た時にも、この場所にいた猫のチャミちゃん。
この時もまたここにおりまして再会となりました。なんかとても嬉しい気分。
チャミちゃんは飼い主さんがリードをつけて、チャミちゃんとここに登ってくるそうです。


吾妻山公園のチャミちゃん


吾妻山公園のチャミちゃん


吾妻山公園のチャミちゃん
なんかもう、筋金入りの人気者みたいですね。
ちなみにこのチャミちゃん、頭のてっぺんを触る分には問題ないそうですが、
それ以外の場所を触ると噛んだり、引っ掻いたりするので注意してください。



吾妻山公園


吾妻山公園
お天気はずっとよかったのですが、午後2時を過ぎた頃から強風になってきたので下山。
今年もまた、いい吾妻山公園を見る事ができて満足でした。



ポチリよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-01-23 21:00 | 撮影記 | Comments(0)

江ノ島 サムウェルコッキン苑のウインターチューリップ

今週は真面目に働いたので更新が遅くなりました。
個人的にはあまり苦労せず、どっさり儲けたいので取引先の方々、そのあたりよろしくお願いいたします。
さて、どうせ取引先の人は見てるわけないので何とでも書けますが、投稿内容は江ノ島寒中神輿が終わった後、
ゆりえどんと江ノ島のてっぺんにあるサムウェルコッキン苑に、この時期の名物「ウインターチューリップ」の撮影に行ってきました。



江ノ島神社
サムウェルコッキン苑に行くには、最近弱ってきたせいかエスカレーターを使ってしまいます。通称”エスカー”
途中、神社の前を通るのですが、通年江ノ島の初詣客は1月いっぱいは沢山いるイメージです。



江ノ島神社


江ノ島神社
黄金浄水で心とお金を洗いましょう!とありますが、わたしゃー無宗教で神様もあまり信じないので、こういうのは積極的にやりませんです。
運命は自分で切り開くもの! あ、今良いこと言いました。



江ノ島神社


江ノ島神社
わたしゃーおみくじなんて引いた事ありませんです。
その人の運命が決まっているなら、何回引いても同じのが出るんだろうね?とツッコみたくなる偏屈な人間です。

とはいえ、そんな事ばかり書いていると、バチが当たるんじゃないか?と心配なのでこの辺でやめておきましょう。



江ノ島ウインターチューリップ
サムウェルコッキン苑のウインターチューリップです。
後ろで肉まんみたいな帽子をかぶっているのがゆりえどんです。 被写界深度の中に入れなかったので、肖像権うんぬんで訴えられる事はないでしょう。
この日は久々に究極のレンズ135mm F2.8 [T4.5] STF持参です。
未だに使いこなせていませんが、使わないことには進歩もありませんので修行だと思って・・・・。



江ノ島ウインターチューリップ
相変わらず花を撮るのは苦手なうえ、下手なのでどうにもなりません。
αcafeでこれらを投稿したら、ノッチ師匠からは下手だと言われ、HELさんには熱いものを感じないとダメ出しされたのでプンスカ。



江ノ島ウインターチューリップ
きっとこのお姉さんは上手に撮れたんでしょうな。
レンズの描写は素晴らしいんですけどね。結局、道具は使う人がダメだとそこまでです。はい。



江ノ島シーキャンドル
夕方になったのでシーキャンドルの方に行ってみました。
シーキャンドルは撮影場所が限定的で、24mmくらいでは全然構図内に入り切らないのです。
16mmでも結構ギリギリな感じで、どう撮ったかというと・・・



究極のローアングル
寝っ転がって・・・・(笑) ゆりえどんに激写されておりました。
しかしこの撮影方法、意外と自分の靴が写ってしまうので難しいんです。



江ノ島シーキャンドル
カップルとシーキャンドル



江ノ島シーキャンドル
肉まんの帽子、ゆりえどん。



江ノ島ウインターチューリップ
帰り際、玉ボケとチューリップを撮りました。
数枚撮りましたが、やはり花の撮影はうまくいかなくて投稿できるのがありませんです。



知らぬ間に12位に転落してました(笑)
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-01-20 17:00 | 撮影記 | Comments(2)

江ノ島東浜 寒中神輿

1月15日は江ノ島の東浜で寒中神輿という行事があるという事で行ってきました。
午前11時から開始という事でしたが、早く江ノ島入りしないと駐車場が満車になってしまうので、午前9時過ぎには家を出て車で移動。
江ノ島の駐車場は、一日停めても料金の上限が1500円なので良心的です。



江ノ島から見た富士山
この日はいい天気でしたけど、富士山のてっぺんには雲がかかってました。
撮影はα99+70-400mm F4-5.6 G SSMIIです。
寒中神輿の撮影は初めてなので、どんな感じかよくわからないというのもあり400mmは保険みたいなものですね。



江ノ島東浜寒中神輿


江ノ島東浜寒中神輿
現地に到着したのは午前10時過ぎでしたが、既に準備されていてお神輿が浜に用意されておりました。
この日は最強寒波という事で気温が低かったのですが、陽の当たる海岸は動き回ると暑いくらいでしたね。



江ノ島東浜寒中神輿


江ノ島東浜寒中神輿


江ノ島東浜寒中神輿
始まるまで長いな~と、待つ覚悟はしてきましたが、そんな心配は無用でした。
浜では太鼓を叩く人達がいて、被写体には事欠きませんでしたね。



波乗り女子


波乗り女子
太鼓ばかり撮っていても・・・という事で、サーファーが沢山いる波打ち際の方に行ってみました。
400mmを持ってきているので自由に撮れます。
普段からサーファーを撮ろう!などと、昼間から撮影に来たことがなかったのだけど、サーフィンは波の描写や、人物の動きに躍動感があるので良い被写体ですね。
今度、サーファーだけを狙いに来てみようかな。



江ノ島東浜寒中神輿
11時を過ぎましたが、神輿が海に入るまでには例によっていろいろとあるようです。
お祓いから始まり、偉い人のお言葉まで・・・・
そのうち、素敵なお尻を出した殿方達がウロウロしはじめました。
「なかなかいいケツしてんな~」ということでパチリ! 後から思いましたが、お尻にカメラの「美肌モード」は有効なのだろうか?(笑)



江ノ島東浜寒中神輿
と、つまらない事を言っている間に、お神輿は海の中に入っていくのでありました。
ダイバーの自分はよくわかりますが、まあ水は冷たいでしょうな(笑)
おそらく水温は16度から18度くらいでしょう。 せいぜい我慢できて20分かな。裸だしね。



江ノ島東浜寒中神輿
お神輿はそこそこの場所まで入っていきますので、この手の撮影には長いレンズの方が有利ですね。
近くでSonnar T* 135mm F1.8 ZAを持っている人を見ましたが、135mmではちょっと届かないだろうな~と思います。
かなり近くまで寄れれば、単焦点で勝負してもいいかもしれませんね。



江ノ島東浜寒中神輿


江ノ島東浜寒中神輿
撮影はドライブモードから連写LOWモード。
流鏑馬のように一瞬を捉える!みたいな写真でもないので、LOWモードの間隔でちょうど良い感じでした。
時折波が来るのですが、波の描写が入る方が海でやっています!みたいな感じが出るのでいいと思いました。



江ノ島東浜寒中神輿
やたら沢山撮りましたが、ここに沢山貼るとページも重くなるし、雰囲気が分かりやすいのだけにしておきましょう。
正直、神輿までの距離が遠すぎて、人の表情を撮るとか、そういう作風の物は難しいですね。

カメラマンの中には長靴を履いて、波打ち際より少し沖側で撮っている人がいましたが、
神輿と波打ち際に大勢いるカメラマンの間に割り込むので、非常に撮影がしにくく、周囲には舌打ちしているカメラマンの方が沢山いました。

人より良い場所で撮りたい・・という気持ちはわかりますが、あれはちょっとヒンシュクだったと思います。
長靴を履いている人も、人に気を使って後ろをチラチラ見ている人もいましたが、
どう見ても、自分だけ撮れればいい!という立ち位置の人もいましたからね~。
来年は長靴は持っていきたいとは思いますが、あまり沖の方には出ないように気をつけたいです。


ポチリよろしく~
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-01-17 00:00 | 撮影記 | Comments(2)

α99Ⅱを海に持って行ってしまった!

この日は朝から雨が降っていて、今日は家でのんびり過ごそう!というモードに入っていたのですが、
午後になると雨があがり、午後3時くらいになるとお天気になってきました。
お天気が良くなってきたら行かないわけにはいきません。
しかし、日が沈むまで時間がなかったので、レンズがくっついていて足元に転がっていたα99Ⅱとα7Rをバッグに放り込んで森戸海岸に出陣です。



夕方のお散歩
ふぅ~何とか日没までには間に合いました。
しかし、α99Ⅱについていたのは逆光に最悪な70-200mm F2.8 G SSM II。
この写真にゴーストやフレアが出ていないのは、その部分をトリミングでちょん切ったからです。
このレンズ、夕日を撮るには最悪やわ~。



走る少年
200mmだと距離が足りなくてこれもトリミングしました。
αcafeのチチマルさんに言わせると、ファミコンのゲームみたいという事で納得(笑)
言われてみるとスーパーマリオみたいな構図ですわ。



灯台と若者
森戸海岸で撮影するには、やはり200mmでは距離が足りません。最低でも300mmは欲しいところでした。
いつもの防波堤に人が3名いましたが、いったいどういうシチュエーションなんだろう?と。



夕刻の漁
漁師さんが何やらやっていて、周囲にカモメが飛び回っていたので連写。
カモメの配置がいいものを選んでみましたが、もう少しカモメの数が多いとよかったですね。
ここも距離が足りなかったけど、α99Ⅱは4200万画素もあるからトリミングは躊躇せずできて楽です。



森戸海岸の黄昏れ
海岸から神社のある方へ移動。ここからはα7Rで撮影しています。
やはり冬は海に来ている人が少ないですね。寒いので当たり前といえば当たり前なんでしょうが。



森戸マジックアワー


裕次郎灯台夕景
日没後のマジックアワーも狙ってみました。
2枚目は岩と岩の間に灯台、そこを通るSUPという構図です。
何度も来ている場所ですが、ここからこの構図を撮るのは初めて。



森戸千貫岩
来ると必ず撮ってみる千貫松。
年間を通して撮っていれば、夕日の当たる角度で雰囲気が変わるのではないか?と・・・。

煽られるようにやってきた森戸でしたが、考えてみたら今年初の森戸撮影でした。
年間を通して通い続けている場所なので、今年はここに何回やってくるかな?と・・・。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-01-15 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

マリンタワーから撮る横浜風景

前回の投稿からの続きとなります。
山下公園からマリンタワーへ移動し、750円を払い展望台へ!
展望台へ行くエレベーター内は、カップルや家族連れのみで、おっさん一人は自分だけでした(笑)



飛鳥Ⅱ
マリンタワー展望台から140mmで撮ると、大桟橋の飛鳥Ⅱがこんな風に撮れるようです。
時刻は16:00ちょっと前という感じなので、日没まではあと約45分くらい、飛鳥Ⅱの出港まではあと1時間くらいです。



忍者レフ
展望台からの撮影なので、当然ガラス越しという事になります。
この写真で分かると思いますが、三脚の右の足のあたりに背景がガラスに写り込んでしまっています。
この写り込みをなくすために、忍者レフをレンズの前に取り付けたのがこの形。
丸い部分のこっち側は白いのですが、向こう側は黒くなっていて光の反射を抑えるようになっています。
ただ、ここで問題が起こりまして、持ってきたシグマの24-105mm F4 DG HSMはフィルター系が82mmというでかいレンズなんですが、
この系が忍者レフの真ん中の穴に入りづらい!
(いちお製品の説明では82mmまで入るって事みたいですが)
ぎゅうぎゅう押し込んでようやく何とかなったのですが、この製品はフィルター系77mmくらいまでのレンズで使う方がいいかも。



横浜の夕景
ちなみに夕日が沈むのは、マリンタワーから飛鳥Ⅱを見た時のだいたい左90度の方向。
だから飛鳥Ⅱの背景に綺麗な夕日を入れるとか、背景がマジックアワーになるとかのオマケはありません。
夕日を入れたいと思うなら夏至の頃に来ないとダメかもね。



飛鳥Ⅱ出港前
いよいよ飛鳥Ⅱの出港という時刻になりましたが、思っていたより周囲が暗くなりませんでした。
もう少し暗くなってくれると、写真的には良い感じだったのにとは思います。

上に書いたような夕日の位置的な理由で、背景の空は全然綺麗じゃないし(笑)
これから日が伸びていくから、今後は20:00出港くらいのスケジュールを狙わないとダメでしょうな~。



横浜夜景
飛鳥Ⅱがいなくなった後も、せっかく展望台に来たから夜景も撮って帰るべ!と暗くなるまで待って撮影。右下に見える船は氷川丸であります。



横浜夜景


横浜夜景
赤レンガ倉庫、みなとみらい方向です。
マリンタワー展望台の上から見ると、これまた随分と明るいんだな~と思いますね。
ここは船がいなくても、夜景撮るだけでも十分良い場所ですよ。



横浜夜景


横浜夜景


横浜夜景
撮影ポイントを移動して、マリンタワーから本牧ふ頭方面にカメラを向けてみました。
しかし、こうして見てみると、道路ってのは本当にすごいって思いますね。
夜景はα7R+シグマ24-105mm F4 DG HSMで撮ってますが、十分解像していると思います。
最近わかったのですが、シグマのこのレンズは玉ねぎボケが酷いので、
パンフォーカスで風景を撮る時専用という認識になりました。
ま、どうせ風景を撮る時はF8からF13くらいまで絞る事が多いし、F4スタートのレンズだからそれでいいでしょう。



ランキングにポチリお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-01-13 00:00 | 撮影記 | Comments(2)

飛鳥Ⅱと山下公園のカモメちゃん

飛鳥Ⅱという客船は横浜を母港としているので、しょっちゅう大桟橋埠頭にいて珍しくもないのですが、
たまにはマリンタワーの展望台から撮ってみようと思い、そそくさと出掛けてみました。

写真を整理していたら数が多く、一度の投稿だと見にくいと思うので今回は2回に分けたいと思います。




飛鳥Ⅱ
今回は車で移動。大桟橋埠頭に車を停めて徒歩で移動する事にしました。飛鳥Ⅱはすでに大桟橋に接岸していました。
α99Ⅱには70-200mm F2.8 G SSM IIをつけてきたので、少し飛鳥Ⅱから離れた場所から撮影。
客船の撮影は、背景が青い空の方が絵になると思いますね。



飛鳥Ⅱ
山下公園の方から見た飛鳥Ⅱです。
接岸されているのが、桟橋の向こう側になってしまうので上の方しか見えませんけどね。
ピントは手前の親子に合わせているので、飛鳥Ⅱは背景という設定での撮影になります。




山下公園のカモメ
マリンタワーに行くのに山下公園の中を行こうと歩いていたら、やたらとカモメがいるので気になりました。
人の多い場所なので、カモメも警戒心が薄れているようです。近づいてみても意外と逃げないんですよね。



山下公園のカモメ
引いて撮るとこんな風景。
とまっている手摺が白いので、イマイチコントラストの美しさに欠けるような気もします。
手摺が黒いと、そちらに露出を引っ張られてカモメが白飛びするんでしょうけどね。



山下公園のカモメ
飛んでいるカモメを撮るのは難しいです。
左にいる男性にピントを合わせ、置きピンで下手な鉄砲作戦で連写。ピントの何となく合っている写真を採用。
普段、飛んでる鳥を撮るなどという高等テクニックは使わないので、そのへんのスキルはあまりありませんです。



山下公園のカモメ
α99Ⅱはさすが4200万画素! 飛んでるカモメをトリミングしてもそれなりに使えそう。



山下公園のカモメ


山下公園のカモメ
芝生にカモメがいたので、背景に親子連れを入れて構図にしてみました。
何の脈絡もない主役と脇役という感じになりましたが、そもそも芝生にカモメがいるというシチュエーションが珍しいかも。
構図的には背景のお父さんが、お子さんの頭に手をやっているところが面白いのと、
カモメの見るからに、我関せず! みたいな無関心っぽいところが個人的にツボ(笑)



山下公園のカモメ
氷川丸の所にやってくると、例によってカモメが沢山いましたので、
もしかしたら飛鳥Ⅱと一緒に撮れるんじゃないか?と構図を探したらありました。
構図的にはカモメと飛鳥Ⅱの間が広いので、安定感があまりないのがどうも・・・って感じになってしまいましたけど。
被写界深度を取りたかったので、絞りはF13まで絞ってあります。



山下公園のカモメ
ここのカモメはこう撮る方がやはり安定しますね。
こう見るとぎっしりと並んでいて、もう他のカモメが入る隙間がありません。
これを見て朝の満員電車の座席のようだと、一人で勝手に思いながら・・・。



山下公園のカモメ
氷川丸も入れてあげるとわかりやすい風景ですが、カモメのインパクトが落ちるので微妙ではあります。
こういう場所の撮影は、半日くらい粘って撮っていると突然、いい構図がみつかったりするもんですが、
そろそろマリンタワーの方に移動したいので切り上げました。

次の投稿はマリンタワーからの撮影になります。



ランキングにポチりよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-01-11 00:00 | 撮影記 | Comments(2)

ゆりえどんにレンズを渡すミッション

昨年からゆりえどんに超広角レンズを貸してほしいと言われていたのを忘れていて、
元旦に会ったのに渡す事ができなかったので、撮影しながら渡しに行こうと一路茅ヶ崎へ!

家を出たのが15時過ぎでしたが、例によって湘南方面の渋滞がひどく、
茅ヶ崎に到着する前に日が沈んでしまいそうだったので、途中の七里ヶ浜に車を停めて撮影する事にしました。




夕刻の七里ヶ浜
この日は久しぶりに旧型のα99を持ち出してみました。前にも書きましたが、海にα99Ⅱを持ってきたくないんですよね~(笑)
この日持ってきたα99のデビューの時も、撮影場所が七里ヶ浜だったのだけど、
初日から波しぶきをかぶって気分が落ち込んだという思い出のあるボディです。 まあ、今でも壊れないで使えてるけど・・。



夕刻の七里ヶ浜
現像時に墨絵のような感じにしてみようと、背景の色を誇張してコントラストを上げてみました。
人物はシルエットになってしまいますが、そういう趣旨なのでそう思って見てくださいませ。



夕刻の七里ヶ浜
この少女のシルエットは数枚撮ったのですが、夕日を見上げたシーンがよかったのでこれを採用。後ろで結んだ髪の毛がとても印象的であります。



夕刻の七里ヶ浜


夕刻の七里ヶ浜


夕刻の七里ヶ浜
いよいよ夕日は伊豆半島の下へと消えていきました。
こういう写真は湘南の海にやってくればもれなく撮れるという感じです。
ディティールが緻密な夜景とかではないので、旧型のα99で十分過ぎるほど十分。
レンズは旧型の70-300Gだけど、逆光に強いので70-200mm F2.8 G SSM IIより全然いいです。
できれば70-300Gも2型に更新したいのだけど、動きの速いものは70-400mm F4-5.6 G SSMIIに任せればいいし我慢しましょう!



ヘッドライト&テールランプ
ゆりえどんと合流できた時は、すでに周囲は暗くなり始めている感じでした。
いちお歩道橋の上から撮っておこう!と数カット撮影しましたが、
一番おいしい時間帯は過ぎてしまったので、やる気も出なくて5分で終了。
しかし、無事にゆりえどんにレンズを渡す事ができたし、目的は果たしたので良しとしましょう。

きっとゆりえどんはこのレンズで素晴らしい作品を撮り、フォトコンで優勝して賞金でいろいろご馳走してくれると思います。それが今から楽しみで仕方ありません(笑)


ただいまランキング2位! ポチッとよろしくね~
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-01-09 00:00 | 撮影記 | Comments(5)

久しぶりの若洲海浜公園、東京ゲートブリッジ

いよいよお正月も終わり、仕事の方もスタートとなりました。
休みの間に撮りためた写真も、早目に投稿しないと追いつきませんのでパッパといきます(笑)



ゲートブリッジ


若洲海浜公園
おそらくここ、若洲海浜公園にやってきたのは1年以上前の事だと思うので久しぶりであります。
久しぶりにやってきたけど、特に何かが変わったという事もないようで、
まあ、若洲海浜公園だねという感じ(笑)


さて、帰るとするか
ゲートブリッジは昼間撮影しても、個人的にはこれといって面白いわけでもないので、
日が傾いて太陽が夕日に変わったら頑張ろうとスタンバイしていました。



ゲートブリッジ夕景
首都高速の通行料1.300円も払ってやってきましたが雲が多め(笑)
往復で2.600円、駐車場代500円なので撮影に来るだけでも、
居酒屋のチェーン店で飲めるくらいかかりますわな。
そんな事を正月から考えるセコい男です。



ゲートブリッジ夕景
雲の背後に夕日が入ったら、雲から光芒が出て神々しい感じになったので、
まあ、雲が多くてもそれなりに見れる風景はあるんだな・・・と思い、
来てよかったじゃないか!と自分に言い聞かせながら撮影。



ゲートブリッジと貨物船
そうこうしていたら貨物船がやってきて、ゲートブリッジの下をくぐりました。
ここはISOを少しあげてSSを稼ぐ設定でLOW連写。
撮影はα99Ⅱ+70-400mm F4-5.6 G SSMIIです。この組み合わせは今回初。
今まで眠い写りだと思っていたレンズですが、ボディが変わるとまたイメージが違いますね。
AFは速くて正確、調整などは全く必要なさそうです。



ゲートブリッジと貨物船
少しだけトリミングして、ゲートブリッジと貨物船の構図ドンズバにしてみました。
自分では結構お気に入りですが、αcafeではそれほど人気もなく・・・(笑)



ゲートブリッジグラデーション

マジックアワーが一番綺麗なタイミングで定番構図。
Lightroomでいじくってみましたが、こういう色はαcafeではなぜか人気があるみたいです。
ぱっと見綺麗ですが、なんかわざとらしい気もしないでもないような・・・。



若洲海浜公園
暗くなり寒くなってきましたが、ここからが踏ん張りどころ。
システムはα7R+24-105mm F4 DG HSMにバトンタッチ。
三脚を使う撮影は積極的にα7Rを使います。なぜα7RⅡじゃないのかというと、
α7Rの方が光沢感があるような気がするからなんですが・・・。
気のせいかもしれないし、そうでないかもしれないので個人的な感覚です。



ゲートブリッジ&飛行機の光跡
場所を変えてゲートブリッジが真横に見える場所にやってきました。
ゲートブリッジの照明が、夜の空に真っ直ぐ登っていくように見えます。
光の筋が入っているのは、飛行機が飛んで残していった光跡です。



月夜のゲートブリッジ
三脚を持って場所移動。ここからの撮影は定番ですね。周囲には数名のカメラマンがおりました。



ゲートブリッジ&飛行機の光跡


ゲートブリッジ&飛行機の光跡


ゲートブリッジ&飛行機の光跡
BULBにして約90秒で撮影。
飛行機というのは、同じラインを飛ぶわけではないようです。
飛んでくる飛行機によって、微妙に飛ぶ位置が違うもんなんですね。
前に来たときには、もっとブンブン飛行機が飛んでいたと思うのですが、
この時はあまり飛行機が飛んでこなくて、待っている時間もそれなりに長かったような気がします。

寒いし、飛行機はあまり来ないし撤収!
ゲートブリッジはしばらくお腹いっぱいかもしれません。


なぜかまだ2位にいるランキング(笑)
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-01-06 00:00 | 撮影記 | Comments(6)

正月からやられてしまった・・・

定点撮影のように通い続けている近くのお寺「称名寺」ですが、
大晦日のライトアップに行けなかったので調べてみたら、正月三が日もライトアップをしている模様。
正月の2日、3日は箱根駅伝で湘南方面には行きにくいし、称名寺に行ってみる事にしました。



お正月の称名寺


お正月の称名寺


お正月の称名寺
ライトアップは暗くならないと始まらないのだけど、
せっかくだから夕景も撮ろうと日没ギリギリくらいに称名寺に到着。
夕日の角度を見て、正面の門を夕日と一緒に構図にしてみました。



お正月の称名寺
称名寺は定番構図が夕日に対して順光なので、背景の空も綺麗じゃないし、変な時間に撮ると、こんな風に面白くもおかしくもない写真になります。
こんな写真をフォトコンに出しても、120%入選しないでしょうな(笑)



お正月の風景
日没の頃になると、初詣に来ていた人達もお帰りモード。
だんだん寒くなってきたけど、暗くなるにはまだまだ時間が長いです。

このあと、暗くなってからもライトアップがされず、何時から始まるのかわからないので待っていたら、
家族連れがやって来て「あの~ライトアップは何時からでしょうか?」と聞かれたので、
「わからないのですが、自分もライトアップされるの待ってるんですよ」

時間を聞かれたのが17:20だったので「キリのいい17:30とかかもしれませんね」と言ったのに、17:30になってもライトアップは始まらず、
仕方ないので真っ暗いお寺の風景をBULBで撮ったる!と思い立ちました。



お正月の称名寺
まずはISO800で17秒。
暗いけど街灯のような灯りがあるので、シャッターを開くとそれなりに写ります。



お正月の称名寺
星が綺麗だったのでISO1600で撮ってみました。
橋の上にオリオン座がよく見えていました。



お正月の称名寺


バックライト
全然ライトアップされないので、他の所を撮ってみようと・・・・
灯りを木の真裏になるようにして、2分近い長時間露光で撮影。
肉眼ではかなり暗いのですが、写真だと明るい場所のように見えますね。
お寺の敷地内に一人でいるってのは、意外と寂しいし微妙に不気味ではあります。



お正月の称名寺
定番構図をかなり下がって撮ってみました。
手前の木をバランスのいい感じに構図に入れてみたのですが、
これはこれで面白いような気がします。



お正月の称名寺


お正月の称名寺
真っ暗な池を見ると、微妙にお寺が写っているように見えたので、
カメラなら撮影できるかもしれないと長時間露光で撮ってみました。
肉眼で見るより明らかにハッキリ見えますね。

18:00を過ぎてもライトアップされないので、
もうライトアップはないのかもしれない・・・と思い帰る事にしました。

いや~寒い中結構待ったのに、正月からやられたって感じです。
家族連れでライトアップを見に来ていた人達も、そそくさと帰って行って可哀想だったな~。

暗闇でカメラ片手に遊んでいるおっさんでしたが、
傍から見ると怪しいよな~(笑)



大晦日の称名寺
ちなみにライトアップされるとこんな感じになります。
ライトアップされていない写真の方がいい!という人もいるかも。



うわっ!なんか2位になっとる!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-01-04 00:00 | 撮影記 | Comments(4)