<   2016年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2016年フォトコンテストのまとめ

2016年も残すところわずかとなりました。
年を重ねてくると、毎年1年の経過が早くなってくるように感じるのは気のせいでしょうか?
年末という事で特にネタがあるわけでもないのですが、
今年入選をいただいたフォトコンテストをまとめてみる事にしました。

①創業30周年記念「働くひと」フォトコンテスト
https://www.nnlife.co.jp/company/news/20160518
3位以下のリンクが切れているようで見れないのですが、
2016年最初の入選となったフォトコンテストでした。


②横浜金沢写真連盟・横浜金沢観光協会合同公募展

http://www.yokohama-kanazawakanko.com/event/201606photo-contest.html
地元の公募展に入選できたのは嬉しかったですね。


③神奈川のバラ&早春のお花フォトコンテスト
http://www.kanagawa-kankou.or.jp/topics/hana-photo2016/
苦手意識の強いお花のフォトコンテストに入選できた事は、自分にとって大いに意味のある事でした。


④第47回湘南ひらつか観光風景写真コンクール
http://www.hiratsuka-kankou.com/entry-gallery.html?id=148967
3回目の応募で入選できました!


⑤横浜港客船フォトコンテスト2016
http://www.city.yokohama.lg.jp/kowan/cruise/photo/2016/2016.html 
写真のお友達であるエーデルさんと仲良く入選でした。


デジタルカメラマガジン 2016年11月号選考〈デジタルフォト部門〉 デジタルフォト部門
http://ganref.jp/photo_contests/winners/518
カメラ雑誌って普段買わないのだけど、この号だけは買いました(笑)


⑦ソニーストア 大阪 フォトコンテスト2016
http://www.sony.jp/store/retail/event/osaka-photocon2016/?s_pid==ac_acafe_osaka-photocon_2016_top
結局、上位3位には入れなかったみたいです。
どこを探しても結果報告がないので、どの作品が選ばれたのかわかりませんです。


ざっとあげてみると、今年のフォトコンテストの入選は7つでした。
残念ながら堂々の1位ってのがひとつもないんですよね(泣)
来年は1つくらい最優秀賞ってのを取りたいと思いますよ。

ブログの方も続けているうちに、見ていただける方が増えまして、
ちょっと自分でもビックリするような数字になってきています。
まあ、これも自分の撮った写真を見に・・・とかではなくて、
カメラやレンズの情報を探しているうちに、このブログのリンクに引っかかったという事なんでしょうけどね(笑)
それでも見ていただける人がいるってのは嬉しい事です。

2016年、このブログを見ていただいた、またコメントをいただいた全ての方に感謝であります。どうもありがとうございました。
来年もまた、どうぞよろしくお願いいたします。


稲村ヶ崎の夕日
こうして2016年も終わっていくのであった・・・・


来年も1位は難しそうなランキング、ポチリお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-12-31 00:00 | フォトコンテスト | Comments(0)

α99Ⅱクロップで撮る! 江ノ島シーキャンドル

江ノ島シーキャンドルは、散々撮ったので結構お腹いっぱいなのですが、
今年はα99Ⅱを手にしたので、ちょっと使ってみたいレンズがあり久々に行ってみる事にしました。そのレンズというのはこれ。
シグマのSIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMです。
APS-Cセンサー用のレンズですが、4200万画素のα99Ⅱで使うと約1800万画素になりますね。
今までα77やα77Ⅱ、α6000などで使っていたのですが、
おそらく自分の勘では、画素数は減ってもα99Ⅱで使用する事で、今までより好結果でいけるんじゃないか?と・・・。

α99Ⅱは販売してから1ヶ月以上が経ちましたが、未だに供給が間に合っていないようで、
これから手にする予定のユーザーが、いろいろと情報を欲しがっているようであります。
このSIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMとα99Ⅱの組み合わせの情報については、
それほど興味のある人はいないかもしれませんが、異色な組み合わせだと思うので、
現時点でネット上を探してみても、ほとんど情報はないと思います。
そういう意味では貴重かな~(笑)



江ノ島シーキャンドルイルミネーション
まずはシグマの24-105mm F4 DG HSMで撮ってみました。
画角は24mmですが、シーキャンドルのあるサムウェルコッキン苑は、
意外と敷地が狭く木が多いので、三脚を立てる場所がありそうで無いです。
撮影場所はいいアングルだと思うのですが、24mmだともっと後ろに下がりたくなります。
そこでSIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMに交換。



江ノ島シーキャンドル

自分では広角端の8mmで撮ったつもりなのだけど、Exif見ると10mmになってました。
35mm換算で15mmだから、これならFE16-35mmで撮ってもよかったかも(笑)





江ノ島シーキャンドル
11mmで撮影



江ノ島シーキャンドル
広角端8mmで撮影。 パース効いてますな(笑)



江ノ島シーキャンドル
これも8mmで撮ったつもりなのだけど、Exif見ると10mmになってる。
このレンズ、前からそうだと思っていたのですが、ズームリングが勝手に少し戻ってるのかもしれません。
8mmで撮ったつもりが9mmだったりと、前から結構あるんですよね。



江ノ島シーキャンドル
シーキャンドルの真下にやってきました。
シーキャンドルは下の方が細くて、上の方が太い構造になっているのだけど、
このレンズで撮ると、寸胴なスタイルに写ってしまいますな。
まあ、これは超広角レンズの特性だから、このレンズに限った事ではないと思いますけどね。



江ノ島シーキャンドルイルミネーション
少し下がって撮る方が良い感じでしょうか?
感覚的な印象ですが、α77Ⅱやα6000の2400万画素で撮るより、
α99Ⅱクロップの1800万画素の方が描写が良いような気がしますよ。
このあたりは画素数という事より、センサー特性の良さなのかもしれません。
ただ、デジタル的な検証をきちんとしたわけではないので、
このレンズを長らく使ってきた一人としての感覚、イメージです。



江ノ島シーキャンドル
こういう建築物は、なるべく画角の中心に入れた方が見やすいとは思いますが、
あえて中心から外していくとえらいパースペクティブ(笑)
これ、シーキャンドル倒れてますがな・・・ってくらい傾いてます。
ま、これも写真の面白いところ、味なんですけど。

この手のレンズはぼかすなんて事はしないし、
どう撮っても全域が被写界深度に入ってしまうわけですが、
AFについては速いし正確だと思いますよ。十分実用範囲だと思います。
こんなレンズで動いている物を撮るって事もあまりないと思うので、
追従については今回は何も検証してません。



江ノ島シーキャンドル
もろ足元から撮ると、子供の頃によく観たアニメ、バビル2世の「バビルの塔」のようです。

あまり参考にはならなかったかもしれませんが、
ちょっと異色なレンズ、SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMとα99Ⅱはいかがでしたか?
このレンズ、とても評判がいいし、持っている人は少なくないと思うんですよね。
今までα77Ⅱなんかで使っていたという方で、α99Ⅱを購入予定のある方には楽しんでいただけたかと思いますが・・・(笑)


ポチッとお願いします~。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-12-29 00:00 | Aマウントボディ | Comments(2)

これはリベンジである 八景島花火シンフォニア

八景島は事あるごとに花火シンフォニアと名付けて花火を打ち上げますが、
何度撮影に行っても撮影者泣かせの場所で、どうしてもうまく撮れないので行きたくなくなっていたのですが、
ここまで来るとすでに復讐となりつつあり、なんとしてもうまく撮って仕返ししたいのであります(笑)

この日もTwitterを見ていたら、八景島で花火を打ち上げる事を知ってしまったので、
いろいろと作戦を考えて実行してみる事にしました。



八景島 クリスマスイブ
花火は20:00スタートなので19:00には八景島入りです。
船着き場ではマイクで「花火を船から見る方はどうぞ~」って言ってるんだけど、周囲には全然人がいないという・・・(笑)
そんな可哀想な桟橋の入り口を写真に収めてあげました。



八景島 クリスマスイブ
以前はなかったと思うのですが、最近水族館の建物のイルミネーションが綺麗です。
屋根の色は横浜の観覧車のように変化するようですね。
変化されると撮りにくいんだけど(笑)



八景島 クリスマスイブ
花火開始までおよそ30分という感じですが、
灯りのついている建物の前には人が集まり始めています。
よく見ていただくとわかると思いますが、水辺から建物までのスペースが狭く、
建物の一部が出っ張っている箇所があり、あちこちに木があるので撮影場所が限られます。
しかも、花火開始まで人の通りが激しくて場所が選定しにくい。

今回は自分の持っている一番大きな三脚。
http://www.velbon.com/jp/catalog/geocarmagnee/geocarmagnee740set.html
これを最大まで伸ばし、人混みの後方から撮影するという作戦にしました。
さすがに身長が2mという人はそういないでしょうが、
ジャイアント馬場さんが来たらどうしよう・・・と少し心配になりました。
考えてみたらジャイアント馬場さんは既にお亡くなりになっているので大丈夫そうですが、
ボブサップが来たらヤバイな~とか・・・(もういいわ)

やったことがなかったのですが、現場で三脚を最大に伸ばしてみるとこれまたでかい!
身長175cmの自分でも、カメラは首を上に向けないと見えない位置になります。
仕方ないので背面モニターを下向きにセット、ピント拡大して手を伸ばしてピントリングでピント合わせ。
次回は脚立を持っていった方がいいという結論になりました。
そして撮った写真が以下。



八景島 クリスマスイブ花火シンフォニア

八景島 クリスマスイブ花火シンフォニア

八景島 クリスマスイブ花火シンフォニア

八景島 クリスマスイブ花火シンフォニア

八景島 クリスマスイブ花火シンフォニア

八景島 クリスマスイブ花火シンフォニア
2mの位置から撮影しても、少し前にいる人の頭が入ってしまいました。
構図的には人が入るのも悪くないと思うんですけどね。
できれば花火が水面に写り込んでいるシーンを撮りたいなぁ。

八景島の花火は上方向にそれほど高く上がらないので、
16:9のアスペクト比にトリミングしてみました。



119秒の八景島
帰り道、三脚担いで歩いていたので、橋の上から花火の設定のBULBのまま撮影。
露光時間約2分ですが、風が強く水面に波が立っていたのに、
2分露光すると絹のように滑らか~(笑)
水面を長時間露光で撮るのが好きで、この描写を見ると萌えてしまう自分は変態かもしれません(笑)


ポチリよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-12-27 00:00 | 撮影記 | Comments(2)

みなとみらいクリスマスイルミネーション

特に撮りたいという物もなく、クリスマスなのでイルミネーションでも行ってみようと思い、
またみなとみらいの方に電車に乗って行ってみました。
ゆりえどんからメールが来て「クリスマスツリー宜しく!」との事だったので、
みなとみらい駅そばにあったのを手っ取り早く・・・・(笑)



みなとみらいクリスマスツリー
来年公開される映画の宣伝でしょうか? 目立っていたので撮ってみました。
タイトルがまた美しいですね。 
知り合いには何度も離婚して、何度も結婚している人がいますが、
それも100回となると難しいだろうな・・などと思いながらイルミネーションの方へ。



みなとみらいイルミネーション


みなとみらいイルミネーション
エーデルさんいわく、ここは昼間は噴水になっており、
17:00になると噴水が止まるという事で、イルミネーションの写り込み狙いです。
噴水が止まると、水がどんどんなくなって乾いてくるので時間勝負。
今回は噴水が止まってすぐに撮影開始しました。



みなとみらいイルミネーション
前回同様、キャンドルイルミネーションもありましたが、
前回とはキャンドルの配置が変わっていたようで、これも毎回変更されているんでしょうね。



みなとみらいイルミネーション


みなとみらいイルミネーション


みなとみらいイルミネーション
ここも人が多くて撮影のしにくい場所でした。
キャンドルの向こう側にあるイルミネーションを構図に入れたいのですが、
キャンドルの向こう側には人が沢山いてどうにもなりません。
チャンスがあるかもしれないと思い、しばらく粘ってみましたが無理でした。



みなとみらいイルミネーション


みなとみらいイルミネーション
仕方ないのでレンズ交換。
今回は魔法のレンズ!135mm F2.8 [T4.5] STFを持ってきたのだ!
普通のレンズは背景をぼかすといいますが、このレンズは背景を溶かすためにあります。



みなとみらいイルミネーション
このレンズを使う時は絞ろうなどとは思いませんね。
自分の場合、開放で撮るのがほぼ定番になっています。
大した構図でもないのに、このふんわりとした描写のおかげで良い感じになります。



みなとみらいイルミネーション
いいレンズなのだけれど、使い所が難しいってのもあり、
普段、常に持ち歩いているというレンズではありません。
よって、使いこなしているというのは程遠く、自分のセンスの無さにイライラするわけです(笑)
しかも135mmという画角なので難しいですね。 いつか使いこなしてみたい。



みなとみらいイルミネーション


みなとみらいイルミネーション


みなとみらいイルミネーション
このレンズを持ったら玉ボケを撮らにゃ~という事で、イルミネーションの光源を探すのですが、
多くは手の届かないような木の上にあるので、うまく構図に入れる事ができません。
低い場所にあった幾つかの光源でやってみましたが、玉ボケはいいとしても、背景の構図が全然よくないな~。



みなとみらいイルミネーション


みなとみらいイルミネーション
クイーンズスクエアの広場の方にもキャンドルがあるというので行ってみました。
しかしまあ、ここも人が多くて三脚は無理っぽいと思い、近くまで行かないで上から見ていました。
そろそろ帰ろうと思い、最後にグルグルと一緒に撮ろうとラストショット。

なんかこう、世間の話題に乗る形でイルミネーションの撮影にやってきましたが、
個人的にこういう撮影はあまり興味がないようで、すぐにお腹いっぱいになってしまいます。
また、人が多いのでいい構図を見つけても、思ったように撮れないという葛藤もありますわな。
今回は135mm F2.8 [T4.5] STFを久々に持ち出しましたが、このレンズを使いこなせないのが残念です。
もっと修業しなくては・・・。


ランキングにポチリよろしくです!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-12-25 12:00 | 撮影記 | Comments(0)

横浜赤レンガ倉庫 クリスマスマーケット

前回の山手西洋館の投稿の続きです。
ほぼ、半日山手西洋館でウロウロしながら撮影した後は、
赤レンガ倉庫まで移動して、クリスマスマーケットの撮影に挑戦です。
昨年は主にα7RとVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSで撮影しましたが、
今年はα99ⅡとVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMです。
旧型のα99では高感度性能が不安ですが、今年はこの新型のおかげで暗くなっても手持ちで撮ろうという意欲も湧くってもんです。



赤レンガ倉庫 クリスマスマーケット
少し明るい時間に赤レンガ倉庫に到着しましたが、いやまあ~すごい人です。
人を入れないようにするには、カメラを上に向けて撮るのが吉ですね。
おかげで似たような構図、写真ばかりになってしまうんですが。



赤レンガ倉庫 クリスマスマーケット
入り口には雪が運び込まれており、子供たちが雪だるま作ったりして遊んでいました。
端っこの方にある雪で軽く滑りましたが、それはここだけの秘密です。



赤レンガ倉庫 クリスマスマーケット
上の方にあった赤ずきんちゃんの人形。
印象的なのはオオカミの目。こういう目をしたおじさんいますわな(笑)



赤レンガ倉庫 クリスマスマーケット
これはなんぞや? ヘンデルとグレーテル?



赤レンガ倉庫 クリスマスマーケット
サンタクロースもいました。
下から煽って撮るので、人が入らないのはいいのですが、
構図が限定的であまり面白い撮影とは言えませんね。



赤レンガ倉庫 クリスマスマーケット


横浜赤レンガ倉庫 クリスマスマーケット
海側にあったメインのクリスマスツリー。
どうやって撮るか?と考えると、背景に倉庫を入れるのが普通・・・というか、
どうやっても背景に倉庫が入るんだけどね。
周囲をまわりながら構図を考えても、下から撮るしかないので同じような構図の大量生産でした。



横浜赤レンガ倉庫 クリスマスマーケット
あとはカップルのシルエットを入れてこんな構図とか・・・。
この場所で良い写真を撮ろうと思ったら、ある程度人の動きを見ながら粘る必要がありそうです。
誰かと一緒に来るとかだと落ち着かないし、こういう場所での撮影は一人孤独にじっくり撮る必要はありますね。



キャンドルイルミネーション
赤レンガ倉庫からみなとみらいの方に移動して、キャンドルイルミネーションにやってきました。
これを撮っていたら、何やらイベントをやるのでどいてと言われまして、
はい、ここまで。



イルミネーション写り込み
ここは噴水が17:00に止まり、その後の水溜りの写り込みが狙えます。
写り込みを撮るのに、Yurieどんに足モデルになってもらいました。
顔がキュートなゆりえどんの足だけ・・とは、何とも勿体無い話なのですけど、
全国25000人のゆりえどんファンの皆様、申し訳ありません。



横浜にある宇宙
エーデルさんに「宇宙にお連れします」と言われて連れて行かれたのがここ。
自分にしてみたら、エーデルさんの方が宇宙人です(笑)
どこが宇宙なのかよくわからないまま、何となく背景にイルミネーション入れて撮ってみました。



冬の横浜ストリート
周辺の通りも綺麗でしたよ。
皆でワイワイやりながら撮ったので、撮影に集中できたとはいえないのですが、
こういう集まりは好きだし、カメラ交流会だと思って楽しみました。
時間があれば、一人で来て気合入れて撮ってみたいと思います。



ポチっとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-12-24 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

山手西洋館 クリスマス装飾

山手西洋館のテーブル装飾は、ハロウィンに行った時にお腹いっぱいになり、
テーブル装飾は花と並んで苦手な撮影だし、うまく撮れないからもう行かなくてもいいかな?と思っていたのですが、
エーデルさんと、みけさんに誘っていただいたので、お散歩のつもりで参加させてもらいました。



ブラフ18番館
当日はとても良いお天気!
思い返してみると、今年は春から夏くらいまでずっと天気が悪くて、
ろくに撮影にも行けずに愚痴ばかりブログに書いていたような気がしますわな。
ここに来てようやくお天気の日が多くなりましたが、良いお天気の日に屋内撮影とは(笑)


山手西洋館クリスマス装飾
今回もα99Ⅱです。 レンズはいろいろと悩みましたが結局Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM。
考えてみると、西洋館に24mmの画角を持つレンズを持ってきた事がありませんでした。
いつも広角を持ってこないのは、どうせ人が沢山いて広角では撮れないだろうと考えていたというのが理由なんですが、
なぜかここでは人がいないタイミングで撮れたから不思議。



山手西洋館クリスマス装飾


山手西洋館クリスマス装飾


山手西洋館クリスマス装飾
何度来ても、何度撮っても上達しないようで、どう撮っていいのかよくわかりませんです。
とりあえずその場で思ったように撮ってみるのですが、まあこんなもんでしょう。



山手西洋館クリスマス装飾
エーデルさんはα7RⅡとFE35mm F1.4というゴージャスな機材で撮影に挑んでおりました。すごいな~35mmの1本勝負ですよ。
今回、α99Ⅱに初めてVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMを装着しましたが、
フォーカスも速くて正確! 描写も十分素晴らしいと思います。
ただ、何となく感じとしてレンズが負けているような気はしますな。
Aマウントの標準ズームは、そろそろ設計からリニューアルするべきだと思うに一票入れておきます。



山手西洋館クリスマス装飾
外交官の家にやってきました。
ここはいつ来てもとにかく 暗い 場所です。
しかも、現在外壁の工事中なので、外側をビニールで覆っていて更に暗い。
カメラマン泣かせの場所ですが、α99Ⅱを持ってきているという事でちょっと心強い感じ。


山手西洋館クリスマス装飾
テーブルの上に置いてあったリンゴですが、
こちらのスタッフの方にお聞きしたら、このリンゴなんと作り物だそうです!
てっきり本物のリンゴを置いてあると思ったのですが、本当によくできています。
蔕(ヘタ)の部分に汚れが着いているところなんてリアルでしょ?



山手西洋館クリスマス装飾
こちらミニチュアです。
あまり近くに寄れないのでトリミングで処理してみましたが、
さすがに4200万画素あると余裕で、お皿に書いてある絵までわかります。



山手西洋館クリスマス装飾


山手西洋館クリスマス装飾
こちらベーリックホール。
ここはベトナムのクリスマスがテーマだったようです。
サンタの被っている笠と、バイクがその象徴みたいな感じですね。



山手西洋館クリスマス装飾


山手西洋館クリスマス装飾


山手西洋館クリスマス装飾
テーブルの方はこんな感じです。
カメラの性能に腕がついていっていないのが申し訳ない。
今回はカメラの高感度性能を信用し、ISOはAUTOで撮ってみました。



山手西洋館クリスマス装飾
装飾品の下に鏡が置いてあったので、反射が面白いと思い上の方から撮影。
こういうのはどこにピンを置くか? とか、被写界深度が難しいと思うのですが、
自分なりに撮るとこんな感じになりました。今度どう撮るかエーデルさんに聞いてみます。


山手西洋館クリスマス装飾
ベーリックホール2階にやってきました。
ここの2階は太陽光線の入り方によって、コントラストが出てくる場所です。
そんなのをジロジロ見ながら構図を考えてみました。



山手西洋館クリスマス装飾
キリスト誕生をモチーフにしたフィギアです。
ここもコントラストが良い感じだったので、いろんな角度で撮ってみましたが、これが一番良さげです。文字通り神々しい感じ・・・かな。



山手西洋館クリスマス装飾


山手西洋館クリスマス装飾
ベトナムの衣装はこうしてみるとオシャレです。
この建物は窓がいくつかあり、窓の形も独創的で面白いですね。



山手西洋館クリスマス装飾
手前の黒いぬいぐるみ、絶対にカメラ目線だと思います。



山手西洋館クリスマス装飾
こちらはエリスマン邸。
ここはいつもながら派手なイメージもなく、どちらかといえばシックな感じです。
ガツガツ撮るという感じもなく、ブログ用に撮っておこう程度。



山手西洋館クリスマス装飾
一度は誰もが住んでみたいと思う「お菓子の家」
パーツをよく見てみると、マーブルチョコやアポロチョコが・・・(笑)



山手西洋館クリスマス装飾


DSC00254
あとはイギリス館や山手111番館などにも行きましたが、
とにかく人が多くて思うように撮れないし、テンションも落ちてきたのでこんなところにしておきましょう。

この後、赤レンガ倉庫のクリスマスマーケットに行きましたが、
それは次の投稿にしたいと思います。
・・・というか、写真の整理が間に合っていないと白状しておきます(笑)


ポチリよろしくお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-12-20 22:00 | 撮影記 | Comments(6)

よこかな第30号の表紙になりました

今年の横浜金沢写真連盟・横浜金沢観光協会合同公募展のあと、
観光協会の方に入選した写真ではなく、落選した写真のデータが欲しいと言われまして、
どんな写真かといえば、海の公園から撮った八景島の初日の出の写真なんですが・・・



海の公園 初日の出
こんな写真。
シチュエーションを考えると、年間を通して元旦の朝にしか撮れない風景であります。

この写真を地元の情報誌の表紙に使っていただきました。
http://www.yokohama-kanazawakanko.com/yokokana/yokokana.html
e0341572_22345034.jpg
観光協会の方の配慮で、右の方に自分の名前を入れていただいたのですが、
デスノートに名前を書かれたら嫌なので、名前は消しておきました(笑)

公募展の時も、自由作品と地元の写真部門に別れていたのですが、
地元にこだわりがあったので、応募した写真は全て地元の物にしまして、
3枚応募したうち、一枚は入選、一枚は地域での利用という事で嬉しく思います。

また、パラパラと中身を見ると、来年もまた公募展があるようです。
e0341572_22411107.jpg
来年はどうしようかな?と思います。
公募展は入選すると、額装して会場に自分で持ち込み、回収しなくてはならず、
それがもろに平日なもんで、仕事をしている自分にはちょっと大変でした。
定年になってカメラが趣味という方だと問題ないのでしょうが、
現役世代にはちょっと大変だったので考えてみたいと思います。


ポチリよろしくです!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-12-17 00:00 | フォトコンテスト | Comments(0)

花菜ガーデン、平塚総合公園、湘南平

少し前にLightroomがα99Ⅱに対応しまして、これで何の問題もなくα99Ⅱを持ち出せるようになりました。
お台場で花火を撮影した次の日は「こちら湘南撮影隊!」の活動と称して平塚へ!
副隊長のゆりえ丼が、午後2時まで用事があるというので少し早目に移動して、
一人で花菜ガーデンのオータムチューリップを撮影しようと一路花菜ガーデンへ。

しかし、休日の湘南方面、相変わらず渋滞がひどくて花菜ガーデンに到着したのが午後1時頃。
ゆりえ丼を迎えに行くのに30分はかかるので、ざっと計算すると30分程度しか撮影時間がありません。
駐車場代も入場料も30分のために払う事になりましたが、それでも撮ってみようと思い行ってみることに。



花菜ガーデン オータムチューリップ


花菜ガーデン オータムチューリップ
なにしろタイムリミットは30分なので、あれこれ考える時間もないと思い、
直感でシャッターを切ってとにかく撮りました。
撮影はα99Ⅱ + 70-200mm F2.8 G SSM II。 円覚寺でもこの組み合わせだったな~。
今後はいろんなレンズの組み合わせを試してみたいところです。



花菜ガーデン オータムチューリップ


花菜ガーデン オータムチューリップ


花菜ガーデン オータムチューリップ
サブでα7R + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSも持ってきました。
花をマクロで撮るという撮り方よりも、この方が自分には合ってるような気がします。
チューリップはとても綺麗に咲いているのに、人がほとんどいないという不思議。



花菜ガーデン オータムチューリップ
たまには持ってきてみようと思ったDistagon T* 24mm F2 ZA SSMで撮ってみました。
このレンズは絞って撮ると抜群の解像感を発揮すると思うし、
緑色の描写が綺麗だというイメージがあるので好きなレンズです。
その割にあまり使わないのは、つい標準ズームの広角側24mmで済ませてしまうからなんでしょうな。

撮っていたらあっという間に30分が経ってしまい、ゆりえ丼・・・いや、
ゆりの宮さまをお迎えにあがる時間がやってきてしまうので撤収!



メタセコイア並木道
無事にゆりの宮さまをお迎えにあがり、向かった先は平塚総合公園のメタセコイア並木道です。
先日、平塚のフォトコンテストで入選をいただいた写真の撮影場所ですが、
今年もまたやってきて、何か違う写真が撮れたらいいな・・という事です。



メタセコイア並木道
撮影はα99Ⅱ + 70-200mm F2.8 G SSM IIですが、
普通に風景撮ってもつまらないので、今回はα99ⅡのAFも試してみたかったし、人や自転車をAFで追従させる撮影に重点を置きました。
ジョギングをしているくらいの人は余裕です。 AFで追っていても余裕を感じますね。楽勝。



メタセコイア並木道


メタセコイア並木道


メタセコイア並木道
写真を撮りに来ているので、別にα99ⅡのAFの実験をしに来ているわけではありません(笑)
AFについては、歩いている人なのか自転車なのかという事よりも、
カメラとその被写体までの距離によって速度が違いますからね。一概のどうこうは言えません。
まあ、この程度の被写体ならα7系のボディでも全然いけるでしょうけど、余裕が違うとやはり心強いものですよ。


メタセコイア並木道
比較的速い速度の自転車も普通に追従。まあ、当たり前か・・・。



メタセコイア並木道


メタセコイア並木道
長いレンズばかりでは単調なので、広角でも撮ってみました。
レンズの焦点距離で雰囲気がだいぶ変わりますね。
ちなみにゆりの宮さまは「私他で撮ってくる!」と言い放ち、どこかに消えていっていなくなりました(笑)



α99Ⅱ
わたしゃー沢山の荷物のせいで移動もできないので、ゆりの宮さまのお帰りをこの場で待ち続けるのみであります。
ちなみにα99Ⅱの後ろにある荷物と、脚だけが見えている三脚はゆりの宮さまの荷物です。 本人だけが忽然と消えました。



湘南平
日も沈み、ゆりの宮さまも無事にお戻りになられたので湘南平に移動です。
この日もお台場の花火撮影同様、寒いし強風で厳しい撮影。



湘南平から見た茅ヶ崎
湘南平から撮影した茅ヶ崎方面の夜景。
α99Ⅱと70-200mm F2.8 G SSM IIの解像力が見たい方は、拡大してジィ~と見てくださいませ。
拡大して見ていくと、結構関心する描写だと思います。



湘南平
やはり広角で撮った方がしっくりくる感じですかね?
あまりの寒さにゆりの宮さまも「あと一枚で限界・・」とかボソボソ言って撮ってました。
さすがにこの場所では行方不明にはなりませんでしたが、
この後、一緒にデニーズに行き、あれだけ寒いと言っていたゆりの宮さまは、抹茶アイスをお食べになりご満悦でございました。


ブログランキングただいま3位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-12-14 00:00 | 撮影記 | Comments(4)

サークルGashα!で撮る!お台場花火

お台場は12月になると、毎週土曜日に10分間だけ花火を打ち上げるというイベントをやります。
10分間だけの花火といえば、八景島シーパラダイスと同じなのですが、
お台場は自分にとっては何しろ遠い・・・・。
しかし、今回はノッチ師匠率いる、写真サークルGashα!の集まりなので、多少遠くても行かないといけません。



お台場夕景
集合時間は15:30でしたが、その時刻にお台場に行くと既に三脚で場所取りが大多数で、
もうどこから撮るか?という選択肢はほとんどない状態でした。
しかも、この日は風が冷たいうえに強風!
場所取りに立てた三脚が風で倒れるほどでした。



夕刻のレインボーブリッジ
待ち時間の間、ノッチ師匠がレインボーブリッジを撮りに行くと行ったので、数名でくっついていきました。
しかし自分、三脚での撮影しか想定していなかったため、
α7Rにシグマ24-105mm F4 DG HSMという、全く手ぶれ補正のないシステムを持って・・・
まあ、何とか撮れたようですがISO1250(笑)



レインボーブリッジ
花火開始まで2時間弱ってところ。
周囲はすっかり暗くなりましたが、まだまだ花火打ち上げまでには時間があります。
花火見物のための屋形船もどんどん集まってきている模様。



花火打ち上げ前
打ち上げ数分前になって、遅れてやってきたサークルのメンバーの方がいまして、
ノッチ師匠が「あつしくん、場所を譲ってあげたまえ」というので移動(笑)
どのみち、皆さんと違う構図でいきたかったので移動しました。
手前に人を入れたこんな構図はどうかな?と、花火が上る前に撮ってみました。
カメラの前を行き来する人が多いと思いましたが、
花火が始まれば、人の動きは止まるだろうと予測。この場所に賭ける事にしました。



お台場花火2016
花火が打ち上がりました!
手前に白い服を来た小さな子供が走り回っていて最悪でした(笑)
画角を少し上に向けて凌ぎましたが、まあ、人が多いので撮影しにくい場所でしたね。



お台場花火2016


お台場花火2016
いい状態の花火が撮れても、手前に人の動きが激しくてボツになるもの数枚。
こういう構図はやはりリスキーです。
ハンドマイクで「はーい皆さん、動かないように!」と言いたいところですが、さすがにそうもいかず・・・・



お台場花火2016
今回は色のある花火より、この色のないすだれみたいなのが多かった印象。
この手の花火は照度が高いせいか、シャッターを開いている時間が長いと白飛びしておしまいってパターンが多いです。
これは早目にシャッター閉じて成功!! してやったり!という感じでした。



お台場夜景
花火はたった10分間なので、終わった後は皆さんとお蕎麦屋さんで食事。
お蕎麦屋さんのベランダから撮っていいと言われたので、数枚記念に撮っておきました。

いや~無事に年末行事が終わった感じですが、本当に寒くて死にそうでした。
それでも皆さん、あーだ、こーだと楽しそうでよかったです。
お疲れ様でございました。


おかげさまでランキング3位でした!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-12-11 10:42 | 撮影記 | Comments(6)

紅葉の三渓園

ようやくα99Ⅱを手に入れて喜んでいたのもつかの間、肝心のLightroomの対応が遅くて未だに・・という感じです。
とりあえずα99Ⅱで撮っておいて、後から現像すればいいのだろうけど、
ブログに投稿するのにあまり間隔を開けられないし、三渓園に行こうと思い立つもα99Ⅱは諦めてα7RⅡで・・・(苦笑)

α7RⅡにはシグマの24-105mm F4 DG HSM、焦点距離は被るけどα7RにFE 90mm F2.8 Macro G OSSも持っていこう!という事で、
この日はEマウントシステム2つ・・・なんだかな~。 



秋の三渓園
どうせ駐車場には入れないと思ったので、最初から少し離れたパーキングに車を停めましたが正解。
三渓園の駐車場は入ろうと思っても、手前の交差点で「満車」のプラカードを持ったオジサンが車を追い払ってました(笑)
紅葉シーズンに正面から挑んでも無理ってもんです。
まあ、中にはいってもすごい人で、カメラ向けても人の頭写すようなものでしたけどね。



秋の三渓園
それでも人がなるべくいない方にカメラを向けて、うまく切り取る事に専念です。
ここは人が入れない場所でしたが、光の入り方が綺麗だったので撮ってみました。
しばらくぶりに90マクロを使ってみましたが、このレンズは本当にすごいと思いますね。
24-105mm F4 DG HSMでいいや・・・って思っていましたが、このAの100マクロに似た味付けの描写は毎度関心します。



秋の三渓園


秋の三渓園


秋の三渓園
90マクロで撮った写真の中で、今回のお気に入りはこれ。
誰かがお地蔵さんの手に紅葉を添えたようで、お地蔵さんが手に紅葉を持ってました。
手の感じもまるで「つまんでいる」ようにハマってました。

この90マクロの開放は、背景のボケ方も綺麗だと思いますし、
開放で撮ったときの立体感も良い感じだと思うんですよね。
合焦した部分の解像感も、開放だから甘いって事もありません。



秋の三渓園


秋の三渓園
赤というより、桃色というような色の紅葉は綺麗でした。



秋の三渓園


秋の三渓園
撮りたい場所は沢山あったのですが、その場所をどう人を入れず撮るか?で悩んでいるうちに時間が過ぎていく・・・・
こうやって撮った写真を貼り付けていますが、これを撮るには人がいなくなるまで待ったりと苦労もするわけです。



秋の三渓園
三渓園内には着物を着た方も多く、着物と紅葉のコラボを撮りたいと思っていたら、ちょうど通りかかってくれたのでパシリ!



秋の三渓園


秋の三渓園


秋の三渓園
人を入れたくないという一心から、どうしても上の方にカメラを向けてしまうのか、構図が似たようなものばかりで申し訳ないです。
一箇所、本当に素晴らしい場所があったのですが、あまりにも人が多くて長らく待った甲斐もなく撮れずに断念。
一度でいいから三渓園貸し切りにしてみたいな~(笑)



秋の三渓園
何だかんだと考えてα99Ⅱは持ってこなかったのだけど、
昼間の撮影ならJPEG撮って出しでも十分だったかもしれません。
写真の結果からいえば、α7RⅡに24-105mm F4 DG HSMの組み合わせでも十分よかったと思いましたが、
50mm単の一本勝負とかでも面白かったかな?とも思いますね。


おかげさまで3位に!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-12-07 00:00 | 撮影記 | Comments(0)