<   2016年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

第47回湘南ひらつか観光風景写真コンクールで入賞をいただきました!

8月の終わりに入選通知はいただいていたのですが、
平塚観光協会さんの方で発表があるまで投稿しないでおりましたです。

写真は昨年の冬に撮ったものですが、
平塚総合公園内にあるメタセコイアの並木道で撮影しました。


冬のメタセコイア並木道
入選確定後、平塚観光協会の方から電話をいただきまして・・・
「作品タイトルがメタセコイヤ並木道になっておりますが、正確にはメタセコイアなので変更してもよろしいでしょうか?」との事。
いい歳したおっさんが、メタセコヤとメタセコイアを間違えたという事で、かなり恥ずかしいとは思いつつ、
「はい、訂正しておいてください」 という事で一件落着。

こちらの湘南ひらつか観光風景写真コンクール、今回で第47回目という事のようですが、
過去2回くらい応募して入選できなかったので、今回の入選はとても嬉しいですね。
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/common/100079878.pdf   ← PDFファイルが開きます。

応募点数には制限がなかったので数点応募させていただきましたが、
この手の地域的なフォトコンは、人が入っているのをあまり好まない傾向があるようなので、
人が写っていない写真も数点応募したのですが、今回は小さなお子さんが自転車に乗っているシーンが入りました。

自分もただのメタセコイヤ・・・じゃなかった、メタセコイア並木道だけよりも、
途中に人が入る方が構図の奥行きが表現できるので良いと思います。

撮影場所の平塚総合公園については、元々ゆりえどんが「平塚にいい場所があるよ!」と教えてくれて、
一緒に行こうと言っていた矢先、ゆりえどんが風邪をひいてしまい行けなくなり、
「一人で行ってくるよ!」と、一人で撮影に行って入選したという経緯。
ここは誰よりもゆりえどんに「ありがとう」を言わないといけませんね。
どうやら賞金があるようなので、ゆりえどんにラーメンでも奢りたいと思います(笑)

表彰式は10月29日に平塚で行われるという事ですが、
11月6日は横浜港客船フォトコンテストの表彰式なので、表彰式立て続けの嬉しい悲鳴です。
横浜港客船フォトコンテストにつきましては、主催の方で発表があり次第、詳細を投稿したいと思います。




ポチリよろしくです!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-09-29 17:00 | フォトコンテスト | Comments(2)

ソニーが「α99 II」を国内で正式発表

いよいよα99Ⅱが国内で発表されました!

http://www.sony.jp/ichigan/products/ILCA-99M2/

さて、気になるお値段は・・・・あれ?

価格未定 ※決定し、次第、案内予定です・・・だそうです。

ネット上では値段の議論がされていますが、30万円という予想をする人がいると思うと、
50万円と予想している人もいるようです。
現在、α7RⅡのソニーストアの価格が¥438.880-(税抜)ですから、消費税入れると¥473.990-
多分、これと同じような値段なんでしょうな~。
もし、この金額だとしたら、前から欲しくて仕方なかったけどちょっとキツいな~(笑)

高額なカメラだし、壊れた時の保証の安心度を考えるとソニーストアで買いたいと思いますが、
マップかおぎさくあたりで買うしかないかな。
最近、70-200mm F2.8GMが販売される事が決まりましたが3ヶ月待ちだそうで、
もしかしたらα99Ⅱも3ヶ月待ちとかなるかもしれませんね。

とりあえず価格がどうなるか見守ってから、予約するかどうかとか、
今持っているどのボディを下取りにしてしまうかとか考えないといけません。

しかし、最近ソニー製品は価格が跳ね上がりましたね~。

ポチリよろしくお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-09-28 22:47 | Aマウントボディ | Comments(0)

ベーリックホール 秋の寄せる三章~ 花・テーブル・灯り

9/23にFM横浜を聴いていたら「9月は現在までで晴れの日が2日しかありません」と言っておりまして、
確かに聴いていたその時も雨で、9月は本当に雨ばかりです。
先日の北鎌倉のように、毎度合羽を着て撮影に行くのも・・・と思ってしまい、
どこか屋内で撮れるものはないかと探してみたら、山手西洋館ベーリックホールで装飾があるようなので行ってみました。



ベーリックホール 秋の寄せる三章~ 花・テーブル・灯り


ベーリックホール 秋の寄せる三章~ 花・テーブル・灯り


ベーリックホール 秋の寄せる三章~ 花・テーブル・灯り


ベーリックホール 秋の寄せる三章~ 花・テーブル・灯り
今回のメインレンズは、超お気に入りなのに久しぶりの登場のシグマ Art 35mm F1.4 DG HSMです。
少し前にFEレンズにも35mm F1.4が発売になりましたが、そのレンズを欲しいとは全く思わないほどのアート35mm!
このレンズは使ってみてほしいなぁ。 ほとんどの人が(・∀・)イイ!! と思うんじゃないかと・・・。

https://www.sigma-photo.co.jp/lens/wide/35_14/

と、レンズの話はこのくらいで、ベーリック・ホールの装飾です。
ススキが飾ってあり、さすがこの時期の装飾だなと思いました。(お団子はありませんでした)
どうやらこの装飾のコンセプトは、和と洋の融合という事のようなので、
そんな視点で見ていただけると、趣旨が見えてくるのではないでしょうか?



ベーリックホール 秋の寄せる三章~ 花・テーブル・灯り
こちらのイベントは、自分が行った時は最終日なうえ、閉館時間ギリギリという感じだったので人もあまりいませんでした。
西洋館の撮影は、画角の広いレンズを使うと大抵人が入ってしまって撮りにくいのですが、人がいないと35mmで思う存分撮れます。
こんな快適な西洋館での撮影は初めて! というくらいでした。
ただ、外が雨だったので、窓から光が入らずISOは上げないと厳しい感じでしたね。



ベーリックホール 秋の寄せる三章~ 花・テーブル・灯り


ベーリックホール 秋の寄せる三章~ 花・テーブル・灯り
窓際にプチ装飾の花があったので撮影してみました。
この手の撮影は基本MFでピントを合わせますが、AFでやってみたところ外さずに拾えますね。
巷の噂では、シグマのレンズはピントが合わないとかいうネガキャンが蔓延っているようですが、
数本持っているシグマのレンズで、ピントが甘いとか、合わないなんて物は1本もありません。
確かに個体差とかはあると思うので、中にはそんな物もあるのかもしれませんが、
それは純正レンズとて同じで、中にはそんなのもあるかとは思いますよ。



ベーリックホール 秋の寄せる三章~ 花・テーブル・灯り
この日は特に結婚式などもやっていなかったので、ホールの方に移動してきました。
広いので閑散としている雰囲気ですが、それがまたよかったりして。



ベーリックホール 秋の寄せる三章~ 花・テーブル・灯り


ベーリックホール 秋の寄せる三章~ 花・テーブル・灯り
35mmという画角は本当に撮りやすいですね。
24mmだとちょっと広いと思うし、50mmだとこれまた狭いと思うのですよ。
しかし本当にいい描写をするレンズです。 自分が撮っても綺麗に撮れる(笑)



ベーリックホール 秋の寄せる三章~ 花・テーブル・灯り
散々、35mmはいいよ~と言っておきながら、ここでレンズをチェンジ!!
ここからはSonnar T* 135mm F1.8 ZAで撮影します。 135mmなので100mm長くなりますわな。



ベーリックホール 秋の寄せる三章~ 花・テーブル・灯り


ベーリックホール 秋の寄せる三章~ 花・テーブル・灯り
先程35mmで撮った窓際の花。 これを135mmで撮ってみました。
このレンズの実力は言うまでもありませんが、焦点距離が長くなったので手ブレにちょっと気を使わないといけません。



ベーリックホール 秋の寄せる三章~ 花・テーブル・灯り
広いようで、それほど広くない室内なので、
135mmという焦点距離は、意外と構図的に難しい感じがしました。
センスある上手い人だと、絶妙な切り取りをしていくんでしょうけどね。



ベーリックホール 秋の寄せる三章~ 花・テーブル・灯り
カメラを持った人は数名来ましたが、自分がいる間に皆さんいなくなっていました。
ここのスタッフの方も、しつこくいる自分にきっと「まだこの人いるよ」と思ったに違いありません(笑)
そうこうしているうちに閉館時間が近づいてきたので撤収。

こういう撮影をすると、自分は単焦点をじっくり使うような撮影結構好きだな~って思うんですよね。
近いうちに山手西洋館はハロウィン装飾があると思うので、
そちらにももれなく脚を運びたいと思います。

ちなみに山手西洋館のHPはこちら!
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/yamate-seiyoukan/


ポチリよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-09-26 00:00 | 山手洋館 | Comments(0)

あえて雨の日にカメラを持ち出してみる

少し前に写真の公募展で賞をいただき、写真展の受付をやらせていただいた時、
先生が少し遅れて会場にやってきてこんな事を言っていました。
「ここに来る途中、お寺の前にあった石が雨で濡れてそれは綺麗だったよ」

かなり高齢な写真の先生でしたが、自分はこの言葉を聞き逃しませんでした。
雨に濡れた石に感銘を受けるという感性、これこそが写真の先生なんだろうと・・・。

この言葉を聞いて以来、雨の日の撮影は自分の活動の一部にしたいと考えていたのですが、
いろんな物が濡れる事に対する対策をしないといけないので、
雨グッズを調べたり、必要な物がないか? ネットで情報を探してみたりしました。

そんなわけで買ってみたのがこれ。ケンコーのカメラレインカバー。
http://www.kenko-tokina.co.jp/imaging/eq/eq-digital/rain-cover/4961607853184.html

レインカバーは買ったけど、とりあえず使ってみないと・・・という事で、
高額なレンズやカメラだと濡らして壊してしまうと嫌だったので、とりあえずα7Ⅱにシグマの50mmマクロレンズをつけて実験。



α7Ⅱ+シグマ50mmマクロ
システムはこんな感じ。マウントアダプターがあるのに、レンズの径が小さいので細長いイメージです。



レインジャケット
レインジャケットを装着してみたらこんな感じ。正直、ジャケットが大きすぎてブカブカな使用感です。
このジャケットはMとLがあるけど、できればSを用意してほしいですね。
多分、α99に24-70Zとかで丁度いいかと。
またレンズ部分はマジックテープになってるのですが、レンズ径が小さいとうまく止まらないようで、
できれば72mm以上の物がフィットするような気がしました。



雨の円覚寺


雨の円覚寺
そんなわけで雨が降っている日にやってきました北鎌倉の円覚寺。
カメラもレインジャケットですが、自分も合羽を着て両手が使えるようにしました。
確かに写真の先生が言うように、地面が濡れている質感というのは独特な描写になると思います。



雨の円覚寺


雨の円覚寺
雨が降っている日は、物質の質感が変わりますが、
周辺にいる人達も傘を差している状況なので、そのへんの描写も趣があるかな?と思いました。



雨の円覚寺
レインジャケットを使っての撮影が初めてという事もあり、
注意していないとカバーの部分がレンズの前に出てしまい、上の写真のようにケラレてしまう事がありました。
これはもちろんダメなんですが、ジャケットの中に手を入れての撮影なので本当にやりにくい!
これも慣れであり、練習が必要なのだと思ってとにかく撮りました。



雨の円覚寺
撮影していたら、お坊さんが傘を差して前を通りました。
こういうシーンは雨の日でないと撮れないわけですからね。 雨の日には雨の日の世界があるという事です。



雨の円覚寺


雨の円覚寺


雨の円覚寺


雨の円覚寺
濡れているという質感を出すをテーマに撮ってみました。
しかし、20年来水中写真を撮ってきて、散々「水」だったわけですが、
ここにきてまだ水にこだわっている自分がちょっと滑稽だったりして・・・(笑)



雨の円覚寺
またお坊さんにお会いできました。
左側にある木の枝の造形が綺麗だったので構図にしてみました。



雨の円覚寺
せっかくのマクロレンズなので、葉に寄って背景をぼかして撮影してみました。
マクロの場合、基本的にAFは使わずMFなのですが、レインジャケットのせいでピントリングが回しづらかったです。
このあたりも慣れないとダメですね。



雨の円覚寺
円覚寺を出て、次は明月院に行ってみる事にしました。
帰り際、門のところで傘を差して歩いているカップルがいたので構図にしました。
傘は自転車の次にハマるアイテムになりそうです(笑)



雨の円覚寺


雨の円覚寺
円覚寺を出たら、ちょうど電車が来るところで踏切が鳴っていました。
踏切待ちをしているカップルがいたので、ここも風景の一部として撮ってみましたが、
傘があると雰囲気がまた違いますわな。



雨の円覚寺
明月院にやってきました。
紫陽花シーズンは、両側びっしりに紫陽花が咲いていますが、この時期は何とも寂しい感じではあります。
雨が小降りになってきたせいで、カップルは傘を差さずに歩いています。 ちょっと情緒マイナスであります。



雨の明月院
雨の日はお寺に来る人も少ないようで、人気の丸窓もほとんど人がいませんでした。



雨の明月院


雨の明月院
混んでいると撮らずに帰る丸窓ですが、この日は貸し切り状態でゆっくり撮れました。
まあ、ゆっくり撮れたからといって、特別クオリティが高いわけでもないのですが・・・(笑)



雨の明月院
手摺の竹が濡れていたので撮ってみました。



雨の明月院
花地蔵さまも濡れておりました。なぜか左の目から、涙のような一筋が・・・
頭のテカり方などは、雨の日にしか見られないのでしょう。



雨の明月院


雨の明月院
ちょっと早いのかもしれませんが、彼岸花が少し咲いていたので撮影してみました。
今まで雨の日に撮影した事がなかったので、濡れている彼岸花を撮るのは初めてであります。
マクロレンズだったので、くっつくほど寄って撮影です。 水滴の描写が新鮮です。



雨の明月院
そんなわけで約2時間くらいの撮影だったでしょうか。
カメラと自分に合羽を着せての撮影となりましたが、特にカメラもレンズも濡れて不具合という事もなく無事に終わりました。
感想としては、カメラは濡れる事はありませんでしたが、レインジャケットの中に手を入れて操作するせいか、
レインジャケットの内側が体温で結露し、かなり水滴がついていたのが気になります。
また、ファインダーはジャケットについている透明なプレート越しに見る事になるのですが、
これがまた見難く、ピントが合っているかどうかを確認するのも慣れが必要そうです。
何より9月のこの時期、気温はそこそこ高いので合羽を着ていた自分が相当蒸れてビッショリというオチ。
まあ、慣れない撮影ですから、試行錯誤という事でした。

余談ですが、今回使用したシグマの50mmマクロレンズ。
https://www.sigma-photo.co.jp/lens/macro/50_28/

少し前にヤフーオークションで1万円くらいでキレイな物を手に入れましたが、
破格な割に相当いい描写をするレンズだと思います。
既に中古でしか手に入りませんが、もしオークションなどで見つけたらラッキーかもしれません。




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-09-24 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

セレブリティ・ミレニアム横浜入港!

9/18は大桟橋埠頭に豪華客船、セレブリティ・ミレニアムが入港という事で出陣してきました。
天気も悪く風も強い日でしたが、一番大きな三脚なら何とかなるだろうと重装備です。



セレブリティ・ミレニアム 横浜入港


セレブリティ・ミレニアム 横浜入港
写真を貼り付ける事に関して進展があり、自分であーだ、こーだと試していたら大きな写真を貼り付ける事に成功しました!
サイト本体はその機能を排除してしまいましたが、自分でHTML入力することで表示する事はできるみたいです。
結構面倒くさいのですが、そのうち慣れれば作業も効率的になると思います。

さて、撮影は大桟橋埠頭からです。
この船、シンプルな配色ですが、硬派っぽくてカッコイイですね。
天気が怪しかったので人も少なく、風も思ったほど強くなかったので撮影は楽でした。



セレブリティ・ミレニアム 横浜入港
こちら横から見た姿。 Celebrity X Cruises とあります。
調べてみたらマイアミに本社のあるクルーズの運行会社のようです。まあ、乗ることはないと思うので知らなくてもいいか・・(笑)



セレブリティ・ミレニアム 横浜入港
後ろ姿は飛鳥Ⅱの方がカッコイイと個人的には思います。
下の方が角ばっていて、なんか昔の古い車のようなフォルム・・・だと思いました。



セレブリティ・ミレニアム 横浜入港
向こう側のみなとみらい地区を入れて。



セレブリティ・ミレニアム 横浜入港
くじらの背中中央から撮影してみました。
構図的にはちょっと変わった感じで、新しい視点をみつけたようで新鮮です。
大さん橋ふ頭は起伏があるので、構図は念入りに探せばまだ斬新なものがありそうですね。



セレブリティ・ミレニアム 横浜入港
大桟橋から下の方に降りてきました。
何度も来ている場所ですが、この構図も今まで撮ったことのない視点です。
いつも違った写真が撮りたいとは思うのですが、一人の人間の感性は同じなので似たような写真になってしまうのは仕方ないんでしょう。
これからも頭を柔軟にして、いろんな視点を探してみたいと思います。



セレブリティ・ミレニアム 横浜入港
プロムナードの下を通って、赤レンガ倉庫の方に移動してみたいと思いますが、
プロムナードの下に自転車がぽつんと置いてあるのを見つけてしまいました(笑)



プロムナード下


プロムナード下
またYurieどんに「自転車好きだよね~」と言われるのは確実っぽいですが、ついあると撮ってしまうので仕方ない。



セレブリティ・ミレニアム 横浜入港
そう言っていたらまた自転車(笑)
ここは街灯の下に置いてあり、コントラストが面白いと思ったので・・・
またYurieどんに「自転車好きだよね~」と言われても撮りたいものは撮りたい。



セレブリティ・ミレニアム 横浜入港
この場所はかなり広いのですが、カメラを三脚に設置して構えていたところ、
歩いてきて自分のカメラの目の前で何故か立ち止まる・・・(笑) 
こんなに広いのに、わざわざ人のカメラの前で止まる事はないだろう~と思うのですが、
まあ、それも人の自由だろうから仕方ないって事で、ピントを客船から移動して撮ってあげました(笑)



セレブリティ・ミレニアム 横浜入港
赤レンガ倉庫の方まで来たら雨が降ってきてしまいました。
地面が濡れている感じも良いとは思うのですが、レンズの面に水滴がつくので撮影しづらいですな。
タオルで拭きながらの撮影でした。



セレブリティ・ミレニアム 横浜入港


セレブリティ・ミレニアム 横浜入港
最後は客船の前を遊覧船が通ったので光跡を残して撮影してみました。
青いラインと、青く反射した水面が写真の雰囲気を変えてくれた感じです。

この後、雨もやみそうにないので撤収。
この投稿から写真の大きさも元に戻ったし、いつも通り進められそうでホッとしました。
でも、写真の投稿元が何か対策をして、貼れないようにしてきたら面倒だなと心配ですけどね。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-09-21 20:00 | 撮影記 | Comments(4)

つ、ついに発表! α99Ⅱ

つ、ついにα99Ⅱが海外で発表になりました! この日をどれだけ待ち望んだことか!
しばらく興奮して眠れそうもありません(笑)

そして散々噂に振り回されましたが、結果的にこんなスペックになったようです。

・4200万画素フルサイズ裏面照射型CMOSセンサー
・4D FOCUS
・5軸手振れ補正機構
・4K動画
・12コマ/秒
・79 ハイブリッドクロス AFポイント + 399 像面位相差AFポイント
・S-Gamut と S-Log




噂の段階では3600万画素という話でしたが、蓋を開けてみればα7RⅡと同じ4200万画素でしたね。
裏面照射型CMOSセンサーや5軸手ブレ補正は、α7RⅡの構成を見れば当然の装備だと思いますが、
12コマ/秒はちょっと意外だったかな。

個人的にはAマウントが一番好きでしたが、
α99が4年間モデルチェンジをしなかったせいで、画素数などでEマウントに遅れをとり、
最新技術を使いたいと思うと、アダプターを使ってEマウントボディを使うしかありませんでしたからね。
これで積極的にAマウントを使っていける!という安堵がありますよ。

シグマの24-105mm F4 DG HSMを購入した時も、今後α99Ⅱが出る事を信じたい!と思いましたからね。
最近、すごく気に入っているレンズなので、Aマウントボディの更新は最高に嬉しいです。

気になる価格は3200ドルという事なので、思っていたより高額な製品にはなりませんでしたね。
自分の予想では、α7RⅡの価格から想像して50万にはなると思っていたので。

これでEマウントはα7RⅡだけ残せばいいかなと。
確かに重量的な問題とかもあるので、Aマウントボディ2台とかは辛いし、
Eマウントはサブで持っているっていうのはベストのような気がします。

ちなみにこちらを見ると・・・
http://www.sony.net/Products/diacc/systemchart/en-gb/index.html?area=JP#ilc
バッテリーグリップは、α77、α77Ⅱの物が使えるみたいですね。
つまりボディはα99よりも小さくなって、α77Ⅱと同程度って事のようです。
なんかおかしなフラッグシップモデルですが、既に持っている物が使えるのは嬉しいですよ。
バッテリーもそのまま使えるみたいですし、意外とソニーさんは親切だと思いますわ。

巷ではAマウントは売れないからソニーが見切りをつけたとか、いろいろと言われていましたが結果的にα99は更新されました。
これにはソニーさんに ありがとうございました と言いたいですね!
11月発売ですか? 早速予約しないといけませんね。

ポチリよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-09-20 00:09 | Aマウントボディ | Comments(2)

今年もまた浅草燈籠会に行ってきました

前回の投稿で写真の掲載についての事を書きましたが、
前から利用させていただいているフォト蔵さんの機能をしばらく使う事にしました。
表示は少し小さくなりますが、アップロードも楽です。



日没直後の浅草寺本堂
そんなわけで今年も浅草で燈籠会が開催されるとの事で、竿燈演技以来ですが浅草にやってまいりました。
今回はαcafeでいつもお世話になっている、おば・・・いや、お姉さん3名と一緒です。
現地でノッチ師匠、スカイさんのジジ・・・いや、お兄さん2名も合流でした。
更に偶然にも朋さん、芝多摩さんにもお会いし、ちょっとしたオフ会みたいになってましたけどね。



宝蔵門とスカイツリー


屋台とスカイツリー
燈籠会はこの日が初日だったこともあり、なかなか燈籠に灯りがつかないという・・・・・
仕方なしに浅草寺の本堂を撮ったり、スカイツリーを撮ったりして時間を潰していました。
予報だと雨が降るかも・・・みたいな感じだったので、雨の心配もありましたが・・・。



浅草燈籠会
19:30くらいになってようやく燈籠が点灯した感じです。



浅草燈籠会


浅草燈籠会
周囲が暗いせいもあるのですが、燈籠の灯りは意外と照度が高く撮影は微妙に難しい感じです。
露出をマイナスにしないと、燈籠が真っ白に写っておしまいでしょう(笑)



浅草燈籠会


浅草燈籠会


浅草燈籠会
写真を見ると、我ながらよく撮ったと思います。
というのも、燈籠会はこの日が初日だったわけですが、人もすごく多くて撮影困難な感じだったのに、
写真にはほとんど人が写っていないのは自分としては快挙であります(笑)



浅草燈籠会
燈籠会の撮影は今回4回目くらいかな? 
毎回、この場所の燈籠の影がキレイなので撮ってしまいますね。
明暗をハッキリさせるため、コントラストを上げて撮影しています。



浅草燈籠会
今回も例の東京新聞に掲載していただいた構図で撮っておきました。  http://momoken819.exblog.jp/24618506/
今回は24mmで撮影したので、前回のものより迫力がない感じですが・・・・

この日のシステムは α7Ⅱ + シグマ24-105mm F4 DG HSM だけです。
雨の予報だったというのもあり、カメラのレインジャケットやら傘やら荷物がかさばったので、
撮影システムは最小限にし、三脚は例の超軽いManfrottoを持参。



満月と浅草寺本堂
燈籠を撮影していたら、周囲に知り合いが誰もいなくなっているのに気が付きまして、探していると皆さんこれを撮っていました。
満月がスカイツリーのてっぺん目指して移動している光景です。



満月とスカイツリー


満月と浅草寺本堂
ノッチ師匠と「月はどの角度で右に移動していくんですかね?」と話していたのですが、
見ているとスカイツリーのてっぺんの方に移動していたので、このまま待てば月はスカイツリーに突き刺さる!



満月とスカイツリー
さあ、いよいよ!という時になって、月がだんだんぼんやりし始めまして、
真上に来るという瞬間、雲に隠れて見えなくなるというオチ。
これも参加者の誰かが、普段の行いに問題があるという事になったのですが、
誰というのをここに書くと語弊があるのでやめておきましょう。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-09-18 12:00 | 撮影記 | Comments(2)

PHOTOHITOさん、ほとほと困りました

ブログを始めた頃、写真の貼り付けはエキサイトブログの基本機能を利用していましたが、
あまり写真を大きく表示できないので、もう少し写真を大きく表示したいと思っていました。

何とか撮った写真を大きく表示できないか?といろいろ調べたところ、
PHOTOHITOにアップロードして、それをブログに貼り付ければいいという事がわかったので、
今までそんな方法で撮影した写真をこのブログでご紹介させていただいておったのです。

先日、鎌倉の材木座海岸に撮影に行ったので、
例によってPHOTOHITOに写真をアップロードし、さてブログを更新しようとPHOTOHITOを開くと、
何やら画面がリニューアルしたようで、見た感じがガラリと変わっているじゃないですか!

まあ、見た目は変わったようだけど、機能的には同じなのだろうと思い、
外部に貼り付けるタグを探してみましたが、画面を見渡してみてもそれらしきボタンなどがありません。
散々、ヘルプなどを読んでみましたが結局よくわからずブログも更新できず・・・・

仕方ないのでPHOTOHITOの運営に問い合わせてみたところ以下のような回答。


いつもご利用いただきありがとうございます。PHOTOHITO事務局でございます。
PHOTOHITOでは昨日のリニューアルに伴い、「ブログへ貼り付け」ボタンの機能を廃止いたしましたため、
現在はご利用いただくことができません。恐れ入りますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

※「ブログへ貼り付け」ボタンは、PHOTOHITOに投稿いただいたご自身の 写真を外部サイトに貼り付けることができる機能でございます。
なお、外部サイトへ写真を貼り付ける機能の実装につきましては、
今後対応を検討して参りたく存じます。
何かご不明な点などがございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。どうぞよろしくお願いいたします。


え~それは困った。 
だいたい、今まであった機能を廃止っていうのはやめてもらいたいですね。
このエキサイトブログにも画像を貼り付ける機能はあることはあるのですが、
あまり大きく表示ができないようなので、写真ブログとしてはちょっと寂しいかと・・・・

FlickrにもPHOTOHITOと同じような機能があるようですが、
前に調べたら、登録するのにいろいろと面倒くさかったような記憶があります。

そんなわけで、しばらくこのブログの基本機能で写真を貼り付ける事にしますが、
今後、ちょっと考えないといけないかもしれませんね。


e0341572_18491584.jpg
e0341572_18491658.jpg
e0341572_18491644.jpg

e0341572_18491490.jpg
材木座海岸で撮影した写真を投稿しておきます。
どうも使い慣れない機能なので微妙であります。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-09-15 19:30 | 写真 | Comments(0)

9月4日森戸海岸からダイヤモンド富士を狙う!

9月4日は森戸海岸近辺からダイヤモンド富士が見れるという事で、
あまり期待もしていませんでしたが、夕方になってから森戸海岸に行ってみました。
正直いうと、ダイヤモンド富士をすごく撮りたいというわけでもないのですが、
いつも行っている場所なので、見れたらラッキーかな・・・くらいです。



夏が終わって海の家解体
8月の海水浴シーズンも終わり、海の家も解体されておりました。
何より嬉しいのが、周辺の駐車場の料金が一気に安くなる事ですね(笑)
いつも駐車している場所は、7月と8月は1時間300円になってしまうのですが、
それ以外の月は1時間100円です。2時間駐めて200円か600円かはでかい! ま、セコい事言いますけど・・・(笑)



森戸海岸


森戸海岸
海に来る時はあまり広角は持ってこないのですが、今回はVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSを持ってきたので、
積極的に太陽を撮ってみようという気になります。
このレンズは絞ると光芒がウニみたいになるので撮っていて楽しい!



ポテチ食べる?
夏はやっぱり富士山が見える可能性低いですね。
わかりにくいのですが、太陽のすぐ斜め右下は富士山の頂上なんです。
よ~~~~く見るとわかるかも!



森戸からのダイヤモンド富士
いよいよ富士山のてっぺんに太陽がかかりましたが、ボワ~として全然ダイヤモンド富士っぽくないですわな。
やはりダイヤモンド富士は、まん丸い太陽がポコンと富士山の上に乗らないと自慢できないです。



森戸夕景
なんかスッキリしないな~と思っているうちに、太陽は富士山の裏側へと消えていったようであります。



森戸海岸のダイヤモンド富士
周囲には沢山のギャラリーがいましたが、なんか皆さんガッカリというか、納得していないご様子(笑)
ま、この時期に富士山がクッキリと見えるなんて事はあまりなく、
先日、ゆりえどんにお土産を渡しに言った時、スカッと見えた富士山なんて奇跡だと思います。

http://momoken819.exblog.jp/24610096/



森戸の夕景
仕方ないのでまた海岸の方に行ってみましょう。



森戸夕景


森戸夕景
お気に入りの防波堤の上には、親子やカップルがおりました。



森戸夕景
海岸には幼い兄弟がいて、砂浜に穴を掘って遊んでいました。
自分も小さな頃、弟とこんな風にして遊んでいたんだろうなと思いながら撮りましたが、
子供の頃の思いというのは、この歳になると忘れてしまって記憶もあまりありません。
時間が流れるという事は寂しい事だな・・・と。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-09-11 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

とにかく一枚撮りたかった立石

年間を通じて通っている立石海岸ですが、
夏は駐車場に車を停めるのが困難なので避けていましたが、
9月に入ったというのもあって、たまには行ってみようと思い車を走らせました。

目的はもちろん撮影ですが、まずは潮見表をみて干満の状態をチェック。
なぜなら干潮に近い状態でないと、メインの立石に近づいて撮影ができないからなのですが、
4日の日曜日は干潮時刻がちょうどお昼頃だったので、その時刻に合わせて出動です!


ND1000フィルター
今回は今年の3月と同じくND1000を使った撮影です。まあ、見た目真っ黒ですわな(笑)
ちなみに前回の投稿。  http://momoken819.exblog.jp/24252048/

現地では16mmで立石の真下からローアングルで撮るので三脚は最低地上高です。 
めいいっぱい広げて低い位置からの撮影になるのですが、海の中に脚を入れたりしないといけないシーンもあり、
新しい三脚ではそれはしたくないので、古いSLIKの三脚を持って行きました。



ND1000で撮る立石
数ショット撮りましたがベストはこれかな~。

レンズ焦点距離  16mm   
ISO 50   
SS  30秒  
露出補正  +1.0   
絞り  F14

ND1000フィルターを使用すると、彩度やコントラストが極端に低下するので、
クリエイティブスタイルは風景、彩度、コントラスト、シャープネスは全部 +3です。
撮影はRAWにて行い、Lightroomで追い込んでいます。

この一枚が撮れれば、この日はとりあえず満足であります。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-09-08 00:00 | 撮影記 | Comments(0)