<   2016年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

5時から男の森戸海岸

花火の投稿と時間が前後してしまうのですが、
26日の金曜日、とても良い天気で空も青く雲もあまりありません。
仕事しながら 「あ~今日は写真日和だな~」 と思っていましたが、
台風が接近してきているので、晴れ間もこの後はしばらくないだろうという事で、
仕事が終わった後、カメラ鷲づかみ、ソッコーで森戸海岸に車を走らせたのであります。



森戸海岸の夕日
この日の日没は18時17分。 だいぶ日が短くなりましたね。少し前は19時でも明るかったような気がしますけど・・・。
撮影は珍しく持ってきたα57 + DT16-50mm です。
正直、何の作品性もない、ブログの説明用の写真は1600万画素あれば十分ですな~。
久しぶりにα57を使ってみたけど、普段使っているカメラのファインダーが優秀なせいで、
α57はなんか見難いな~という印象。 こんなだったっけな?



夕暮れのお散歩
8月もそろそろ終わりというのに暑いですな。
あまりにも暑いので海水浴しているおねーさん達はいますが、犬の散歩をしている人は少なめ。
こちらは α7Ⅱ + 70-300mm です。
ちなみにAマウントの70-300mmはSSMですが、マウントアダプターLA-EA3だとAFが使い物にならないのでLA-EA4使用です。
ソニーさんにLA-EA3にモーターつけたアダプター出して欲しいですね。



森戸海岸からの富士山
この日も富士山がよく見えました。



富士山と釣り人
釣り人と富士山。
この写真をαcafeに投稿したら、エーデルさん、みけさんに「あつしさんに似ている」と言われました(笑)
横顔の感じとかだと思うのですが、シルエットに似ていると言われるのも微妙です。



おうちへ帰ろう
親子連れが防波堤に座っていたので、立ち上がって歩き出すのを待って撮影。
タイトル 「おうちへ帰ろう」 お兄ちゃんが振り返って弟を見ているシルエットがお気に入り。



夕日のカップル
カップルとまん丸の夕日。



森戸海岸の夕暮れ
撮影場所はこんな感じ。
望遠レンズで一部を切り取る感じになりますが、どんな人が防波堤にいるかで構図が変わります。
背景に富士山がありますが、人の立ち位置の関係で砂浜を走る事も多々あり!



裕次郎灯台と富士山



サーフボードのある家
台風が接近しているせいか、とても蒸し暑くて汗びっしょりでした。
太陽も沈んだし、ビールでも買って買えるべ・・・と撮影終了。

たまに仕事が終わった後、こうしてカメラ持って出掛けたりしますが、
既に仕事でエネルギーを使ってしまっているので、撮影が終わる頃にはもうグッタリであります。


ただいまランキング3位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-08-31 00:00 | 撮影記 | Comments(2)

金沢まつり花火大会!

8月27日は地元、金沢の花火大会がありました。
天気予報では雨でしたが、外は曇りという感じで、区のHPを見ても開催されるという事でした。

いつ降ってくるかわからない感じだったので、行くかやめるか悩んだ末、
降らなかったら後悔すると思い、カメラと三脚を持って一路野島へ向かいました。

現地は風が強く、場所取りのために敷いたようなブルーシートがヒラヒラしていましたが、
それらを横目にどんどん歩き、目の前は日産追浜工場という場所まで移動。

このあたりでいいかと準備を始めたら雨が・・・・・



雨の中の花火大会待ち
ドヒャ~! 結構降ってきました。
持っていたビニール傘をカメラの前に差し、透明なのをいいことに傘越しに撮影(笑)
前の女の子達も花火待ちですが、何ともわびしい感じですな。

不思議な事に、花火がそろそろ始まりまっせ!という頃になったら雨はやみ、
これも自分の普段の行いの良さだろうと思いますが、
自分の行いのおかげで、花火を見に来ている人達皆が幸せになれたという話です(笑)



第42回 金沢まつり 花火大会
花火の前にはだいたい画角を決めておくのですが、
たいていは 「あのあたりが打ち上げ場所かな?」 程度の感じなので、上がってみないとわかりません。
実際上がってみると「あれ?」と見当違いで、今回も全くそれでした。
本当は八景島のジェットスターなんかも入れたかったのに、実際にはずっと左側が打ち上げ場所。

上がる花火を見ながら構図を設定し直して撮影開始です。



第42回 金沢まつり 花火大会


第42回 金沢まつり 花火大会
この日は雨が降るだろうと予測していたので、
できれば防塵防滴の撮影システムが好ましいのですが、ソニーのカメラはこのへんが怪しく、
自分が持っている機材で、一番雨に強そうなのは α77Ⅱ+ DT16-50mm F2.8 SSMあたりかと思います。

出かける間際になって、またAマウント用のバッテリーを充電していかなったのに気が付き、
仕方なくα6000にLA-EA3、DT16-50mm F2.8 SSMだけを持って来たのですが、
ピントを合わせる際、拡大して背景の街を見ると何ともボンヤリ。

「あれ?このレンズって、こんなに眠たいレンズだったかな?」 と・・・

普段、キレキレのシグマを使う事が多いからか、このレンズ全然ボンヤリやないか!と再認識。
とはいっても、これしか持ってこなかったのだから仕方ない。



第42回 金沢まつり 花火大会


第42回 金沢まつり 花火大会


第42回 金沢まつり 花火大会


第42回 金沢まつり 花火大会
同じ場所から撮ったものを多数投稿しても仕方ないので、
何となく形が面白いものを貼り付けておきました。
風が強くて撮影もし難かったのですが、煙がさっさと流れていくので煙の影響はなかったですね。

近くには家族連れで花火を見に来ている家族が多かったのですが、
小さな子供は数分で花火に飽きるのか、すぐに走りだしてウロウロし始めるので三脚にぶつからないか心配でした。
なぜか子供は、三脚のすぐ横を突っ走って行くんですよ(笑)

そんなわけで1時間の花火大会が終わりましたが、
結果からすれば、フルサイズを持ってくればよかった・・・という事でした。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-08-28 12:00 | 撮影記 | Comments(0)

2016年8月26日の東京新聞朝刊に!

26日の朝起きたら、家族が「新聞に写真が出てるよ~」というので見てみると、
2015年に応募した東京新聞の「ほっとフォトコンテスト2015応募作品から」というお題で、
2枚の写真が掲載され、うち一枚は自分が応募したものでした。

掲載されていた写真は、浅草燈籠会の時に撮ったものですが、
来月に浅草燈籠会があるので、それの宣伝も兼ねてみたいな掲載なんでしょうね。



浅草燈籠会

e0341572_15585418.jpg
新聞に小さく掲載されただけなので、α7Rの解像感がどうこうって感じではありませんが、
自分の撮った写真が新聞に載って、沢山の人に見ていただけるのは嬉しい事であります。

新聞に載っているので今更名前隠しても仕方ないのですが、いちお苗字だけ消しておきました。

東京新聞は今年2016年もフォトコンテストを開催しているので、
興味のある方は覗いてみてください。

http://hotweb.tokyo-np.co.jp/photo2016/

ちょうどブログのネタがなくて困っていたところだったので、こんな話題でも書くことができてよかったです(笑)


ポチリよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-08-26 17:00 | フォトコンテスト | Comments(0)

ゆりえどんに長野のお土産を渡すミッション

長野県に旅行に行った際、ゆりえどんにささやかなお土産を購入しまして、
台風がやってくるという前日8/21の日曜日、それをゆりえどんに渡すべく一路茅ヶ崎へ!

どうせ湘南方面に行くなら・・・と、いちお撮影機材を準備しましたが、
空は一面どんよりだったので、撮れたら撮ろう・・・程度で気合も入らず、
α7Ⅱに70-300mmのレンズをガチャンコ!(ジェットダイスケさん風に)それだけを持って家を出ました。

海水浴シーズンですからねぇ。海沿いの134号線は天気悪いとはいえ渋滞。
そろそろ稲村ヶ崎・・・という所で。



夏の湘南から富士山が見えた日


夏の湘南から富士山が見えた日


夏の湘南から富士山が見えた日
あれ? よく見ると富士山の頭が微妙に見えてるじゃないですか!
雲は確かに多いのですが、一部が帯状に青空にスコーンと見えてました。
そんな訳で急遽、稲村ヶ崎に車を停めて撮影を開始することに・・・。
車の外は蒸し暑くて最悪でしたけどね。



夏の湘南から富士山が見えた日
最初は頭がちょっとだけしか見えませんでしたが、
時間と共に富士山の見える範囲が広がってきて良い感じに!
何とも不思議な事に、富士山のある場所だけ雲がないという状況です。
これだから台風の前後って気が抜けないんですよね。



夏の湘南から富士山が見えた日
台風が来るとなると、波乗りをする人達はワクワクするんでしょうな。
写真的にいうと、黄色とか黄緑色なんかのボードは背景とコントラストが良いので撮りたくなります。



夏の湘南から富士山が見えた日
富士山がよく見えるという事で、普通の人達もスマホで写真を撮っておりました。
鳩サブレーの袋を持ったおねーさんも萌えますね(笑)

せっかく富士山がよく見えるのだから、見えているうちに七里ガ浜に行ってみようと思い移動。
目と鼻の先の距離なんですが、渋滞しているので意外と時間がかかったりして・・・。



夏の湘南から富士山が見えた日
七里ヶ浜に到着しても、富士山はクッキリと見えておりました。
周囲の雲を見ると、このまま時間と共にもっとよく見えるようになりそうな雰囲気。


夏の湘南から富士山が見えた日


夏の湘南から富士山が見えた日
七里ヶ浜も人が多いっすな。
台風が接近しているという割には波もあまりありませんでしたが、
湿度がサウナ状態で不快指数MAXな感じでした。 カメラとレンズに悪そうだな~こりゃ。



夏の湘南から富士山が見えた日


夏の湘南から富士山が見えた日
気合入れて撮るつもりが全くなかったので、レンズ1本という装備しかなく後悔しましたが、
これしかないので望遠レンズの特徴を活かした構図を考えました。
空間を圧縮して・・・と海沿いの道と富士山です。
しかし、せめて70-400mm F4-5.6 G SSMIIを持ってくればよかったな~と。



七里ガ浜の鳩


七里ヶ浜ハイボール
富士山ばかりでも飽きそうなので、スナップショット的なのを少し・・・。



七里ヶ浜から江ノ電
持ってきたレンズの1本が望遠ズームでよかったとは思います。
いきなり江ノ電が来ても十分対応できました。 焦点距離280mm。

七里ヶ浜から茅ヶ崎までは、渋滞を考えるとそこそこ時間がかかりそうでしたし、
夕景を茅ヶ崎ヘッドランドで撮りたかったので移動。
ゆりえどんに「歩道橋にいるぞー!」とメールして合流です。



第一中学校歩道橋から
いつもの歩道橋からは、なんとも見事な富士山が!!
夏のこの時期に、これだけ綺麗に富士山のシルエットが見えるのは珍しいと思いますよ。
周囲には数人のカメラマンがおりました。



その犬は富士山と一緒にお留守番だった・・・


犬と女性のシルエット


セクシーヘッドランド


チームヘッドランド
海の方に移動してきました。
富士山が見えるくらいクリアーだったせいか、物凄い逆光! 太陽光!
いろんなシルエットを探してバシバシ撮りましたが、投稿できそうなのは数枚でした。
このレンズ、それほど逆光には弱くないのでよかったです。70-200mm F2.8 G SSM IIだったら最悪だったかも。



茅ヶ崎の虹
最後にまた歩道橋の上から撮ろうと思って戻ってみたら虹が出ていました。



第一中学歩道橋より
時間的にはちょうど日没の頃。
富士山は雲に隠れてしまいまして、この辺で撮影は終了という感じです。

しかし、撮影というのは来てみないとわからないという、最も分かりやすい日でありました。
ただ、何度も言うように湿度が高かったので、身体的な負荷もそれなりにあり、
定期的に車に戻ってエアコンでリフレッシュしないとキツかったです。

ゆりえどんと「夏はキツいね~」と言いながら撮ってましたが、
お土産を渡すというプロジェクトも無事終える事ができました。めでたし、めでたし。


ただいまランキング3位
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-08-23 19:00 | 撮影記 | Comments(2)

木曽 馬の里

撮影記投稿の前にこの情報をご紹介しておきます。
http://www.globaleye-world.com/2016/08/2122.html

最近、三陸沖で地震が頻発していますが、
5年前の311と状況が似ているという事で注意喚起されています。
何もないのに越した事はありませんが、気持ちの隅っこにでもメモしておくといいかもしれません。


さて、前回の投稿、御嶽山の後は 木曽馬の里 です。

自分は競馬もやりませんし、馬にあまり縁はないのですが、
広い高原に馬がいるシーンは、写真的にも良いんじゃないのかと思い足を伸ばしてみました。



木曽 馬の里
ここは駐車場も入場も無料です。
駐車場はあまり広くはないのですが、この連休でもすぐ停められたので普段は大丈夫そうです。
お客様へのお願いが書いてあり「小さなお子様は必ず手をつないでお歩きください」とあります。
小さな子供が柵をくぐって馬の背後に行ってしまい、蹴られたら大変な事になってしまうのは想像できますね。
お父さん、お母さんは気をつけてください。



木曽 馬の里


木曽 馬の里
柵越しに馬を間近に見る事ができます。
もちろん恐い動物ではありませんが、大きいのでなんか恐い(笑)
たまに「ブヒヒ~ン」とかいうし。



木曽 馬の里
柵の外にある草をむしってあげている人もいます。
柵の中にも沢山草は生えているのに、なんで人からもらって食べるんだろう?という不思議。



木曽 馬の里


木曽 馬の里


木曽 馬の里
それなりに長く生きてきたつもりですが、
馬が水を飲んでいるシーンを見たのは生まれて初めてかもしれません。
水飲み場が狭いせいか、後ろから来た馬はちゃんと並んでいました(並んでいるように見えた)



木曽 馬の里
周囲にはスマホで写真を撮っている人が多数いましたが、
ここはちゃんとしたカメラを持っている人間として、高原と馬を表現すべく気合を入れて撮影してみました。



木曽 馬の里


木曽 馬の里
24mmで撮影。
白い馬がお尻を向けているのが残念でしたが、
構図的には青い空と、背景にある木を入れる事で立体感を出してみました。
できれば2頭の馬は、真横を向いてくれるとよかったのだけど、そこは生き物だから仕方ないか・・・・
この場所の広さを表現するには、24mmより広いレンズを持っていくべきでしたね。



木曽 馬の里
小さな女の子が柵の向こう側に向かって「おうまさ~ん!」と叫んでいたのが可愛かったです(笑)




木曽 馬の里


木曽 馬の里
ここは乗馬の体験もできます。
馬に乗っていたのは子供ばかりで、おっさんが乗っているのは全く見ませんでした(笑)



木曽 馬の里
花が咲いている所を探して、前ボケで花を入れて馬を撮ってみました。
う~ん・・・高原らしい写真が撮れたかなぁ?

間近で見る馬は、目がなんとなく悲しげで何か言いたそうな感じでした。
今度行く機会があったら、人参を持って行ってあげたいような気もします。
普段、あまり動物を撮る事がないので、どう撮って良いのかよくわかりませんでしたが、
こういう時は、あまり深く考えずにシャターを切るのがいいのかもしれませんね。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-08-21 00:00 | 撮影記 | Comments(4)

御嶽山 七合目

長野県の旅行から帰ってきた早々、こんな話題が・・・

http://digicame-info.com/2016/08/a-20.html

ソニーはAマウントの開発を中止している!とか何とか・・・
まあ、出るという噂がある反面、出ないという噂もあるだけなんでしょうけど。

旅行から帰ってきて、トイレで大きい方をしたらモノの色が真っ黒で、
「あぁ・・・僕は何かの病気で近々死ぬんだな」と、まさにAマウントと共に死ぬ覚悟をしていたら、
長野で買ったワインの飲み過ぎだったというオチでした。
(お食事中の方、どうもすいません・・・)

そんな話はどうでもいいのですが、長野で撮った写真をまた投稿していきたいと思います。



御嶽山 ロープーウェイ乗り場
長野入りして二日目は「御嶽ロープーウェイ」に乗ってきました。
ここはスキーのゴンドラを夏の観光用に利用しているという感じなので、混むという事はほとんどないそうです。
一昨年、御嶽山は噴火しているので、ネットで御嶽山の情報を集めてみたところ、
今日、明日に噴火しそうという事はなさそうなので行ってみようと思った次第です。



御嶽山ロープーウェイ


御嶽山ロープーウェイ
ロープーウェイ乗り場の手前はお花畑でした。
スキーシーズンになれば、この場所も一面真っ白になってしまうのでしょうから、
この風景を見られるのは夏のシーズンという事なんでしょうね。



御嶽山 ロープーウェイ
いざ、乗り場に来ると本当にスキーのゴンドラでした。外側にはスキー板を格納する場所までそのまま。 
20代前半の頃は、よくスキーにも来ていたので懐かしい感じがしました。



御嶽山ロープーウェイ


御嶽山ロープーウェイ


御嶽山ロープーウェイ
ゴンドラの中から撮影していますが、窓のガラスが汚いうえに霧が出ているので白っぽくしか撮れません。
Lightroomでコントラストいじったりして、何とかこんな感じに現像しました。
上の方から壮観な下の景色を撮りたかったのですが、目の前は真っ白で風景写真という感じでもありません。



御嶽山ロープーウェイ


御嶽山 七合目 2150m
到着した所は七合目、標高2150mの場所でした。
きっと寒いのだろうと思い、上に着るものは持ってきていましたが、
半袖のTシャツでも全然大丈夫な感じでしたね。 長くいたら寒いかもしれないけど・・・・




御嶽山ロープーウェイ
下でチケットを買う時、七合目の山小屋までは行けますと言われました。
多分、それから上は登山者登録みたいなのが必要なんだと思います。 
どのみち、それより上に行くつもりもなかったので、七合目の山小屋まで行ってみることに。
ロープーウェイを降りて10分程度歩くみたいです。



御嶽山
山小屋までの道はこんな感じ。 とても歩きやすそう!
道には木のチップみたいなのが敷いてあって、登山というより観光客でも歩けるようになってるんでしょうな。
道の両側には熊笹があって、熊が出たら恐いな~という・・・。



御嶽山 七合目山小屋


御嶽山 七合目山小屋


御嶽山 七合目山小屋
少し歩いたら山小屋が見えました。 なんか良い感じ!
自分、長年海ばかり行っていたので、こういう山の施設とかすごく新鮮です!
もうダイビングはお腹いっぱいなところもあるので、今後は山登りしてみようかな・・・なんて思ったり。



御嶽山 七合目山小屋


御嶽山 七合目山小屋


御嶽山 七合目山小屋
中はこんな感じです。畳が敷いてあって良い雰囲気であります。



御嶽山 七合目山小屋
メニューはこんな感じ。 
特にお腹もすいてなかったのですが、車で来ているのでビール飲むわけにもいかず、
パッと目を引いた甘酒を飲んでみました。もちろんアルコールは入ってないやつです。



御嶽山 七合目


御嶽山 七合目
山小屋を出て、またロープーウェイ乗り場の方に戻る途中、
熊避けの鈴をつけて歩いている方がいたので、この人に付いて行けば安全だ!と近くを歩いていると話し掛けてきてくれたので、
しばらく話をしながら歩いていましたが、少し前に剛力さんが熊に襲われたらしく、
あ~やっぱり熊がいるんだなと思いました。
ただ、ここの道に関しては、人も沢山通るし人の臭いもついているから熊は出ないだろうと言ってましたけどね。



御嶽山 ロープーウェイ
とまあ、そんなわけでまた来たルートをゴンドラで下って行くのでした。
帰りは低い方が進行方向になるので、上りよりちょっと怖かったです(笑)



花猿亭


花猿亭
山を降りたらちょうどお昼頃だったので、何か食べようと車で移動していると偶然みつけたお店がここ。
花猿亭(かえんてい)さんです。
パスタやピザのお店で、パスタとピザのどちらを注文するか迷った挙句ピザを注文!
とても美味しかったのですが、食べるのに夢中で写真を撮り忘れました(笑)
今回は御嶽山に登ったというお話でしたが、写真は何の作品性もなく単なるおっさんの絵日記ですいません・・・

2014年9月27日に御嶽山は噴火しましたが、
その際、58名の方がお亡くなりになり、5名の方が行方不明という事で、
七合目を歩きながら「亡くなった方達もここを歩いたのかな?」と考えていました。
改めて、亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。


ただいまランキング3位になりました。ポチリありがとうございました!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-08-18 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

中山道 奈良井宿

今まで夏休みというと安曇野の方に行っていたのですが、
今回はちょっと違う方面に行ってみようと思い木曽の方に行ってみました。
毎年の悩みの種ですが、圏央道から中央道に移動する際の渋滞は酷いですね。
横浜を出て、塩尻ICまで6時間近くかかりましたよ。



奈良井宿散策
初日に宿泊予定のホテルは木曽福島のあたりなので、途中の奈良井宿に立ち寄ってみようと車を停めました。



奈良井宿 中央本線
電車で行きたいという方は、中央本線沿いに宿場町が沢山あるので電車でも行けます。
ここ奈良井宿は「奈良井」という駅が目の前にありました。
電車の時刻表を調べてみたら、だいたい30分に1本くらいは電車があるようで、
たまたま運良く電車が来たので撮影。 単線じゃないのですごい田舎ってわけではないのかも。



奈良井宿
前情報ではわからなかったのですが、何やらお祭りをやっている時に来てしまったようです。
駐車場から移動しようと思ったら、既に人が沢山いて歩行困難(笑)



奈良井宿
立派なお神輿がありました。
お神輿というと、自分の住んでいる地域は7月にやりますが、ここはお盆の時期なんでしょうかね?
地域を考えると歴史が古いんでしょうから、伝統あるお祭りのような気もします。



奈良井宿


奈良井宿


奈良井宿散策
お祭り要員の方々がどんどんやって来るので、しばらく立ち止まって撮影していました。
宿場町を背景に、それっぽい衣装は絵になりますね。



奈良井宿散策
お祭りをやっている事は知らなかったので、本来はこういう風景を撮ろうと思ってきました。
連休なので混んでいると覚悟していましたが、意外と一般の観光客は少ない印象です。



奈良井宿散策


奈良井宿


奈良井宿


奈良井宿


奈良井宿散策


奈良井宿散策
撮影システムは基本的に α7Ⅱ + 24-105mm F4 DG HSMです。
過去の経験から、レンズを沢山持ってきても結局使わないというのがわかっているので、
一番便利なズームレンズが最も機動力があります。 24-70mmだと望遠側が足りないので105mmは心強い。



奈良井 相模屋
お腹がすいたので、お昼に蕎麦を食べようとお蕎麦屋さんに入るも、
「今日はお祭りで主人がお祭りに出払ってしまっていてお休みです」と言われてしまい、
ここ 相模屋さん というお蕎麦屋さんしかやっていませんでした。



奈良井 相模屋のそば
沢山食べたかったので「二段盛り」というのを頼みましたが、
そもそも一段が少ないので二段でも微妙な量(笑) 男の人だとお腹いっぱいにはならないかも。



奈良井宿


奈良井宿


奈良井宿


奈良井宿散策
所々にあったレトロな感じの物。
赤いポストは鎌倉でもたまに見かけますが、こんな場所にあるとまた風情があります。
子供の頃はこんな電気屋さんの看板も見たような気がしますね。



奈良井宿で出会った子


奈良井宿散策


夏祭りの子供


奈良井宿散策
お祭りの日だったからかもしれませんが、地元の子供たちにも出会いました。
それぞれが皆笑顔で楽しそうなのが印象的でした。 小さな頃はお祭りが楽しみだったな~などと思いながら撮影。



奈良井宿
ここ奈良井宿は長さが1kmほどあるので、駐車場から往復しながら撮影するという事になります。
1kmは長いと思ったのですが、歩きながら撮影していると意外と短く感じました。
戻りながらもう少し撮ってみましょう。



奈良井宿


奈良井宿


奈良井宿


奈良井宿散策
軒先にある花も綺麗でした。
撮影しながら思ったのは70-200mm F2.8 G SSM IIがあればよかった・・・です。
少し長いレンズで道のりを圧縮して撮影すると、宿場町の雰囲気を表現できたと思います。
しかしまあ、持ってこなかったんだから仕方ない。 現場と機材ってのはだいたいそんなものです。



奈良井宿
途中で見かけたので立ち止まって読みました。
なんとも説得力のあるお言葉! 人生は自分自身を尊敬できるように生きなくてはならないようです。



木曽大橋
そんなわけで宿場町を2時間くらいはウロウロしたでしょうか?
最後に木曽の大橋を撮影してこの場を後にしました。

ホテルに入って、夜は星を撮ろうと思っていましたが雲に覆われて撃沈。
仕方ないのでホテルの窓から風景だけ撮りました。
ホテルの窓から
ホテルの窓にカメラを置いて、真っ暗な外を7分間露光して撮影。
向こう側にコテージみたいなのがあるので灯りがあります。
山の天気は短時間でコロコロ変わるので難しいですね。 一瞬でも星が出てくれればよかったんですが・・・。


ただいまランキング4位! ポチリよろしくお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-08-15 13:00 | 撮影記 | Comments(2)

8月12日から・・・

あまりにも暑くて嫌になったので、明日、12日から涼しい長野県の山の上に避難する事にします。
星が撮れそうならチャレンジしてみようかと思っていますが、
明るい広角レンズといえば、Distagon T* 24mm F2 ZA SSMしか持っていない事に気が付きまして、
仕方ないのでこれを持って行きますが、
きっと夜は飲んでしまい、星が撮れるかどうかはそこが難関です(笑)

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-08-11 20:50 | その他 | Comments(6)

Sonnar T* 135mm F1.8 ZAだけで横浜散歩

いや~毎日暑いですな。
仕事が休みでも、昼間はカメラを持って外に出ようなどと思えませんです。
夜になったら少しはマシだろうと思い、頑張って表に出て散歩がてら横浜を歩いてみました。
荷物が多くて重いのも嫌だったので、この日はα7ⅡにSonnar T* 135mm F1.8 ZAだけ!

だいたい散歩に持っていくレンズなら、標準ズームか50mmくらいの単焦点がいいんでしょうけど、
ここはあえて、使いにくそうな135mm単焦点という事で・・・・



横浜スナップ
山下公園に着いた時刻がちょうど日没の頃。 空はまだ薄っすらと明るい感じでしたが、
このレンズ、薄暗い程度でも既にAFが使い物になりません(笑) 
ボディ側にも問題はあるんですが、迷いに迷って行ったり来たり・・・
仕方ないのでMFのみでいく事にしました。



横浜スナップ
しかしまあ、この暑いのに山下公園はすごい人ですわな。
少しでも涼しくなってから外出しようという人達なんでしょうかね?
観覧車の時計を見るとちょうど19:00です。



横浜スナップ
氷川丸の背景も良い感じです。
ノッチ師匠いわく手前の「氷川丸 重要文化財へ!」は、写真を撮る際に邪魔なんだそうです。
確かに写真としては、ない方がいいとは思いますね。



横浜スナップ


横浜スナップ
ここのカモメ、たいていこの場所にいるのですが、
体が白いのに、背景の船が黒いので露出が難しいんですよね。
大抵は背景の黒に引っ張られて、カモメが白く飛んでしまうってのがパターンです。



横浜スナップ
Exif見ると19:18です。数分で急に暗くなります。
三脚を持ってきていないので全部手持ちですが、この時点でISO1250程度。



横浜スナップ


横浜スナップ
玉ボケを作れるような構図を撮ってみました。
135mm F2.8 [T4.5] STFは画角全域で綺麗なまん丸のボケになりますが、
Sonnar T* 135mm F1.8 ZAは画角の端の方でラグビーボールになりますね。
点光源のボケは135mm F2.8 [T4.5] STFの方が綺麗だと個人的には思います。



DSC08400
山下公園を出てプロムナードへ!
前を歩いている人達、なんであんなに固まって歩いてるんだろう?(笑)



横浜スナップ
プロムナードの上から大桟橋埠頭方面。
ロイヤルウイングしか停泊してなかったので、いつもの大桟橋埠頭です。



横浜スナップ


横浜スナップ


横浜スナップ
プロムナードを降りて象の鼻パークへ!
ここに来るとバイクや自転車を撮ってしまうというのは定番です。



横浜スナップ
この辺り、なんか人が沢山いるな~と思っていたら、クルーズ船が出るのを待っていた人達みたいでした。
夏の夜に海に出たら気持ちいい・・・と思うかもしれませんが、
船には嫌というほと乗った自分からすると、夏の夜に船に乗ったら潮風でベタベタになります。はい。



横浜スナップ
横浜赤レンガ倉庫は今、viva la FARM!! RED BRICK Paradise というイベントをやっています。
南国ムードのエリアがあって、そこで飲食をするんですな。



赤レンガ倉庫 viva la FARM!! RED BRICK Paradise


赤レンガ倉庫 viva la FARM!! RED BRICK Paradise


赤レンガ倉庫 viva la FARM!! RED BRICK Paradise


赤レンガ倉庫 viva la FARM!! RED BRICK Paradise


赤レンガ倉庫 viva la FARM!! RED BRICK Paradise
135mmなんてレンズを持ってきても、あまり撮れるようなものがありませんでした。
こういう場所はやっぱり50mmくらいが妥当な感じです。
天井からミストを噴射している箇所があって、カメラが濡れてしまうというのがありましたので、
これから行く人は気をつけてください。



横浜スナップ
赤レンガ倉庫を出てワールドポーターズの前を通り・・・・



横浜スナップ
汽車道へと・・・



横浜スナップ
右手には結婚式場と屋形船。 
夜になってもやっぱり暑い・・・結構汗かいてました。



横浜スナップ
ようやく夏の夜の散歩も終盤を迎え・・・



横浜スナップ
無事に桜木町駅に到着です。
最後まで読んでいただいた皆様、どうもありがとうございました。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村
[PR]
by momoken805947 | 2016-08-07 12:30 | 撮影記 | Comments(2)

三渓園 早朝観蓮会に行ってきました

花の撮影にはそれほど積極的ではないのですが、
夏は昼間は暑いので、早朝なら行動できるかな?と思い三渓園の早朝観蓮会に行ってみる事にしました。
朝6時に開園という事で5時起きです。



三渓園 早朝観蓮会
先日、写真コンテストで賞をいただいた写真と同じ場所から撮影。
桜のライトアップとは全然雰囲気が違いますな(笑)



三渓園 桜ライトアップ
http://momoken819.exblog.jp/24512683/



三渓園 早朝観蓮会
植物の事は全く知識がなく、蓮がどういう場所で、どういう状態で咲いているのかも知りません。
行ってみると手前の花は撮りやすいのですが、奥の方にあるのは400mmのレンズじゃないと無理ですね。
この日は久々にα99を持ち出しました。



三渓園 早朝観蓮会
花の繊細さを表現するにはα7RⅡがいいと思い持ち出しました。レンズは70-200mm F2.8 G SSM IIです。
この組み合わせは個人的にはお気に入り! 9月に発売になると言われるSEL70-200mm GMはあまり必要だとは思えません。



三渓園 早朝観蓮会


三渓園 早朝観蓮会


三渓園 早朝観蓮会
当日の予報は曇りから雨だったのですが、実際は太陽が出てかなりいいお天気。
日の当たる所はコントラストがキツイので避け、なるべく光の弱い部分にある蓮を狙いました。



三渓園 早朝観蓮会
この日は久しぶりに135mm F2.8 [T4.5] STFを持ってきましたです。
完全にMFでしか使えないレンズですが、さすがにそこそこ長くやっているのでピントは合わせられます(笑)
いつ使っても関心しますが、やはり背景のボケは綺麗に出ますよね。
このレンズはほとんど使う機会がないのに、手放したくないレンズのベスト3には入りますよ。



三渓園 早朝観蓮会


三渓園 早朝観蓮会


三渓園 早朝観蓮会
上で書いたように、あまり持ち出すことがないので未だに使いこなせていません。
ボケの美しさがウリのレンズですが、合焦したところのシャープさは最先端のレンズにも負けませんね。
ただ、逆光に弱く、すぐパープルフリンジが出るので夕景の撮影なんかには向いていない気がします。



蓮の葉がステージ
シグマの24-105mm F4 DG HSMも持参。 蓮の葉の上に花びらが落ちていました。

どう撮ったらいいのかよくわからず、考えている時間の方が長かったかもしれませんが、
なんだかんだと1時間くらい撮影して帰りました。

花も思い通りに撮れたら楽しいのでしょうが、なかなかうまくいかないですね。
良いボディと良いレンズを持っていけばなんとかなる!と思いたい自分もいるのですが、
やはり道具でカバーできる範囲は、撮る人を超える事はないようです。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-08-02 00:06 | 撮影記 | Comments(2)