<   2016年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

三浦海岸の河津桜

この週末は横浜でCP+2016が開催されていますが、
ネットで情報を見る限り、混んでいてえらいことになっているようですね。
シグマなんて30分待ちとからしく、そんな場所に行ってエネルギー使うのも個人的には不本意。
せっかくソニーさんから招待状をいただきましたが行くのを辞めました。
新製品は焦らなくても、発売されればヨドバシカメラあたりで見れますから。

そんなわけで2月最後の土曜日は、三浦の河津桜の撮影レポートです。
植物の事はあまり詳しくないのですが、この河津桜というのは普通の桜よりも早く咲くので今の時期が満開です。
正直、桜とか紫陽花みたいな写真は、もっと爺さんになってからでもいいかな?と思っているのですが、
今の時期、他に撮りたいというものも特になく、三浦は近いので電車に乗って行ってみました。



三浦海岸の河津桜


三浦海岸の河津桜
電車も混んでいて、三浦海岸駅に到着すると乗客が全員ここで降りる感じでした。
駅前からすでに河津桜一色という感じで、ここも人、人、人・・・・・。
これならCP+に行ってもあまり変わらなかったかな?と思うと・・・・



三浦海岸の河津桜


三浦海岸の河津桜
駅前から既にカメラマンが沢山おりまして、どうせ撮るならおっさんの後ろ姿よりカメラ女子。
若い女性が持っているカメラをチェックしてみると、ニコン、キヤノン、オリンパスという感じですね。
ソニーのカメラを持っているカメラ女子はあまり見ません。



三浦海岸の河津桜


三浦海岸の河津桜
桜まつりの会場に向かう道は線路沿いを歩く感じなのですが、
河津桜と菜の花のコラボでとても綺麗でした。ただ、歩道が狭く人が多いので立ち止まるのが困難。
花壇の縁に立ち位置を確保して、何とか撮影するという感じです。
週末はどこに行っても撮影は制約が多くて難しい・・・



三浦海岸の河津桜
線路側には金網があるので、間に入ってしまうのは仕方ないですね。
それでも10分おきくらいに電車が来るので、少し待って連写で狙ってみました。
たまに青い車両も来るのですが、近くにいたカメラ女子二人組は青い電車待ちだったようです。



三浦海岸の河津桜
少し開けて道を上から見下ろせる場所に出ました。ここから電車を撮ると様になりますね。
撮り鉄の人も多かったように思いますが、そういう方達は400mmくらいのを持ってましたね。
自分は今日はVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM と FE 90mm F2.8 Macro G OSS だけです。



三浦海岸の河津桜
橋を渡って、ちょうど橋の柵が切れた所から狙いました。
高い位置なので、桜の木の上がちょうど目の前に来る感じの良い場所です。
ここでも電車がやってくるのを待ち、置きピンで連写!
自分でも気がつかないうちに撮り鉄になっていました(笑)



三浦海岸の河津桜
小松ヶ池にやってきました。
屋台などが出ているので人も多かったです。日本語じゃない言語も飛び交っていました(笑)
河津桜は満開という事なので、今が一番いい時期なんでしょうね。
久しぶりにVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMを持ち出しましたが、
このレンズ、やはり高いだけあってそれなりに写りますね。 GM買おうかと思ったけどこれでいいかな?とも思います。



小松ヶ池の猫
毎度の事になってきましたが猫ちゃん発見!
ここには沢山猫がいました。 猫が好きな方はカメラを持って行ってみるといいかもしれません。
慣れているので逃げないし、触っても大丈夫みたいでした。



三浦大根畑
三浦といえば大根です。
ここは大根畑ですが、空が綺麗に青かったので風景として切り取ってみました。
後ろでは大根を自分で抜いて買っていくというのをやっていて、農家の方が忙しそうに接客してましたよ。
小さな子供が大根を抜くシーンを撮ろうと思ったのですが、
どうもアングルが悪くて撮れず、少し待ちましたがいいのが撮れませんでした。残念。

ほぼ3時間近く歩き続けて一周したので、そろそろ帰ろうと駅の方に戻ります。



三浦海岸の河津桜
駅に戻ると相変わらずすごい人でしたが、到着した午前中ほどではなかったかな?
桜の木の下のベンチに座るお姉さんとか、



三浦海岸の河津桜
桜の木の下のラブラブカップルを尻目に電車に乗って帰宅。

結局、CP+に行っても、三浦海岸に行っても人混みは同じだった週末でありました。
しかし、桜の花を見ると、もう春だな~という気になりましたし、ちょっとお散歩程度だと思えば良い場所ですね。
来年もまた機会があれば来てみたいと思います。


ただいま5位です
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-02-27 19:22 | 撮影記 | Comments(0)

またやってしまった! 鎌倉材木座海岸

2月20日の土曜日は、天気予報で風速35mの風が吹くという事だったので、
「まるで台風じゃないか!」と緊張していたら、全然そんな風は吹かないし雨も少ししか降りませんでした。
最近、天気予報が(?)という事が多く、これも地球の何かが狂ってきたせいかもしれません。

この日は横浜中華街でパレードがある予定だったので、
カメラ片手に行ってこようと計画していましたが、どうやら雨のせいでパレードそのものが中止だったようです。

明けて翌日21日(日)は、雲は多いながらも晴れましたので、
カメラを持ってどこかに行こうと、渋滞情報を見たらどこも真っ赤っ赤!
江ノ島方面が混んでいるのはいつもの事でしたが、
葉山方面も混雑していて、これはきっと昨日の天気が悪かったせい・・・。

仕方ないので渋滞に巻き込まれない場所と考え、
近くまで裏道で行ける鎌倉の材木座海岸に行ってみる事にしました。



波打ち際サーファー
東の空の方はあまり雲がなかったのですが、
南から西方面は雲がどんよりで、スカッとした天気というわけにはいきませんでした。
それでもたまに雲の切れ間から、太陽の光が差し込むので基本的にはいい天気なんでしょう。

本日の機材 α99 + 70-400mm F4-5.6 G SSMII  と  α57 + DT16-50mm F2.8 SSM だったのですが、
α57の方で撮影していたら、ファインダーの中に NO CARDの表示。
「うわっ!またやってしまった!」 たまにSDカード入れ忘れて持ってきてしまうんですよ。
ここ2年くらいやってなかったのですが、久しぶりにやってしまいました。

いつもだとコンビニにSDカードを買いに行くのですが、
今回はα99だけで頑張るからいいやと思い、α57はバッグの中にしまって諦めました。


光のシャワー
雲の切れ間から太陽光が差し込むと、天使の梯子といわれる光のシャワーが降りました。
この光のシャワーだけ撮っても仕方ないので、どこかにいい脇役はいないか探したら自転車があったので、
これにピンを合わせ、はい構図の出来上がり(笑)



ちょっとだけよ
材木座海岸には漁師の船が置いてあり、その周辺に猫がひなたぼっこしてました。
この写真、400mmで撮影しているのですが、どうしてもAFだと猫の顔に合焦せず、
仕方なくMFでフォーカスしてます。 至近距離からの400mmは合焦精度悪いのかなぁ。

この写真のタイトルを
「ちょっとだけよ」 にしたところ、
「アンタも好きねぇ」というコメントをいただいたので、
きっとこの方も同じ世代なんだな・・・と思ったらおかしくなりました。
今の若い人には、このギャグは通じないでしょうからねぇ。



サーファー信号待ち
サーフボードを持って、街中を歩いている人の風景は湘南独特なものですね。
長野の山の中では絶対に見れないと思うので(笑)
2月といえば真冬ですが、足元はビーチサンダルですし。
僕らダイバーも人の事は言えませんが、好きな事をやっているとなぜか寒さも平気なんですよ。



サーファー撤収


仲良しサーファー
だんだん日が沈んで来ると、海から上がってくるサーファーがいるのでそれ狙いです。
サーフボードは意外と大きいので、いいシルエットになるかどうかは微妙です。
この手の写真は沢山撮っても、ここに投稿してもいいようなのがあまり撮れません。
構図がワンパターンというのもあり、このあたりは改善の余地ありです。



黄金色の犬


黄金色の犬


黄金色の犬
波打ち際でボール遊びをしている犬と出会ったので狙いました。
犬のシルエットは人よりも動きがあり、躍動感が感じられるのでいいですね。
動きが早いのでα99のAF-Dで連写です。 カメラの機能はなるべく使いこなしたいので、
常にベストな設定を心がけたいものです。



波打ち際のしましま
ちょっと視点を変えて、波打ち際の砂紋を撮ってみました。
水の染みこんだ感じとか、光の当たっているところの砂の感じがよく描写されていると思います。
最近のカメラとレンズはすごいですね。



ウインドサーフィン
ここでは少数派なのか、あまり見ないウインドサーフィン。
ただ撮ってもつまらないので、低い目線から手前の波を入れて撮影してみました。
これで少し遠近感が出たかな? 



夕日と漁船


夕日と漁船


夕日と漁船
雲が低い場所にあるので、そろそろ夕日が見えなくなると思い漁船と一緒に撮影。
本当は35mmくらいで撮りたかったのですが、SDカードを入れ忘れたα57がうらめしい。
α99と70-400mm F4-5.6 G SSMIIは、最短が70mmなので頑張って後ろに下がるしかありませんでした。

何となく構図が窮屈な感じなのはそのせいです(笑)
ま、これはこれでいいとは思いますが・・・。

この後、暗くなったら立石の方に行ってみようと思っていたのですが、
この日は波が高く、波が高いと立石は飛沫がすごいので行くのをやめました。
カメラとレンズに潮をかぶると悲しいですからね。
立石は違う日に行ってみます。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-02-23 19:00 | 撮影記 | Comments(0)

強風のバレンタインデー 真名瀬漁港、森戸海岸

ここのところ、週末というと大荒れの天気みたいなのばかりで、
週末は呪われていると周囲には言っていますが、この週末もやはり呪われていました。

バレンタインデーの14日も強風で大荒れだったのですが、
午後になって天気は回復、風もいくらか収まった感じだったので森戸の方に行ってみる事にしました。



真名瀬漁港


真名瀬漁港
風が強いと雲が少ない事が多いのですが、この日は雲が多い上に厚かったですね。
長らくダイビングをしてきたので、海で風が強いのには慣れています。
波はそれなりにありましたが、これから潜るというわけでもないので問題は何もありません。



パパ!あれ見て!
最初は森戸神社の方ではなく、森戸海岸の方に行ってみました。
海岸から海を見て左側に防波堤があるのですが、そこに人がいると面白いシルエットが撮れる事があるので、
たいていはそこにカメラを向けて粘る事が多いです。
こんなに風の強い日に、小さな子供を防波堤に連れて行く大人はどうかと思いますが、
彼女の指差す方に何があるのか気になりますね。 写真的にはなびいている髪の毛が良い感じです。



春一番の森戸海岸
夕日とカップルを構図に入れてみました。これがこの日のベストショットかな?
この日の機材、 α7Ⅱ + 70-300mm F4.5-5.6 G SSM です。 マウントアダプターはLA-EA4。
LA-EA3はAFこそ使えるものの、速度が全然出ないのでNGです。



森戸海岸
海岸から見ると、ちょうど沖にある鳥居に夕日が沈む感じだったのですが、
雲のせいでそれもハッキリせず、鳥居の上にまん丸太陽の写真は撮れませんでした。
波が高かったので数人のサーファーがいましたが、日が暮れてきたので海からあがってきておりました。



森戸海岸
神社の方に移動しました。
大層な機材を持ち込んで撮影している方がおりましたが、富士山は全く見えないし、諦めたのか撤収している模様です。
後ろにいた奥様(?)も、その雰囲気から残念そう・・・・
自分も三脚は持っていましたが、これでは撮るものが何もないので出すこともなく撤収です。



真名瀬バス停


真名瀬バス停
いつも前を通る真名瀬のバス停。
このバス停、なんか寂しげで味があるので、一度撮ってみようとここで三脚を出しました。
持っていたレンズの最短が70mmだったので、道の反対側から撮らないとならず、
車が来ないタイミングを見計らって撮影です。 
レンズの関係で構図が限定的でしたが、次は35mmくらいで撮ってみたいですね。



真名瀬漁港
今回の撮影は風も強く、条件もあまりよくなかったのでテンションも上がりませんでしたし、
正直、無理やり撮るものを探して撮った感じなので微妙でした(笑)
最後に薄暗くなった漁港を写して帰るべ・・・と。

帰ってから機材の砂を落とすのがちょっと大変でした。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-02-20 22:16 | 撮影記 | Comments(0)

ソニーがα6300と、Gマスターシリーズの3本のレンズを国内で正式発表

ソニーがα6300と、Gマスターシリーズの3本のレンズを国内で正式発表しました。

価格については、多くの予想がそのままという感じですが、
α6300が13万円くらいという事なので、α6000の倍くらいと考えてよいのでしょう。
個人的に思うのは、細かい部分の進化はあれど、倍の値段になるのはどうなのかと。

要するにα7RⅡもそうですが、
今の時期に投入されてきている機能といえば4K動画ですが、
このターニングポイントのせいで、新機種は価格が2倍とか3倍になっている気がしてなりません。
少しして4K動画機能なんて、コンデジにも普通についている・・という風になると、
カメラ本体の価格も下がってくるんでしょうかね?

4K動画を主として撮る人にとっては「安い!」というイメージのようですが、
動画なんて全然撮らないから、動画機能は省いてもらってもいいという人にとっては「高い」んでしょうね。
素人考えで「カメラから動画機能を省いたらコストダウンできて安くなるのでは?」と思うのですが、
巷の意見はそうではないようで、動画機能を省いてもそれほど安くはならないそうです。
ま、これも本当かどうかわかりません。
動画機能を省いたら、実は相当安くなるなどと認めれば、
写真しか撮らないユーザーの反発も大きいでしょうから、こういうのは世の中にありがちな嘘かも・・・とは思います。

今となってはカメラに動画機能が搭載されているのは当たり前になっていますが、
少し前は動画はビデオで撮るものだったので、カメラは写真、ビデオは動画という住み分けで良い気がします。
確かにカメラに動画機能がついていると便利な事もあって、
特に水中での撮影は便利だと思いましたね。 

昔は馬鹿でかいビデオハウジングを持って海に入りましたが、
ここ数年はコンデジをハウジングに入れるだけで、HDビデオが簡単に撮れるんですから。
時代の進歩はすごいと感動しましたが、ハード的なカテゴリとしてややこしいと思う部分もあります。


FE24-70mm F2.8 GM

このレンズ気になりますね。

そもそも今回のGMは、Gマスターという新しいブランドというか、位置づけの物みたいですから、
今までのGレンズよりひとつ上の物になってくるのでしょう。
気になる値段は27万8千円(税別)という事なので、消費税を払うと30万超えです。
おそらく量販店だと25万円くらいになるのでしょうが、それでも「おお~安くてよかったぁ」とは言えないですよ。

とはいえ、おそらくこのレンズ、ユーザーが使い始めたら、あっという間に「これはすごい!」と広がると思います。
そのくらい最初からオーラが出てると思います。
このレンズの噂が出た時、Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMを売って(10万にもならないと思うけど)
差額分は出すという事で購入するつもりでいましたが、
今、頭の中にあるのは、そろそろソニーシステムと決別するかどうか?という事なので、
しばらく考えてから結論を出したいと思います。

まずはAマウントの行方次第ですけどね。
α99Ⅱが出るなら、今後数年間はAシステムでいきたいとは思いますが、
Aをうやむやにする会社だとすると、Eも売れなくなったらうやむやにしかねません。

そういう意味でリコーのPENTAXは、派手さはありませんが硬派なイメージはありますね。
PENTAXもフルサイズK-1を発表しましたし、意外とAマウントユーザーはそちらに移動するかもしれません。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-02-19 17:00 | Eマウントボディ | Comments(0)

富士山と稲村ヶ崎

江ノ島サンライズから吾妻山公園、そして同日最後の撮影は稲村ヶ崎です。
同級生と出会った吾妻山をお昼頃下山しましたが、睡眠不足のせいで眠くなり数分車の中で仮眠。
夕方はまたYurieどんと合流の予定なので、Yurieどんにメールし「午後3時頃迎えに行きます」と伝えました。

茅ヶ崎に向かう途中、西湘バイパスを大磯港で降りたのですが、
大磯港に撮影に来たことがなかったので、時間もまだあるしどんな感じなのか立ち寄ってみる事にしました。



大磯港
ここは堤防が広いので釣りの人が多いですね。
とりあえずこの時期は、夕日の沈む方向に良い構図があるというわけでもなさそうです。



大磯港
山の上に見えているのは湘南平の鉄塔ですね。
ま、大磯港に来ました~っていう証拠写真で、な~んの作品性もありません(笑)



大磯港


大磯港
港に上げられていた船の上の方にカモメがいました。
長いレンズをつけていたので撮ってみただけなんですけどね(笑)
Yurieどんを迎えに行くまでの、ちょっとした時間つぶしでした。



稲村ヶ崎 夕景


稲村ヶ崎 夕景
場面は突然変わりますが稲村ヶ崎です。
昼間、吾妻山公園からは富士山クッキリでしたが、この時間はすっかり霞んでよく富士山は見えません。
普段から通っている場所なので、ここにカメラ持ってくるとホッとしますな。



稲村ヶ崎 駐車場
他の人の写真ではあまり見ませんが、個人的には目の前の駐車場は面白い構図だと思うんですよね。
白っぽい車がいると台無しでしたが、この時は黒っぽい車が並んでいて渋い感じでした。
手前の青っぽいのは・・・・いなくてもよかったな(笑)
しかし、これを見て思うのは、最近の車はみんな同じ顔で個性がないですね。



稲村ヶ崎 夕景
夕日をスマホで撮影するカップルです。
道の反対側から撮影しているので、目の前を車がビュンビュン走っていきます。
その車の合間を縫うように撮影したのがこれ。結構これが難しいんだな。



稲村ヶ崎 夕景
日没後は三脚を取り出して撮影です。
日が沈むと富士山はシルエットになって浮かび上がってきます。
撮影は久々のα99です。解像力ではα7Rの方が上かもしれませんが、
色が綺麗なのはα99ではないかと勝手に思っています。やっぱりAマウント最高ですな。



稲村ヶ崎 夕景
砂浜を歩くカップルを構図に入れてみました。



稲村ヶ崎 夕景
手前の道路を入れて富士山をアップに。



稲村ヶ崎 夕景
最後はアスペクト比16:9で撮ってみました。
少し空が狭くなりましたが、こちらの横長の方がしっくるくるような気もします。

ここ3回の投稿は、全て2/11の内容でありました。
朝4時に起床してヘッドランドから江ノ島の日の出を撮り、昼間は吾妻山公園、夕方から夜は稲村ヶ崎でした。
帰宅したのは午後9時頃でしたが、すぐに風呂に入りカメラ機材も片付けず寝てしまいました(笑)

たまにはこんな格闘技みたいな撮影も楽しいものです。
またそのうちやってみましょう!


ただいま3位
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-02-18 13:00 | 撮影記 | Comments(2)

同級生とバッタリ出会った吾妻山公園

前回の投稿、茅ヶ崎ヘッドランドから江ノ島サンライズを撮る! PART2からの続きとなります。
続きというか、同じ日の行動なので続きでいいでしょう。

吾妻山公園の駐車場はAM8:30からという事で、
茅ヶ崎ヘッドランドからナビで検索してみると、だいたい30分くらいの道のり。
駐車場オープンのAM8:30に車を停め、機材を持って吾妻山に登りました。



吾妻山公園の階段
前回の写真の引用ですが、またしてもこの階段を登るわけです。
前回はお昼頃に階段だったので汗びっしょりでしたが、今回は早朝という事もあり寒くて暑くはありませんでした。
今回はこの階段にも慣れたのか、それほど大変だったという感じでもありませんね。
人間は環境に順応する生き物なのであります(笑)



晴天の吾妻山公園
頂上に着くとお天気は絶好調! 太陽サンサンとしていました!
この時持っていた機材は α99 + 70-300mm F4.5-5.6 G SSM と α7R + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS です。
望遠の70-300mm F4.5-5.6 G SSMは、荷物を軽くしたい時はベストな選択です。

上の写真はα7Rで撮影。 さすが太陽を撮るレンズVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSです。
太陽の光芒が素晴らしい!!



吾妻山公園からの富士山
そして富士山もクッキリ!!
朝早いせいか、人もまばらで気持よく撮影できました。
やっぱり誰よりも早く行動するって大切だと思いました。早起きは三文の徳。



菜の花咲く吾妻山公園


菜の花咲く吾妻山公園


菜の花咲く吾妻山公園
菜の花とのコラボ。
こういう撮影はカメラに関しての知識が多少必要ですね。
菜の花か富士山をぼかしてしまうなら問題ありませんが、
3枚目のように全体をカッチリさせたい場合は被写界深度を考えて絞らないといけません。
3枚目はF25です。 この事を考慮していたので三脚持参でありました。
この時のシャッタースピードは 1/40 です。 手持ちではちょっとキツかったでしょうね。
確実に回析現象はあるはずなので、解像力は落ちているんでしょうが無問題でしょう。



吾妻山公園からの富士山


晴天の吾妻山公園
人を入れた風景を撮ってみました。
上は年配の方達がのんびり座っている風景、下は小学生が絵を描いている風景です。
空が青いというだけで気持ちいいですねー!



吾妻山公園のチャミちゃん
前回来た時に出会った猫、チャミちゃんに再会できました。
前回は富士山が全く見えなかったので、今回はチャミ&富士でいきたいと思います。



吾妻山公園のチャミちゃん


吾妻山公園のチャミちゃん
チャミちゃんも背景が富士山だとポイント高いですね。



吾妻山公園のチャミちゃん
相模湾を一望する壮大な風景をバックにしてみました。
こんなワイルドな猫ちゃんは、日本中探してもチャミちゃんがナンバーワンでしょう!(笑)
この後、飼い主さんにブログのURLを書いた名刺をお渡ししまして、
チャミちゃんの写真投稿してまっせー!見てくださいねー!とお伝えしておきました。
見てくれているかなぁ。 見ていたらコメントくださいね~。

チャミちゃんの写真を撮っていたら、誰かが後ろから声をかけてきました。
振り返ってみたら、なんと中学時代の同級生(女性)でした(笑)
彼女とは昨年の春に同窓会で会ったばかりなのですが、まさかこんな山の上で再会するとは!

e0341572_20430458.jpg
そんなわけで一緒に写真撮ろうよ!と言って記念撮影。
顔出しNGでよろしく!という事なので、自分の顔も含めてNGにしておきました。
イケメンをお伝えできなくて残念ですが、昔のダイビングの生徒さんに見られると小っ恥ずかしいので・・・(笑)

友人は旦那さんと一緒に来ていて、家がこの場所に近いことからたまに遊びに来るそうです。
彼女は昔から気さくで良い人なので、好きな友人の一人なのですが、
初対面の旦那さんも明るくて気さくな良い人でした。 旦那様!見ていたらまたお会いしましょう(笑)



晴天の吾妻山公園
友人とは小一時間立ち話でしたが、お昼ごはんを食べるということで別れ、
自分もそろそろ下山しようと振り返ると、木の上に太陽があったので 「む!これはいい構図!」と思い1枚。
背景は相模湾の水平線、ここは登るのが大変だけど良い場所であります。


ただいまランキング4位です!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-02-15 18:00 | 撮影記 | Comments(2)

茅ヶ崎ヘッドランドから江ノ島サンライズを撮る! PART2

昨年の11月、茅ヶ崎ヘッドランドから江ノ島に登る日の出を撮影しにいきました。
http://momoken819.exblog.jp/23845823/

この時は雲に阻まれて朝日は見れなかったので、今回はその時のリベンジという事で再挑戦です!
茅ヶ崎ヘッドランドはYurieどんの庭なので、勝手に行ったら怒られると思いYurieどんの許可を得て一緒に行きました(笑)



江ノ島夜明け前
朝日を撮る場合は、日の出1時間前には現地で準備しておきたいのです。
最近の日の出時刻は6時30分くらいなので、この日は4時に起床、5時30分には三脚を立ててスタンバイです。
システムは望遠に有利なα6000 + 70-400mm F4-5.6 G SSMII です。
写真は夜明け1時間前、露光時間約1分。



茅ヶ崎ヘッドランドの夜明け前


夜明けのカメラマン
世の中には同じことを考えている人というのはいるもので、日の出前からカメラ片手にウロウロしている人達がいます。
Yurieどんはこの場所でカメラを持っているおじさん数名と仲良しなので、早朝からあーだ、こーだと立ち話しておりました。
おじさんの一人がソニーのカメラを使っていましたが、手持ちでバシバシ撮ってるので聞いてみると、
「ISO3200だよ!」と・・・・(笑)



江ノ島夜明け前
この日は波がほとんどなく、サーファーが全くいませんでした。
日の出1時間前に来る理由は、空が青色と赤色に染まるマジックアワーを撮りたいからです。
自分で撮っておきながらつくづく 「墨絵のようだな~」 と思います。



茅ヶ崎ヘッドランドからの富士山
振り返ると富士山が姿を現しました。まだ太陽が出ていないので、薄っすら青がかっております。
実はこの日、ここでの撮影が終わったら、先日天気が悪くて条件の悪かった吾妻山公園に行く予定です。
この段階で富士山がクッキリ見えると期待できます。



江ノ島日の出直前
江ノ島の背景が燃えるようなオレンジ色になってきました。太陽がすぐ後ろに迫っていて、発射準備段階に入ってきました。
ファインダーを覗きながら太陽が顔を出す瞬間を待ちます。



江ノ島日の出
朝日が顔を出しました。
昼間、太陽の動くのが速いなどと実感する事はありませんが、
ここからの太陽の動きは予想外に速く、のんびりしているとどんどん登ってきてしまいます。
カメラはプレビューやノイズリダクションは切っておきましょう。
そんな設定にしていると、太陽の動きについていくのは不可能であります。



江ノ島日の出


江ノ島日の出


江ノ島日の出


茅ヶ崎ヘッドランドからの江ノ島サンライズ
江ノ島シーキャンドルが朝日に飲み込まれました。
本当は上に刺さるような位置で撮りたかったのだけど、今回もまたシーキャンドルの真後ろの位置です。
こう見ると本当に太陽ってすげーな。



江ノ島日の出
太陽はぐんぐん右に移動し、シーキャンドルから逸れていきました。
上の方に雲があるけど、これがもう少し低かったら日の出も見れなかったでしょうね。
これも自分の普段の行いが良いせいとしか考えられません。



茅ヶ崎ヘッドランドの朝
波打ち際にいたカップルも朝陽を眺めておりました。
こうして江ノ島のシルエットを見ると、なんかクジラが水面にいるみたいだな~と思います。
ちなみにYurieどんは、雲の形を何かに見える!という想像力が天才的。
そのうち雲を撮影して、これは何に見えるシリーズやりたいと思います。



茅ヶ崎ヘッドランドからの早朝富士
富士山は頭の方だけが太陽の光を浴びて、薄っすら紫色になっておりました。
朝の風景は本当にドラマチックだと思いますよ。 ロマンちっくな自分が言うのだから間違いありません(笑)



茅ヶ崎ヘッドランドの夜明け

この後、Yurieどんとバイバイして、自分は吾妻山公園を目指して二宮の方に移動しました。
富士山は朝のうちが勝負!! 今日こそ菜の花と富士山のコラボを撮るぞ!と意気込んでいましたが、
何しろ朝4時に起床、3時間しか寝ていない状態なのでちょっと弱気だったのは歳のせいでしょうか?



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-02-12 18:00 | 撮影記 | Comments(4)

茅ヶ崎漁港の夕景

前回の投稿、吾妻山公園の続きがあるとは一言も書いておりませんでしたが、
この日は後半がありましてその続きです。

吾妻山公園のある二宮から車に乗って移動。二宮は雨が降ってきましたが、
茅ヶ崎方面に移動していくと湘南大橋あたりは青空です。
これはどこかで久々に夕景が撮れるという事でYurieどんに出動命令!(笑)

どこに行くか決めてもらったところ、茅ヶ崎漁港に行こうという事になりました。
しかし、Yurieどんはα7Rもα6000も持ってこず、RX100のみ持参というやる気のなさ?



茅ヶ崎漁港
二宮では雨が降ってましたが、茅ヶ崎漁港は雲はあれど太陽も出ていました。
Yurieどんは「私が晴れ女だからだ」と言っていましたが、それは違うと全力で否定しておきました(笑)



帰路
太陽はまだ少し高い位置にありましたが、向こう側の防波堤に人が歩いていたので構図を決めてみました。
システムは α7Ⅱ + 70-200mm F2.8 G SSM IIです。
夕陽を撮るつもりではなかったので、70-200mm F2.8 G SSM IIを持ってきてしまいましたが、
このレンズは最悪なくらい逆光に弱いので夕陽は苦手です。
写真を見るとゴーストがありませんが、これはLightroomで消した結果であります。



茅ヶ崎漁港


茅ヶ崎漁港


茅ヶ崎漁港
いよいよ太陽が沈んでまいりました。
こちらはα7R + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS で撮影。
このレンズは夕景時に青空が混ざると、その青が独特な感じに描写されます。
あまり好きではないのですが、人の撮った写真を見てもこのレンズの写真はすぐわかりますね。
少しアンダー目に現像しています。



日没
いよいよ日没であります。
ちょうど、向こう側の防波堤に人がいたので構図に。
この写真、acafeに投稿したのですが、投稿した後のサムネイルを見たら人のシルエットが小さくて目立たず、
「あ~この写真はきっと人気ないだろうな」 と予想したらその通りでした(笑)



茅ヶ崎漁港
日没後は空の色が一変。綺麗に焼けてくれました。
もしかしたらマジでYurieどんのおかげかもしれません(笑)



漁船


漁船
撮っていたらだんだん雲が増えてきてしまいましたが、
ここまで撮れたので、まあいいか~という感じで納得。ここ数週間は夕景に出会えてませんでしたからね。

わかってはいましたが、今回痛感した事があって、
それはα7Ⅱとα7RのAFの貧弱さです。夕方になって薄暗くなってくると、あっさりAFが迷って使い物になりません。
α7Sはこの点については別格なんでしょうが、画素数という犠牲を払っているので別にして、
個人的にはやはりα7シリーズはメインシステムにはならないかな~と思ってしまいます。

Aマウントがもうおしまいっぽいという事で、なるべくα7シリーズに慣れようとしていますが、
こういう事態に出くわすと「あ~やっぱりα99はいいな~」と思ってしまうんですよね。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-02-10 18:00 | 撮影記 | Comments(0)

人気者のいる吾妻山公園

長らく週末は天気が悪く、風景写真も撮れずに悶々としておりましたが、7日の日曜日、朝起きると空が青いじゃないですか!
予報だと曇り時々雪だったんですが、最近天気予報全然当たりませんな。

こんなに青空なら富士山も見える!という事で、
菜の花と富士山のコラボが撮れる「吾妻山公園」に行ってみる事にしました。

準備をして9時半頃に家を出たのですが、
稲村ヶ崎あたりまで来ると、雲がどんどん富士山に覆いかぶさってきており、
嫌な予感はしましたが、せっかく行く気になったので、
ダメでも行ってみようと車を二宮まで走らせるのでありました。



菜の花ウォッチング


吾妻山公園の階段
吾妻山公園に来るのは初めてだったので、
駐車場のおじさんに道を聞いてみると、何箇所かルートはあるという事でした。
自分が選んだのは、300段の階段があってキツいけど、近道になるルートです。



吾妻山公園の階段
下から見上げると結構大変そうです。
この日はカメラボディ2台、レンズ3本と三脚で荷物は結構重たかったのです。
でも、登らないと上には行かれませんから頑張りましょう。



吾妻山公園の階段


吾妻山公園の階段
上から撮るとこれまたすごい階段。
さすが雪が降る予報だっただけあって、気温が低くて空気は冷たいのですが、
階段を登ったせいで汗びっしょり。 顔から汗がポタポタと落ちてくる有様。
こりゃ~ちょっと厚着すぎたかも・・・。



吾妻山公園
やっとの思いで頂上にやってきましたが、時すでに遅く富士山は雲の中にすっぽり(笑)
気持ちいい青空!という状況は、自分がやってくるまでに閉店したようです。



吾妻山公園
西の方の空はどんよりでしたが、反対側は雲さえあれど、青い空が微妙に残っておりました。
菜の花も沢山咲いていて、お弁当食べたり休日を楽しむ人達が沢山。



吾妻山公園


吾妻山公園
もちろん写真を撮っている人も沢山おりました。



さわやかチャミちゃん
何やら人が集まっているので行ってみると、猫が沢山の人にカメラを向けられておりました。
この猫、飼っている方がよくここに連れてくるそうで、すっかり人気者のチャミちゃんという猫です。



デヘッ
そんなわけで便乗しまして、
「笑顔で1枚お願いします!」と、撮らせて貰ったのがこれです(笑)



初挑戦


初体験
猫の写真は好きなんですが、
どちらかというと、こういう写真の方が撮りたい感じかな?
赤ちゃんが猫を触ろうとしている、触っているシーンです。
この子、もしかしたら人生で初めて猫に触ったのかもしれませんね。
触られているチャミちゃんの顔も面白い(笑)



こんにちは
チャミちゃんの飼い主さんが、チャミちゃんを連れて移動しました。
ひと目で吾妻山公園だと分かる構図でいいですね(笑)
移動しても人気者で、どんどん人が集まってきてかまっておりました。


こんにちは
子供も興味深々なんでしょうね。
触りたいのだけど、ちょっと怖いのか遠目に様子を伺う子が多かったです。
そういう心の葛藤まで写真で表現できるといいんですけどね。まだまだ表現力が自分にはありません。



吾妻山公園
しばらく待っていれば、雲が切れて富士山が見えるのではないか?と、淡い期待を持ちましたが無理でした。
どんどん雲が増えてきて見ての通り。
頂上に2時間以上いたと思いますが、だんだん寒くもなってきたし下山する事にしました。

駐車場から車に乗って道に出たところで雨が降ってきまして、
「あーギリギリだったな」と。

結局、猫撮りに行ったようなものでしたが、
まだ菜の花は咲いているようですし、近いうちに来れそうならリトライしたいと思います。


ただいま4位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-02-08 20:08 | 撮影記 | Comments(2)

ソニーが海外でα6300と新レンズを発表!

ソニーが海外でα6300とレンズ3本を発表した模様です。
http://digicame-info.com/2016/02/6300.html
e0341572_20101864.jpg
α6300に関しては、なんで6100というナンバリングを飛び越えて6300なのかわかりませんが、
外見は、ほぼα6000と同じようであります。気になるスペックは・・・

α6300のスペック
- ボディはマグネシウム
- 銅配線を採用した24MP APS-C CMOS センサー
- 425点像面位相差AFシステム
- LA-EA3でAマウントレンズ使用時に像面位相差AFが使用可能
- 連写は11コマ/秒(ライブビューで8コマ/秒)
- サイレント撮影
- 防塵防滴仕様
- 14bit RAW
- ISO100-25600(拡張で51200)
- 動画は4K 30fps 100Mbps。フルHD 120fps
- 動画のダイナミックレンジはS-log3使用時に14EV
- チルト可能な3インチ92.1万ドット液晶モニタ
- EVFは240万ドット有機EL 、倍率0.7倍
- シャッターの最高速は1/4000秒、シンクロ1/160秒
- 画像処理エンジンはBIONZ X
- 電子水準器
- 大きさ120 x 67 x 49mm
- 重さ404グラム(バッテリー含む)


α6300のウリは4K動画が撮影できるようになった事でしょうね。
α6000には水準器がありませんが、α6300には搭載されるようなのでこの部分はいいです。
ただ、手振れ補正は非搭載のようなので、個人的には魅力半減かな。
手振れ補正が搭載されれば、SAL16-50mmがアダプター経由で使える!と考えていたので。

自分は4K動画には今のところ興味がありませんし、
写真撮影にはフルサイズがメインなので、このα6300を購入する事はないと思います。
お値段も1000ドルという事なので、だいたい12万円となるとα6000が2台分なんでしょう。
これはパスだな~。
写真しか撮らない人は、安くなるα6000の方が魅力的か?


今回の発表に関しては、α6300よりも3本のレンズの方が興味深いです。
http://digicame-info.com/2016/02/fe24-70mm-f28-gmfe85mm-f14-gmf.html

発表されたレンズは・・・
FE24-70 F2.8 GM FE85mm F1.4 GM FE70-200mm F2.8 GM OSS の3本
後ろについている GM は、G Master の略のようですが、
今回のこれらは、高画素のセンサーに対応できるよう、相当精度に気を使って設計、製作されているようです。

現在販売されているF4スタートのFE24-70mmや70-200mmとは、
ちょっとレベルが違う感じがしますね。 お値段も2倍は当たり前という雰囲気ですし。

今回のこれらの発表で、特にレンズの気合の入れ方が凄かったというのがあるのでしょう。
ネット上では「Aマウント死亡」と、Aマウントの終焉が決まったと結論付ける人も少なくないようです。
自分も何となくそんな感じを受けました。 死亡とまでは決めつけられませんが、
ソニーがEマウントに相当力を入れている事はわかりましたし、
もうAマウントはやる気がなさそうですしね。
少なくとも、もうAマウントレンズを買い増しするような事はしないでしょう。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-02-04 20:36 | Eマウントボディ | Comments(0)