<   2016年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

シグマ 24-105mm F4 DG HSMが欲しいけど・・・・


23日の江ノ島撮影会が天候が理由で中止になり、またしても週末は天気が悪いという事で、
江ノ島が中止になったのは、自分の行いの悪いせいではないと証明されました(笑)

自分にとって最後の撮影が大桟橋埠頭で、強風のせいで2枚しか撮影できなかったためブログのネタもなく、
今週は久しぶりに投稿の間隔が空いてしまいました。
カメラやレンズのウンチクを垂れてもよかったのですが、
仕事もちょっとドタバタで、あまり時間もなかったというのが正直なところです。

今、気になっているレンズがありまして、シグマの24-105mm F4 DG HSMです。

http://kakaku.com/item/K0000793585/

現在、標準ズームはVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMを所有して使っておりますが、
望遠側が70mmまでなので、シグマのレンズにすると105mmまで有利になると考えています。

いろいろと調べてみると、写りの方はそれなりに評判もいいようですが、
周辺の描写が弱そうなのと、特別にでかくて重そう・・・
しかもフィルター径が82mm!そんなPLフィルターとか持ってませんし、買うと相当高そうです。

α77Ⅱで使えば、36mm~157.5mmで使えるので便利そうですが、
F4スタートのレンズなので、ほぼ風景用ですね。用途は限定的なような気もします。

いろいろ言いましたが、最大の懸念は今後Aマウントが継続されるのかどうかって事で、
ここでAマウントの後継機が出ないとなると、今更Aマウントレンズ買う気になれませんね。
アダプターでEマウントに流用するには、あまりでかくて重たいのはメリットがなくなりますから。

そんな事を価格コムを見ながら考えていましたが、
とりあえず天候が悪いと撮影に行けないので、雨とか雪は勘弁してほしいです。

週末は天気が悪いという予報だったので、何をするか考えたあげく、
プレステ3のソフト、バイオハザード・トリプルパックというのを買ってみました。

e0341572_21581930.jpg
昔からバイオハザードファンで、とりあえず全部プレイしていると思うのですが、
ハードが壊れてしまって出来なくなってしまった作品のHDリマスター版です。

e0341572_21584179.jpg
トリプルパックなので3本も入っています。
これで5千円くらいなのでお得感はありますね。しばらく遊べそうです。




写真ネタがないので、今回もギターでお茶を濁しておきます。
最近、うるさい曲が多かったので、今回は久しぶりにクラッシックです。
ブランデンブルク協奏曲

あれ?いつの間にか2位
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-01-29 22:21 | Aマウントレンズ | Comments(0)

2枚しか撮れなかった大桟橋埠頭

23日(土)は、前回の投稿のごとく江ノ島の撮影会が中止になり、
個人的にどこかに行くにしても、雪に降られると困るので自宅待機となり、
映画を4本も観てしまうというマッタリぶり。

そして本日、24日(日)は大桟橋埠頭に初入港するという客船、
ワールド・オデッセイが来るというので、午後になってから行ってみました。

寒波のせいで寒いのは覚悟の上でしたが、
風が相当強いという予報で、午後からはだんだん弱まってくるという感じだったので、
夕方から夜にかけて撮影しようと、
先日買った馬鹿でかい三脚と、α7R + Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMを持参。

大桟橋埠頭へは車で行きましたが、駐車場を出ると・・・

「おぉ!さむっ!」

というくらい寒く、デッキに出てみるととんでもない強風!

三脚にカメラを取り付け、ファインダー覗いてみますがそれも困難なほど強風。

ワールドオデッセイ初入港
とりあえず1枚撮ってみましたが、もうあかんです・・・。
しかも、気温は冷凍庫。 耳は即千切れそうなくらい冷たくなり5分で断念。
すぐに屋内退避! 

どうしようかなぁ~と考えながら・・・

ワールドオデッセイ
目の前に停泊している客船を恨めしい顔で撮り決断!

帰るわ!

結局、2枚だけ撮影して帰る事にしました(笑)
自分でもなんて情熱のない奴だと自己嫌悪もありましたが、
ダイビング時代からの名残か、風が強いと中止というのは自分の決まりのようです。



この日の情熱を埋めるために・・・という意味で、
ギターで葉加瀬太郎さんの 情熱大陸 を弾いたので、これで勘弁してください。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-01-24 19:30 | 撮影記 | Comments(0)

江ノ島撮影会中止に!

本日23日はノッチ隊長率いる写真サークル”Gαsha!”の江ノ島撮影会があり、
企画、引率は自分の役目だったのですが、雪の予報が出てしまったので中止の判断をしました。

撮影会を催行するかどうするか?という過程で、
あるメンバーの方から 「勇気ある決断をお願いします」 とコメントをいただき思い出しました。

ダイビングのインストラクターを20年以上やってきて、
飛行機に乗り、はるばる海外まで移動して数十万円のお金を払いツアーに参加してくれたダイバーのお客さん達に、
「海が荒れていて今日は潜れません」 と言わないといけない立場だった自分からすれば、
江ノ島の撮影会の中止を決定するなど、勇気でも何でもありませんでした(笑)

写真サークルの活動は、誰かがそれで生計を立てているという話でもありませんから、
天気が悪いとか、寒そうだという事で中止にしていいと思うのですよ。
だいたい参加者の方達は、写真は単なる趣味であり、
何かを我慢してまで参加したいとは思っていないでしょうし、
まずは楽しい事が再優先で、楽しいというところから程遠い事になってしまうのは望まないでしょう。

ダイビングの場合は相手が海であり、判断を間違えると人の命に関わります。
自分は海で二度ほど死を覚悟した事があるのですが、
多くの方が、数分後に自分がこの世にいないだろうと思った事はないと思います。
自分はそれを経験し、あの時命を落とさずに済んだので、
今後の人生は儲けものだと思って生きていこうと思い今に至ります。

海の中で「死ぬ」と思った時、何を考えたかといえば母親の事でした。
産んでもらったのにすいません・・・と思いましたが、父親の事は思い出す事もありませんでした。
当時、姪っ子が生まれたばかりだったので、
「あぁ・・・あの子が大きくなった姿を見る事ができなかった・・・」という後悔もしていました。

長らくダイビングに関わり、海で亡くなってしまった人も数人みてきましたが、
趣味で命を落とすなどという事はあってはいけません。
特に若いインストラクターの人達に言いたいのは、絶対に無理をせず中止する勇気を持ちましょう。
お店に帰ってオーナーに文句を言われたら、
「俺は自信がないから中止にした」と堂々と言えばいいのですよ。
それでどうこういうお店なら、さっさと辞めて違うお店で働きましょう。

江ノ島撮影会中止という事で、思った事を書き連ねてしまい文字ばかりになってしまったので、
最後にいつもの下手なギターでも聴いていただきたいと思います。


曲はヴァン・ヘイレンのユー・リアリー・ガット・ミーです。


現在、ギリギリ3位でした!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-01-23 10:30 | その他 | Comments(4)

FE 90mm F2.8 Macro 1本で江ノ島を歩いてみる 

シーキャンドルとチューリップを撮りに江ノ島に行った次の日、なぜか連チャンでまた江ノ島であります(笑)
もうシーキャンドルもチューリップも撮るつもりはなく、この日の最大の目的は 猫 です。
湘南撮影隊の活動という事で、今回もまたYurieどんに付き合ってもらいました。

自分の中で猫撮りのベスト機材は α99 + 70-200mm F2.8 G SSM II なんですが、
今回はあえてそうせず、α7Ⅱ + FE 90mm F2.8 Macro G OSS のみで挑戦してみる事にしました。
猫以外のスナップも楽しそう!というのが理由です。
今回投稿の写真は何の作品性もないと思うのですが、スナップ的に撮影した江ノ島という事でみてください。


2016-01-17 江ノ島探検
このマクロレンズ、絞り開放でもすごい描写をするので、
気楽に開放で撮影ができます。 まさに開放感というべきです。



2016-01-17 江ノ島探検
人がごった返しているお土産屋の脇道ですが、奥の方にカフェがありました。
Gigiカフェっていうんですね。  http://www.g-z-gigi.com/
いちお、他人から見たら男女なのでカップルに見えてもおかしくないのですが、
カメラ持つとお互いに目が被写体探しになって、カフェとか入ろうなんて言葉も出てきません(笑)



2016-01-17 江ノ島探検
このレンズを持つと、こういう写真を撮りたくなります。
絞り開放、背景を微妙にぼかして手前の看板の存在感強調です。



2016-01-17 江ノ島探検
マクロレンズはあまり持ち出す事がありませんが、
たまに使ってみると本当に楽しい! 主役を見つけたらそれに合う背景を探して撮影。
100マクロより焦点距離が10mmしか短くないけど、100mmよりすごく使いやすい気がするのは気のせいでしょうか?



2016-01-17 江ノ島探検
観光地ですが、普通に住人もいますから入ってきてしまう人がいるんでしょうな。
こういう人間臭いというか、生活臭がするのも面白い場所です。



2016-01-17 江ノ島探検
Yurieどんが湘南バーガーってのがあるよって教えてくれまして、普段、江ノ島で何か食べるって事がないので知りませんでした。
やはり女性と来るといろいろと教えてもらえるのでお得です。



2016-01-17 江ノ島探検
そんなわけで、今回は「しらすコロッケバーガー」ってのを食べてみる事にしました。
気をつけないといけないのは、上の方にトンビが旋回しているので、うっかりしていると取られてしまうかもしれません。
買ったハンバーガーは自分が持っていたのですが、
Yurieどんに 「トンビが襲ってきたら俺がとっ捕まえてみせる!」とイキがっていました。
実は結構ビビっていたんですけどね(笑)

食べてみた感想は、あまりしらすの存在がよくわかりませんでした(笑)
普通のコロッケをパンに挟んで食べただけみたいな・・・・
ちなみにこれを食べたYurieどんは、胸焼けに襲われ苦しそうでした。



2016-01-17 江ノ島探検
シラスマンゴーソーダ?

いったいどんな味がするんだろう? 買う勇気もなく撮影だけ。



2016-01-17 江ノ島探検
100円で恋が占えるなら格安ですな。
90マクロを持っていると、普段気にしないような物をイタズラするように撮りたくなります。
ちなみにこれを書いた人、えらく達筆だな・・・と関心。



2016-01-17 江ノ島探検
江ノ島の上の方には行かず、灯台の方に行ってみました。
天気が悪くてどんよりしていたので、普段なら撮っても仕方ないとカメラをしまってしまいそうですが、
この日はもう何でも撮る日なので、歩きながらどんどん撮るのです。



2016-01-17 江ノ島探検
防波堤の上に、石を敷き詰めて足の裏を刺激するところがありました。
Yurieどんは比較的スイスイ歩いて行きましたが、自分は一歩一歩が悶絶級に痛かった!!
あまりの痛さに相当へっぴり腰だったようで、Yurieどんに大笑いされてしまう始末(笑)

しかしねぇ。これは本当に痛いですよ。
どんな隠し事も、これで拷問されたら白状してしまうでしょうな。



2016-01-17 江ノ島探検
島の真ん中に戻る途中、Yurieどんが、
「あ!あの岩、人の顔に見える!」 というのでパチリ。
言われてみると確かに人の顔に見えなくもない。多分、防波堤の上を歩いて足の裏が痛かった霊の仕業だな。
そういう悶絶した顔に見えますからね!間違いない!



2016-01-17 江ノ島探検
かなり暗くなってきました。 すでにカメラの方はISO1250です。
こういう撮影になると、手振れ補正の強力なα7Ⅱは心強いですよ。
食堂の前にバイクに乗ったゴリラが・・・・。 まあ、だから何? なんだけどさ(笑)



2016-01-17 江ノ島探検
猫はほとんど見かけなかったのですが、この場所に来たら数匹まとまっておりました。
もうだいぶ暗かったし、猫は動くので撮影するモチベーションもあまりありません。
Yurieどんと、猫のいる場所はわかったし、次回またチャレンジという事で! で意見は一致。



チョンマゲ猫
撮っている時は気が付かなかったのですが、この猫、頭にチョンマゲ乗っけてました(笑)
名づけて「チョンマゲ猫」 本人はいたって真面目な顔なのが余計に滑稽(笑)

今回はFE 90mm F2.8 Macro G OSSのみの撮影でした。
昔から100マクロをつけて、横浜の街を歩くのが好きだったので同じように楽しいです。
改めてこのレンズ、いろいろすごいな~と関心させられました。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-01-20 19:00 | 撮影記 | Comments(0)

江ノ島ウインターチューリップとシーキャンドル

次の週末はacafe内のサークルGαsha!で江ノ島撮影会です。
担当、引率は自分なので、事前にちょっと見ておこうとカメラを持って江ノ島に行って来ました。




江ノ島入り口
江ノ島の投稿というと、この場所からいつもスタートです(笑)
相変わらず物凄い人の数ですなぁ。カメラバックと三脚を持って歩きたくない場所です。



江ノ島神社
人をかき分けて歩いて行き、ここまで来ると一段落。ふぅ~。
人が多いのは数メートルだと思うので頑張って歩きましょう。 途中、饅頭とかせんべいなどの誘惑に負けてはいけません。



江ノ島エスカー
今まで「カメラマンは歩かないといけない」がポリシーだったのですが、
頂上に行くまでに撮るものもないし、目的地にすぐに行きたいという事で、
最近はエスカレーターを使うようになってしまいました。こうして人間ダメになっていくという見本です(笑)



江ノ島エスカー
頂上まで歩かない自分に、何となく罪悪感を感じながらエスカーで登っていきます。



江ノ島ウインターチューリップ
エスカーで頂上まで上り、サムウェルコッキン苑に入ると、すぐ目の前にウインターチューリップが広がっております。
今月の前半暖かかったせいか、チューリップもなんか開き気味のような気がしますな~。
色は綺麗なんですけどね。 口開けて空を見上げているようでマヌケな気がします。



江ノ島ウインターチューリップ
チューリップの写真って、多くの構図が似たり寄ったりなので、ちょっと変わった視点という事で真上から撮ってみました。
この方が何となく勢いを感じますな。




江ノ島ウインターチューリップ
一部分を切り取ってみました。
本来、花の撮影はシベにピントを合わせるのが基本ですが、
今回は花びらの一番上あたりを狙ってピントを合わせてみました。
変なような、そうでないような微妙な感じですが、これはこれでアリかな??



江ノ島シーキャンドル
だんだん日が落ちてきたのでシーキャンドルの方に移動。
今回の機材はα7R + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSです。
太陽を構図に入れても全然大丈夫なレンズなので、ここは安心して撮ることができますね。

撮影していたら、突然目の前にYurieどんが!!
なんと自転車で江ノ島まで来たという事で、いきなり現れるのでこちらはビックリ!!
遊び心の塊みたいな彼女に、シーキャンドルを支えてもらう事にしました。




江ノ島シーキャンドルを支える!
ファインダーを見ながら 「上の手をもっと引いて・・・ 下の手をもっと出して・・・」とかやりながら、
上のような写真を撮りました。  タイトルは 「Yurieどん! シーキャンドルを支える!」



江ノ島シーキャンドル


江ノ島シーキャンドル
毎度綺麗だな~とは思うのですが、
似たような写真を量産しているだけのような気もしますな。
シーキャンドルの電飾も毎年同じだし、イベント的に足を運んでいる感じですね。



江ノ島シーキャンドル HDR
上の写真をHDR現像してみました。
コントラストの低い、淡い感じになりました!

この後、Yurieどんは自転車で爆走して帰宅し、次の日足が筋肉痛だとメールがきました(笑)
シーキャンドルを支えた腕も、さぞ筋肉痛だったんでしょうな。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村
[PR]
by momoken805947 | 2016-01-18 19:30 | 撮影記 | Comments(2)

俺か? 俺なのか?

acafeのたけさんに、映画音楽また弾いてくだされと言っていただきましたが、
今回はブルース・ギターでスタートです。

BBキングの弾くような泥臭いブルースではありませんが、基本的なキーがAのブルース進行です。
クラッシックをギターで弾くより、ブルースの方がギターっぽいですね(笑)

さて、本題のカメラについての話題です。

ボディにレンズを装着する時、またレンズを交換する時には埃が気になりますよね。
埃がボディに入ってセンサーに付着すると、その埃やゴミが写真に写り込んで憂鬱になるのは多くの人の悩みでしょう。
撮影現場でもなるべくレンズ交換をしたくないので、
ボディにレンズを装着した物を何台か持って行って、レンズ交換をしなくて済むようにしたりしていますが、
そこまで気を使っても、埃やゴミを完全に排除するのは難しいです。

自宅ではボディとレンズを別々に保管しているので、
撮影に行く際には、準備段階でボディにレンズを装着するのですが、
その際、自分は空気清浄機の吹き出し口で作業するようにしています。

この方法ですと、かなりの確率でセンサーにゴミを付けずに済むのですが、
空気清浄機のある自分の部屋と、カメラ機材の保管場所が別々なので、
カメラ機材の準備の度に、自分の部屋から空気清浄機を移動するのが面倒でした。

そんなわけで、使っていた空気清浄機をカメラ機材の部屋に移動し、
自分の部屋用に加湿器のついた空気清浄機を購入!

e0341572_21591961.jpg
価格コムでいろいろと調べてみて、購入したユーザーの評価が高い物をチェック。
結果、ダイキンのTCK55Rという2万円くらいの物を購入しました。
高いものになると10万円ってのもありますが、空気清浄機にこだわりはないので安くても全然いいです。




e0341572_21595677.jpg
最近の空気清浄機は、ほとんどがそうだと思いますが、
自動に設定しておくと、ゴミや臭いを感知して「ぶお~」と勝手に動き出します。
そんな動作を見て、

「うん、うん!よく働いてくれて結構な事だ!」 と喜んでおりましたが、
ある時・・・

ブウォ~と動き出したので、振り返って空気清浄機を見てみると、
ニオイという所のランプが赤色になっています。
この”ニオイ”ランプが赤いという事は、空気清浄機が臭いを感知して動作したのですが、
自分でクンクンしてみても、何の臭いがして動いたのかわかりません。

「ん?もしかして、この臭いというのは自分のオヤジ臭じゃないのだろうか?」


そう考えたら気分はもうブルーです。

その後は空気清浄機が 「ぶお~」 と動き出す度にランプを見てしまい、
赤く点灯しているのが ニオイ だと、

「俺か?俺なのか~!」 と空気清浄機を揺さぶって問い詰めています。


 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-01-15 19:19 | その他 | Comments(2)

夕日の羽田空港

日曜日に湘南撮影隊で江ノ島に行く予定でしたが、
年明けの次の週末は、正月の混雑を避けて初詣に行く人が殺到するのを忘れてました。
Yurieどんに午後迎えに行くよとメールしたのですが、
午前中に既に・・・


e0341572_20031719.jpg
e0341572_20030981.jpg
鎌倉から江ノ島周辺は大渋滞なうえ、江ノ島周辺の駐車場は既に満車状態という有様。
Yurieどんに 「午後からなんて悠長な事言ってる場合じゃなかった」 と中止になりました(笑)

仕方がないので羽田空港にでも行ってみようと思い、Yurieどんを置き去りにして一路羽田へ!


羽田空港 第1ターミナルより
羽田空港は第1ターミナルと第2ターミナルがありますが、
西向きなのは第1ターミナルなので、夕陽を撮りたければ間違いなく第1ターミナルです。
機体に太陽が当たって反射しているのが美しいかったです。



夕刻の帰還
日が沈むのを待つ間、暇だったので少し流し撮りをしながら遊んでいました。
ギターを弾く自分には感覚的にわかりますが、この流し撮りはテクニックが必要なので練習あるのみなんでしょうね。
普段、流し撮りなんてあまりやらないし、練習していませんからうまくは撮れません。
何度かやってみて、まともそうなのを投稿しておきます。



羽田空港 第1ターミナルより
ここに来る前に、夕日がどのあたりに沈むかは把握していました。
丁度飛行機の上に沈むように場所は確保済みです。
個人的にはもっと面白い構図、良い写真になる予定だったのですが、
実際に撮ってみたらあまり面白くもない構図、写真になってしまいましたな~。
普段あまり来ない場所だし、慣れていないから仕方ないのかもしれないけど。



羽田空港 夕景


羽田空港 夕景
明るい時はあまりよく見えなかったのだけど、
日没後は富士山のシルエットがクッキリと出てくれました。
贅沢を言わなければ、これだけで来てよかったと思うべきなんでしょうけどねー。
上の写真の上部に、黒い線が入ってしまっていますが、
これは展望台の柵に張られているワイヤーの影であります。やっぱりこのワイヤーの影、入ってしまうんですよね。
たまにレンズをワイヤーから突き出したり、ワイヤーを広げたりしている人がいますが、
それは禁止されているのでやってはダメですね。 ルールを守らないとカメラ自体が閉め出されてしまいます。
一人一人に責任がある自覚を持ちたいものです。



羽田空港 第1ターミナルより


羽田空港 第1ターミナルより


羽田空港 第1ターミナルより
普段から海で夕陽を撮っているせいか、空港も暗くなってからの方が自分には合ってる気がしました。
この日の装備 α77Ⅱ + 70-400mm F4-5.6 G SSMIIです。
特に流し撮りなんかはEマウントじゃ役不足でしょうからね。飛行機ならAマウント一択ですよ。
動いていない飛行機を風景として撮るなら何でもいいですけどね。

今月5日にα99Ⅱの発表があるかもしれないという噂がありましたが、
それも噂で終わり、発表されたのはニコンのD5とD500でしたね。
キヤノンも1DX後継機の噂が出てきて、何もないのはソニーだけ?という感じになっています。
正直、Aマウントの更新がなければニコンに移りますよ。
そしてブログのタイトルも 「きっと明日は笑顔でニコン!」に変更するしかないでしょうな。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-01-12 20:00 | 撮影記 | Comments(6)

Lightroom6導入! 現像できない!

バック・トゥ・ザ・フューチャーという映画を知っている人は沢山いると思います。
あの映画のパート1を観たのは高校生の時で、母親役のロレイン(リー・トンプソン)がとても綺麗な女性で好きになりました。
現在、主役マーティー・マクフライを演じたマイケル・J・フォックスはパーキンソン病になってしまったそうで、
パーキンソン病の研究や、研究財団などを立ち上げているそうです。

バック・トゥ・ザ・フューチャーは全部で3部作ですが、
パート2の舞台となったのは2015年10月21日という事ですから、つい最近の見慣れた日付のような気はします。
しかし2016年の今日、あの映画のように車が空を飛んでいるという事もなければ、
ボタンがついていて、自動で乾燥する洋服も見当たりません。

我々は映画の中で「遠い未来」という設定だった時すら超えてしまいましたね。
前置きが長くて申し訳ありませんが、今回はそんなバック・トゥ・ザ・フューチャーのテーマをギターで弾いてみました。


おそらく多くの方に聴き覚えのあるメロディだと思います。
ちなみに動画を観たYurieどんに「半袖だけど夏に撮ったの?」と聞かれましたが、
自分は部屋の中ではいつも半袖です(笑)

さて、話は前後してしまうのですが、先日とうとうLightroomのバージョン6をインストールしました。
インストール時間はそこそこかかりましたが、何とか無事に終了。
起動画面が少し変わりましたね。


e0341572_18092223.jpg


前にインストールしてあったバージョン5はアンインストールしましたが、
設定などはそのままバージョン6に引き継がれていたので、
アンインストールしても、そのへんの情報は内部に残っていたんでしょうね。

ソフトを起動し、現像してみようと思ったら・・・・

画面が出ない!

現像画面がグレーに塗りつぶされた状態で、RAWの情報が画面に出てきません。
何が何だかわけがわからず調べてみたら、
どうやらバージョン6は、グラフィックチップのGPUを使用するようになっているようで、
オンボードのグラフィックカードを使用していたりすると、このような現象が起こるようであります。

「僕のパソコンは重たいゲームもグリグリ動くから大丈夫さ!」というような人は問題ないと思いますが、
そもそも、何を言っているのかさえわからない人も沢山いると思うので、
対処法を書いておきたいと思います。

現像画面がグレーになってしまい、何も表示されない時の対処法

編集(E) → 環境設定(K) → パフォーマンス 

ここまで開くと下のような画面が出てきますので、
ここの グラフィックプロセッサーを使用 のチェックを外してください。


e0341572_18093682.jpg
自分の場合はこれで問題なく現像画面が表示されました。
とりあえず、メモリも大盛りに増設したし、これで快適に使用できています。

3位になっとりました!ありがとうございます。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-01-09 19:00 | その他 | Comments(2)

暖かい冬はありがたいのですが・・・・

この1月も7日が過ぎ、仕事を数日するとだんだん正月気分も抜けてきました。
全然関係ありませんが、元旦に八景島で初日の出を撮りましたし、
年明けと語呂が似ている「朝焼け」を今年初のギターという事にしたいと思います。


古い曲で申し訳ありませんが、80年代にフュージョンが好きだった人は知っているカシオペアの曲です。
若い頃はキレのあるカッティングができましたが、
おっさんになってからカッティングのキレがイマイチ! (おしっこの話ではありません)

さて、写真の方はといいますと、3日の日は立石の方に行ってみました。
しかし、雲が多くてろくな写真が撮れず早々に撤退。
4日の休日最終日は、湘南撮影隊の初稼動日という事で、Yurieどんとヘッドランドで撮影する事にしました。

Yurieどんとの待ち合わせ時間より早目に家を出て、
七里ヶ浜に車を停め、ちょっと寄り道をしてみる事にしました。



七里ヶ浜からの富士山
ここ数日、例年より気温が高いというのが理由かもしれませんが、空気が霞んでいて遠くの方までスッキリ見通す事ができません。
七里ヶ浜からの富士山も、ようやく見えるという感じです。



ワイルドだぜ!
七里ヶ浜の駐車場は、かなり広くて長いのですが、
端から端まで歩いてみると、結構かっこいい車とかバイクを見かけます。
これはドラッグスターってやつかな? こういうかっこいいバイクは撮るだけで絵になりますね。



江ノ電ストレート


江ノ電ストレート
134号線を反対側に渡って、江ノ電でも撮ってみるか~と移動。
普通に撮っても面白くないと思い、こんな構図で撮ってみました。
写真を見ると線路の真ん中で立って撮ったみたいですが、手前はカーブなのでこう見えるだけです。
機材はα7Ⅱ+70-200mm F2.8 G SSM IIです。
本気で撮るならAマウントですね。 自分がα7系を持ち出す時は本気モードじゃない時です(笑)

道がえらく混んでいて、そろそろ移動しようという事で茅ヶ崎に向かいました。



DSC05056
全国10000人のYurieどんファンの皆様、お待たせいたしました。2016年初Yurieどんです(笑)
(実際はもっと細い・・・そうです。本人談)
茅ヶ崎に移動しても空はどんよりで、二人共写真撮るモチベーション落ちまくり。
二人で座ったまま 「あ~こりゃ~今日はダメだな」 とグダグダです。



日没の釣り人


ヘッドランドの釣り師
いちお、夕日が沈んでいくし撮っておくか~と、Yurieどんと重い腰を上げてしばし撮影。
Yurieどんの写真も含め、上の2枚はα7Ⅱの非圧縮RAWで撮影してLightroom6で現像してみました。

画質の面で何か特化した部分があるか?と聞かれると、
自分の目では特に何か改善したという印象もありませんね。
調べてみると、人の目で見て明らかに変わったというのがわかるようなものではないようです。

この冬は気温が高くて暖かいのはありがたいのですが、
どうも写真となると条件がよくないですね。 
週末はどうやら寒くなるようなので、撮影条件の改善に期待したいところです。


Yurieどんファンはポチリお願いします
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-01-07 19:00 | 撮影記 | Comments(4)

砂まみれの逗子海岸

元旦の朝は初日の出の撮影に行きましたが、
撮影後はすぐに帰宅しまして、その後人が集まってくるので飲んで食ってで元旦は終わり、
2日は箱根駅伝があるので、それをダラダラと見ていたらすぐに午後です。

「い、いかん!どこかに撮影に行かないと!」と、

半ば強迫観念もあり、カメラを持ってどこかに出かけようとは思うのですが、
湘南方面は箱根駅伝のせいで通行止め、大渋滞という事ですから行く気がしません。

ふと先日、逗子海岸でウインドサーフィンをα7Ⅱ+70-300mm F4.5-5.6 G SSMで撮った写真がacafeで意外と好評だったのを思い出し、
今回はウインドサーフィンをマジで撮ってみようとα77Ⅱ+70-400mm F4-5.6 G SSMIIを持ち出し逗子海岸に行ってみました。

α7Ⅱでウインドサーフィンを撮っても、AFは遅いし正直ストレスのたまる撮影だったので、
α77Ⅱなら気持よく撮れるだろうと思ったからです。



逗子海岸
家にいる時には全然わからなかったのですが、
海に来てみたら物凄い向かい風で、砂がかなり飛び交っておりました。
ウインドサーフィンはやった事がないので想像がつきませんが、風が強いほうが楽しいんでしょうね?
きっとうまい人なんでしょうが、物凄いスピードで海の上を走ってました。



逗子海岸 ウインドサーフィン
さすがAマウント! さすがα77Ⅱです!
α7Ⅱは相手になりません。 AFは爆速で速い動きにも十分対応できるレスポンス!
「おおっ! 撮影が楽しいぞ!」 と思いながら連写でバシバシいきました!
まるでマシンガンで撃ち落とすような楽しさがありますね。



夕刻の風を切る
縦構図です。
進行方向の空間が狭くなるので、見ていて窮屈な印象を受ける方もいるかもしれません。
写真の基本として、進行方向の空間をある程度取らないとキツい感じがするんですよね。
でもまあ、このくらいなら許容範囲かな?と、都合のいい解釈をしておきます。



逗子海岸 落陽
先日はフルサイズで300mmまでの構図しか撮れませんでしたが、
今回はAPS-Cセンサーと400mmという装備なので、35mm換算600mmで夕陽を撮ってみました。

「夕陽でかっ!」

上の方に鳥が飛んでいるのがちょっとお気に入りです。
個人的には水曜ロードショーの音楽が流れると完璧ですね。



逗子海岸
日没後は空がすごい色になってましたね。
左にいる彼女の方は、短パンみたいなの履いてましたけど寒かったろうな~。

この後、撮影を終えて帰ろうと、レンズにレンズキャップをはめようとしたらジャリッと違和感が・・・・
見てみるとレンズフィルターからレンズキャップから砂まみれです。
とりあえず持っていたブロアーで飛ばしましたけど、
家に帰ってみたらカメラもレンズも砂だらけでありました。

特にショックだったのは、望遠にするとビヨ~ンと伸びるレンズの筒の中に砂が入ったようで、
ズームリングを前後に動かすと、ジャリジャリと砂の音と感触が・・・・
いろいろやってみたけど完全には撮れませんね。 サービスでバラして清掃しないとダメっぽい。
う~ん・・・新年早々ツイてないです。

しかも、上着のポケットの中が砂だらけ! もう最悪でした。
風が強くて砂の舞っている砂浜での撮影は、皆さんも注意してください。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村
[PR]
by momoken805947 | 2016-01-05 20:28 | 撮影記 | Comments(0)