カテゴリ:Eマウントレンズ( 7 )

DxOMarkにソニーFE85mm F1.8 のスコアが掲載されて思い出した事

最近、買う資金もないので、撮影機材の話題は関心が薄いのですが、
デジカメinfoさんは癖のようにちょくちょく覗いていて、DxOMarkにセンサーやレンズのスコア記事が出ると興味深く見ています。
どんな事か簡単に説明すると、カメラに搭載されているセンサーやレンズのデジタル的、光学的な事に点数をつけるというような話です。

ただし、背景のボケのように、人によって美が違う点については点数はつけられないので、
そんなアナログ的な部分には触れておりませんし、優劣はつけてないと思います。

そんなDxOMarkですが、先日 FE85mm F1.8のスコアが出ていました。

e0341572_20053222.jpg
またデジカメinfoさんから拝借してしまいましたが、
このFE85mm F1.8というレンズがどんな立場かといえば、ZeissでもGでもGMでもない無印のレンズ。
今、価格コムで最安値を見たら57.380円となっていました。

一方、比較対象となっているFE85mm F1.4 GMですが、同じ焦点距離のレンズというだけで、
大きさも価格も全く違いまして、特にお値段は170.000円なり~。 F1.8のレンズの3倍ですよ。
ちなみにBatis1.8/85については、お値段130.000円くらい。

価格だけを見ればF1.8は、文字通り桁違いに安いのですが、
解像力は3つの比較の中で最も優秀だし、Batis1.8/85との比較では透過は引き分けだけど、
他の項目では全部勝ってるって・・・・(笑)

しかし、こういったスコア的な数値って、人間の目で見た時に決定的にわかるようなものじゃないと思います。
実際、ブラインドテストで、同じボディで同じ風景を同じ条件で撮影して当てろと言われたら、
ほとんどの人がわからないんじゃないかと思いますよ。

その昔、現役バリバリでダイビングのインストラクターだった頃、
ダイビング器材であるレギュレーター(水中で呼吸をする装置) の新製品が出たという事で、
メーカーから借りて使用した事がありました。
メーカーいわく、旧製品よりも呼吸が軽くできるようになっていると言われて使ってみたのですが、
自分にはどうしても旧製品の方が呼吸が楽に感じたので、
ショップに戻ってから、その借りたレギュレーターを返しながら、
「う~ん・・・どう考えても旧製品の方が呼吸は軽いと思う」と正直に言ったら、
帰ってきた答えが「計測してみてデータ上は軽いはずなんだけど・・・」と言われた事があります。

そんな経験もあり、道具というのはデジタル的な数値が、人間の感覚と一致しない事もあると思っているので、
カメラのセンサーやレンズが、デジタル的にいくら優秀と言われても、
人間の目や感覚で判断すると、あのスコアはおかしい・・・という事も多々あるのではないかと疑うわけです(笑)

似たような話ですが、少し前にノッチ師匠がAマウントのSAL70-200mm F2.8 G SSMを落として壊してしまい、
新たに購入したのがFE70-200mm F2.8 GMだったのですが、
ノッチ師匠いわく、FE70-200mm F2.8 GMの方が解像力は高いしカッチリ写るけど、
SAL70-200mm F2.8 G SSMの方が空気感のある描写をする良いレンズだった・・・との事。
ま、これも個人的、かつアナログ的な感覚だと思いますけどね。

世の中の法則的にいえば、高額な物は良品である可能性は高いのですが、
安くても良い物は沢山あるわけで、今回話題になったFE85mm 1.8みたいなレンズもそのひとつかもしれません。
大雑把に言えば、道具に点数をつけるみたいな話は、
参考にはなるけど鵜呑みにしない・・・ってのが正解なのかも!(笑)




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-05-24 21:00 | Eマウントレンズ | Comments(4)

FE 16-35mm F2.8 GMとFE 12-24mm F4 Gについて勝手なことを書いてみた

ソニーがFE 16-35mm F2.8 GMとFE 12-24mm F4 Gを発表しました。
FE 16-35mm F2.8 GMは前々から噂があったので、順当というかあまりビックリもしませんでしたが、
FE 12-24mm F4 Gは、いきなり出てきたので意外です。
この手のアイテムは、欲しい人には喉から手が・・・という程欲しいでしょうが、
興味のない人には全く必要ないという事もありますから、今回もまた自分勝手な事を書いてみたいと思います。


e0341572_17495704.jpg
12-24mm F4は、GMじゃなくてGみたいですね。どうやらフードは固定式のようです。
この手のレンズは大抵そうですが、レンズが出目金でフィルターは取り付けられないようであります。
少し前だったら欲しいと思ったかもしれませんが、HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalを買ってしまったからなぁ~。
HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalを買ってしまったという物理的な理由もありますが、
それを使ってみて思ったのは、この手の超広角レンズは絶対に単焦点の方がいいと思いました。

超広角レンズで一番問題になるのは、中心の画質は最高にいいけど、端っこに行くほど像が流れてボンヤリしてくるという事。
HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalの周辺画質は、不満もあまりないし優秀だと思います。
元々、設計が難しいレンズだと思うので、焦点距離を決めたら徹底的にそこで詰めていく方がいいと思うのんですよね。
仮にこのレンズを自分が買ったら12mmは多様したいと思うけれど、24mmはいくらでも代用できるレンズがありますし。

また、この手のレンズの大抵のパターンは、広角端の12mmは優秀だけど、
24mmの望遠端は褒められるような画質ではない・・・っていう評価。
個人的に勝手な事を言わせてもらうとすれば、16-35mmみたいなレンズを持っている人は、
このレンズではなく、Voigtlanderの12mmをオススメしますよ。
ズームの利便性は捨てられないという人は、このレンズはいいと思います。



さて、前々から噂があった16-35mm F2.8 GM。

e0341572_17501212.jpg


知り合いのソニー仲間の人達を見ても、Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSを持っているという人はかなり多い印象で、
このVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSに不満があるという人も少なさそう。
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSからの買い替え需要ってどのくらいあるもんでしょうかね?

自分の場合、Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSを買う時に悩んだのが、
AマウントのVario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSMとどちらにしようか?という事だったのですが、
普段から星を撮るというわけでもないし、背景をぼかして撮ろうという画角でもないのでF4で十分だろうと思いまして、
それなら軽いVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSにしようと購入したわけです。

まあ、写り自体は今回の16-35mmはGMだし上なのでしょうが、
フィルター径82mmのでかくて重たいレンズだし、値段もVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSの倍はするのでしょうから、
買い替えたいという気も全くしませんです。

ここのところ、ソニーのFEレンズは相当早いペースで新製品が出てきますが、
このあたりでEマウントのレンズは、十分なバリエーションになったのではないかと思います。
足りないのは超望遠の単焦点レンズくらいかな?
α9という新しいボディも出たし、これからEマウントがどこに行くのか楽しみですね。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


[PR]
by momoken805947 | 2017-05-21 09:29 | Eマウントレンズ | Comments(0)

世界で最も画角の広いレンズがやってきた!

先日、楽天セールがありまして、これがある時にどうせ買わないといけない物・・・
例えば歯ブラシとか、歯磨き粉とか・・・まあ、そんな日用品まで買い込んでいくと、
たんまりポイントが溜まっていき、セール中に何を買ってもポイント10倍以上!みたいな事になるのですが、
前から欲しいと思っていたレンズ、Voigtlander HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalがマップカメラで少し安くなってました。

それでも13万円くらいするレンズなんですが、セール中に買えばポイントが12倍つく!というのに心揺さぶられまして、
13万円のポイント12倍というと・・・15.600円ですよ。
差し引き114.400円かあぁ~。 このチャンスを逃すと次は普通に買わないといけなくなるかもしれん・・・・と思った次の瞬間、
購入するボタンをポチリと押してしまっていました(笑)

と、まあ、そんなわけで本日、今話題になっているヤマト運輸さんが配達してくれましたとさ。



HELIAR-HYPER WIDE 10mm
でかいマップカメラの箱をあけると、中に小さな箱が入っておりました。
中身のレンズは小さいのですが、大きさの割に重たい感じ・・・・
実際は400gもないみたいなので、軽い事は軽いのですが対大きさを考えると重い印象。



HELIAR-HYPER WIDE 10mm


HELIAR-HYPER WIDE 10mm
せっかくだから何かボディにつけてみよう!と思い、防湿庫を開けると目の前にα7Rがあったので「これでいいや・・・」
ユーザーの皆さんからすると、α7RⅡに装着してみてほしかった・・と言われそうですが、
まあ、α6000じゃないから許してくださいませ。

しかし、このレンズ、フルサイズ用で10mm!世界で最も画角の広いレンズだそうですよ。

http://www.cosina.co.jp/seihin/voigtlander/e-mount/e-10mm/

写真を見ておわかりかと思いますが、レンズの保護フィルターが装着できないので丸出しです。
ゆりえどんが貸してくれ!言ってましたが、この構造でこの価格のレンズは人と貸し借りする物じゃないですわな。
自分だったら絶対に借りたくないけど、傷つけたら弁償ね~って事でゆりえどんには貸しましょう!(笑)

画角はもう、目の前の物は皆取り込んでしまえ!ってくらい写ってしまうんでしょうね。
マスプロアンテナ並に、見えすぎちゃって困ると思います(古すぎてわからない人はいいです)

そんなわけで、週末はノッチ師匠とこのレンズを持って出掛けてきます。
どんな写真が撮れるか、また使い心地等レビューしますです!


ただいまランキング3位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-03-10 22:00 | Eマウントレンズ | Comments(0)

FE 100mm F2.8 STF GM OSS が出てしまった・・・

いや~前々から噂はありましたが、先日FE100 F2.8 STF GM OSSが発表されました。


e0341572_12464951.jpg
ソニーストアでも2月14日から予約開始という事で、4月の発売予定のようです。
仕様を見ると、手ぶれ補正がついている上に、Aマウントの135mmとは違いコントラストAF、像面位相差AFが効く模様。
今時SSMは当たり前としても、これは心惹かれる仕様ですね。

個人的にはAマウントの135mmだと、ちょっと焦点距離が長いかな・・・って感じがあるので、この100mmはいいところをついてきましたよ。
自分にはAマウントのSTFがあるので、予約してまで購入しないと思いますけど、世に出回ってからの評判次第では欲しくなるかもです。

135mmという焦点距離のせいで、135mm F2.8 [T4.5] STFにするか、Sonnar T* 135mm F1.8 ZAにするか購入時に悩む人が少なくないようですが、
両方所有している自分からすると、この2本のレンズは全く別物です。
購入する際には、自分が何を撮るのか?をきちんと理解しておく必要はありそうですね。



135mm F2.8 [T4.5] STF作例


135mm F2.8 [T4.5] STF作例
少しSTFレンズで撮影した写真を貼り付けてみますが、
まず、このレンズを買って何でもいいから撮ってみると、例えば水道の蛇口撮っただけでも「あ!なんか作品って感じ!」になるマジックです。

上のベンチを撮ったやつもそうですが、見た目のふんわり感っていうんですか? そういうのを感じると思います。
この描写は標準ズームでは出てこない感じですよ。



135mm F2.8 [T4.5] STF作例
そしてピントの合っている所はビシっと写り、背景のボケは溶けるような感じになるのも特徴。
このレンズを使ってしまうと、他のレンズはもうすごいとは思えません(笑)



135mm F2.8 [T4.5] STF作例


135mm F2.8 [T4.5] STF作例
そして特に特徴的なのは、背景の点光源をぼかした時に、ぼけがまん丸になるなるところですね。
これは本当に美しい描写だといつも関心します。
これが例えば90マクロだとどうなるかといえば・・・



135mm F2.8 [T4.5] STF作例
右上の方に集まっている点光源は、巷で言うラグビーボールぼけとか、レモンぼけですが、まん丸にはならないという現実。
これは口径食っていう物理的な結果ですが、少し絞ってあげると丸に近づきはします。
全く同じ構図じゃないけど、同じ場所でSTFを使うと・・・



135mm F2.8 [T4.5] STF作例
こんな感じ!
人間の脳は、ピントの合っていないぼけている部分に情報量が多いと、ごちゃごちゃしているとか、汚いと感じるのだと思います。
基本的に丸というのは、物体が存在するうえでは一番自然な形なので、
これに角があったり、形があると情報になりますからね。

発表された100mmのSTFレンズは、個人的な予想では予約殺到じゃないかと思います。
4月頃買おうと思っても、おそらく3ヶ月待ちだと予想。
これを期にAマウントの135mmを売って・・・という人もいると思うので、
それを狙って購入するってのもアリではないかと思いますよ。

最後に個人的な意見を言うと、このレンズはMFだから面白いんじゃないの?ってのもあったりして・・・



1位と2位の差がすごくて1位は絶対無理!(笑)
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-02-11 00:00 | Eマウントレンズ | Comments(6)

FE 90mm F2.8 Macro G OSSがやってきた!

少し前にマクロレンズの事を書きましたが http://momoken819.exblog.jp/23390245/
結局、MINOLTAの100mmMacroを手放してFE 90mm F2.8 Macro G OSSを購入しました。
タムロンの90mmと迷いましたが、光学性能はおそらくぶっちりぎりでFE90mmの方ではないかと判断したからです。
そんなわけでα7Ⅱに取り付けて、古くなってしまう前に写真を撮っておきました。



FE 90mm F2.8 Macro G OSS


FE 90mm F2.8 Macro G OSS


FE 90mm F2.8 Macro G OSS
レンズフィルターはKenkoのPRO1Dを装着。
個人的にはタムロンの金色のラインは好きじゃないし、このFE90mmは黒く締まった感じでデザインもいいと思います。
レンズが手元にやってきましたが、外の暑さが尋常ではないしどうしようか迷い、試しに大船のフラワーセンターに行く事にしました。



FE 90mm F2.8 Macro G OSS TEST
フラワーセンターは今年初めてだと思います。
暑い日にウロウロするような場所でもないような気がしますが、マクロというと花という単純な発想なんですけどね。



FE 90mm F2.8 Macro G OSS TEST
特に作品になるようなものを撮ろう!と思って来たわけではないので、
とにかくどんどん撮ってみて、使い心地や操作性を体感してみようという感じであります。
とりあえず葉っぱを撮ってみましたが、細かいところの描写は文句の付け所がないと思います。



FE 90mm F2.8 Macro G OSS TEST


FE 90mm F2.8 Macro G OSS TEST
かなり寄ってみてマクロ域での撮影です。
いい感じですね。AFは100マクロとは雲泥の差で静か。スピードはマクロレンズだと思えば速いです。
もちろん70-200mm F2.8 G SSM IIや70-400mm F4-5.6 G SSMIIと比べるようなレンズではありませんよ。



FE 90mm F2.8 Macro G OSS TEST
FE90mmマクロのAFとMFの切り替えは、フォーカスリングを前後にずらす事で切り替えができます。
この物理的な機能はいいですね。AFで大まかに合焦させてあとはMFで追い込んでいくという使い方になります。
本当は三脚を使ってきちんと撮ればよかったのですが今回は手持ち。 
α7Ⅱとの手振れ補正はかなり強力な感じです。 今回の写真は現像なしのJPEG撮って出しであります。



FE 90mm F2.8 Macro G OSS TEST


FE 90mm F2.8 Macro G OSS TEST
虫がおしりを向けてしまっているので、写真構図としてはどうかと思いますがレンズレビューなのでいいでしょう(笑)
かなり小さな虫でしたので、AFの中央一点で拾おうとしましたがAFでは合焦しませんでした。
仕方ないのでMFで撮りましたが、やはりマクロ域でのAFは完璧とはいかないようですね。



FE 90mm F2.8 Macro G OSS TEST
当日は風が少し強めで花が揺れるので撮りにくい環境ではありました。
F8まで絞って撮影しましたが、絞るとちょっとボケは固くなる感じはします。ボケ方は100macroに似てると思うのですがどうでしょう?



FE 90mm F2.8 Macro G OSS TEST

FE 90mm F2.8 Macro G OSS TEST

FE 90mm F2.8 Macro G OSS TEST
マクロ域ではない中望遠レンズとして使ってみました。
このレンズは開放からキッチリと写る感じで、風景写真なんかにも十分使えると思います。
むしろ自分はこちらの使い方がメインになるかな。 あとはポートレートレンズにも良さそうですよね。


e0341572_14255875.jpg

そうこう言っていたらDxOMarkのスコアが出ました。
シャープネス32Pは他社のレンズと比べてぶっちぎりの数値だと思います。
FE55mmもぶっちぎり性能で話題になりましたが、このFE90mmも後に続いた感じなのではないでしょうか?

α6000で35mm換算135mm画角でも使ってみたいと思います。その際はまた写真を含めてレビュー投稿させていただきます。
まだ使い込んだ感じではありませんが、解像感や描写は非の打ち所がなく、
操作性もいい事からとても気に入りました。今後はこのレンズはメインの中の1本となりそうです。

※ただいま第4位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2015-07-23 20:00 | Eマウントレンズ | Comments(2)

FE 90mm F2.8 Macro G OSS他、ソニーが新製品発表!

先日、海外でα7RⅡが発表されたばかりですが、
間髪入れない感じで新しいレンズの発売日が決定しましたね。

まずはFE 90mm F2.8 Macro G OSSですが、今回の発表はこのレンズが一番の話題かと思います。
e0341572_23175994.jpg
サンプル画像を見ると遠景からマクロまで良好な描写ですね。

http://www.mobile01.com/newsdetail.php?id=16917

価格の掲示板を見ると「予約しました!」という人が多い印象です。
う~ん・・・確かに欲しい製品ですが、自分の場合はやはりメインはAマウントなのでパスかなぁ。
近々、α99Ⅱが発表されると頑なに信じているので、それを買うとEマウントはあまり使わなくなりそうだし、
値段もお手頃!とはどう考えても言えませんです。


Aマウントといえば、こちらのレンズもマークⅡになりましたね。
e0341572_23174827.jpg
e0341572_23173962.jpg
しかしまあ、すごいお値段ですなぁ(笑)

旧型のVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZAは所有していますが、
正直、値段と比較すると良いレンズとは言いがたいかなぁという感じで、逆光性能なんてメチャメチャ悪いのです。
このⅡ型になってコーティングも変更になっているようだから改善されたのでしょうかね?
光学性能は旧型から変更がないようなので、すぐに飛びついて買うような物でもなさそうですし、
世間の評判を探りながら購入検討というところでしょうか?

Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSMについては以前悩んだ末、
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSを購入してα7Rで使ってます。
超広角で何を撮るか?と考えると大抵は風景で、その場合はf8くらいまで絞って使うし、
F4スタートのレンズでいいというのが判断材料でした。

最近、ソニーのカメラは新製品をバンバン投入してくるので、お小遣いが毎月100万円くらいないと足りませんな。
ほとんどのユーザーが手が出ない状態か、限りある予算の中でボディかレンズか?のような選択を迫られているようです。

自分にとってもかなり魅力的な製品ばかりですが、今回はすべてスルーです。
先日、α77 IIと70-400mm F4-5.6 G SSMIIを買ったばかりですし、次に購入するのはα99Ⅱと決めています。

ブログを読んでいただいている方には、結構ポンポン物を買っているイメージかもしれませんが、
実は自分、自営業の経営をしているというのもあり相当堅実です。
貯金は絶対に使わない! 欲しい物はお小遣いを貯めて買うのであります(笑)


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村
[PR]
by momoken805947 | 2015-06-17 23:40 | Eマウントレンズ | Comments(0)

6月26日発売のDistagon T* FE35mm F1.4 ZAが気になる

α7RⅡは非常に気になるのですが、
6月26日に発売されるDistagon T* FE35mm F1.4 ZAも気になります。
35mmという焦点距離は多くのカメラフリークのツボだと思いますが、
どうもこんなのが出てくると、超好みの女性を紹介されてしまったようで「いりません」とは言えないのが辛い。
e0341572_21004580.jpg
Eマウントのボディはα7IIとα7R、α6000を持っていますが、
EマウントレンズはVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS1本しか持っていません。
Distagon T* FE35mm F1.4 ZAのスコア ↓



e0341572_21004519.jpg
透過率の1.6Tはすごいと思います。 スコア38も素晴らしいですね。
ただ、FE55 f1.8はさすがオータスと戦えるレンズだけあってズバ抜けています。
この超優秀な55mmも欲しいのだけど、50mm F1.4 DG HSMを買ったので我慢してます。



e0341572_21004522.jpg
しかし、自分の持っている35mm F1.4 DG HSM。このレンズも並みのレンズではなく ↓



e0341572_21004593.jpg
解像力は互角のようですが、スコアでいうとDistagon T* FE35mm F1.4 ZAを微妙に抜いています。
ボケ味などは数値化できないと思うので、その辺りの違いで性格の違うレンズになるのでしょうが、
35mm F1.4 DG HSMと張り合うレンズとなるとやはり気になります。
ただ、スコアの表を見るとテスト機がDistagon T* FE35mm F1.4 ZAの方はローパスレスのα7Rなのに対し、
35mm F1.4 DG HSMの方はローパスありのD800なので、
そのあたりの差分を考えると35mm F1.4 DG HSMの方が数値上は結構上かもしれません。

気になるお値段ですがDistagon T* FE35mm F1.4 ZAは価格コムで見るとだいたい18万円くらいです。
今後、徐々に下がるとは思いますが、純正品なのでそう安くはならないでしょう。
一方、35mm F1.4 DG HSMは現在価格コムで8万円台です。

う~ん・・・確かに純正品の安定感とか、安心感は捨てがたいところですが、
この価格差はちょっと考えてしまいますな。
噂では9月にα99Ⅱが発表になるとか・・・ですが、これの初売りもおそらく40万円以上のような気もするので、
ここは限りある予算をどう振り分けるか結構頭が痛いですね。

※デジカメinfoさんからスコア表を引用させていただきました。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村
[PR]
by momoken805947 | 2015-06-12 12:30 | Eマウントレンズ | Comments(2)