カテゴリ:フォトコンテスト( 24 )

もらったのは賞状だけではなかった!(怒)

月が変わりまして11月になりました。
先日、平塚の写真コンクールの表彰式に行ってきた投稿をしましたが、

http://momoken819.exblog.jp/26139754/

自分の隣にいたおじさんが、ずっとゴホゴホ咳をしていて、そのおじさんはマスクもしていなかったし、
咳をする際、口を押さえるとかそういう行動もなかったので、風邪かな?風邪だったら嫌だな~と思っていたのですが、
表彰式が終わって二日後の月曜日「あぁ・・・なんか体がだるいし頭が痛い・・・」
嫌な予感的中しまして、月曜日、火曜日と風邪ひいたらしく最悪で、
水曜日に少し楽になってきたけど、まだ何となく調子が出ません。

もちろん観光協会の方には何の罪もありませんが、
風邪ひいてたおじさん! 風邪ひいてたなら表彰式に来ないでほしかったです!

そのおじさんに言わせれば「俺がうつしたという証拠でもあるのか?」と言われるかもしれませんが、
ゴホゴホ咳している隣で、1時間座っていれば風邪はうつると思うし、それしか考えられません!
せめてマスクくらいして欲しかったと言っておきます。

そんなわけで賞状以外に、風邪までもらったというオチの表彰式でした。

ちなみに話はガラリと変わりますが、
αcafe10月のマンスリーフォトコンテストは、久しぶりに13位ですが入選できました。
投票していただいた皆様、どうもありがとうございます。

http://acafe.msc.sony.jp/contest/award/time/000000000068



ヨットマンの洗礼
今月11月のお題は「小さな秋」という事ですが、全くイメージが湧かないので困りました。


いつもどうもありがとーございます
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-11-02 00:00 | フォトコンテスト | Comments(0)

第48回湘南ひらつか観光風景写真コンクールの表彰式に行ってきました

週末になりましたが、毎週末台風の影響となると本当にうんざりしますねぇ。
この日本には、相当行いの悪い人がいるとしか思えないようなこの天候、一体、誰に文句を言えばいいのでしょうか?(笑)
そんな中、平塚であった写真コンテストの表彰式に行ってまいりました。

今年は昨年に続いての受賞となったのですが、昨年は古い小学校の校舎のような建物で表彰式をやりました。
こんな感じの ↓



第47回湘南ひらつか観光風景写真コンクール 表彰式会場
個人的には、こういう味のある建物は好きなんですけどね。  
自分が小学生の頃の校舎って、こんな感じだったんだと思いますよ。                 




第48回湘南ひらつか観光風景写真コンクールの表彰式
平塚市中央公民館。今回の表彰式はこの場所です。
近代的な・・・というか、今時普通の感じの建物です。
駅から遠いし近くに駐車場もないので、1キロくらい離れた場所に車を停めて徒歩でやってきました。

多目的に使用される施設なので、どこで表彰式をやるのかわからないまま中に入り、
ウロウロしていると2階という事だったので、そちらに行ってみると・・・・・



第48回湘南ひらつか観光風景写真コンクールの表彰式
あぁ・・・ありました。 どうやら2階でビンゴだったようです。
表彰式が始まるまで30分くらいあったので、中に展示されている写真を見てみる事にしました。



第48回湘南ひらつか観光風景写真コンクールの表彰式


第48回湘南ひらつか観光風景写真コンクールの表彰式
入選したので当たり前なんですが、自分の写真もちゃんと展示されておりました。
今回はRX100M3を持っていきましたので、それで撮っておきました。



第48回湘南ひらつか観光風景写真コンクールの表彰式
会場は広くも狭くもないという感じでしょうか?
正装の人もいれば、ジーパンで来る人もいるという感じでしたが、
自分はいちお、スーツとネクタイという格好で行きましたけどね。それが一番無難・・・というより、
主催者の方たちに対しての礼儀というか、ちゃんとしたいと思いましてね。

表彰式は午後2時からでしたが、周囲の受賞者の方々は自分の父親のような年齢の方ばかりで、
若い人はいないのかな?と思っていたら、一人だけ若い方がいたのでホッとしました(笑)



第48回湘南ひらつか観光風景写真コンクールの表彰式
700通を超える応募があったようですが、今回は50名そこそこの受賞者だったようです。
50名に賞状を渡す儀式は、それなりに時間がかかるので一枚だけ投稿しておきます。
昨年はえらい丁寧に授賞式をやりましたが、昨年時間がかかりすぎたせいか、今年は比較的簡素化されたような気がしました。

平塚観光協会の方はとても親切で、
受賞者の方を座る席まで案内してくれたりと、いろいろと気を使っていただいておりました。

昨年来てくれた、ゆりやんが今年は風邪をひいてしまって来れなかったもんで、
自分の写真が全くありません(笑)
来年もまた応募したいと思いますが、さすがに3年続けての受賞も難しそうですね。

平塚はやはり七夕まつりに力を入れているせいか、受賞作品も七夕まつり関連が多いようです。
個人的に分析してみましたが、平塚のフォトコンテストで写真を選ぶ先生は、
広角で撮ったものが好きなんじゃないか?という感じがすごいするので、
来年は10mmで撮ったものを出してみようかな?(笑)


ポチッとお願いします~
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-10-28 23:00 | フォトコンテスト | Comments(0)

フォトコンテストの評価は妥当なものか?

自分には2つ年下の弟がいるんですが、もう長いことあるスポーツをやっていて、
週末というとせっせとそれに通っています。
そのスポーツの集まりの中に、プロカメラマンという人がいるんだそうで、
弟が自分の兄が写真を趣味としていて、よくフォトコンテストで賞を取っているという話をしたところ、
そのプロカメラマンという人も、フォトコンの審査に関わっているという事で、こんな話をしてくれたそうです。
具体的にどのコンテストという事ではなく、そのプロカメラマンの話によると、
いわゆる大御所と言われるような先生と、入賞作品の審査で一緒になると、
自分が「これがいい!」と思った写真があっても、大御所先生がいいと言ったものに合わせないといけないんだそう。
つまり若いプロカメラマンの意思はそこにはないんでしょうな。
まあ、こんな話もビックリするようなことでもなくて、普通の会社や組織の中でも十分あるお話です。

そしてこれは実際に自分の体験談ですが、
ある日、三脚を立てて撮影していたら、隣で撮影している少し若い人と仲良くなりカメラや写真の話をしていました。
その場にその若い人の写真の先生という人がやってきて、
どうやら二人は偶然会ったようなのですが、その若い人と先生は少し前にあったフォトコンテストの話で盛り上がっておりました。
その先生が違う場所から撮影すると言いその場を去ると、隣にいた若い人は、
「あの先生は自分の生徒ばかりをフォトコンで入賞させるんです」と、ちょっとした裏事情を小さな声で教えてくれたのでした(笑)

一般の人にも募集をしているフォトコンなので、自分の生徒さんばかりを入賞させているのは不公平という事になるのかもしれませんが、
これもよく考えてみれば、この先生に人情があるから・・・と思えば、自分としては当然なんだろうと腹も立ちません。

あと、これは自分が応募するような小さなフォトコンではなく、注目されるような大きなフォトコンに関しては、
本当に素晴らしい作品は入賞できないという話を聞いた事があります。
どういう事かというと、優勝を決めるのもプロのカメラマンだったりするわけで、
作品があまりにも素晴らしいと「こんな凄い写真を撮る人に出てこられたら、自分たちの立場が危うい」という事になるんだそうで、
本当に才能のある素晴らしい人は、本人も作品もこの世に出てこれないという事なんだそうです。
この話は誰かに直接聞いたという事ではなく、フォトコンの裏事情みたいなので知ったので事実かどうかはわかりませんが、
世の中の道理から考えると、十分あり得る話だろうな・・・とは思います。

あとはたまにあるのは、フォトコンの審査が終わって優勝作品が発表されると、
「こんな写真が優勝っておかしくないか?」という事になって、一部の人達が騒ぎ始めるという事態。
前にあったのは、やはり優勝作品が「なんでこんなのが?」という事になってよく調べてみたら、
優勝作品の中に、スポンサーの看板が写っていたとか、
有名なのは北海道の「オホーツクの四季」フォトコンテストのタイトル「征服」


http://www.sankei.com/life/news/160316/lif1603160022-n1.html

この騒動は自分も興味を持ってみていましたが、作品性がどうこう言う前に、
ダイビングのインストラクターとして海や、海の生き物に接してきた自分としては、
見ていてあまりいい気分がしない写真でもありましたね。

いろいろ書きましたが、だいたい写真なんていう物は点数とか順番を決められないようなカテゴリーだと思うし、
結局は選ぶ先生だったり、スポンサーだったりが変わると、選ばれる作品も変わってくるわけですからね。
写真を撮る人は真剣だと思うし、審査のゆくえは非常に気になるのかもしれませんが、
フォトコンなんて所詮こんなもの・・・という意識も持っていないと応募するのがバカバカしくなってしまいます。

物凄い大きなくくりで物事片付けるとしたら、
「世の中には公平なものなんてほとんどない」 という事です。

付け加えておきますが、世の中のフォトコンがすべてそんなわけでもないでしょうし、
中にはしがらみのない、きちんと選んでいただいているフォトコンも当然あるでしょう。



いつもどうもありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-10-22 12:00 | フォトコンテスト | Comments(2)

GANREFのFeatured Photoに選んでいただきました!

写真投稿サイトのGANREFは、昔ギターブログの知り合いが教えてくれて始めたんですが、
結構前からやっているにも関わらず、あまり自分に向いていないような気がしてたまにしか覗いていません。
なのでポイントがどうとか、何とか選ばれたとか言われても、
それが何なのかわからないし、どのくらいすごい事なのかも不明なんですが、
知らないうちに Featured Photo というのに選ばれたらしくて、コメントを沢山いただいてました。

e0341572_21460591.jpg
e0341572_21463768.jpg


立石の空
選んでいただいたのはこの写真、タイトルは立石の空。
http://ganref.jp/m/momoken805947/portfolios/photo_detail/6f0de26ec89c6cc31016d96d8c0c72c6

実はこの写真、投稿した時に「あ、間違えた」と思ったやつなんです。
というのも、似たような写真を現像しましたが、上の写真はちょっとアンダー気味だし、
彩度も好みより高いので、投稿し直そうと思ったけど「ま、これでいいや~」とそのままに!(笑)

自分の本命はこっち
立石夕景
人によっては最初の写真の方がいいという人もいるかもしれませんが、
自分としては、下の方の明るくて彩度が低い方が好みなんですよね。
でも、そんな感じで投稿した写真が、プロのカメラマンの方に選んでいただけたのは微妙ですが、
そう思って見ると、アンダーな方が雰囲気があるような気もしてきました。

写真というのは感性とか好みの問題があるので、優劣の判断は難しいというか、
正確にいえばできないんでしょうな。
フォトコンなんかでも、選ぶ先生が変われば最優秀賞の写真も違うものになるでしょうしね。

今回選んでいただいた戸塚先生、どうもありがとうございました。


ポチッとお願いします~
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-10-13 22:00 | フォトコンテスト | Comments(2)

2018年版 湘南ひらつか観光写真カレンダーが出来たみたいです!

先日、平塚観光協会さんのHPを見たら、いよいよ「2018年版 湘南ひらつか観光写真カレンダー」ができたようで、
10月2日から販売されるという事です!
今年の写真コンクールで入選通知をいただいた時、カレンダーになりますから元データを送ってくださいと言われ、
いつカレンダーができるのか楽しみにしていたので嬉しいです!

http://www.hiratsuka-kankou.com/entry.html?id=189110

親戚の家とかにも送ってあげたいけど、一部1000円となると大量に買えないなぁ(笑)




湘南平の夜景


e0341572_23182745.jpg

採用していただいた写真は、撮影した月と同じ10月が出番のようなので、あと1年くらい待たないといけませんね。
この2017年は、なんだかんだと小さな入選まで入れると8つくらいあるのですが、
正直、入賞や入選よりも、カレンダーに使ってもらえるというのが一番嬉しいです。
というのも、カレンダーに採用されると一ヶ月の間は、多くの人達が生活の中で毎日目にするようになり、
自分の写真が一ヶ月間といえども、そんな風に世の中に貢献できるというのは感激ですよ。

限定的な地域の写真でできたカレンダーなので、
購入する方は主に平塚にお住まいとか、平塚に思い入れのある方とかなんでしょうが、
購入先等はこちらに記載されておりますので参考にしてください。

なお、購入する際は是非、
「う~ん・・・10月の湘南平の写真が最高やね!」と言って頂けると完璧です!(笑)


ポチリよろしくお願いします~
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-10-01 00:00 | フォトコンテスト | Comments(0)

8月27日の東京新聞に掲載されました

うちは昔から東京新聞を読んでいるのですが、
その東京新聞が毎年、カレンダーを作るという事で写真を募集しフォトコンテストをやっています。
毎年応募しているのですが、なかなか入賞まではいかないですね。
しかし、入賞できなかった写真もボツという事ではなく、良いものは紙面に掲載してくれることがあって、
昨年は浅草燈籠会の写真を載せていただきましたが、

http://momoken819.exblog.jp/24618506/


今年は昨年の夏に撮った富士山の写真を掲載していただきました。

e0341572_11294618.jpg



今更感はありますが、いちお苗字だけは消しておきました。
新聞をスキャナーで読み込んだ画像ですが、後ろが透けて写ってしまっています。
新聞を綺麗にスキャンするのには、裏側に黒い紙を入れておくといいのですが、
ちょうどいい黒い紙がなかったもんで、こんなクオリティでどうもすいませんです。



真夏の富士山
オリジナルの写真はこちら。
昨年のブログ記事「ゆりえどんに長野のお土産を渡すミッション」で投稿した写真です。
昨年の夏には、こんなクッキリと富士山が見えた日があったんですね。

今年もまた東京新聞のフォトコンテストは開催されています。
https://hotweb.tokyo-np.co.jp/photo2017/

良い写真がある方は、応募してみてはいかがでしょうか?



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-08-26 12:00 | フォトコンテスト | Comments(0)

第48回湘南ひらつか観光風景写真コンクールで入賞しました!

先日、家の者が電話をとり「観光協会さんから電話だよ」というので、
観光協会といえば、地元金沢区の観光協会さんを思い浮かべ、写真公募展も終わったし何の用だろう?
冊子か何かの表紙に使う写真がどうのって話かな?と思い電話に出てみると、
金沢区の観光協会さんではなくて、平塚市の観光協会さんから電話でした。

「おめでとうございます。あなたの写真がコンクールで入選しました」
あっ!そうだ! 平塚のフォトコンテストに応募してたんだっけ!
平塚のフォトコンといえば、昨年第47回湘南ひらつか観光風景写真コンクールで入賞しましたが、
http://momoken819.exblog.jp/24688334/

今年開催された、第48回湘南ひらつか観光風景写真コンクールにも入賞できました!
http://www.hiratsuka-kankou.com/entry.html?id=178834

今年の入賞作品は、2018年度のカレンダーに採用していただけるようで、
平塚市観光協会さんの方から、直接お電話をいただいて写真データを送ってくださいとの事でした。
昨年は入賞こそしたものの、カレンダーには採用されなかったので嬉しさ倍増であります。



湘南平の夜景
入賞いただいた写真ですが、実は昨年の写真コンクール表彰式のあと、
帰り道のその足で湘南平まで行き夜景を撮ったのですが、その写真が翌年のコンクールで入賞するとは・・・・(笑)
この写真を撮った時の投稿 
http://momoken819.exblog.jp/24775185/

表彰式の模様を撮影しようとα6000にVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSという小さなシステムを持っていったので、
そのままそれで撮影した写真ですが、α6000を使ってフォトコンに入選したのは初めてです。

表彰式はまた10月の終わり頃になるようなので、また行ってみたいと思います。
その頃には涼しくなってると思いますが、早く夏が終わってくれないかな~と思いますな。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-08-13 00:00 | フォトコンテスト | Comments(4)

横浜金沢写真連盟・横浜金沢観光協会合同公募展 2017

今年3月に応募があり、4月に入選通知、5月に公募展というスケジュールだった、
横浜金沢写真連盟・横浜金沢観光協会合同公募展 ですが、
写真の搬入から表彰式まで、大雑把にダダッと書いていきたいと思います(笑)


e0341572_20183093.jpg
入選通知をいただいた作品は5月9日の10:45から、こちら横浜市民ギャラリーに個人で持ち込まないといけません。
この日は火曜日でモロ平日。 当然、仕事を途中で抜けての行動なんですが、連休明けで仕事も暇だったので丁度よかった。
昨年はゆりえどんも来てくれたのですが、「お庭の消毒があるから行けない」と言われフラレてしまったので一人であります。



e0341572_20212449.jpg
入選した方達の写真は、このようにギャラリーの壁に設置されていきます。
周囲は大先輩という方々ばかりなので、けして若いとはいえない自分でも場違いな感じ・・・・(笑)
自分の写真をお渡ししてキョロキョロしていたら、スタッフの方が作業するのにやりにくかったのか、
「スタッフでない人は外に出てください」という事だったので、一旦外に出る事にします。


e0341572_20200592.jpg
横浜市民ギャラリーには、この公募展の時以外に来たことはないのですが、
絵などの展覧会もあるようで入場や観覧は無料という事であります。 
写真をスタッフの人にお渡しした後、11:30から公開審査があるという事だったので、
仕事もそれほど忙しくないし、少し待てばいいと思ったので外で待っていました。



e0341572_20292884.jpg
え~どうでもいい話なのですが、毎度どんなカメラで撮ったか記載しているので今回も。
今回持っていったカメラはこれ。FujiのFinePix f11 という2005年発売の630万画素のコンデジ。
今となってはヤフオクで100円でも買ってくれないようなカメラですが、久々に充電して持ち出してみました。
普段使っているアルファと比べたら、骨董品みたいなカメラなので画像が汚いのはお許しを!


e0341572_20221154.jpg
公開審査が始まりました。
作品は「金沢区部門」と「自由作品部門」の二部があるので、まずは金沢区部門から審査が始まりました。
昨年はこの審査を見る前に帰宅してしまったので、この風景を見るのは今年が初めてであります。
審査員の方々が、壁に掛けてある作品をピックアップしてテーブルに並べて行きます。

自分の写真は二つの部門で入選していましたが、金沢区部門の方の写真はテーブルの上に乗る事ができず!
この時点で入選はできたけど、入賞候補からは外れてしまいました。
うわ~残念! と思いましたが、まだ自由作品部門が残っているので、そちらに希望を託すしかありません。



e0341572_20253464.jpg
自由作品部門の審査が始まりました! 自分の写真は・・・・・



e0341572_20242741.jpg
やった!やりました! 
こちらは早々にテーブルの上に移動され、入賞候補として最終審査に残りました!
しかし、この公開審査に立ち会うというのは、意外と心臓に悪いと思いましたよ(笑)
かなりドキドキするもんですね。 

さて、肝心の結果ですが、賞の上位から作品が決まっていきますが、
自分の写真は、なかなか選んでいただく事ができず、後半になってようやく 協賛賞 というタグをつけていただきました。
協賛というのが カメラのキタムラ賞 というネーミングでしたが、
この写真のプリントをカメラのキタムラさんでお願いしていなかったので、微妙に罪悪感が残りましたです(笑)
でも、カメラのキタムラさん、どうもありがとうございました。



e0341572_20261955.jpg

e0341572_20274423.jpg
というわけでカメラのキタムラ賞をいただいたので、5月11日の18:00からテクノタワーホテルで表彰式です。
仕事が終わった後、速攻で移動し駆けつけました。



e0341572_20282575.jpg
昨年の表彰式と部屋が違ったので、建物の中に入ってからウロウロしてしまいました。
前回はレクチャールームみたいな場所で、パイプ椅子並べて行われたのでジーパンで気軽に来てしまったのですが、
今年はなんかちゃんとした場所だったので、もっとまともな服装で来ればよかったと後悔です。



e0341572_20285306.jpg
今年は10歳の男の子の受賞者が! 顔は隠しておきますが何とも素晴らしい!
帰り際手を振って「また会おうね!」と言っておいたので、来年もまた会えるでしょう(笑)

終わってみれば、今年の受賞は協賛賞という事でしたが、いちお3回続けて受賞をいただいてます。
皆さんの作品を見るとレベルが高いので、なかなか優勝はできないと思いますが、来年もまた応募できればしたいと思いますよ。

ちなみに最終選考から漏れた金沢区部門の写真は、観光協会の方がデータをくださいという事だったので、
機会があれば、また区のチラシとか刊行物に使ってもらえるのかもしれません。

ちなみにどんな写真を応募して入選、入賞したのかは、
金沢区観光協会さんのHPに掲載されてから、リンクを貼ってご紹介させていただきたいと思います。


ポチッとよろしくお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-05-16 00:00 | フォトコンテスト | Comments(0)

関東の旅 かんた~びれ フォトコンテストで入選しました

先月、フォトコンテストの情報をネットで見ていたら、
関東の観光地の写真を募集しているものがありまして、詳細を見ると山梨県の観光施設というのが目にとまりました。
山梨県といえば、昨年のGWに一人で2泊しながら富士五湖周辺をウロウロしたな・・・と思い出し、
およそ一年前の写真を探してみたところ、忍野村で撮った写真が数枚あったので応募してみました。

発表は4月の最初の頃でしたが、応募先からメールをいただきまして入選との事。
春の忍野村
旅行会社とか、観光施設のフォトコンテストというと、作品的なものが選ばれるというより、
パッと見た時に「あっ!ここ行ってみたい!」と思えるような、わかりやすい写真が選ばれるんでしょうね。
応募する際には、そういう商用活用を意識した写真を応募するようにしています。

発表のページはこちら
http://cantabi.jp/?page_id=3794


ページを開いて「え~と・・・どこに掲載されているのかな~」と、下の方にスクロールしていくと一番下でした(笑)
優秀賞とか、佳作とかではなく、賞のネーミングが「すてきで賞」 (笑)
しかし、主催のかんた~びれさんは太っ腹で、このおまけみたいな賞にも商品券5000円分いただけるそう!

そんなわけで賞をいただいたので宣伝させていただきますが、
これからのGWはかんた~びれを見て、行きたいところを決めてみてはいかがでしょうか?

http://cantabi.jp/

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-04-20 00:00 | フォトコンテスト | Comments(0)

2017年度 横浜金沢写真連盟・横浜金沢観光協会合同公募展

昨年、奨励賞をいただいた2016年度 横浜金沢写真連盟・横浜金沢観光協会合同公募展ですが、
今年もまた募集がありまして、昨年は仕事を抜けて作品の納入や撤収の都合をつけるのが大変だったのですが、
今年は納入は平日ですが、撤収が日曜日なので何とかなるだろうと思い応募してみました。

この公募展は地元、金沢区の部門と何でもOKな自由部門があり、
応募枚数に制限はありませんが、1枚の応募につき1000円の応募料がかかるので、
下手な鉄砲・・・みたいにどっさり応募するわけにもいかず、とりあえず金沢区部門2枚、自由部門2枚 を応募してみました。

応募の中から一次審査があり、一次審査を通ると入選という事になり、
その入選した作品の中から、各賞を決めていくという審査方法になっております。
一次選考の結果発表が4月上旬という事でしたが、通知が来なかったので今回は落選したのかと思っていたところ、
本日、A4サイズの封筒が・・・・・



e0341572_17282724.jpg
結果、とりあえず入選!という事で一次審査通過であります。(先生方々の名前は消しておきました)
4枚応募した写真から、金沢区部門1枚、自由部門1枚の合計2枚が入選!!  これは予想してなかったので喜びも2倍です。
どんな写真が入選したのかは、公募展が開催されるまでご紹介できませんが、
次はこの2枚の写真が、何らかの賞をいただけるかどうか? という事で楽しみにしたいと思います。



e0341572_17242608.jpg

e0341572_17273686.jpg
ちなみにこの公募展は、来月5月9日から5月14日までの開催となり、会場は昨年と同じ 横浜市民ギャラリー であります。
現在、北朝鮮の問題で、きな臭い事になっており、今後どうなるのかわかりませんが、
世の中が平和だったらという事で、お時間のある方は是非足を運んでみてくださいませ。

自分はこれから、入選した写真のプリントの注文や、指定の額などを購入し写真を額装。
会場に搬入などがあるので準備しなといけませんね。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-04-12 19:00 | フォトコンテスト | Comments(0)