カテゴリ:撮影記( 214 )

横浜八景島シーパラダイス 花火シンフォニア

7月22日は在籍しているサークルGαsha!で、足立区の花火大会の撮影会があったのですが、
足立区といえば、もう少し行けば埼玉の川口というような場所。
調べてみたら電車で片道2時間近くかかるようなので断念。 
しかし、その日は八景島の花火があるという事だったので、そちらに行ってみようと思いました。

ただ、八景島の花火は何度も撮影していて、観客が観ているような場所から撮ってももう面白くもないので、
いろいろと考えてみようとGoogleMapを検索。



e0341572_16273645.jpg
赤い丸の場所が八景島花火の打ち上げ場所です。
青い長丸の位置にジェットコースターがあるので、ジェットコースターの背後に花火が上がる位置はどこになるか?
花火の打ち上げ場所とジェットコースターを緑色の線で繋いでみたらところ、
旧伊藤博文金沢別邸のある辺りだ!という事で、確信はないまま車を走らせて行ってみました。



八景島花火シンフォニア
旧伊藤博文金沢別邸周辺からは、八景島がこんな感じで見えていました。
α7Rにシグマ24-105mm F4 DG HSMで撮影。焦点距離60mmなので、肉眼だとちょびっと遠くに見える感じかな?



旧伊藤博文邸前
横にカメラを向けて撮影してみました。
花火の開始まであと数分という感じでしたが、周囲には撮影に来ている人がいないどころか、
花火を観ようなどという人も全くおりませんです。 あっ!ベンチに人がいた(笑)
だんだんここからは花火は見えないのかもしれない・・・・と不安に・・。



八景島の夜
退屈だったので八景島を撮影していました。サーチライトの光軸が空に伸びています。
レンズの望遠端の105mmで撮りましたがトリミングしているので、
持ってくるなら70-200mm F2.8 G SSM IIがよかったと思いましたが、これしか持ってこなかったので仕方ありません。



八景島花火シンフォニア
花火が上がりました!
おおっ!ちゃんとジェットコースターの背後に花火が上がってる!
どうやらGoogleMapを見て立てた作戦は成功だったようです。



八景島花火シンフォニア


八景島花火シンフォニア


八景島花火シンフォニア


八景島花火シンフォニア


八景島花火シンフォニア
たまに高さが低くて、ここからだと見えない花火がありましたが、
ほとんどの花火は見えたので、ここから花火を鑑賞したり、撮影したりするのは良い感じだと思いました。
なんで誰もいないのか?というのは、ただ単にほとんどの人が知らないからなんでしょう。

撮影としては、このくらいの構図で撮るには、35mm換算で100mm程度の画角がいい感じ。
ピントを決めたら固定してしまうので、100マクロなんていいかもしれませんよ。
FE 90mm F2.8 Macro G OSSでもいいかもしれないけど、トリミングしてあげないとちょっとかな。
個人的には次は70-200mm F2.8 G SSM IIがいいかも!と思ってます。


いつもポチッとありがとうございます
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-07-24 18:00 | 撮影記 | Comments(4)

横浜スパークリング・トワイライト2017 後編

横浜スパークリングトワイライトの花火撮影2日目です。
初日は大桟橋埠頭ににっぽん丸が入港していましたが、2日目は例のドイツの船、スーパースター・ヴァーゴが入港。
にっぽん丸より100m近く長い船なので、花火と撮るとどんな風になるのか?と思いつつ、
暑い中、また横浜まで出掛けて行きました。




横浜スパークリングトワイライト7/16


横浜スパークリングトワイライト7/16
初日は数名の知り合いと待ち合わせをして一緒に撮影しましたが、
今回は誰とも約束がなく一人だったので、待ち時間が長いのも嫌だしのんびり出掛けて行き、構図もウロウロしながら探してここに決定!
にっぽん丸の時は、真横から撮影したので平面的な写真になりましたが、
今回は客船を斜めから撮る形になるので、どんな感じの写真になりますでしょうか?



横浜スパークリングトワイライト7/16
花火が上がりました!
上がってみてようやく「あぁ~この位置から上がるのね~」という感じです(笑)
今回もあえて観客を入れた構図にしてみました。夏の賑わいの雰囲気がこの方が出ると思います。



横浜スパークリングトワイライト7/16



横浜スパークリングトワイライト7/16


横浜スパークリングトワイライト7/16


横浜スパークリングトワイライト7/16
花火の写真は、一枚づつ解説するというような物でもないと思うので、
数枚まとめて投稿しましたが、花火の大きさや色が違うと、周囲のWBも微妙に変わってきます。
花火も工夫を凝らしていて、ハートの形になったりトリッキーな物も沢山あったのですが、
写真に撮るとどうかというと意外と微妙な感じなので、シンプルで大きな花火の方が撮りやすいですね。



横浜スパークリングトワイライト7/16


横浜スパークリングトワイライト7/16
最後に船より大きな花火を2つ!

今年の横浜スパークリングトワイライトの花火は、梅雨明け前に開催されたにも関わらず、
2日間とも雨も降らずに良い感じで終了しました。
こうして客船を背景に花火が観れるという、横浜ならではのイベント!
開催していただいた方々、スタッフの皆様にもお礼を申し上げておきたいと思います。
また、来年もよろしくお願いします!


ポチリお願いしますと書いたら2位になりました(笑) ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-07-21 20:00 | 撮影記 | Comments(0)

横浜スパークリング・トワイライト2017 前編

毎年夏に開催されている横浜スパークリング・トワイライトですが、2017年は7/15と7/16に開催されました。
かなり前からノッチ師匠と一緒に行く事になっていたのですが、結果的には数名の知り合いの方達と行く事になり、
暑い中、カメラと三脚を持って横浜に出掛けて行きました。




横浜スパークリングトワイライト2017 7/15
集合時間は午後3時だったのですが、しばらくカメラをバッグから取り出す事もなく、
喋ったり、ビール飲んだりしているうちに夕方になってしまうというグダグダぶり。
花火撮影というと場所取りの問題がありますが、ここ赤レンガ倉庫周辺のエリアは広いのでそんな心配もいりません。
上の写真は花火開始まであと1時間という感じですが、結構な人が集まってきていました。



横浜スパークリングトワイライト2017 7/15
当日は客船にっぽん丸が停泊していたので、このにっぽん丸を構図に入れて花火を撮るという作戦。
海側に出て撮るという人もいましたが、自分はこの観客を入れて撮る構図を選択。
この場所から撮れば、人と船と花火が撮れるはず!



横浜スパークリングトワイライト2017 7/15
花火が打ち上がりました!
予想していなかったのですが、ちょうどにっぽん丸の煙突の後方に花火が打ち上がり、
まるでにっぽん丸の煙突から打ち上がっているようです!



横浜スパークリングトワイライト2017 7/15


横浜スパークリングトワイライト2017 7/15
帰ってから撮った写真を見て思ったのですが、
花火撮影って、意外とシャッターを開いている時間が長いと思うのですが、
人はほとんどぶれてなく、花火を観ている人はあまり動かないという事を学びました。



横浜スパークリングトワイライト2017 7/15
この日はちょうどいいくらいの風が吹いていたので、花火の煙も比較的流れていったし、
風が強すぎると花火自体が流れてしまうのですが、そういう事もなかったのでいい条件だったと思います。



横浜スパークリングトワイライト2017 7/15
花火の打ち上げ時間は30分間なので、一度三脚を立てると同じ構図しか撮れないというのもあり、
似たような写真をダラダラ投稿しても仕方ないのでこのくらいで・・・・

今回の撮影はα7RⅡ + 24-105mm F4 DG HSM です。
昼間は手持ちで撮る事があるかもしれないと思ったので、α7RⅡのボディをチョイスしましたが、
結局、昼間はあまり撮らなかったので7Rの方がよかったかもしれません。
個人的にα7RⅡは出てくる画がのっぺりしてると思うので、毎度言うように7Rの方が好きなんですけどね。

F4スタートの24-105mm F4 DG HSMは、絞ると解像力を発揮するレンズだと思うので、
花火撮影にはかなり向いていると思います。
Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMでもいいのですが、
強い光源があると、ゴーストやフレアが出るので24-105mm F4 DG HSMの方が花火撮影には向いていると思います。

この翌日の7/16には、また違う客船スーパースター・ヴァーゴが来るので、
続けて花火撮影の投稿になります。


ポチリよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-07-19 20:00 | 撮影記 | Comments(0)

SUPERSTAR Virgo 横浜初入港!

更新が少し遅れてしまいましたが、
船体に描かれたペイントが印象的な客船、スーパースター・ヴァーゴが横浜初入港という事で行ってみました。




スーパースター・ヴァーゴ横浜初入港
スーパースター・ヴァーゴはこんな船です。
http://www.starcruises.co.jp/ships/superstar-virgo.html

全長268m、東京ドーム1.5個分のスペースがあるそうですが、この船もなかなかでかい。
船の横に読めない漢字が書いてあるので、どこかアジアの船っぽいと思っていたらドイツの船なんですな。



大桟橋埠頭夕景
理由はわかりませんが、スーパースター・ヴァーゴは大桟橋埠頭の山下公園側に接岸されていたので、みなとみらい方面の景色は丸々見えました。
この日も雲が多くて綺麗な空という感じではありませんでしたが、少し風があったので涼しかったかも。



月夜の山下公園
スーパースター・ヴァーゴが山下公園側に接岸されていたため、山下公園から撮ってみようと移動してきました。
この日は綺麗な月が出ていまして、周囲も明るかったような気がします。



月夜の山下公園
芝生の入り口にロープが張られていて、人が誰もいなかったのでまっさらな芝生を撮ってみました。
ちょうど真上に月があったので、構図的にも良い感じになりました。



月と氷川丸
氷川丸と月のコラボも撮影。
もう少し早い時間に撮れば、氷川丸の真上に月があった状態で撮れたんですけどズレましたね。



スーパースター・ヴァーゴ山下公園より
肝心のスーパースター・ヴァーゴです。
この日持ってきたレンズはVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMだけだったので、
70mmではちょっと遠かったかな?という感じです。 24-105mm F4 DG HSM持ってくればよかったです。
ボディはα99でしたが、三脚使って撮るならEマウントで十分です。



みなとみらい夜景
車を大桟橋埠頭に停めたので、また戻りながらチマチマ撮ってみました。
この日はパイプ径32mmのでかい三脚を持ってきていたので、手摺をもろともせず撮影することができました。
小さい三脚だと高さが足りず、手摺をかわすのが難しい時があります。



みなとみらい夜景
横浜といえばこの紫色のオブジェ。
すっかり見慣れてしまったせいか、最近は撮るような事もなかったのですが、あえて撮ってみようと思い構図を考えてみました。
意外と人が通るので、タイミングの難しい撮影でしたけど・・・・



スーパースター・ヴァーゴ
大桟橋埠頭に戻ってきたのでスーパースター・ヴァーゴを横から撮ってみました。
ちょうど船の下に車がありますが、この車と比べると船の大きさ、ペイントの大きさがわかりやすいと思います。
このペイントの女性が実際にいたら、ガンダムくらいの大きさなんでしょうな(笑)



スーパースター・ヴァーゴ
後ろに下がって人物のシルエットを入れてみました。
よく見ると乗船している人もこっちを見たり、撮ったりしていたんですね。
客船の撮影に来るといつも思いますが、同じ場所に固定されている状態なので、自分が動き回らないと構図がとれません。
毎度似たような場所からしか撮れないので、似たような写真ばかりになってしまうし、ちょっと飽きてきたかな~。

ブログランキング長らく3位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-07-17 12:00 | 撮影記 | Comments(0)

7月の森戸海岸

沖縄でダイビングのお店をやっている友人から、7月の三連休に潜りに来ませんか?と誘われていて、
仕事が忙しくなかったら行けるかなぁと淡い期待をしていたのですが、
蓋を開けてみれば、7月の三連休は今年に入って一番忙しい週になってしまうという皮肉な運命でした。
仕事は忙しい方が収入も増えるし嬉しいのだけど、こう暑いとそうも言ってられませんねぇ。
見ていないと思いますが、うちの取引先の各社様、暑い時は仕事いらないので涼しくなったらお願いします。

そんなわけで昼間の暑さは半端ないので、カメラを持ってウロウロしようなどと全く思いません。
夕方になったら出かけるという感じがしばらく続くと思いますが、
先日、夕方から森戸海岸の方に出掛けてみました。




森戸海岸夕景
夕方から出かけたのでいきなり夕景です。
7月から森戸海岸は海水浴場になるので、人もかなり多く砂浜には音楽が鳴り響いていました。
梅雨時というのもあってか、空気が淀んでいる感じで白っぽく、江ノ島もあまりよく見えませんでした。



森戸海岸夕景
夕方とはいえ、水着でウロウロしているおねーさんも結構いまして、
α99なんていうでかいカメラを持っていると、怪しい盗撮オタクと間違われかねません。
何があろうと水着のおねーさんの方にはカメラを向けないのが賢明です。 かなり気を使います。



熱い風を追いかけて
この写真、αcafeの方に投稿したら、あっという間に人気のフォト入りしましてBravo!も100を越えました! 
投稿する時には「こんな写真投稿してもなぁ」と思っていたのですが、他人様の評価というのはわかりませんね。
Bravo!コメントいただいた方、どうもありがとうございました。



森戸海岸夕景
森戸海岸は西側を向いているので、夕景の撮影は思い切り逆光になり、
キラキラ輝いている水面以外は、シルエットになってしまうという作品作りになります。
若者数名が防波堤に座っているというシーンですが、向こう側を指差しているおねーさんのシルエットは、
人物の動きがあっていいと思ったので投稿してみました。



森戸海岸夕景
海水浴場のシーズンなので、遊泳エリアのロープが張ってありましたが、
ちょうどロープの延長上にSUPで浮いているおねーさん達がいたので構図にしてみました。
多分水着を着ているんでしょうけど、こんな撮り方なら何の問題もないでしょう。



森戸千貫松
富士山が見えていると、富士山バックにいろんな構図があるのですが、
富士山どころか江ノ島もよく見えなかったので、森戸神社の方に移動してきました。
あまり撮るものもなかったので、空が少し赤いうちに千貫松を撮っておこうと最後のショット。

7月から海水浴場になっている森戸海岸ですが、この時期は駐車場の料金が割高になるので損した気分です(笑)
普段は200円くらいしか払ってないような気がしますが、夏は1000円とかすぐにいってしまいますからねぇ。
この前は茅ヶ崎で出庫する時に6000円とか表示されてビビりましたが、
皆さんも海の近くの駐車場に車を停める際は、夏料金という罠があるので気をつけてくださいませ。


ブログランキング、なんだかずっと3位です
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-07-13 21:00 | 撮影記 | Comments(2)

夏がやってきた! 茅ヶ崎サザンビーチ

梅雨明けはまだまだ先ですが、カレンダーは7月になり海水浴場には海の家も出来て、
お天気さえよければ、すっかり夏な感じもするという事で、ゆりえどんとサザンビーチにカメラ持って行ってきました。
自分のようなおっさんが、独り孤独にカメラを持って海水浴場をウロウロしていると怪しいですが、
女性とツルんでいれば、そうそう怪しいとは思われないようです(笑)




茅ヶ崎サザンビーチ 海の家スナップ



茅ヶ崎サザンビーチ 海の家スナップ
梅雨明け前とはいえ、空が青ければ海の家もアリですね。
まだまだ本格的に海水浴シーズンではありませんが、海の家には沢山の人が集まってビール飲んだり、ラーメン食べたりしていました。
こういう場所で食べたり、飲んだりするとまたうまいんだよな~(笑)




茅ヶ崎サザンビーチ 海の家スナップ
この日の機材は取り回し重視でα57です。 海水浴場ででかいカメラとか、でかいレンズは目立つのでね。
レンズはDT16-50mm F2.8 です。このレンズは結構お気に入りで、特にα57とはとても相性が良いと思っています。



茅ヶ崎サザンビーチ 海の家スナップ
夏の海水浴場らしい光景だと思います。
沢山ある海の家の、こういうシーンを撮りたいとは思うのですが、
「よろしければ中でお食事でも!」みたいに、前を通る度に営業の声がかかるので、
写真だけ撮らせて欲しいとも言いにくく、正面から挑むのは難しいと考えたので裏から攻める事にしました。



茅ヶ崎サザンビーチ 海の家スナップ


茅ヶ崎サザンビーチ 海の家スナップ
サザンビーチにある海の家は、こういう斬新な感じのペイントがしてあります。
この鼻血出してる亀仙人のイラストは、水着のおねーちゃんを見て「ブー!」って事なんでしょうかね?



茅ヶ崎サザンビーチ 海の家スナップ
というわけで、海の家の裏側を歩いてみたいと思います。



茅ヶ崎サザンビーチ 海の家スナップ



プレミアムワイン
スナップ写真的な撮り方になりますが、いや~なかなか面白いと思います。
コンデジ持ってウロウロしても楽しいかもしれませんね。でかいカメラ持って来るって感じではないです。



茅ヶ崎サザンビーチ 海の家スナップ
海の家でおねーさんがイラスト描いていたので「写真撮ってもいいですか?」と聞いてから撮影!
おねーさんの後ろで、ゆりえどんと「う~ん・・・どう撮ったらいいかな~」とか喋っていたので、
きっとおねーさんもやりにくかったんじゃないかな?(笑)



茅ヶ崎サザンビーチ 
サザンビーチのモニュメントも撮っておきましょう!
右にスカジャンみたいなのを着たおねーさんがいまして、うわ~かっこいい~と思いました。
でも、おねーさん暑くないのかね?



茅ヶ崎サザンビーチ 海の家スナップ
あまりにも暑いので、かき氷でも食べようと思い海の家に入りました。
まだ7月の最初なので、お客さんもあまりいなくて空いています。8月になると満席になるんだろうね。



茅ヶ崎サザンビーチ 海の家スナップ
入った海の家は「夏倶楽部」っていうネーミングでしたが、
中もオシャレになっていたので、お店の人に撮影許可をもらって何枚か撮ってみました。



茅ヶ崎サザンビーチ 海の家スナップ
海の家でまったりしすぎたのもあり、日が傾いてきて良い感じになってきました。
サザンビーチは午後5時にライフセーバーの方達の監視が終了になりますので、海水浴場もおしまいという感じになります。
海の家も片付けが始まるので、帰っていく人が多いです。



茅ヶ崎漁港
日没まであと少し・・・という感じなので、茅ヶ崎漁港の方にやってきました。



茅ヶ崎漁港 水溜り
ここは水はけが悪いのか、この日は雨は降っていなかったのに大きな水溜りがありました。
これはよく写る!という事で、この水溜りを使っていろいろ構図を模索してみましょう。



漁港のチャリ
水溜りの前でカメラを構えていたら、自転車が走って来たのでパシリ!
シャッタースピードをいじってる暇がなくて、自転車はブレてしまいましたが、まあ、これはこれでアリかなとも思います。
さすがにこの状況で流し撮りするテクニックはありません(笑)



風が通った瞬間(とき)


ひとりぼっちじゃない!


明日もまた頑張ろう!
暗くなってくると水溜りはよく写りますね。
カメラの背面液晶を確認しながら、水溜りスレスレに構えて撮影していたものだから、
ストラップが水溜りにつかってしまって、濡れてしまうという失敗をこいてしまいました。



茅ヶ崎の漁船達
とまあ、何だかんだと撮影時間長かったですね。
最終的に撮影枚数はRAWで200枚くらいだったのですが、α57のエコさはなかなか優秀でして、
バッテリーは残り70%くらいだったので、ほとんど減ってないですねぇ。
これだけ撮るとα7RⅡだったらバッテリー1個じゃ足りませんから、α57はそういう意味ではかなり優秀です。

また、今回使ったDT16-50mm F2.8 SSMですが、
元々、α77のキットレンズで、ボディだけ売ってしまいレンズが残ったという形なんですが、
α57で使うと妙にハマって良い絵が撮れるんですよね。
なので未だに手放す事ができないレンズなのですが、安くて綺麗に撮れるレンズが欲しいという方にはオススメです!



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-07-10 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

すいません撮影禁止です。 えっ!?

この時期は晴れると結構暑いし、天気が悪い日も多いので、
夕方頃に家を出て夜景の撮影が一番いいかな・・・と思うことが多いです。
この日は初めて品川の駅周辺の夜景でも撮ってみるか~と、品川の方へ電車に乗って行ってみました。



品川スナップ
都会のビル群をHELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalで撮るのが好きなので、
今回もまたウルトラ超広角の10mmを持参しました。 例によって何でも吸い込むように入ってしまいますわな。
夜景を撮るには早い時間に到着してしまったので、周囲を歩きながらロケハンしてみたいと思います。




品川スナップ
品川駅の新幹線のりばです。
天井が高く独特な造りの空間なので、あれこれ撮ってみたところ、
縦構図にすると歩いている人と天井がまとめて入ってしまうウルトラ超広角さ!
自分の目の前を歩いている人も、カメラを天井に向けているのに自分が撮られているとは夢にも思ってないでしょう(笑)



品川スナップ
品川駅のこっち側は確か港南口いいましたね。
写真の奥の方は飲食店が多かったイメージがあるし、そっちの方に行っても仕方ないですな。



品川スナップ
比較的高い建物があるこっち側、インターシティの方に行ってみたいと思います。
http://www.sicity.co.jp/

夜になって暗くなるとどんな感じになるのかわかりませんが、照明次第では面白い写真が撮れるかも!
明るいこの時間にウロウロして、構図をみつけてみたいと思います。



品川スナップ
都会は迷路のようになっていて、いきなり変な連絡通路みたいな所に出てしまいました。
右側に高い建物があり、通路を歩いている人がいたので10mmで撮ってみました。
構図内をよく見ると、右の端っこの方にもビルが入っているので、これを縦構図でまとめて入れてみると・・・



品川スナップ
10mmの画角恐るべし! 歩いている人を入れつつも、隣のビルは上まできっちり入ってしまいました(笑)
写真撮るというより、すっかり遊んでる感じです。



品川スナップ
連絡通路みたいな所を通ったら、左右に森のような緑がありまして、
下を覗いてみたら歩けるようになっているようなので降りてみようと思いました。



品川スナップ


品川スナップ
下の方に降りてくるとこんな感じ。
建物ばかりの冷たい感じだと寂しいので、木を植えてとっつきやすいようにしたんでしょうな。
個人的には木が多すぎて暗いわ~と思いましたけど。

三脚を担いで歩いていたら、水のある場所をみつけ「ここは写り込みがあるはず!」と思い、
暗くなるのを待って撮影しようと準備していました。
こんな構図でいいかな~と試し撮りしたのがこれ。
         ↓


品川スナップ
まだ明るいので写り込みもイマイチでしたが、もう少し暗くなれば綺麗に撮れるだろうと思っていたら、
誰かが後ろから 「すいません」 と声を掛けてきました。
一瞬、どうせまた「何撮ってるんですか?」みたいな興味半分の人かな?と思い振り向いてみると警備員の人。

警備員の人「ここは撮影禁止ですよ」
自分   「え?気が付かなかったのですが、貼り紙とか看板とかありました?」
警備員の人「ありませんが、巡回中に撮影している人を見かけたら声をかけるようにしています」
自分   「でも、ネット上には、この周辺のビル群の写真を沢山見かけますよ」
警備員の人「でもここは撮影禁止なんです」
自分   「そうなんですか・・・駅の周辺はいいんですか?」
警備員の人「駅周辺は管轄外なので」
自分   「はぁ」

というようなやりとりをして撮影終了!

そそくさと三脚を担いで駅の方に歩いて行くと、すっかりモチベーションも落ちてしまいまして・・・・



品川スナップ
一人でどっか飲みにでも行こうかな・・・とも考えたのですが、
何だかんだと荷物も多かったし、考えるのも面倒になってきたので
「帰るべ」

今回、品川まで出てきましたが、撮影禁止にはやられました。
貼り紙も立て看板もなく、注意喚起が全くされていないのでわかりません。
また、オフィスビルがほとんどなのか、週末に来ても灯りがほとんど点灯しておらず、
撮影してもあまり面白くなかったかもしれません。

今回の個人的な結論は
「夜景は横浜で撮ればいーじゃん!」

ま、そういう事です。はい。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-06-26 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

徒歩で6.5km歩きながら横浜スナップ! α7R+シグマ24-105mm F4 DG HSM

前回の投稿の続きとなります。

6月半ばというと、一年のうちでも一番日の長い時期なので、
夕景や夜景を撮ろうと思うと、現場に早く着きすぎて待ち時間が長いというのはよくある事です。
この時も昼寝してしまい、2時間くらい板の上にいたのでお尻が痛くなりました(笑)

撮影の方はだんだん暗くなってくるのでボディをチェンジ!
α99に装着していたシグマ24-105mm F4 DG HSMをα7Rに装着して三脚にセット。
個人的にα7RⅡで撮ると綺麗なのだけど、なんかのっぺりしてる感じがしてすっきりしないので、
α7Rの出す絵の方が好きなんですよね。




みなとみらい夕景
お天気がよかったので、良い空になるかとおもっていましたが雲が増えてきました。
でもまあ、ここで夕景を撮るのも久しぶりだし、待っていてよかったと思えるコンディション。
昼間は暑かったのですが、この時間になると風が冷たくて半袖では寒かったです。



みなとみらい夕景


みなとみらい夕景
α7Rは巷の評判はあまり良くありませんが、それはシャッターショックが大きいとか、AFが遅いとか、
連写が弱いとか、そんな理由が大半なので、三脚に乗せてMFで長時間露光で撮るのであれば何の問題もありません。
要するにこんな撮影で必要なのはセンサー性能だけ。
そう考えて使うなら何の問題もないボディだし、センサー性能で考えたら破格の値段だと思うんですけどね。
ボディも小さくて軽いし、華奢な三脚に乗せても大丈夫だから最高のボディです。



みなとみらい夕景
普通に風景だけ撮っても面白くないので、人がいる場所を選んで背後から撮ってみました。
さすがに椅子に座っている人達に「動かないでくれ」とは言えないので、
比較的速めのシャッタースピードにするため、ISO800からISO1600くらいまでで撮りました。



みなとみらい夕景
このシグマの24-105mm F4 DG HSMは、絞り開放がF4ですが、撮影の仕方ではふんわり写す事も十分できると思います。
まあ、こういうシーンはSonnar T* 135mm F1.8 ZAとか、135mm F2.8 [T4.5] STFとか、
70-200mm F2.8 G SSM IIあたりで撮ればもっとハマるんでしょうけどね。



みなとみらい夕景
風景の長さを強調するためにアスペクト比16:9にしてみました。
左にあるお店の灯りのコントラストを入れたかったのですが、何しろ人の往来が激しいので幽霊出まくりです。



みなとみらい夕景
人が座っていない椅子をネタにしてみました。
観覧車がレインボーカラーになるのを待って撮影しています。
人がウロウロしているので「あぁ・・・頼むから画角の中に入ってこないでくれ~」と願いながらの撮影。
ピントはMFですが、拡大して一番左の椅子の背もたれのディティールに合焦させてあります。



みなとみらい夕景
椅子に座っている人はちょっと気取った感じですが、
大桟橋はこんな風に床や階段に座るラフな方が合っていると思います。
目の前にいた若者ですが、横浜らしい感じがしていいと思いました。



みなとみらい夜景
大桟橋を後にして、象の鼻エリアを抜けて赤レンガ倉庫方面へ移動していきます。
実は人はそこそこ歩いていたのですが、長時間露光で全員消えました(笑)
長時間露光中、黒い服を着ている人は脅威ではないのですが、たまに真っ白い服を着ている人が前を通るともうダメです。
横浜に来る皆様、なるべく黒い服を着てください(笑)



赤レンガ倉庫


赤レンガ倉庫


赤レンガ倉庫
基本スナップ写真なので、構図とか頭を捻って考えるとかでもなく、
三脚置いてパッパと撮っていくテンポです。3枚目のはマリンタワーと倉庫のコラボですが、
この構図は初めて撮ったような気がします。



マリン&ウォーク
赤レンガ倉庫を抜けてマリン&ウォークの前です。
インターコンチネンタルホテルが目の前にドーンとある風景ですが、ここの風景も好きなのでとりあえず一枚!



サークルウォーク
いつも10mmのような超広角レンズで撮っていたサークルウォークですが、
今回はシグマ24-105mm F4 DG HSMしか持ってきていないので、後ろに下がって28mmで撮ってみました。
もちろん全体は入りませんが、これはこれで安定して見れる感じですね。
このレンズは光源を画角内に入れても、それほど酷いフレアやゴーストが出る感じでもないので使いやすいです。
ただ、光芒が綺麗に出るというレンズでもありませんから、そこは特徴を理解して使うしかありません。



汽車道からのグルグル
汽車道を歩いていたら、向こう岸にあるコスモワールドのグルグルが見えたので撮ってみようと思い立ちました。
こういう時に105mm域があると本当に便利ですわ。
しかもα7Rは3600画素あるので、APS-Cモードにしても1600万画素程度では撮れます。
高画素機はクロップも使いやすいから便利です。



観覧車レインボー
そんなわけで石川町駅からスタートして、ここまで歩きながら撮ってきました。
お昼頃家を出たと思いますが、帰宅したのは22時近かったので相当長丁場でしたね。
まあ、大桟橋で昼寝していた時間も長かったですが・・・(笑)


家に帰ってから、この日何キロくらい歩いたのか?
地図上で距離を測るページがあったのでやってみたところ・・・・
http://japonyol.net/editor/distancia.html

e0341572_22263144.jpg
帰りはJR桜木町駅を通り越して、京浜急行の日ノ出町駅まで歩きましたが、
それも含めて歩いたルートを赤線で辿ってみると、だいたい6.5kmの距離を歩いたみたいであります。
まあ、普通に長い距離ですが、ただ歩くだけでも1時間21分かかると表示されているので、
撮影しながらの移動だと、それなりに長時間になる事はお分かりでしょう。

体力的には結構ハードですが、レンズ1本しか持っていかなかったし、荷物は最小限だったので大丈夫でした。
しかしシグマ24-105mm F4 DG HSMは最高のレンズですね。
これ1本あれば、大抵のシーンが撮れてしまうと思いますよ。
今のところAにもEにも24-105mmっていう純正のズームレンズはないし、
おそらく発売されても高いと思うので、この9万円くらいで買えるシグマ24-105mm F4 DG HSMはオススメです!



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-06-22 00:00 | 撮影記 | Comments(3)

徒歩で6.5km歩きながら横浜スナップ! α99+シグマ24-105mm F4 DG HSM

カメラ仲間の情報によると、紫陽花のこの季節、
平日に鎌倉に行っても、紫陽花で有名なお寺は相当混んでいるらしく、
そんな所に行ってわざわざ人の頭の写真撮ってきても仕方ないので、たまには横浜の方にでも行ってみるべと一路横浜へ。
それなりに歩くと思ったので、α99 + シグマ24-105mm F4 DG HSM、サブのボディにα7R、三脚は一番軽いManfrottoを持って出かけました。

最近思いますが、三脚を持っていくのが面倒なのは、
三脚の重量の問題ではなく、荷物がひとつ増えて嵩張るって事ですね。軽いからいいってもんじゃありません。
でもまあ、持っていかないといけないので、軽い事に越した事はありませんが。

電車に乗ってJR石川町駅からスタート!
駅を出たらすぐにカメラをバッグから出して、ここから撮影スタートです。
この日は作品を撮ろうとか、良い写真を撮ろうとかではなく、とにかく歩きながら撮っていきます。




元町商店街スナップ
鋭い視線を感じたのでそっちを見ると、どうやら美容室の看板の模様。
街中の撮影になるので、何でもいいからきっかけがあったらとにかく撮っていきます。



元町商店街スナップ
ここから先は元町商店街。
ここ元町商店街を山下公園の方に抜けて海の方に向かっていきましょう。



元町商店街スナップ
元町商店街は12:00から18:00まで歩行者天国になるようです。



元町商店街スナップ


元町商店街スナップ
鎌倉と違って人が多いという感じでもなさそうですが、特に撮ろうと思うような物や場所もなさそうな予感。
まあいいか・・・何かあったら撮ってみます。



元町商店街スナップ
商店街の道のりは、ず~と花があるのでとりあえず撮ってみます。
だいたい持っているレンズがF4スタートなもんで、背景をぼかすってのがあまり得意ではありませんが、
被写体の距離感を考えて撮れば、何となくこんな描写にはなりますわな。



元町商店街スナップ
元町商店街といえば、この「M」のマーク!
こういうベンチも特注で作るんでしょうな。モノ作りが仕事の自分としては気になります。



元町商店街スナップ
建物と建物の間に自転車! えらい狭いスペースだと思うのですが、
この商店街は意外とこういうスペースがあって、覗いてみると人家の玄関があったりしてビックリします。



元町商店街スナップ
レトロなコーラの販売機。
この販売機の写真はよく見るので、色んな人がスナップの被写体として選んでいるようです。
前に来たときにはなかったと思うのですが、販売機に「コーラの買い方」という説明が貼ってあったので、
きっとお金は入れたけど、どうやって買えばいいのかわからないという人が多いのかも。



元町商店街スナップ
風が吹くと涼しい日でしたが日向は暑かった・・・・
日傘を差しながらベンチに座るご婦人。 何となく傘が目に入ったので撮った一枚。



元町商店街スナップ
歩道からはみ出して停めてあった自転車。
背景が緑色になるので、赤色が良い感じだと思って縦構図にて。
これを撮った後、すぐに持ち主が来て乗って行きました。



元町商店街スナップ
たいした写真も撮れないまま、元町商店街も終点を迎える事となりました。
このまま、山下公園の方に行ってみたいと思います。



元町歩道橋
川を渡るのに歩道橋を歩いて行くと・・・・



天井がスレスレの歩道橋
首都高が頭スレスレの場所があります。
しかし、ここを通る度に「首都高スレスレやないか!」と、大阪人並にツッコミを入れたくなるのですが、
何ともすごい作りで歩道橋を作ったもんだと思います。



マリンタワー前
マリンタワーの脇を通って山下公園の方に出てきました。
山下公園周辺も少しだけど紫陽花が咲いているんですね。白色のが多かったです。



紫陽花と氷川丸
なんとか紫陽花と氷川丸を撮れないか?とウロウロ探してみたらありました!
ちょっと背が高くないと撮影が難しい場所でしたが・・・



山下公園
少し前に来たときには、花が沢山咲いていたような記憶があるのですが、
この時は緑こそ多かったですが、花はあまり咲いてなかったですね。 夏っぽい風景です。



山下公園噴水
マリンタワーと噴水。
横浜らしい風景だと思ったので撮ってみました。



ぱしふぃっくびいなす
大桟橋埠頭に移動してきました。
この船、ぱしふぃっくびいなす という船ですが、あまり大きな船ではなく、
しょっちゅう大桟橋にいるのでレアではありません。



シャドー


ママさんのシルエット
ここで夕方になるまで待って、夕景と夜景を撮ろうと思いまして、
待っている間、昼寝しながらいろいろ撮ってました。
夕日の角度によって、デッキが綺麗に反射する場所があるので、そこにカメラを構えてやってくる人を狙います。
カメラで撮るとコントラストが面白いです!

長くなりましたので、夕景から夜景は次の投稿で!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-06-20 00:00 | 撮影記 | Comments(4)

SAL70300Gは実はすごいレンズ? 菖蒲園撮影で思う・・・

毎度、しつこく書いているように、花の撮影は苦手意識が強いのですが、
最近、花の撮影も積極的にしてみようと思っている自分がいるので、ちょっとやる気スイッチが入ったかな?と思います。
先日、皇居に菖蒲の撮影に行きましたが、調べてみると家から近い所に「横須賀しょうぶ園」という菖蒲が咲いている所があり、
HPで調べてみると、今が見頃だという事で行ってみる事にしました。

http://www.ryokukazouen.jp/iris/index.html

この日の前日に、エーデル鎌倉隊の鎌倉散策があったので、
鎌倉から帰ってきて、そのまま放り出してあったα99に70-300mm を装着し、
α7RにはVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMを装着!
「面倒くさいからこれでいいや~」

そして、いちお焦点距離の長い撮影がメインだろうという事で、先日購入した一脚を使ってみようと思い立ち、
これらを車に放り込んで、一路横須賀しょうぶ園へ!



2017 /06 /11 菖蒲園


菖蒲園


菖蒲園
入場料310円を払って園内に入って思いました。
「うわ~やってしまった!」
目の前に広がる美しい風景に、面倒臭がってα99Ⅱもα7RⅡも持ってこないのは失敗だったと思ったのです。
この風景をきちんと撮るには、α99Ⅱ + 70-400mm F4-5.6 G SSMII 持ってくるべきだった・・・。



2017 /06 /11 菖蒲園
園内に入ってシステムの選択に失敗したと思ったのですが、
帰ってから撮影した写真を見てみると、意外とこのα99 + 70-300mm F4.5-5.6 G SSMの撮影結果が良いような・・・。



2017 /06 /11 菖蒲園
しょうぶ園のHPを見ても、花摘みの事の記載はなかったと思うのですが、
突然、この衣装の女性たちが現れて、菖蒲が植わっている所に入っていきました。
花の事は全く詳しくないのですが、枯れたりした物を選定して摘んでいるんでしょう。
写真的にも、この純和風な風景は撮ろうという気にさせてくれました。



2017 /06 /11 菖蒲園
こういう撮影はAマウントが最高!
構図決めたらフォーカスポイントをチャカチャカ動かしてバシッと撮れますね。
先日、α7RⅡのアップデートがきて、フォーカスポイントについての更新があったみたいですが、
まだアップデート後にα7RⅡを持ち出せてないので、使用感がどうなっているのか気になります。



2017 /06 /11 菖蒲園
使用したレンズ 70-300mm F4.5-5.6 G SSMですが、このレンズの自分なりの立ち位置は、
白くてでかいレンズを持ち出すのが面倒な時、気軽に持ち出せるサブ的なレンズだという認識なんですが、
今回、この撮影で「むむ・・・このレンズ、実はすごいレンズかも・・・」と思ってしまいました。

自分の持っているのはⅡ型ではなく初期型なんですが、AFは遅くて動いている物は撮れないのですが、
こういう風景の撮影には問題ないし、AFは遅いけど合焦精度は高いような気がします。



2017 /06 /11 菖蒲園
70-200mm F2.8 G SSM IIのように、F2.8から始まるというレンズじゃないので、
背景のボケも大きくはありませんが、撮影結果を見るとボケは綺麗だと思うんですよね。
しかも、クリエイティブスタイル スタンダード で、彩度やシャープネスなども全部 0 にしても、
色乗りが良すぎて彩度が高い・・・・。 マイナスにしてもいいくらいですわ。



2017 /06 /11 菖蒲園


2017 /06 /11 菖蒲園
レンズの話ばかり書いてしまいましたが、とてもいい風景に出会えて楽しい撮影でした。
こういう風情のある光景は、今後も積極的に残していっていただきたいものであります。



2017 /06 /11 菖蒲園


2017 /06 /11 菖蒲園
今回の撮影は機材云々もありますが、撮影条件が薄曇りという感じでベストだったと思います。
これで太陽が出ていて、う~ん!気持ちいい天気! って感じだと、花の撮影には向いていなかったでしょうし、
花の撮影には来なかったと思います。

ちなみに持っていった一脚! これが非常に役に立ちました。
ただ、部屋に転がっていたビデオ用の雲台をつけていったのですが、パン棒が長くて邪魔だったので撮影がし難かったな~。
一脚用の雲台は今後どうするかまた考えないと。

この場所は入り口に「三脚禁止」と書いてあるので、三脚は使えないという事をお伝えしておきます。
スタッフの人に聞いたら、一脚は場所をとらないから別にいいですよとの事でした。

この菖蒲、まだ見頃が続いているので、機会があったら機材を変えてまた行ってもいいかもしれませんね。
ただ、今回のα99と70-300mm F4.5-5.6 G SSMは、いい結果を出せる実力があったのだと見直しました。
というか、十分でしょ。これで(笑)



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-06-17 00:00 | 撮影記 | Comments(2)