八景島の花火に新しい構図がないか探ってみた

八景島の花火、花火シンフォニアは8/11から8/19まで毎日開催されるという事で、
家から近いし、行ける時間がある時は行ってみようと思いまして、新しい構図で撮れる場所はないか探してみました。

前回、αcafeのお仲間さん達と撮影に行った際、シーサイドラインの野島公園駅の近くから撮ってみたらどうだろう?と、
ちょっと気になっていた場所があったので、ダメで元々と思い一番でかい三脚を持って行ってみました。

前回撮影した旧伊藤博文金沢別邸の脇から撮影した際、フルサイズで100mmくらいの画角だったので、
今回はもう少し後方からの撮影になるし、少し長めのレンズということで70-300mmを持参。
ボディは花火専用ボディと化しているα7Rです。



太田屋と八景島
構図の確認と試し撮りのため、シーサイドライン野島公園駅のすぐ下から撮影。
釣りバカ日誌でおなじみの 太田屋さん が右手に入り、釣り船が停泊している構図になります。
ただ、船は停泊していても揺れるので、長時間露光で撮影すると被写体ブレによりボケたようになってしまいますね。
まあ、これは過去の経験でよくわかっているので想定内ですが、夜の船はどうやってもうまく撮る事が難しいですな。
ISO上げてもっとSS速くすればいいのでしょうが、花火撮影だとそういうわけにもいきません。



八景島とシーサイドライン
ちょいとカメラを左の方に向けて撮影。
左側にはシーサイドラインというモノレールみたいなのが走っています。
上の方で書き忘れましたが、この場所は橋の上です。 ジョギングの人が走ってくると揺れるので、
頼むから走らないでくれ~と願うばかり。



シーサイドライン
別に意味はないのですが、シーサイドラインの車両が来たので、光跡がどうなるのかやってみたくて撮影してみました。
花火撮影は打ち上がる前に準備するので、待っている間手持ち無沙汰になっていろいろ撮って遊んでます。



八景島サーチライト
そろそろ花火が上がりまっせ!という時刻になってくると、
八景島はサーチライトみたいなのがチカチカし始めるので、それを撮ってみようとISO2000です。
あまりシャッターを開いていると、光軸がちゃんと捉えられません。
SSは1/2なので、手前の船もあまりボケずにディティールがちゃんと残ってますね。



煙で見えない花火
風がなかったので嫌な予感はしていたのですが、数発打ち上げたらまたこの状態。
煙が移動せず停滞するので、花火が全然見えないという前と同じ状態。



煙で見えない花火


煙で見えない花火
あ~あ・・・
結局またこの煙幕花火か・・・。八景島の花火は何度も撮っているけど、
この状態が2回続けてとはツイてないなぁ。



八景島花火シンフォニア
結局、前回同様、綺麗に撮れた花火は最初の1発目だけ!
釣り船と一緒に撮るこの構図、意外と良いと思うのですが船がブレるのでイマイチかな。
波がなければ船は揺れないのでしょうが、それはイコール風がないという可能性が高いので花火は煙幕状態かも。

シーサイドラインと花火が撮れるような場所がないかな?
また新しい構図を求めてウロウロしてみたいと思いますよ。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
# by momoken805947 | 2017-08-16 00:00 | 撮影記 | Comments(0)